彼女を嫌いになった…同じ経験を持つ男性100人の対処法とは

彼女 嫌い

彼女と付き合っていると、どうしても「嫌いになったかもしれない…」という状況になることもありますよね。すれ違いや倦怠期、彼女の言動など理由は様々ですが、別れたいと感じてしまう事も。

今まで付き合ってきた彼女との別れを即断したくないからこそ、たとえ今は嫌いだと感じていても上手に対処する方法が知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女を嫌いになった時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼女を嫌いになってしまった時の対処法ランキング

彼女を嫌いになってしまった時の対処法ランキング

まずは、彼女を嫌いになってしまった時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女を嫌いになってしまった時の対処法』によると、1位は『距離を置く』、2位は『冷静に気持ちを整理する』、3位は『相手の良いところを探す』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女を嫌いになってしまった時の対処法

男性100人に聞いた彼女を嫌いになってしまった時の対処法

男性100人に聞いた彼女を嫌いになってしまった時の対処法では、1位の『距離を置く』が約23.6%、2位の『冷静に気持ちを整理する』が約17.4%、3位の『相手の良いところを探す』が約15.5%となっており、1~3位で約56.5%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼女を嫌いになってしまった時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】距離を置く

距離を置く

連絡を減らす

基本的には連絡をすることが減っていきました。どうしても興味がなくなってしまうので、話も弾まなくなっていきます。

さらにその変化に気がつく相手からの質問が面倒に感じてしまいますので、なお一層、連絡が減っていくというのを繰り返していました。

40代前半/流通・小売系/男性

理由をつけて会う回数を減らす

なるべく同じ空間にいたくないから、一緒に住んでいたら帰りを遅くしたり、友だちの家に泊まりに行ったりする回数を増やしていきます。

一緒に住んでいなければ、何か理由をつけて会う回数を減らしたりします。

一緒に居ても素っ気なかったり、会う回数が極端に減れば、さすがに相手も気づいてくれるとは思います。さすがに直接言葉で「嫌いになった」と伝えるのキツイので・・・。

40代前半/自営業/男性

彼女と会う機会を少なくした

付き合い始めは毎日電話やメールをして、休みの時には毎回デートしていました。そのうち、それが当たり前みたいになってしまって、新鮮味が感じられなくなり、惰性で付き合っているような感覚に陥っていました。

そこで、休みの時は友達とも遊びたいので、彼女と会う機会を少なくしたのです。

それが良かったようで、初めて会った時のように楽しく会えるようになり、彼女のことが前より好きになっていたのです。

ある程度、会う機会を減らすことで、特別感が出て、彼女のことをもっと好きになると思いますよ。

20代後半/医療・福祉系/男性

あまり連絡を取らないようにした

自分の気持ちが段々薄れていくのがわかってきて、連絡を取るのも面倒だったり、しんどくなっていました。仕事もしつつ、気持ちのあまりない相手に連絡を取るのは精神的にキツかったです。

自分がしんどい状態で無理に連絡を取ってしまうと、相手に八つ当たりしてしまうのではないかと思ったので、自分の心と彼女を守るために距離を取りました。

仕事が落ち着くと、ある程度余裕ができて、また会いたくなり、仲良くできるようになりました。

20代後半/医療・福祉系/男性

会う回数を極端に減らしてみた

他に好きな人が出来た訳でも無かったので、会う回数を極端に減らしてみました。会う回数が減ったことでお互いの必要性に気づかされ、会った時は不思議と会話が弾むようになっていました。

そんな感じで2~3ヶ月ほど過ごしていたら、嫌いだった時のことはすっかり忘れており、出会った頃のような関係に戻っていました。

40代前半/流通・小売系/男性

【2位】冷静に気持ちを整理する

冷静に気持ちを整理する

彼女のことが本当に好きで愛しているのかを自分に問いかけた

結婚前、私達は福祉施設で働く同僚だったのですが、勤務が一緒になることが多く、休憩時間等によく話をしたりしていましたので、自然にお互いに惹かれて行ったのを憶えています。

しかし人事異動で階が分かれてしまったり、仕事が忙しくなったりして、なかなか時間が合わずにすれ違うようになり、解ってもらいたい一心で言葉が荒くなり、ケンカしてしまうことがありました。

言葉ではどうにもならないと思い、私は「彼女のことを本当に愛しているのか」を自分に問いかけることにしました。そうすることで、「彼女への想いが私の心の中にどれだけ在るのか」を冷静に考えることが出来ました。

あとは自然にしていた結果、彼女もまた同じことを思っていたようで、以降は「お互いにありのままでお付き合いして行こう!」と、笑顔で話し合ったことを憶えています。

あれから21年経った今も、私の一番近くにあの時と同じ笑顔の妻が居ます。

50代前半/医療・福祉系/男性

一人になり彼女が居なくなった時の事を想像してみる

彼女はよく言えば少し天然で可愛らしく、悪く言えばドジで要領の悪い子でした。付き合いたての時はそこが可愛くて、守ってあげたいと思っていたのですが、徐々に「なんでそんな簡単な事が出来ないのか」と思うようになり、会話のキャッチボールがワンテンポ遅いのにもだんだん苛立ちが募るようになってきました。

やがて、別れが頭をよぎるようになり、どうしようかと悩んでいた時に、彼女が居なくなった時の事を考えてみました。

もし別れて彼女が他の男性とデートしていたら?もし彼女が落ち込んでいるのに、自分が何も力になれなかったら?逆に自分が他の女性とデートしている所を想像したり、自分が落ち込んでいる時に彼女が側にいなかったら?などを考えました。

そうするとただただ嫌な気持ちになり、そこで改めて「まだ好きなんだ」と付き合いたての時の気持ちを思い出す事が出来ました。

付き合っていれば嫌な所なども見えてくると思いますが、一回持ち帰り、恋人が自分の側から離れてしまった時の事を想像してみて、その時の感情をきちんと確かめるのはすごく大事な事だと思います。

20代後半/自営業/男性

出会った時のことを思い出し今の状況と比べてみる

何年一緒にいるかにもよりますが、3年以上一緒にいるのなら誰しもが通過することです。相手のことがわかっていると思い始めると、デリカシーなくずけずけとした態度になるものです。それが引っかかるようになったのかもしれません。

冷静に考えてみましょう。もし嫌いになったのではなく、そういった些細なことやマンネリが原因だとしたら、出会った時のことを思い出し、今の状況と比べてみましょう。

自分が出会った時の気持ちを忘れて、雑になっているのであれば、丁寧に接してみましょう。

それでも嫌いだったら仕方がありませんが、もし嫌いじゃなくなったらもう一度告白してみましょう。

40代後半/IT・通信系/男性