彼氏の嫌いなところが目につく…経験者100人が試した対処法

彼氏 嫌いなところ

彼氏との付き合いが長くなってくると、「ここだけは嫌だ!」と嫌いなところに気が付くこともありますよね。嫌いなところが多くなってくると別れる原因になってしまうことも。

これからも長く付き合っていきたい彼氏だからこそ、嫌いなところを見つけた時でも上手に対処する方法が知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏の嫌いなところを見つけた時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏の嫌なところが目につく時の対処法ランキング

彼氏の嫌なところが目につく時の対処法ランキング

まずは、彼氏の嫌なところが目につく時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏の嫌なところが目につく時の対処法』によると、1位は『正直に話す』、2位は『原因を理解するところから始める』、3位は『お互い様だと考える』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏の嫌なところが目につく時の対処法

女性100人に聞いた彼氏の嫌なところが目につく時の対処法

女性100人に聞いた彼氏の嫌なところが目につく時の対処法では、1位の『正直に話す』が約13.4%、2位の『原因を理解するところから始める』が約13.1%、3位の『お互い様だと考える』が約12.6%となっており、1~3位で約39.1%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼氏の嫌なところが目につく時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】正直に話す

正直に話す

嫌なことはハッキリ伝える

同棲を始めたばかりの頃、彼の小さな行動一つ一つが気になって戸惑っていた時期がありました。その時、私には余裕がなく、小さなことでイライラしていたのです。

そのイライラが募って喧嘩をした際に、すべて彼に話しました。言い方がキツくなってしまったのですが、向こうは理解してくれました。

それから当初イライラしていたような問題でぶつかる事はかなり減りました。今はお互いを理解するように努め、尊重しつつ生活するように心がけています。

最初の教訓も活かして、話し合いをする際は言い方には気をつけるにしています。

20代後半/サービス系/女性

彼を傷つけてしまわないように正直に言う

食器洗いやお風呂掃除など、やってくれるのはとてもありがたいのですが、几帳面な私からすると「もうちょっと、ここはこうやってよ」、「ここはこうじゃない」という小さな不満が出てしまい、自分でやったほうが気持ち的にもスッキリするなと思ってしまいます。

そこで、彼を傷つけてしまわないように、正直に言うようにしました。「私、実はこだわりがあるから、これは自分でやるね、その代わりにこれはやってくれる?」としっかり話すことによって、上手に役割分担をすることができ、お互い気持ちよく作業が行えます。

20代前半/大学生/女性

日記みたいにLINEに嫌と思ったことをゆるく書き出し共有する

最近、同棲を始めました。フリーランスの彼は面倒くさがりなので、私が仕事から帰って来ないと何もせず、宅配のゴミが溢れていました。

私に頼り切って怠けている彼の姿にイライラしてしまい、つい拗ねたり、ちょっとした事で怒りがちになっていました。

お互い仕事も頑張っているのもわかるのですが、つい私ばかり感情的になってしまうことが増えたので、直接言う前にLINEで素直な気持ちを送る様にしました。

ちょっとムッとされる事もありましたが、スタンプ混じりの日記調のLINEメッセージがワンクッションになったのか、「ごめんね」と謝ってくれて、だんだんと家事に協力的になって来ています。

20代前半/医療・福祉系/女性

やんわりと不満を伝える

私には同棲している彼がいるのですが、その彼がトイレから出た時に使い古しのトイレットペーパーではなく、交換したばかりのトイレットペーパーを使っていたことに気づきました。

これまでもまだ使い残しのトイレットペーパーが残っているのにも関わらず、新しく出したトイレットペーパーが使われていたり、トイレットペーパーが切れていても交換されていない時もしょっちゅうだったので、この機会に言わなければと思いました。

そこで「古いものから使わずに新しいものから使っているから、〇〇君はこれまで一度もトイレットペーパーを交換しなくて済んだんだね!でも交換したり補充するのって、意外と手間なんだって知ってた?」と皮肉を言ってやりました(笑)。そしたらわかってくれました。

