彼女が仕事で疲れてる…!女性100人が嬉しかった彼氏の行動

彼女,仕事,疲れてる

彼女の仕事が忙しくて疲れてる様子を感じることもありますよね。そんな時、彼氏としては出来るだけ彼女を支えてあげたいと思うものです。

ただ仕事で疲れてストレスが溜まっている時は彼女にとって逆効果になるようなことは避けたいですよね。だからこそ、実際に仕事で疲れている時に女性が彼氏にして貰って嬉しかった行動を知りたい方も多いはず。

この記事では、女性100人による仕事で疲れてる時に彼氏にして貰って嬉しかった行動を体験談と共にご紹介しています。

\アドバイザーがお相手探しから紹介まで婚活サポート!/

まじめな婚活を始めるならスマリッジ

仕事で疲れてる時に嬉しかった彼氏の行動ランキング

仕事で疲れてる時に嬉しかった彼氏の行動ランキング

まずは、仕事で疲れてる時に嬉しかった彼氏の行動ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた仕事で疲れてる時に嬉しかった彼氏の行動』によると、1位は『ありがたいプレゼントをくれた』、2位は『優しく気遣ってくれた』、3位は『料理を作ってくれた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた仕事で疲れてる時に嬉しかった彼氏の行動

女性100人に聞いた仕事で疲れてる時に嬉しかった彼氏の行動

女性100人に聞いた仕事で疲れてる時に嬉しかった彼氏の行動では、1位の『ありがたいプレゼントをくれた』が約21.3%、2位の『優しく気遣ってくれた』が約20.6%、3位の『料理を作ってくれた』が約19.8%となっており、1~3位で約61.7%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で仕事で疲れてる時に嬉しかった彼氏の行動を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】ありがたいプレゼントをくれた

ありがたいプレゼントをくれた

素敵なアフタヌーンティーのプレゼントをくれた

仕事でたまたま在宅で箱詰めになり、多忙な時期がありました。

その期間、彼はリフレッシュ休暇でしたが、私が集中できるよう静かにして気を使ってくれた上、仕事の締めの日に私の大好きなスイーツのギフトボックスを買ってくれてアフタヌーンティーをしました。

寛ぐ時間がなかった私にとっては特別なプレゼントでした!

20代後半/メーカー系/女性

好きなお菓子を買って気遣ってくれた

自宅に持ち帰って作業しなければならない仕事が山積みだった日。夜ごはんもカップラーメンで、 とにかく作業に没頭していました。

すると彼から「玄関にお菓子があるからとってね!無理しないでね」というメールが届きました!しかも「俺は先に寝てるからメールの返信はいらないからね」とのこと。

お菓子の差し入れはもちろん、細やかな気遣いも嬉しくて頑張れました!

30代前半/専業主婦/女性

仕事が落ち着いたらご褒美としてステキなお店に連れて行ってくれた

仕事が立て込んでいて残業が続いていた時に、彼への連絡も疎かになってしまっていました。それでも、理解してくれて、何も言わず落ち着くまで待っていてくれました。

かと言って、放置するわけでもなく、毎日「お疲れ様」という連絡だけはくれていて、一人じゃないんだという安心感を与えてくれていました。

「仕事が落ち着いたら、前から行きたかったお店にご飯に行こう」と言ってくれていたので、ご褒美があると思えて頑張る活力にもなりました。

20代後半/IT・通信系/女性

私がお気に入りのもんじゃ焼き店に連れていってくれた

仕事が忙しくてなかなか外食も出来なかった頃、「君が大好きなもんじゃ焼きを食べさせたい、予約してあるから一緒に行こう!」と誘ってくれました。そして食べたかったデザートもんじゃを思いっきり食べました。

甘いものは疲れた脳を活性化させてくれ、ますます仕事、頑張れました。

今でも疲れたら甘いものを食べます。食べ過ぎは厳禁ですけど。笑

50代前半/公務員・教育系/女性

自宅でくつろげるグッズを用意してくれた

職場を変えてすぐのとき、不慣れな上に仕事が忙しい時期だったので、疲れきっていたときがありました。

毎日、家に帰ってからも仕事のことで頭がいっぱいで、ゆっくり休めない状態でした。

私の疲れが溜まっている様子を見兼ねたのか、彼は入浴剤や足つぼマッサージができるグッズなど、疲れがとれるようなものを色々買って用意してくれていました。

肉体的に疲れが取れただけでなく、彼の優しさに心も癒されました。

30代前半/サービス系/女性

夜勤のときに手紙入りの差し入れを持ってきてくれた

私は普段は日勤ですが、夜勤もある仕事をしています。彼氏はコンビニで働いていました。

仕事終わりの彼氏が私が疲れているのを知っていたので、夜勤を乗り切れるようにと私が好きなものを袋に詰めて持ってきてくれました。ジュースやお菓子、朝ごはんまで持ってきてくれて、手紙まで入っていました。

すごく嬉しくてその日は朝まで元気に頑張れました!

