彼女にずっと一緒にいたいと言われた!女性100人の心理とは

彼女 ずっと一緒にいたい

彼女に「ずっと一緒にいたい」と言われると嬉しいですよね。でも、その意味が「同棲」を意味しているのか「結婚」を意味しているのか、はたまた「単純にもっと一緒にいたいのか」が分からなくてモヤモヤすることもあるのではないでしょうか?

それってどういう意味?とは聞けないからこそ、「ずっと一緒にいたい」と言う女性の本音や心理を知りたい方も多いはず!

この記事では、女性100人による彼氏にずっと一緒にいたいと言う時の心理を体験談と共にご紹介しています。

彼氏とずっと一緒に居たいという時の心理ランキング

彼氏とずっと一緒に居たいという時の心理ランキング

まずは、彼氏とずっと一緒に居たいという時の心理ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏とずっと一緒に居たいという時の心理』によると、1位は『結婚を意識している・して欲しい』、2位は『大好きで離れたくない』、3位は『離れるのが寂しい』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏とずっと一緒に居たいという時の心理

女性100人に聞いた彼氏とずっと一緒に居たいという時の心理

女性100人に聞いた彼氏とずっと一緒に居たいという時の心理では、1位の『結婚を意識している・して欲しい』が約27.6%、2位の『大好きで離れたくない』が約16.5%、3位の『離れるのが寂しい』が約11.8%となっており、1~3位で約55.9%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼氏とずっと一緒に居たいという時の心理を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】結婚を意識している・して欲しい

結婚を意識している・して欲しい

今すぐというわけではなくても結婚を意識して欲しいと思っていたから

私が彼氏に「ずっと一緒にいたい」と言ったのは、付き合い始めてすぐの時でした。

一緒にいて心地良いし、趣味や価値観も似通っており、私自身は彼と将来結婚できたらいいなと思っていたため、彼に結婚のことを意識してほしいなという気持ちがあった上での言葉だったと思います。

重い言葉を早くに言いすぎてしまったかなと思ったのですが、いきなり「将来結婚したいね」なんて言うことは難しいので、代わりに「ずっと一緒にいたい」という言葉になりました。

20代後半/専業主婦/女性

ずっと一緒にいる未来を想像出来た時

一緒に過ごしてきた時間が長くなればなるほど、好きな気持ちが大きくなって、ふとした時に将来のことを想像して、「ずっと一緒にいられたらいいな、ずっと一緒にいたいな」と思う様になりました。

相手とずっと一緒にいる未来を想像出来た時に、初めて「ずっと一緒にいたい」と口に出して言ってしまうと思います。

結婚した後の2人の生活も思い描ける人となら、ずっと一緒にいたいなと思うと思います。

20代前半/IT・通信系/女性

お互いの実家が近くご両親も優しい方だったから

夫と付き合うとき、私には別に好きな人がいました。

ずっとその人が忘れられなくて、夫から「付き合おう」と言われても断っていたのですが、「その人の事、忘れられるまで待つよ」と言われたのが嬉しかったため、付き合うことにしました。

その後、1ヶ月も経たないうちに、彼のご両親と会う機会があったのですが、すんなりと受け入れてもらえました。

田舎暮らしで親兄妹と上手く付き合えるのは大事なポイントなので、「この人なら結婚しても上手くやっていける」と思いました。

30代前半/専業主婦/女性

結婚を前提に「この先も人生を共にしていきたい」という意味で

同棲前は単純に「もっと一緒に過ごしたい」という思いで伝えていたと思います。お互い仕事が忙しく、デートの時間も限られていたので、別れ際に言うことが多かったです。

同棲後は結婚を前提に、「この先も人生を共にしていきたい」という意味で伝えています。彼にもその真意が伝わっているようで、「これからもずっと一緒にいよう」と返してくれます。

20代後半/流通・小売系/女性

この人の隣で笑っていたい結婚したい

私はその人以外考えられないほど好きな相手に対して、「ずっと一緒にいて、この人の隣で笑っていたい。結婚したい!」と思い、「ずっと一緒にいたい!」と言いました。

今は訳あって離れ離れだけど、いつかまた笑い合えたらいいなと思っています!

