彼氏と電話したい!彼女100人が教える注意点&アドバイス!

彼氏 電話

彼氏と付き合っていると「電話したい!声が聴きたい!」と思う事もありますよね。特に忙しい毎日で会えない日々が続くと、彼氏との電話が唯一の幸せな時間に感じることも。

しかし、電話が彼氏にとって負担になって欲しくはないからこそ、彼氏と電話をする際の注意点やコツ、アドバイスを知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と電話をする際の注意点やアドバイスを体験談と共にご紹介しています。

彼氏と電話をする際のコツ・注意点ランキング

彼氏と電話をする際のコツ・注意点ランキング

まずは、彼氏と電話をする際のコツ・注意点ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏と電話をする際のコツ・注意点』によると、1位は『ルールを作る』、2位は『事前に電話していいか確認する』、3位は『相手を気遣う』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏と電話をする際のコツ・注意点

女性100人に聞いた彼氏と電話をする際のコツ・注意点

女性100人に聞いた彼氏と電話をする際のコツ・注意点では、1位の『ルールを作る』が約18.5%、2位の『事前に電話していいか確認する』が約18.4%、3位の『相手を気遣う』が約16.9%となっており、1~3位で約53.8%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼氏と電話をする際のコツ・注意点を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】ルールを作る

ルールを作る

彼氏と電話についてどうしたいかを話し合ってルールを作っておく

彼氏によってたくさん電話で話したい人や話したくない人、色々います。

そこであらかじめ、彼氏と「電話についてどう思っているのか」話し合っておいた方が、お互いのためにも良いです。そして「自分はこうしたい」と気持ちを伝えることも大事です。

私は電話でお互いの負担になることがあったため、話し合いをしてルールを作りました。内容は、電話してもよいかLINEで最初に聞くこと、仕事の時は電話しないこと、長電話は控えることです。

そしてなかなか会う機会がないときは電話で話そうと決めました。とにかく無理せずちゃんと話すことが大事だと私は思います。

40代前半/専業主婦/女性

最初にどれくらいの時間電話したいかを共有すること

電話はどうしても長々としてしまいがちで、切るタイミングが難しいというのが私の印象です。

なので初めに、「何時くらいまで電話いいかな?」などと言って、終わりの時間の目安をお互いに共有しておくと、切りやすいです。その方が相手も予定を立てやすいと思います。

そして、あまり長くだらだらと電話しすぎるよりは、もっと喋りたかったと思ってもらえるくらいの方が良いので、少し早めに切るのをおすすめします。

20代後半/医療・福祉系/女性

切るときの合言葉とかを作ってみる

月に2日ほどしか会えないので、会えない週末はたまに電話してコミュニケーションをとっていました。

たわいもない雑談が多かったのですが、切るタイミングが難しいので、気が付けば小一時間ということもよくありました。かけ放題プランではないと結構な通話料金になっていてビックリします。

切るときの合言葉とかを作ってみると、「せーの!」で電話を終えることができていいかもしれないです。

30代後半/メーカー系/女性

彼氏の負担にならないように電話の時間を予め決めておく

彼氏は電話をしなくても大丈夫なタイプなため、毎日電話をしたい私としては物足りなくてたまりませんでした。

そこで、1日の電話時間の最大を1時間に設定して、毎日電話してもらうことにしました。「おやすみ」のみの日があれば、1時間まるまる電話する日もあり、彼氏的には無理に話さなくても声は聞けることがよかったみたいで、結果的に今でも毎日電話しています。

話題がないことが負担となる彼だとしても、「おやすみだけなら電話してもいいかな」と思ってもらいやすくなるので、電話の時間を設定してみるのはありだと思います!

20代前半/大学生/女性

終わりの時間を決めておく

私は長電話が好きではないのですが、当時付き合っていた彼は電話が好きな方でした。電話をする時間は深夜になってしまうのですが、お互いになかなか「電話を切ろう」と言い出せず、電話をしたまま寝落ちをするなどをよくしていました。

そうなると、だらだらとした時間を過ごすことになって、本当に話したいことを話せなかったり、有意義とは言えない電話になってしまいました。

ある日、電話をし始めた時に「今日は〇〇時には寝ようね」と決めてみると、限られた時間内に話したいことを話せるようになり、翌日の寝落ちしてしまったことへの罪悪感もなくなりました。