私も尽くしがちの人間でしたが、最近はあまり尽くさないようにお互いのペースで頑張っています。

20代前半/流通・小売系/女性

言うことで直るようなことなら言う

同棲を始めて、彼氏の嫌いなところが目につくようになりました。容姿など言っても変わらないことは言いませんが、性格や生活面でのことで、言って改善されそうなことは言うようにしました。

例えば、「足が短くて残念だから、伸ばしてほしい」と言っても無理ですが、「洗濯物を洗濯機に入れてほしい」など、言えば改善してもらえそうなことは伝えました。

20代後半/金融・保険系/女性

【2位】原因を理解するところから始める

原因を理解するところから始める

原因を明らかにして、どうしたら改善できるか考える

主人と結婚して一緒に住み始めてから、片付けを全然しないことが目につき始めました。物を使ったら出しっぱなし、元の位置に戻さないのはしょっちゅうで、こちらが怒ったら逆にイライラされたりすることもありました。

しかしイライラするのも疲れたので、冷静になぜ片付けをしないのか聞いてみると、「どこにしまえばいいか考えるのがめんどくさい」と言われました。

なので、物をしまう引き出し等に、名前を書いたシールや目印を貼ったりして定位置を作りました。すると日に日に散らかしが減っていき、私が出しっぱなしの物も「これはここ!」と言われるようになりました(笑)。私も定位置がある方が整理するときに便利になりました。

30代前半/医療・福祉系/女性

原因を探って嫌なところが目につかないような方法をとる

もともと自分のことや仕事のことを積極的に話すタイプの人ではないのですが、何かを計画したりする時、なかなか彼から話を持ち出してくれないことにイライラしてしまったことがあります。

結婚をして、そろそろ家を購入するかどうかというタイミングで、彼はあまり物件も調べず、何を考えているのか全く話してくれませんでした。それなのに後日、「今日、ローンの相談会に行ってきた」と事後報告され、「それならそうと先に言ってよ!」と思ってしまいました。

今後もこういうことがあっては困るので、「どうして話してくれないのか」の原因を探ると、「家で話すのは恥ずかしい」とのことでした。仕事から帰ってくるとオフモードになってしまい、真剣な話し合いなどに気持ちが乗らないということのようでした。

そこで、なにか話がある場合や計画を立てる場合、外食をしながら話すことにしました。すると彼にも適度な緊張感が生まれて、普段は聞けないような将来の計画なども話してくれるようになりました。

20代前半/専業主婦/女性

苛立ったことをスマホのメモで記録し同じことを繰り返すようなら伝える

子供が生まれてからも、自分の事を優先しがちな夫にイライラしていました。

言い出したらキリがないので、夫の行動を5w1hでスマホにメモをすることにしました。例えば(今朝、夫が、子供と3人のお出かけ前の準備を自分だけ済ませて、リビングでスマホゲーをして待っていた。)と、ザックリですがこまめに記録していました。

1週間ほどで記録を見返して、同じような記録が多い時は「最近、子供も元気に動くようになってきたから、準備に時間が掛かるんだよね。メイク中だけお願いできる?」とやんわり伝えています。

これは一例ですが、書き出すことでまずスッキリしますし、見返すと本当に些細なことでイライラしていたことがわかり、反省にもつながります。

衝動的に当たるより、スマホが逃げ道になってくれたので、以前よりケンカやイライラは減りました。

30代後半/専業主婦/女性

何が嫌なのか、紙に書きだすなどして冷静に見直してみる

長く付き合っていくうちに、最初は見えなかったところが気になったり、お互いに気が緩んで今まで見せなかった部分が表に出てくると思います。

私の場合は、彼の発言になぜかイライラすることが増えていきました。自分でも何でそんなにイライラするのか分からず、うまく立ち回れなかったので、一度落ち着いて彼のどこが嫌なのか考えてみました。頭の中だけではまとまらなかったので、紙に書き出しながら見付けることにしたのですが、どうやら私は彼の「何に対しても楽しむより先に否定的なことを言うところ」が嫌だったようです。

それに気付いてからは、彼が嫌なことを言ったときでも、流されずに自分の意見を言えるようになり、彼の行動が変わったわけではありませんが少しだけ気持ちが楽になりました。

彼の嫌なところばかりが見えてしまうときは、どうしたら自分の心が穏やかでいられるか考えて対策してみると良いと思います。紙に書き出してみるのもスッキリできておすすめです。