20代後半/専業主婦/女性

【2位】優しく気遣ってくれた

優しく気遣ってくれた

何も言わずに抱きしめてくれた

転職して間もない頃、まだ分からないことも多い中、繁忙期を迎えました。

周りにも馴染めなくてきつかったですが、負けず嫌いな私は誰にも話すことなく、自分でどうにかしようと溜め込んでいて、いつの間にか限界が近づいていました。

家に着くと勝手に涙がぼろぼろとこぼれてしまい、泣き止もうとしているところに彼が帰宅しました。私を見た瞬間、彼は何も言わずにただ抱きしめて涙を拭いてくれ、「今日はお風呂にゆっくり入って寝な」と言ってくれました。

負けず嫌いで意地っ張りな私なので、彼が何も詮索せず、ただ抱きしめてくれたことが何より救いになりました。

後日、彼にお礼を言うと「そろそろ限界くるかなって思ってた。事前に言っても聞く耳持たないから待ってた」と言ってくれました。私より私の事を理解してくれている彼に感謝しかなかったです(笑)

彼に抱きしめてもらった次の日は、気持ちを切り替えてがむしゃらに打ち込むことができました。

20代後半/サービス系/女性

私が疲れているのを察して色々尽くしてくれた時

昔、仕事を2つ掛け持ちしていた時期がありました。本当に忙しい時は休みもなしに働いていて、家に帰るとくたくたで何もできない状態でした。

そんな時、同棲している彼が、普段は家事なんて全然できないのに頑張って掃除や洗濯をしてくれて、家に帰るとご飯も作ってくれていたことがあり、とても助かりました。

「立ち仕事で腰が痛い」と言ったら、寝落ちするまでマッサージをしてくれたり、至れり尽くせりだった時は本当にありがたいと思いました。

20代後半/サービス系/女性

急な気分転換のデートにも楽しんで付き合ってくれた

営業職で働いていたときは毎日が忙しく、また休みの日もお客様の都合で対応をしなければいけないことがよくありました。

そんな中で彼氏と会うとなると、どうしても疲れていてお家デートと称して私の家に来てもらってゆっくりするということが多くなっていました。

でも時々テレビを見ていて美味しそうなカフェが映ったり、可愛い雑貨店が映ると急にお出かけの気分になることがあったのですが、そんな時でも彼氏は「外に出る元気が出てよかったね、楽しいね」と私を気遣いながら付き合ってくれました。

20代後半/金融・保険系/女性

自分の気持ちを口に出す特訓に時間をかけてくれた

私は自分の気持ちを口に出して言うことがすごく苦手でした。今の彼氏と出会ったときもなかなか自分の気持ちを伝えることができず、相手の言うとおりにしていました。

しかしある日彼から、「思ってること口に出すの苦手でしょ?笑」と言われたとき、すごく驚きました。

それから彼は仕事で忙しいときも、必ず電話をしてきました。「今日はなにかおもしろいことあった?」とか、「その時どう思った?」とか、私に自分の気持ちを口に出す練習を時間をかけてたくさんさせてくれました。

その練習があったおかげで口喧嘩ができるほど、気持ちを伝えることができるようになりました!笑

今、すごく彼に感謝してます!

20代前半/医療・福祉系/女性

タオルや寝具をふわっふわ仕上げで洗濯してくれていた

私が仕事で余裕のない多忙な生活の中、お付き合いしている彼にしてもらって嬉しかったのが「タオル&寝具をふわっふわに洗濯してくれていたこと」です。

恥ずかしい話なのですが、連日激務だったので洗濯すら1週間溜めてしまっている始末でした。いわゆる煎餅布団状態の寝床では、ぐっすり熟睡することはできず疲れが取りきれないので、負のループに入ってしまっていました。

そんなある日、クタクタになって帰宅すると、彼がタオルや寝具を良い香りの柔軟剤でふわっふわに洗濯してくれていたのです!あまりにも嬉しくて、熟睡しちゃいました。笑

もちろん翌日に沢山感謝を伝えました。

30代前半/サービス系/女性

食べたい物をたくさん作って、お風呂を溜めて待っていてくれた

毎日帰りが遅くなったり、出張のとき、体調が悪くてくたくたになって帰ってくるときがあります。

そのような時、一緒に住んでいる彼は、私に食べたいもののリクエストを聞いてくれ、テーブルいっぱいに作った料理を並べ、お風呂のお湯を溜め、布団も乾燥機にかけふかふかにした状態で、私の帰りを待っていてくれます。