20代前半/大学生/女性

結婚を意識した存在だったから

現在の主人と付き合っていた頃、結婚を意識するようになり「ずっと一緒にいたい」と言いました。

結婚を意識していなかった頃は、一緒にいるのが当たり前で、改めて口にすることはありませんでした。しかし、結婚へと意識が向き始めた際に、離れてしまう不安が頭をよぎりました。

「ずっと一緒にいたい」と口にしたとき、彼も同じ気持ちであったようで、その言葉がきっかけで結婚の話が進み始めました。

言葉を口にする大切さを改めて感じました。

30代後半/専業主婦/女性

結婚したいと思ったから

「ずっと一緒にいたい」と伝えたのは、結婚を意識し始めたからです。

学生の頃からずっと一緒にいる彼は、何よりも居心地がよく、共通の友達がいたり、お互いの家族もよく知っていました。そのため一緒にいるといつも安心感がありました。

一緒にいて落ち着く彼と、この先もずっと一緒にいたいなと思ったので、そのことを彼に伝えました。

30代前半/医療・福祉系/女性

結婚を意識したから

ある程度の日数付き合ってみて、「結婚を前提にこれからもお付き合いしたい」と思ったからです。じゃないとそこまで改めて「一緒にいたい」とは言わないです(笑)。

そしてあわよくば次のステップに進みたいですね。例えば同棲とか、親に会わせたいとか行動に移したい気持ちもあります。

20代後半/専業主婦/女性

同じ方向を向いて生きていける自信がついたから

私がお付き合いをしている彼に「ずっと一緒にいたい」と伝えるときは、「同じ方向を向いて生きていける自信がついたから」です。

お付き合いをしている状態は「お互いの矢印が向き合っている状態」だと考えています。それに対して「ずっと一緒にいる」ということは、「お互いの矢印が同じ方向を向いている状態」だと思うのです。

なのでお付き合いを通して、彼との矢印が同じ方向を向いていると感じたとき、「ずっと一緒にいたい」と告げます。

30代前半/サービス系/女性

自分に合う人は彼以外もう現れないだろうと確信した時

お付き合いをしていて、そろそろ結婚を考えようかと思うようになった時、彼となら苦労も一緒に乗り越えられそう、自分に合う人は彼以外もう現れないだろうと確信した時に言いますね。

また、このまま家に帰りたくない、誰にもこの恋を邪魔されたくないなど、彼との恋愛に対する願望が強くなった時に、「ずっと一緒にいたい」と言うと思います。

40代後半/医療・福祉系/女性

お互い結婚を意識し始めて将来のことをよく話すようになったから

付き合う期間が長くなってくると、お互い結婚の事を意識して、将来のことをよく話すようになったので、「同棲したいと伝えるのは今がタイミングだ」と思ったからです。

長い期間付き合うとお互い慣れも出てきて、変わりばえしない毎日でもあったので、付き合いたてのワクワクドキドキの感覚を掴むという意味でも、今言うことが一番良いタイミングだと思ったし、新しい感覚を得られると思ったからです。