30代前半/サービス系/女性

【3位】お互い様だと考える

お互い様だと考える

お互い様なので相手の立場にもなってみる

お互い様なので、相手の立場にもなってみるなど、時間をかけてじっくり変化していけば良いのではないのかなと思います。

急に「自分を変えろ」と言われたり、強制されると何かしら後で嫌な思いが残ると思うので、徐々に変化していけば良いと思います。

長い時間で意外と人は変わっていきます。指摘してあげる事も良いことだと思いますが、相手の気分を損ねない様に、逆に意固地になられない様にした方が得策かと思います。

40代前半/専業主婦/女性

お互い様だと思い受け流す

同棲を始めた頃はお互い気を使っていたのか、あまり不満に思うことはありませんでした。けれど、付き合いが長くなるにつれて、段々と不満を口にするようになりました。

主に食事の味付けに関しての不満が多いのですが、食に関しては生まれ育った環境もあるので矯正することは難しいと思いますし、あまり責めるとストレスになると思い、最近は注意しません。

私の方こそ彼に嫌な思いをさせていることもあるはず、お互い様だと思い、受け流すようにしています。

30代前半/専業主婦/女性

まずは自分の行動について考えてみる

結婚前に同棲を始めました。彼は洗濯や掃除もしてくれる方だったと思いますが、やり方が私と違うなぁと感じる部分がよくありました。2人とも働いていたので、そんな細かいことを確認したり話し合ったりする時間もあまりなく、私はモヤモヤとする日もありました。

しかし、喧嘩もしたくないので、まずは自分の行動について考えてみることにしました。そうすると、『あれ?お互い様かな?』と思う部分が出てきました。

彼にもたくさん助けてもらっていることを感じると、そんなことは気にならなくなってきました。

今ではお互いのやり方を尊重しながら生活できています。

20代後半/専業主婦/女性

自分がどうかを振り返ることでお互いさまと思うようにする

彼は食器を洗ってくれることが多いのですが、洗った後のお皿に汚れが残っていたり、油でベトベトのままで洗えていないことがよくあります。

見つけた時は都度注意して、私が洗い直しをしていますが、いまだに直っていません。正直、毎回イライラしています。

しかし、彼は私が苦手な掃除や片付けのほとんどをやってくれています。私も彼に注意されたことは全く直っていないことの方が多いくらいです。

このように、彼がやってくれたことが私から見たら出来ていないことであっても、自分がどうかを振り返ることでお互いさまと思うようにしています。

30代後半/専業主婦/女性

【4位】落ち着いて話し合う

落ち着いて話し合う

話し合ってどういうことが嫌だと思うか、どうしたら解消するかを言い合う

彼がよく飲みに出かけるので、最初は「いってらっしゃい」と快く見送ってましたが、だんだんと帰りが遅くなっていったので、ある日「そんなに飲みに行くのはおかしい!」と喧嘩になりました。

しばらくお互いすれ違いましたが、彼がもともと飲みに行くのは知っていて付き合ったので、そこは彼を尊重しようと考え直し、話し合いの場を設けました。

話し合ってどういうことが嫌だと思うか、どうしたら解消するかを言い合い、彼が遅くなる場合は早めに連絡をする、付き合いが悪くならない程度に飲みに行くペースを少なくするという対策になりました。

今でも守ってくれているので、話し合ってよかったと思います。

20代後半/サービス系/女性

本人にはっきりと伝えてふたりで解決策を話し合う

ゲームが好きな彼でした。通話しててもお部屋に遊びに行っても、ゲームをしていて構ってくれない時がありました。趣味があるのはいいことですが、「お話するときはお話してよ!メリハリ付けなさいよ!」と思ったときがありました。

我慢してるのも良くないなと思ったので、本人に伝えました。本人は言われて初めて私がそう思っていたことに気付いたようで、謝ってくれました。そしてふたりで改善策としてルールを設けました。

それからは寂しいなと思うことも減り、喧嘩することも無くなりました!