電話をして声を聞いていたいというのは、恋愛関係にあれば当たり前のことだと思います。だからこそ、時間を決めて制限をかけることでその時間を大切にしようという気持ちが大きくなると思います。

20代前半/大学生/女性

電話の時間(長さ)を最初に決めておく

彼はおしゃべりなタイプで、電話も大好きです。反対に、私はそこまで電話が得意ではありません。

コロナによる自粛期間中はデートせずに、週末に電話するようにしていたのですが、彼は話し出すと止まらないので、電話終了が深夜になることもしばしばです。

そこで、彼と話し合って、電話の時間を決めることにしました。例えば1時間に設定すれば、他のことに使える時間も増えて電話のストレスも減りました。

20代後半/メーカー系/女性

電話を切る時間を決めておく

私は彼氏と付き合って1年となりますが、コロナウイルスの流行もあり、会えない時には電話をすることがあります。

電話をする時にはお互い、何時までなら電話ができると決めるようにしています。

お互い仕事もしていますし、仕事に影響が出てしまってもいけませんし、電話となるとメッセージと違い、片手間にできないことも多いからです。

寂しい気持ちが募ると、どうしても長く話していたいと思ってしまいますが、相手の時間ももらっていると考え、切るタイミングを決めておき、寂しい時はまた次の時に電話をするようにしています。

20代後半/医療・福祉系/女性

必ず決まった時間に電話する

電話は声だけでの会話なので、「楽しい」という気持ちが相手に伝わらなかったり、会えないからこその不安があります。

私は口角を上げたり、直接会っている時よりも表情を豊かにするということを心がけていました。

他には、彼が多忙で「突然の電話は困る」と言っていたので、朝と夜に3分や5分程度でも必ず決まった時間に電話するようにしていました。

毎日電話をしているので、いずれ話題は尽きますし、伝えたいことなどもなく、無言になる時間もあります。しかし、「お互いが心を許している」からこそ、その無言の時間が気まずいというわけではなく、むしろ愛おしいと思います。

20代前半/大学生/女性

【2位】事前に電話していいか確認する

事前に電話していいか確認する

まずは事前に電話をしてもいいかLINE等で確認する

大学生の頃から付き合っていた彼氏と、社会人になってから遠距離恋愛になりました。会える日までは電話やLINEのメッセージのやり取りでコミュニケーションを取るしかありません。

しかし遠距離で寂しいからと言って、彼氏を束縛するようなことはあってはいけないと思います。突然の電話は迷惑になる場合もあるので、まずは事前に電話をしてもいいかLINE等で確認しましょう。

その分、連絡が取れた時には愛を伝える言葉をお互いに言っていましたし、様子がおかしくなった時は気付きます。

長いお付き合いを考えているのなら、少し冷静になることを忘れずに、2人のタイミングが合った時に電話をして、愛を育むのがいいと思います!

30代前半/公務員・教育系/女性

彼氏の負担にならないように時間帯を考える

私は1人部屋を使用しているため、電話の時間帯はあまり縛りがありません。しかし彼は兄弟と同じ部屋のため、家からの電話が困難です。

そのため、あまり電話せず、直接会うことやLINEなどのSNSを使用して会話するなどしています。

電話するにしても、彼のバイト帰りなど、彼に合わせるようにしています。

20代前半/大学生/女性

忙しくないかを確認する

私はずっと、「彼は長々と電話をするのが好きではないタイプだ」と思っていたので、基本的にはメール(後にLINE)で連絡を取っていました。

声が聞きたいなと思っても我慢していましたが、その事をふと彼に話したところ「忙しくなかったら全然電話してくれていいのに〜」というまさかな反応が返ってきました(笑)。

それからは「忙しくないか」を確認してから電話をするようにしていました。

20代後半/専業主婦/女性

電話をかける前にメッセージを送っておく

仕事が忙しくてなかなか会えない時に、よく彼氏と長電話をしていました。

でも、突然かけると繋がらなかったり、疲れていて楽しく会話ができないことがあったので、お互い電話をかけたい時に事前にメッセージを送ることにしました。「電話したいんだけど、何時頃なら都合がいい?」と聞いておけば、お互いのスケジュールを狂わせることもなく、心に余裕を持って電話を楽しむことができます。

ドラマでは急に電話をして「声が聴きたかった」と言うシーンがあったりしますが、私は急な電話=緊急連絡だと勘違いして焦ってしまうので(笑)、似たような性格の人には事前メッセージをおすすめしたいです!