20代前半/サービス系/女性

【2位】大好きで離れたくない

大好きで離れたくない

付き合い初めで一時も離れたくない

遠距離恋愛だったので、月に一回どちらかが会いに行く生活をしていました。

電話で毎日話していても、やっぱり顔を合わせて、触れ合える距離にいることは幸せです。なので、「ずっと一緒にいたいね」とよく言っていました。

月日が経つと結婚を考えるようになり、ただ「一緒にいたい」ということだけじゃなく、「共に生きていきたい」とニュアンスが変わっていきました。

30代前半/専業主婦/女性

もうその人なしの日常は考えられないくらい大好きだから

最初は相手に対して特別な感情はなかったのですが、すごくアプローチをしてもらって、気づいたら私も相手のことを好きになっていました。

もう、一日中その人のことが頭から離れなくなるほどのめり込んでいて、もうその人なしの日常は考えられないくらい依存していました。

なので、重いと言われるのを覚悟で、一緒にいたい気持ちを伝えました。

30代後半/専業主婦/女性

一目惚れだったし出会った瞬間からぞっこんだった

夫と知り合った時、彼には付き合っている女性がいましたが、最終的には私を選んでくれました。

もともと私の一目惚れだったし、出会った瞬間からぞっこんだったので、お付き合いできるようになってからは「絶対別れないし、ずっと一緒に居たい」と思ってました。

結婚した今でも大好きですし、夫も私の事をとても大事にしてくれて幸せなので、これからもずっと一緒に居たいと毎日思います。

とくに寝顔を見てる時、1番強く思います。

20代後半/専業主婦/女性

彼が大好きで、これからも苦楽を共にしたいと思った時

私が彼に「ずっと一緒にいたい」と言うのは、素直に彼が大好きで、これからも苦楽を一緒に乗り越えたいと思うときです。

お互いに何かを頑張ったとき、疲れた時にいつも「お疲れ様、明日も頑張ろう、生きよう」と必ず言うようにしています。

これを長い間続けていたら、自然と「この人となら頑張れる、自分に自信が持てる」と思うようになりました。

20代前半/大学生/女性

単純に離れるのが嫌で同じ空間にずっといたいと思っている

私が「ずっと一緒にいたい」と言った時は、ひと時も離れたくないと思った時です。それは同棲や結婚がしたいということではなく、ただ「今一緒にいるこの時間がずっと続いてほしい」という感情的なものです。

男性に向けて「ともに歩む未来を考えてほしい」という気持ちはもちろんありましたが、それを仄めかすというよりは、単に一緒にいたいという気持ちを相手に伝えたいという感情でした。

20代後半/医療・福祉系/女性

一時も離れたくなくて

少し遠距離で週に一度くらいしか会えないので、一時も離れたくなくて「もっと長い時間一緒にいられたらなあ」と言いました。

一緒にいれば不安も減るし、いつも安心できるし、お互いにとっても良いと思います。

結婚まではまだ考えていませんが、出来るだけ長く一緒にいてもっと知りたいと思うし、気持ちも落ちつくので生きる気力が湧きます。

40代前半/医療・福祉系/女性

一緒にいる時間が楽しくて、この時間が終わって欲しくないと思ったから

お付き合いをしている彼氏と一緒にいる時に言った事があります。ご飯を食べていた時や、遊びに行った時、楽しいと感じた時に「この時間がまだ終わらなければいいのに」という気持ちで言っていたと思います。