言葉にしないと分からないことって意外と多いと思うので、言葉に配慮しつつ伝えることも大切だと思います。

20代前半/大学生/女性

お互いに悪いところを認め謝罪する

彼とは、初めのうちは仲が良かったものの、次第に喧嘩が増えていき、些細なことでイライラすることが増えました。

彼が私のアパートへ泊まりに来たときです。料理中にスキンシップが激しく、段取り良く料理を作ることができずにイライラしてしまい、「離れて」「向こうで座っていて」など低いトーンで真顔で言ってしまいました。

彼は最初は冗談だと思って、スキンシップを続けていましたが、次第に私の表情やしぐさから察したのか「ごめん。」とそばを離れ、気まずい空気になってしまいました。

その後、料理を作り終えた私は、「さっきは態度が悪かった。言い過ぎたところもあると思う。ごめんね。」と謝り、彼も「俺も悪かった。許してくれてありがとう。」と言ってくれました。

一度は空気が悪くなったものの、お互いに悪いところを認め、謝罪の言葉が出せるということは大切なことだと思いました。

20代前半/サービス系/女性

自分の気持ちを伝えて相手の言い分もしっかり受け止める

私は専業主婦です。主人は仕事で忙しいため、家事全般をするのは私の役となっているのですが、やらないといけないことが重なって忙しいとき、ふと目にした夫の姿に苛立つことがあります。

「休みの日だし、普段は一人で働いてくれているのだし」と我慢しているのですが、つい溜め息をついたり、物を雑に扱ってしまったりと態度に出てしまうことがあり、それを見た夫に「何も悪いことしていないのに、いきなり怒って嫌な雰囲気にされたら困る」と怒られてしまいました。

もやもやする気持ちもありましたが、勝手に怒った私が悪かったとまず謝り、話す時間をとってもらいました。そして私が怒っていた理由と、そこに至るまでの経緯(忙しく余裕がなかったこと)を話しました。

すると「休みの日を満喫している時に君の機嫌がいきなり悪くなるのは不愉快だから、何かあったならその時に知らせて欲しい」と言われました。さらに夫は「これからはなるべく聞くようにする」と言ってくれて、心が軽くなったのを覚えています。

それからも上手くできずに喧嘩をすることもありますが、喧嘩をしてもその後きっちり話し合うという習慣ができました。お互いの気持ちを全部伝え合うと、自分の悪いところをはっきりと知ることができるので本当に大事だと実感しました。

30代前半/専業主婦/女性

【5位】良いところを思い出す

良いところを思い出す

「嫌いなところ」の数だけ「好きなところ」を書き出してみる

私がお付き合いしている彼の「嫌いなところ」ばかり見てしまうときに行うのは、「嫌いなところの数だけ好きなところを書き出すこと」です。

彼の嫌いなところが目立つのは、お付き合いに慣れて彼の存在が当たり前になったことが原因だと思います。

初めの頃は、きっと彼の好きなところに夢中だったことでしょう。その気持ちを思い出すためにも、メモをひっぱり出して、まずは今見えている「彼の嫌いなところ」を箇条書きにします。

そして、次に同じだけ「彼の好きなところ」も箇条書きにしましょう。きっとあなたが好きだった彼の良いところが思い出されてきますよ。

30代前半/サービス系/女性

いいところに目を向ける

車の運転が好きと言う彼。しかしいざ半同棲状態になると、とっても出不精で「混雑は嫌」「並ぶのは論外」と言い出しました。ドライブ中のカップルを見るたび、「こんなはずじゃなかった」と思ってしまうようになりました。

そんな時は、ありきたりですが、彼のいいところにも目を向けるようにしました。

けっこう家事も手伝ってくれるし、年下なのに考え方が大人で、随分、お勉強させてもらえました。

50代前半/自営業/女性

彼のいいところを探すようにした

年上男性と付き合っていたので、彼には経験を積んだ大人の意見やアドバイスを聞かせてほしいのに、私の話を聞くだけで一向に自分の意見を言おうとしません。

あまりにも度が過ぎていたので不満を伝えましたが、変わりません。

そういう時は相手のいいところを見るようにします。「聞き役に向いているんだな」と、良いように受け取るんです。

30代後半/専業主婦/女性

いいところを見返す

自分の気分やホルモンバランス、周りの環境等の影響で、彼氏を他の人や過去と比べてしまうことがよくあります。「出会った頃はこれもしてくれたのに今は見向きもしてくれない」とか「友だちの彼はこれもあれもしてくれたのに、自分の彼は興味なさそう」とか。