30代後半/サービス系/女性

相手の負担にならないように電話をする前に今電話しても良いか確認を取る

週末になるとお互いの家を行き来していたので、平日寂しくなった時に電話をよくしました。内容は仕事の事や世間話が多く、無言の時間も多かったです。

でも、無言の時間も相手が動く音や独り言などが聞こえてくると、同じ時間を共有している事を実感できて嬉しかったです。

いまはSMSやメールなどで連絡を取る事が多いと思いますが、やはり声が聞けると安心感がまったく違うと感じました。

しかし相手の負担にならないように、電話をする前には今電話しても良いか必ず確認を取るようにしています。

30代前半/専業主婦/女性

事前に電話をしていいかメッセージする

遠距離恋愛中なので電話をする機会が多いのですが、「今電話してもいい?」とメッセージを送ってから電話をかけるようにしています。

ただ声が聴きたくていきなり電話をすると、彼に「急用があるのか」と心配させるだろうし、国際遠距離なので時差もあるため、彼に負担をかけないようにメッセージで確認をしています。

20代前半/大学生/女性

迷惑にならない時間帯を予想し事前に電話予告時間をLINEで伝えておく

お互い仕事をしていると、帰宅してから電話に出れる時間帯しか選べないので、あらかじめLINEで電話予告をしておきます。都合が悪ければ、都合の良い時間帯を返信してくるので、合わせます。

なるべく楽しく長電話したいので、お互いの気持ちがのっている時にします。

イライラしていたり疲れているようであれば、手短かに電話を終わらせます。

50代後半/医療・福祉系/女性

【3位】相手を気遣う

相手を気遣う

彼氏には自分から電話をかけず、かかってくるのを待った方がいい

遠距離恋愛をしていた時は、毎日寝る前に電話をして、朝まで繋がったままでした。お互いにそうしようと言ったわけではないですが、恐らくどちらも「なんとなく切りたくないな」と思っていたからだと思います。

沈黙もよくありましたが、お互いに苦ではなかったので、切ることはありませんでした。

毎日続けていたので、遠距離でも全く不安はなく、仲は深まっていったと思います。

友達に言うと男女問わず驚かれるので、普通ではないかと思いますが、電話をする時はそれぞれのカップルでお互いの居心地の良いようにすればいいと思います。

ポイントとしては、彼氏には自分から電話をかけず、かかってくるのを待った方がいいと思います。相手が話したい時にかかってくるので、彼のテンションも高いです。

20代後半/専業主婦/女性

電話する時間に気を遣い顔が見えない分、言い方にも気をつける

4月から同棲する予定でしたが、コロナの影響で延期になってしまい、3ヶ月ほど会えない日が続きました。

彼氏は仕事があるし、平日は電話も出来ずもやもやした日が続いていたのですが、週末は必ず電話をして「今週何があったか」とかたくさんお話をしました。

彼氏の都合もあるので、電話する時間には気を遣っていました。また、顔が見えない分、言い方とかに気をつけるようにもしています。

まだコロナが流行っているので、会えない方もいるかもしれないけど、いつかは会えるのでビデオ電話とかを使って乗り越えてほしいです。

20代前半/流通・小売系/女性

相手を気遣う気配りの言葉を忘れないこと

まずは第一声に相手を気遣う言葉を言います!仕事のあとなら「仕事お疲れ様」、予定の後や途中の電話なら、「大丈夫?忙しくない?」など、相手を気遣う言葉を必ず添えるようにしています。

こちらの感情ばかりをぶつけるのではなく、必ず相手がどういう状況なのかを分かってから、話すようにしています!

必ず電話の最後には、「忙しいのに電話ありがとう!」や、「声聞けてよかった!」、「早く会いたいなあ」などと気持ちを素直に伝えてから切るようにしてました!