単純に「もっと一緒にいたい、この楽しい時間が終わるのがもったいない、まだ帰りたくない」と思ったから言ったことで、私の場合は結婚までは考えてませんでした。

20代後半/医療・福祉系/女性

【3位】離れるのが寂しい

離れるのが寂しい

楽しいデートが終わってしまうと思うと寂しい気持ちになったから

彼と出かけたディズニーシーデートがほんとに楽しくて、閉園時間までいました。

こんなに楽しいデートが終わってしまうと思うと寂しい気持ちになり、「今日帰りたくない。もう少し一緒にいたい」と告げました。

いつもはそんなこと言わないのですが、なぜかこの日は気持ちが昂っていたのもあり、気がついたら言葉が漏れていました。

彼も同じ気持ちだったようで、その日は一緒に泊まって長い時間一緒にいられました。とても幸せでした。

30代前半/専業主婦/女性

離れるのが寂しいので

口に出して「一緒にいたい」と言う時は、本当にただただ一緒にいたいときです。

しばらく離れていて会えなかった時間が長かった時や、楽しい時間を過ごしてまだ別れたくない時などです。

一緒にいるということは相手と時間を共有することだと思うので、同じ時間、同じ場所で同じ体験をするという事は、相手の事をもっと知るきっかけにもなる事だと思います。

30代後半/専業主婦/女性

ひとりでいるのが寂しくて一緒にいてほしいと思うから

私が彼氏に「ずっと一緒にいたい」と伝える時は、寂しい気分の時が多いです。

仕事が忙しく、あまり長い時間デートできないので、お別れの時間が近づくとどうしてもわがままが言いたくなります。彼氏のことは困らせたくないのですが、つい「ずっと一緒にいたい」と口に出してしまいます。

彼はいつも困ったように笑いながら「そうだね」と言われてしまうので、慎まなければと思います。

20代前半/流通・小売系/女性

楽しい時間を過ごしていて離れるのが寂しく感じたから

私が彼に「ずっと一緒にいたい」と言った時は、居心地がよくて離れるのが寂しいと思ったからです。

それまで交際した人は、楽しいけど気を遣っていたり緊張していたりで、ずっと一緒にいたら疲れてしまうことが多かったです。

でも、ずっと一緒にいても疲れず、横にいることが普通のことだと思える相手に出会い、結婚のことも考えられるようになりました。

30代後半/医療・福祉系/女性

彼氏が帰ってしまう瞬間がとても寂しく思えるから

彼氏が私の家にお泊まりをすることが多いのですが、数日間一緒にいると彼氏が帰ってしまう瞬間がとても寂しく思えてしまい、ずっと一緒にいたいと思います。

そのため、よく帰り際に引き止めてしまいます。それがお決まりのパターンとなっており、彼氏はその引き止められる時間も考えて帰る準備をします。笑

また会えるとわかっていてもずっと一緒にいたいと思います。

20代前半/サービス系/女性

なんとも言えない切ない気持ちになって

彼の部屋で今日あったことを話したり、音楽を聴いたりしているとあっという間に時間は過ぎていきます。

時計をチラチラ見て粘っていると、彼がそれを察知して帰るよう私に言いました。

なんとも言えない切ない気持ちになって、私は「ずっと一緒にいたい」と訴え、ポロポロと泣いてしまいました。

50代前半/金融・保険系/女性

【4位】愛情表現の一つ

愛情表現の一つ

愛情表現の言葉として「好き」の代わりに使う

彼は恥ずかしがらずに愛情表現をしてくれるタイプですが、私はそうではありません。「好きだよ」と言われても上手く返せないし、自分から「会いたい」や「寂しい」と素直に言うこともできません。

でも、それでは彼がしょんぼりするので、楽しいデートの帰り道など、バイバイするのが寂しい時に「ずっと一緒にいたい」と伝えます。

私にとって、これは照れずに言える数少ないセリフのうちのひとつなのです。(笑)