彼の優しさが沁みる日々です。

30代後半/サービス系/女性

【3位】料理を作ってくれた

料理を作ってくれた

美味しいごはんを作ってくれた

外国人の彼は料理が得意です。だから、疲れた時には特別に元気が出そうな料理を作ってくれます。

私が好きな食べものと、彼の好みがだいたい同じなので、自然と好きなメニューになり、本当に美味しいです。

日本語が少ししか話せず、会話は通じにくい彼ですが、料理には国境を越えた愛情を感じます。いつも感謝しています。

30代後半/サービス系/女性

美味しいご飯を作って待っていてくれた

夜勤がある職場で働いていた頃、休日も関係なく勤務していました。

当時、遠距離恋愛をしていた彼が、長期休暇を利用して泊まりに来ていました。私が仕事を終えて帰ると、彼がご飯を作ってくれたり、お風呂を溜めて待ってくれていました。私が休みの日には山にドライブにも連れて行ってくれました。

せっかく来てくれたのに何もできないと思っていましたが、何気ない優しさに癒される幸せな時間になりました。

20代後半/医療・福祉系/女性

スタミナがつく料理を作ってくれた

私は数年前までIT企業に勤めており、繁忙期は残業が多く毎日のように終電ぎりぎりに帰ってくる日々でした。

夕飯は連日コンビニの肉まんや、缶のコーンスープだけのような不健康な食事をしていたのですが、それを彼に話したところ、休日にお肉やニラがたっぷり入ったスタミナ料理を作ってくれました。

ザ・男飯(笑)のようなガツン!とした強めの味付けの料理でしたが、普段料理をしない彼なのに、栄養を考えて頑張って作ってくれたという優しさが身に染みて感動の味がしました。

彼と大好きな旅行に行くためにも「また仕事頑張ろう!」と思いました。

30代前半/専業主婦/女性

手の込んだ料理を作ってくれた

転職をし、勤務にまだ慣れずに疲れてきていた時に、料理上手な彼が凝ったハンバーグとオムライスを作ってくれました。

凝りすぎて料理時間がとても長く、疲れて帰ってきたのもあり、「まじか・・・」と思っておりましたが、味がとてもおいしかったので微妙な気持ちもすぐに吹き飛びました!

