彼女の嫌いなところが目につく…経験者100人が試した対処法

彼女 嫌いなところ

彼女との付き合いが長くなってくると、「ここだけは嫌だ!」と嫌いなところに気が付くこともありますよね。嫌いなところが多くなってくると別れる原因になってしまうことも。

これからも長く付き合っていきたい彼女だからこそ、嫌いなところを見つけた時でも上手に対処する方法が知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女の嫌いなところを見つけた時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼女の嫌なところが目につく時の対処法ランキング

彼女の嫌なところが目につく時の対処法ランキング

まずは、彼女の嫌なところが目につく時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女の嫌なところが目につく時の対処法』によると、1位は『距離を取り、冷静になる』、2位は『落ち着いて話し合う』、3位は『自分の考えや言動を改める』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女の嫌なところが目につく時の対処法

男性100人に聞いた彼女の嫌なところが目につく時の対処法

男性100人に聞いた彼女の嫌なところが目につく時の対処法では、1位の『距離を取り、冷静になる』が約22.1%、2位の『落ち着いて話し合う』が約21.3%、3位の『自分の考えや言動を改める』が約18.7%となっており、1~3位で約62.1%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼女の嫌なところが目につく時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】距離を取り、冷静になる

距離を取り、冷静になる

一旦離れて頭を冷やす

彼女は穏やかで優しいのですが、少々のんびりし過ぎており、また、自分の意見を引っ込めるような部分もあります。

はっきりと自己主張をし、なんでも早くこなすタイプの私は、そのおっとりさと優柔不断な一面にイライラすることもあります。

つい彼女の言動のアラを探してしまうので、頭を冷やすためにも一旦離れるようにしています。

20代後半/メーカー系/男性

一旦距離を置く

彼女の嫌いなところが目につく時というのは、心が「相手の粗探しモード」に入ってしまっていると思います。

そういう時は、どう頑張っても相手の嫌なところが目についていますし、無理やり前向きに考えようとしても、かえって自分の心の負担になりかねません。

なので、一旦距離を置くのが良いと思います。そうしたら、寂しさと一緒に、彼女の良いところが思い浮かぶと思います。

20代後半/メーカー系/男性

嫌いなところが見えたら彼女が見えないような場所へ移動する

彼女の嫌いなところが目についたときは、彼女がいる場所から離れるようにし、移動するのが無理なら、彼女の存在を意識的に消すようにしています。

見えると、どうしても嫌な部分が目についてイライラしてしまうので、彼女の存在自体を意識的に消すようにすれば、彼女への期待も薄れ、イライラが減るようになります。

感情のコントロールにも役立つのでおすすめです。

30代後半/金融・保険系/男性

【2位】落ち着いて話し合う

落ち着いて話し合う

落ち着くまで時間を空け相手の機嫌がいいときに話す

同棲を始めてから、小さなことでいらっとすることが多くなりました。

彼女は食べたあとにすぐに片付けしたい派らしいのですが、私が少し片付けを忘れていたときには強めに言うのに、彼女が同様に忘れて注意した時にはものすごく拗ねるのです。さらに言い訳までしてくることに腹が立ちます。

しかしお互いにイライラしても仕方がないので、その時はグッとこらえて彼女が機嫌がいい時に話し合いするようにしました。

すると彼女も笑い話にしながら、「ごめん、次から気を付けるよ!」と返してくれ、前向きに会話が出来るようになりました。

ほとぼりが覚めてから話す作戦は、いい感じです!

30代前半/金融・保険系/男性

ちゃんと伝えて2人で納得できるように話し合いをする

基本的には、嫌いと思う部分は彼女に言うようにしてます。ちゃんと伝えて、2人で納得できるように話し合いをします。

当然すぐには直らない部分もありますし、そもそも嫌いと思える部分があるのもしょうがないと思うので、僕はそんな彼女と上手く付き合っていけるように考えるようにしてます。

お互いに許容する事が大切だと思います。

30代後半/自営業/男性

直してほしいと頼み相手が自分に直してほしいところも直す

彼女は人の話を聞くときに適当に返したり、脱ぎっぱなしの靴下をそのままにしたりと、嫌なところをあげたらキリがありません。

最初は我慢していましたが、やっぱり直してほしいなと思い、伝えてみました。

そうすると、彼女も私に直してほしいところを提示してきたので「じゃあ、お互い直していこうね。」という話をしました。お互いの仲が戻り、嫌なところも少しずつ直していきました。

20代後半/流通・小売系/男性