30代後半/サービス系/女性

好きの代わりに言って彼氏を安心させたい

私はあまり愛情表現が得意ではなく、好きだと言うのがすごく恥ずかしいと感じてしまうのですが、彼は私が愛情表現をしないことに不満を持っているようでした。

それでもどうしても恥ずかしいので、直接的な表現ではない「ずっと一緒にいたい」という表現で伝えるようになりました。

彼も満足してくれているようで仲良くやっています。

20代後半/メーカー系/女性

好意を伝える言葉のひとつで言うと彼氏が喜ぶと思うから

「ずっと一緒にいたい」というのは好意を伝える言葉のひとつだと思います。言うと彼が喜ぶので、そこまで重く捉えず、単純に「今、一緒にいたい」と思う時に使います。

甘えたい時、抱きしめたい時に言うと、良いムードになると感じています。

私は「ずっと」は永遠の意味では照れ臭くて使えないですが。笑

20代前半/専業主婦/女性

愛されてると感じたとき

彼に「ずっと一緒にいたい」と伝えるときは、彼から愛されていると安心したときです。

「好き」や「愛してる」というような言葉だけでなく、彼が私との将来について話してくれたときや、「私が彼女になってくれて嬉しい」など本音で愛を語ってくれたときです。

私も彼も「ずっと一緒にいたい」とお互いに思ってることが感じられるので、ためらわず口にするようになりました。

20代前半/大学生/女性

私からの愛情表現の一つとして

彼の家に遊びに行って帰る時間になった時や、デートの帰り道など、どうしても「このまま帰りたくない」という気持ちが出てくるので、「帰りたくないなぁ。ずっと一緒にいたいなぁ。」と言ってしまいます。

彼からあまり言ってくれない分、私からの愛情表現の一つとして、よく伝えてます。

そうすると、「じゃあ、もう一軒行く?」となったり、お泊まりに繋がったりします!

20代後半/流通・小売系/女性

【5位】頼りにしている

頼りにしている

精神的に弱っていて誰かに寄り添って依存して甘えたい

仕事もうまくいかず、友人達も次々と結婚したりで何だか置いてけぼりを食ったような気持ちのときに、今思うと誰かに頼りたかったのだと思います。

もちろんお付き合いしていた彼氏の事が好きで、ずっと一緒にいたいという気持ちもありましたが、それ以上に「誰かに寄り添って依存して甘えたい」という気持ちが強かったのです。

色んなことが面倒になってしまい、専業主婦に逃げたいと思いました。

50代前半/医療・福祉系/女性

いざという時に一番頼りになるし心の拠り所になるから

お互いに完璧な人間ではないけれど、彼は楽しい時はもちろん、大変な時も一緒に親身になって考えてくれたり、笑い飛ばしてくれたりするかけがえのない存在です。

やっぱりいざという時に一番頼りになるし、心の拠り所になるのは彼だと思います。

そういう感謝の気持ちと自分の気持ちを言葉にするのは大事だな、と日頃から思っているので、「ずっと一緒にいてね!」と伝えますよ!

20代後半/メーカー系/女性

これからも彼を信頼して寄り添って歩んで行きたいと思ったから

私が、彼氏に「ずーっと一緒にいたいな!」としみじみ感じた時は 、仕事面や家族間の問題でストレスフルの時の彼氏の対応でした。

彼も多忙で、なかなかプライベートの時間が確保しづらい時でしたが、私の電話に優しい口調で「大丈夫だよ。君なら乗り越えられるよ。自分に自信を持って。僕はずっと君の傍にいたから。保証する!」と励ましてくれました。

普段は口重で愛情表現が薄いのですが、ぶっきらぼうだけど熱のこもった言葉でした。

これからも、「彼を信頼して寄り添って歩んで行きたい」と思って、電話口で感謝の思いも込めて伝えました。

40代前半/公務員・教育系/女性

精神的に疲れているときにずっとそばで支えてくれたから

仕事が原因で精神的に疲れてしまっていた時、彼氏は私のそばで励ましたり、支えてくれたりしました。

初めは余裕がなく、なかなか感謝の気持ちを出すことさえ難しかったのですが、少しずつ気持ちに余裕が出てきた時に、「この人しかいないのかな」と感じ「ずっと一緒にいたい」と言葉にしました。

私は、付き合っている相手に好きとか愛情表現をあまりするほうではないので、彼氏は一瞬驚いていましたが、すぐに「俺もだよ」と言ってくれました。

自分のことを理解してくれる人はそういないので、伝えてよかったと思っています。

20代後半/サービス系/女性

【6位】居心地がいい

居心地がいい

一緒にいる時間が長くても気を使わずにいられるなぁと思ったとき

私はシングルマザーでしたが、すぐに子どもとも打ち解けてくれた彼。自分の仕事よりも私たち親子のことを優先してくれ、細かな気配りを欠かさずにしてくれたことが決定打でした。