頑張って作ってくれた彼の気持ちにも嬉しくなり、「明日からまた頑張ろう」と思えました。食べた時間は深夜11時頃でしたが、いい思い出です(笑)。

20代後半/医療・福祉系/女性

ご飯が作って置いてあった

ちょうど仕事が忙しいとき、晩ご飯も作る気力がなく家に帰ればすぐに寝る生活をしていました。

それに気づいたのか、彼氏は毎日私の家に来ては晩ご飯を用意してくれていました。

見た目は綺麗とは言えませんが、男飯という感じのご飯に可愛くラップがしてあり、涙を流しながら食べた記憶があります。

支えてもらえる幸せをその時強く感じました。

20代後半/専業主婦/女性

苦手なのに料理をしてくれた

彼氏は料理が苦手で、味噌汁にだしを入れることすら知らないレベルでした(笑)。私と付き合う前は、ほぼ外食をしていたようです。

私の仕事が残業続きで、ご飯を作ってあげられないことを謝ったことがありました。

すると翌日に早く帰れた彼が、手料理を作って待っていてくれました!スーパーでもたくさん悩み、レシピを見ながら頑張ってくれたようで感動しました。

20代後半/医療・福祉系/女性

【4位】職場まで迎えに来てくれた

職場まで迎えに来てくれた

車で職場までお迎えに来てくれたこと

残業が続いてた時、睡眠時間もなかなか取れなくて貧血になってしまい、目眩との戦いでした。

そんな中、彼が職場までお迎えに来てくれたことで、苦手な電車や人混みを避けることができ、なんとか1週間を終えることができました。

最後3日間、毎日仕事終わりに職場まで来てくれたのは、本当に救いでした。

20代後半/医療・福祉系/女性

仕事場まで足を運んで会いに来てくれた

職業柄、お店の最後を任されている立場で、一人でやらなくてはいけないことがあります。

それなりに忙しい時期に限って彼と会う約束をしているので、彼の方からお店まで来てくれたことがあります。

お店を閉める直前はお客様も居ないので、話をしながら仕事を終わらせていたことがあります。

気持ちに明るさが出るので、忙しさや焦る気持ちが紛れた経験があります。

20代後半/自営業/女性

会社の帰り道に偶然を装って一週間迎えに来てくれた時

待ってない振りをして、会社の帰り道に偶然を装って、一週間迎えに来てくれた時です。

「わざわざ待ってたわけじゃないから」と言った時の照れ笑いを見た時は、かわいくて疲れも吹飛びました。

あと、毎日10時過ぎの残業の時に言葉の励ましをくれたり、晩御飯を作って待っててくれたときも嬉しかったです。

40代後半/金融・保険系/女性

【5位】悩みや愚痴を聞いてくれた

悩みや愚痴を聞いてくれた

仕事終わりに飲みに連れて行ってくれて悩みを聞いてくれた

私は現在、職場の同期とお付き合いをしています。彼氏と私の自席が近いことから、私が上司に叱られている姿をよく見られていました。

その日は上司から指導を受けたはずの内容を誤って事務手続きしてしまい、ついに上司を怒らせてしまいました。

彼は仕事終わりに落ち込む私を飲みに連れて行ってくれました。お店では愚痴や悩みを親身になって聞いてくれて、上司とのコミュニケーションを上手く取る方法をアドバイスしてくれたり、今後ミスが無いようにどうすべきだったかを教えてくれました。

話を聞いてもらい反省をすることができただけでなく、次の日も頑張って会社に行こうと気持ちを立て直させてくれたので非常に感謝でいっぱいになりました。

20代前半/金融・保険系/女性

ご飯に連れて行ってくれて何も言わず愚痴を聞いてくれた

いつも落ち込んでる時や職場の人間関係で疲れてる時、何も言わず愚痴を聞いてくれて美味しいご飯をご馳走してくれました。美味しいものをいっぱい食べて愚痴をいっぱい吐いてすっきりできました。

とても悩んでた時期もあったのですが、聞いてくれる人がいたことにより、嫌だった事が少し解消され『明日から仕事を頑張ろう』と思えるようになりました。

30代前半/流通・小売系/女性

【6位】マッサージをしてくれた

マッサージをしてくれた

全身マッサージで疲れを取ってくれた

仕事が忙しい日が続いてクタクタになって帰宅すると、先に帰っていた彼がお風呂を沸かしてくれていました。

「最近疲れているみたいだから、今日はゆっくりお風呂に入っておいで!」と言って、ギフト用の入浴剤をプレゼントしてくれたので、それを使って入浴することにしました。

お風呂上がりには珍しく髪を乾かしてくれて、肩や首、腰、ふくらはぎと凝っているところ全部をマッサージしてくれて、愛情が伝わってきてとても嬉しかったです。

30代前半/医療・福祉系/女性

肩を揉んでもらったり料理を作ってくれたりした

季節性の仕事なのですごく疲れているときがあるのですが、頼んでいないのに肩を揉んでくれたり、ご飯の用意までしてもらったことがありました。

ご飯はとてもおいしかったし、疲れて肩も凝っていてすごく痛かったので、とてもうれしかったのを覚えています。

痛みも取れ、翌日にはすっかり肩の凝りもほぐれていたので、元気にまた仕事に行くことができました。

その分あちらが疲れているときは、私が肩を揉んであげるようにしています。

30代前半/専業主婦/女性

【7位】家事をしてくれた

家事をしてくれた

家事をやっておいてくれた

彼は職場で知り合った後輩だったのですが、同棲を始めてしばらくは私の方が帰りが遅いこともありました。

そんな時、何も言わずに洗濯をしておいてくれたり、放置してしまっていた食器を洗ってくれたり、部屋の中の整理整頓、ウェットシートで床を丁寧に拭いてくれていたこともありました。

ご飯を食べて寝るだけの気力しかないくらいヘトヘトで帰ることもあったので、とても助かりました!

30代前半/専業主婦/女性

家事を率先してこなしてくれて楽しく話し相手になってくれた

新しい仕事に慣れ始めたのですが、業務量が増えて一杯一杯になっていて、体調を崩して仕事を休む日もありました。

その時に彼はご飯を作ってくれたり洗濯や掃除を率先してやってくれて、愚痴を聞いてくれたり楽しい話をして私を元気づけてくれました。

彼に背中を押され仕事の困難も乗り越えて、心に余裕をもって仕事に向かえるようになりました。

20代後半/サービス系/女性

【参考記事】彼女の仕事関係で悩んだ時に読んで欲しい記事10選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼女の仕事関係で悩んだ時に読んで欲しい記事10選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

女性100人に聞いた仕事で疲れてる時に嬉しかった彼氏の行動では、1位は『ありがたいプレゼントをくれた』、2位は『優しく気遣ってくれた』、3位は『料理を作ってくれた』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、女性100人による仕事で疲れてる時に彼氏にして貰って嬉しかった行動を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏が仕事で疲れてる時に嬉しかった行動編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏が仕事で疲れてる…!男性100人が嬉しかった彼女の行動

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年06月23日~07月08日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。