生きていれば何かしらあると思います。嫌いなところが目についたときは、ひたすらいいところを思い出します。「ああいうところがいいから好きになったんだ」というものをひたすら頭に思い浮かべます。

嫌なところが目につくとそれ以外もマイナス思考で考えてしまうので、それはいったんリセットして、自分の頭をプラスに考えていきます。

30代前半/流通・小売系/女性

【6位】なるべく気にしないようにする

なるべく気にしないようにする

我慢して謝って済ませる

私は大雑把な性格であまりキレイ好きではないですが、彼は几帳面で結構細かく、たまに「お姑さんか!」と思うくらい口うるさい時があります。

自分が悪いとこもあるので我慢して、謝って済ませます。

相手が気にしてることに関しては、何も言わずに我慢して、あとからこっそり対処したりしています。

40代前半/サービス系/女性

なるべくスルーする

付き合っている頃から、彼は自分勝手な人だと思ってました。旅行好きで「〇〇に行こうよ」と言い出したら、私が予約をするまで毎日のように言ってきます。しかも自分では何も調べません。

また、わからないことがあると、何でも私に聞いてきます。スマホがあるんだから、たまには自分で調べてよと思います。

逆に私が何か質問や提案をすると、「おれの知ったことか!」のような発言をしてきます。モラハラといって逃げるほどではないので、なるべくスルーする方法を探しています。

50代前半/メーカー系/女性

育った環境が違う他人だからと思い諦める

結婚しても嫌なところは見えてきます。夫は声が小さいので、家事をしていたりするとうまく話が聞き取れず、私が何度も聞き返すと、「耳が悪いんじゃない?」と言ってきます。

また、体感温度が違うのでエアコンの温度設定を低くされることがあるし、ホラーが嫌いな私に無理やり見せてきたりします。

初めは言い返したり怒ったりしていましたが、一向に懲りないので無意味だと思い、諦めています。

30代前半/専業主婦/女性

【7位】距離を取り、冷静になる

距離を取り、冷静になる

違う予定をいれて気を紛らわす

彼の片付けが下手なところが嫌で、いくら言っても改善されないことに腹が立ち、すべて無視して友達と遊びに行きました。

友達にそのことを愚痴ったら、なんだかスッキリしたと同時に、「どうでもいいことでイライラしていたな。なんて小さなことだったんだろう」と思えるようになりました。

帰ってみたら、部屋の様子が変わっていて、彼がへたくそなりに実は片付けようと努力をしていたんだと気づきました。これまでもそうだったのに、私が気づいていなかったんです。

嫌なことばかり見ることに囚われていたなと、自分自身の余裕のなさにも反省しました。

30代前半/メーカー系/女性

距離を置いて相手の大切さを再実感する

一緒にいる時間が長くなればなるほど、彼氏の嫌なところが気になりだしました。私へ連絡もせずに飲みに行くことや、平気で約束をドタキャンされることなど、彼氏の行動に嫌気がさしながらも、「好きだから一緒にいたい」という思いは消えませんでした。

そこで私は、彼氏に距離を置くことを提案しました。彼氏にとっては私の存在がどれだけ大切だったのか、改めて痛感するいい機会になったようです。

近くにいると当たり前の大切さが分からなくなってしまうことがあるので、2人で長く一緒に生きていくためには、ある程度の距離感が重要だと、この経験を通して実感しました!