考えていることや意見を素直に言い合えること、なによりも価値観が合うことから、一緒にいることに居心地の良さを感じました。

今まで何人かの男性とお付き合いをさせていただきましたが、ここまで素でいられる人はいないと思いましたし、血の繋がっていない我が子をここまで可愛がることのできる彼を心から尊敬するようになり、「家族になってずっと一緒にいたいです」と伝えました。

20代後半/専業主婦/女性

好きだと思える趣味を一緒に楽しめる人だから

今の主人との出会いは婚活サイトでした。プロフィールを見た時に、同年代だし初婚だし、学生時代に陸上部で趣味がマラソンとの事で、一気に興味を引きました。

というのも、私の両親がマラソンをやっているので、私自身もジョギング好きですし、マラソン中継を見るのが大好きなんです。マラソンや駅伝中継をつまらないと言う人もいますが、私は「マラソン中継を一緒に楽しみながら観られる人とずっと一緒にいたい」と思いました。

強要しなくても、お互いに無理せず本当に楽しめる相手なら、ずっと一緒にいたいと思いましたし、主人と出会えて感謝してます。

40代前半/専業主婦/女性

一緒にいて落ち着くし安心出来たり心を許せると感じたから

心から思っているからこそ、この言葉が出ると思います。一緒にいて落ち着くことや、安心出来たり、心を許せると感じたから伝えるんだと思います。

私は若かった頃に本気で好きだった彼に、プライドが邪魔して言うことは出来なかったですが、本音ではそう思っていたため、この言葉を伝えてもよかったのかなと思いました。

少し後悔してますが、次にこういう機会が来たら、今度こそ相手に伝えようと思いました。

20代後半/自営業/女性

【7位】一緒に過ごせる時間が短いから

一緒に過ごせる時間が短いから

まとまって居られる時間が少なかったので

当時大学生で、社会人の彼氏がいました。私は休みの日にバイトを入れていたので、なかなか会う時間が合わず、バイト終わりの夜から次の日の昼頃まで一緒にいて、またバイトへ…ということが多かったです。

一緒にいる時間はすごく幸せなのに、まとまって居られる時間は少なかったので、純粋に「ずっと一緒にいたい」と思っていました。

20代後半/公務員・教育系/女性

忙しくて一緒にいる時間が貴重と思えたから

もともと結婚を前提に付き合い始めたので、ある程度お付き合いしたら、結婚を決めてほしいと思っていました。

付き合い始めた時は仕事も忙しくて、休みになって彼に会えたとしても、すぐ時間が経ってしまい、帰宅しなければならないのが辛かったです。

一緒にいる時間はあまりにも短く、その分、楽しくて仕方がなかったです。そういう時、「ずっと一緒にいたい」と伝えていました。

30代後半/専業主婦/女性

【8位】相手の気持ちや反応を探りたい

相手の気持ちや反応を探りたい

相手の反応を確かめたい

彼のことがすごく好きで、ずっと一緒にいたい気持ちも本音です。その一方で駆け引きをする自分もいました。

付き合いにも慣れてきて、相手との距離感もわかってきたところで、これからこの関係をどういう風に進めていけるか探りたい気持ちがありました。

「ずっと一緒にいたい」と伝えた瞬間に相手がどんな顔をするのか、どんな言葉を返してくれるのか、彼の気持ちを読もうと必死でした。

今、思えばずるかった気もしますが、誰にでも伝える言葉ではありません。やはりとても大切な人だったから口にした言葉です。

50代前半/メーカー系/女性

まとめ

女性100人に聞いた彼氏とずっと一緒に居たいという時の心理では、1位は『結婚を意識している・して欲しい』、2位は『大好きで離れたくない』、3位は『離れるのが寂しい』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、女性100人による彼氏にずっと一緒にいたいと言う時の心理を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女にずっと一緒にいたいと言う時の心理編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏にずっと一緒にいたいと言われた!男性100人の心理とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年09月04日~09月19日
回答者数:100人