20代後半/専業主婦/女性

相手の声で疲れてないか長時間電話しても平気そうか察知する

学生であっても社会人であっても、ゆっくり電話ができる時間となると、夜遅い時間になることが多いと思います。そしてなんとなく寂しくなる時間帯も夜が多く、寝る前に彼の声が聞きたいこともあると思います。

が、社会人の場合は付き合いがあったりして、自分だけの時間も夜しかない、という方も多いと思います。

いくら大好きな恋人からの電話でも、それが毎日、そして長時間ともなると、さすがに負担がかかってきてしまうこともあると思います。

電話に出た際の彼の最初の声のトーンやテンションで相手の状況や気持ちの配慮もしていけると、「なんて気が利く女性なんだ!」と彼からの評価もあがると思います。

30代前半/専業主婦/女性

長くなりすぎないような配慮や翌日の予定次第ではあえて電話をしないなども考える

彼氏との電話は何分でも楽しいものですが、いつまでもダラダラ続けていると、お互いにとって良くない影響をもたらすこともあると思います。

お互い勉強したり読書したり、自分の時間も必要だと思うので、あまり長くなりすぎないような配慮や、翌日の予定次第ではあえて電話をしないなども考えるといいかと思います。

私の場合はテレビ電話を利用して、お互い沈黙で画面越しに勉強する「モクモクタイム(笑)」を作ることもありました!

20代後半/メーカー系/女性

自分の話ばかりしないようにする

お互い社会人なのですが、なかなか休みが合わず会うことができなかった時期があり、そのときによく電話をしていました。

彼氏の仕事はきつめなので、次の日がお休みの時に電話をするように意識してました。

彼氏はあまり自分から話題を振らないため、話の内容が私中心になってしまうことが多いので、私が彼氏に話を振って、彼の話を聞きだしたりするようにしています。

20代後半/医療・福祉系/女性

電話をしたいタイミングかどうかを確認する

彼は趣味が多く仕事も忙しかったので、彼の時間を邪魔しないように心がけました。例えば、次の日の朝が早いときや、仕事を家でやろうと思っていたタイミングで目的のない長電話をされても、付き合う事自体が重荷になってしまうと思ったからです。

忙しそうだなと思ったら、「楽しそうだね」、「大変だね」、「頑張ってね」と短い言葉だけ言って切ると、一段落したときに彼の方から電話をしてくれて、楽しく会話する事が出来ました。

40代後半/流通・小売系/女性

【4位】明るく話し、会話を楽しむ

明るく話し、会話を楽しむ

とにかくリラックスする内容を心がける

彼と別に暮らしていた頃は、毎晩寝る前に電話をしていました。本当に毎晩、それも5年間です!

電話をかける時間を事前に決めず、かけたくなった方から電話をしていたこと、また難しい話題は避け、短くてオチのないような、とにかくリラックスする時間を作っていたことが、ストレスをなくし毎晩電話をする習慣に繋がったかと思います。

20代後半/自営業/女性

楽しそうにすること

お互い社会人になると、次に会う約束もそんなにすぐには決まらないことも多いし、そういう時に電話することはよくありました。

電話ではとにかく楽しそうに話すことが大事だと思います。最初は何かしら用事があって電話しているので、話の内容に困らないですが、話題がなくなってもテンションが変わらないように意識します。

下手に「私と話していて楽しいかな」と気遣うよりも、「私はあなたと話していて楽しい!」という気持ちが伝わるようにしたいですね!

20代後半/専業主婦/女性

声のトーンを明るくして話す

仕事終わりに電話することが多いので、仕事終わりに辛いトーンだとますますしんどくなると思います。

ですので、自分が疲れていても、出来るだけ明るい声で話すようにしています!

また、仕事終わりの疲れたときに愚痴などは聞きたくないと思うので、出来るだけ楽しい内容の会話をするように心がけています。

20代後半/医療・福祉系/女性

明るい声で嬉しかった事を話したり相手の嬉しかった事を聞く

電話するたびに不平不満や愚痴ばかりを話していると、声だけでも気持ちは伝染してしまいます。「この子は不満ばかりしかないんだな」と、相手も嫌な気持ちになり、電話をすること自体に嫌気を感じさせてしまいます。

話を聞いてもらって解決することもありますが、電話の一言目に明るい声で小さな事でも嬉しかった事を話したり、相手の嬉しかった事を聞くと、お互い「電話してて楽しい。もっと話したい」と思ってもらえ、楽しい電話時間を共有できると思います。

30代後半/自営業/女性

話題が尽きたときは相手のテンションの上がりそうな言葉を伝える

電話しているときに、いつも相手が私相手に惚気るような言葉をかけてくるので、私もそれが移ってしまいました。「彼女がすごい可愛くて会うのが楽しみすぎる!どうしよう(笑)」などと言う彼に「私も彼氏が優しすぎて幸せなんだよ~」的な話をするんです(笑)

そのため、一通りの近況について話したあとは、お互いにお互いのことで惚気るような変な電話に毎回なってしまっていましたが、幸せ度はものすごくアップしていたと思います。

仕事の疲れも忘れてしまえていたので、端から見るとおかしいかもしれませんが、本人たちさえ良ければ結果オーライです(笑)!