20代前半/大学生/女性

私が怒っている理由を自分の頭で考えさせる

私のことを何でもかんでも友人に話してしまう彼氏です。話して欲しくないようなことまで漏らしていたことを知った時は、私も怒りに耐え切れませんでした。

でも、私が怒っている理由を自分の頭で考えてほしいと思い、ラインで「調子のらないで」とだけ伝えました。

直してほしいところをあれこれ言うより、一度考えてもらうことで、これから改善してくれる確率が高まるのではないかと考えています。

20代前半/大学生/女性

【8位】一緒に楽しく過ごしてみる

一緒に楽しく過ごしてみる

逆に一緒にいる時間を増やす

夫とは、交際開始から結婚を含め9年一緒にいます。嫌いなところが目に付くときは大抵、「自分の仕事や生活に余裕がない」「ただ同じ家に帰るだけで一緒にいる時間がない」の2点が重なって、「もっと生活を効率化しないといけないのに、気を使わなければいけない他人がいて邪魔」と無意識に思っている時でした。

そんなときは時間を見つけて一緒にお茶を飲んだり、買い物に行って手をつないだり、いってらっしゃいのハグを欠かさないなど、短くても二人の時間を大切にします。自分の中の愛情メーターが増えると、些細なことは目につかなくなるから不思議です。

もちろん、明らかに嫌なことは指摘します。些細なことをたくさん指摘すると相手も嫌がりますが、厳選した指摘なら、受け入れられることも増えますから。

30代前半/自営業/女性

ぐっと堪えて2人で出来るゲーム等、楽しいことを探す

初めて遠出した時、彼の運転で綺麗な海に行き、砂浜にレジャーシートを敷いてパラソルを設置して、夏を満喫して物凄く楽しかったです。

しかし帰りの高速道路で大渋滞に嵌った時、疲れが溜まっていた彼はだんだん不機嫌になっていきました。私はその時まで、彼の不機嫌な顔を見たことがなかったので焦りました。

私も一緒にイライラしてしまいそうでしたが、ぐっと堪えて2人で歌える曲を流したり、クイズを考えて出してみたり、スマホで心理テストを探して彼に答えてもらったりと「渋滞だからこそ、面白いことができて楽しいよね!」という雰囲気に持っていくことができました。

それからというもの、何かがあれば笑いに変換できるようになりました。

30代後半/専業主婦/女性

【9位】うまくコントロールする

うまくコントロールする

彼に直接言えないので自分が動く

一緒に暮らして気付いたことですが、彼は姿勢が少し悪く、歩くときに両手が幽霊のような格好になっているんです。家だけでそういう姿勢だったらあまり気にしなくても良いかなと思っていたんですが、外で出歩くときも同じように幽霊のような手の位置になっているため、見た目がものすごく格好悪いんです。

だから、出掛けたときに幽霊みたいな格好になっているときは、手を繋いで彼の手が遊ばないようにしました。

最近はそういった姿勢を取っている姿は見せないので、注意する機会を失っていますが、また同じ姿勢をしたらやんわりと注意してみようかなと思っています。

40代後半/専業主婦/女性

無言の圧力をかけ自主的に直してもらう

一緒に住み始めるとやはり嫌なところが見えてきます。最初は我慢していましたが、それがだんだんとストレスになっていくのがわかりました。

やめてほしいと伝えていましたが直らないので、黙って片付けるようになると、私が怒っていることに気が付いたのか、彼も少しずつですが自分から片付けるようになりました。

言葉で伝えることも大事かもしれませんが、無言の圧力もかなり効果があるように感じました。

直接伝えると喧嘩になることもあるかもしれないので、上手く使い分けていこうと思いました。

20代後半/専業主婦/女性

【10位】他の嫌いな人と比べてみる

他の嫌いな人と比べてみる

周りの嫌いな人の事を思い浮かべる

夫はとても優しくて笑顔が素敵な良い人です。しかし一緒に生活していると、些細なことでイライラして「あれもできない」「これもしてない」と、どんどん悪いところにばかり目が行ってしまうことがあります。

そんな時は、私が出会った最低な人や嫌いな人などを思い浮かべます。そういった人と比べると、夫がどれだけ良い人であるか改めて気づくことができます。

自分がイライラしてしまった、夫の良さが当たり前になって悪い所ばかり見てしまった、と反省できます。

20代後半/専業主婦/女性

まとめ

女性100人に聞いた彼氏の嫌なところが目につく時の対処法では、1位は『正直に話す』、2位は『原因を理解するところから始める』、3位は『お互い様だと考える』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏の嫌いなところを見つけた時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女の嫌いなところを見つけた時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女の嫌いなところが目につく…経験者100人が試した対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年09月02日~09月17日
回答者数:100人