30代前半/IT・通信系/女性

【5位】無理・強要をしない

無理・強要をしない

相手が疲れているときは電話を強要しない

どんなに会えなくて寂しいからといって、相手が疲れているのに電話を強要するのはやめたほうがいいと思います。自分が逆の立場だったとして、夜遅く仕事でへとへとで帰って来た時に「最近会えてないし電話したい」と言われても少し困るからです。

電話自体は嬉しいですが、疲れているときは電話は避けるのが無難です。

20代後半/金融・保険系/女性

頻回に電話するのをやめ、頻度を工夫する

付き合いはじめは、週に3、4回電話をしていましたが、2年経った今は週に1度だけ電話をしています。

相手の電話したい頻度に合わせることも大事ですが、週1回にすることにより、1週間の出来事や思ったことなどを詳細に話せるようになりました。

あまり沈黙が続いてしまうと、申し訳ないなと思ってしまうので、よい頻度だと思っています。

20代後半/IT・通信系/女性

気を遣い過ぎず自然に接すること

彼も私も電話は苦手です。相手の表情や仕草が分からないので気を遣います。彼が無口になる事も多く「嫌われているんじゃないか」と心配になった事もありました。

でもある日、思いきって彼に「どうしたの?しんどいの?」と聞いてみました。すると「いや、〇〇ちゃんが話さないから、どうしたのかなと」という返事が返ってきました。

どうやらお互い気を遣い過ぎていたようだとわかり、それからは思った事を自然に話すようにしたら会話が弾み始めました。

気を遣い過ぎず自然に接することがいいなと思いました。

40代前半/医療・福祉系/女性

この時間は必ず電話する!などの制約を付けないこと

遠距離ではないけれど、なかなか会えないときがあり、「毎晩この時間に電話しよう!」と約束をしたことがありました。

最初はそれで楽しかったのですが、だんだん「今日はしんどいなー」と思うようになり、お互いに「電話の約束をしていたこと」が苦痛になってきました。

そこで「電話したい時にする!」ということにしたら、気が楽になって自然と話すことも多くなりよかったです。

20代後半/専業主婦/女性

【6位】内容によってツールを使い分ける

内容によってツールを使い分ける

真剣な話のときだけ電話し、それ以外はLINEで会話する

疲れているときや仕事の電話をしなきゃいけないときは、LINEだけにしています。

しかしLINEだと伝わりにくいことや真剣さが伝わらないこともあるので、電話のときには、まず声のトーンで相手が疲れてないか確認し、「長話しないようにしなきゃ」など考えます。

遠距離の上、新型コロナの影響もあり、すぐに会えない分、体調などの確認は必ずするようにしています。

30代前半/医療・福祉系/女性

なるべくお金が掛からない方法で電話する

電話は長電話になるとけっこうお金が掛かるので、なるべくお金が掛からない方法で電話した方がいいです。今ならLINEの電話で連絡を取るとか。

料金が気になって話の内容に集中できなかったりするので、そういう事を避けるためです。

あとデート等の待ち合わせ時間や場所については、文章が残るメールやLINEで連絡を取った方がいいです。その方があとで情報を見返せて、時間や場所が確認できるので便利です。

30代後半/専業主婦/女性

【7位】無言を恐れない

無言を恐れない

無言になっても気にしない

彼氏と電話をするときは声を聞きたいときなので、お互いに遠慮せずに電話をします。

話す内容は他愛もない普段の日常会話で、時々、無言になることもあります。

でも、無言になったとしても私達は気にしません。無言であっても人の気配があるという事実があるので、特に気にしないのです。

「無言になったから何か話さないと」と考えるほうが疲れてしまうので、考えないほうがいいです。

20代前半/サービス系/女性

話題がなく無言になってしまった場合は歌を歌う

私は日本、彼はアメリカに住んでおり、遠距離恋愛中の為、電話は毎日します。

話題が尽きることもあるのですが、その時は歌を歌ったり、”何の歌”クイズを出し合ったりして会話を続けています。盛り上がりますし、楽しいです。

無理に続けようとは思わないですが、そこからまた話題が始まったりするので、おすすめです。

30代前半/専業主婦/女性

【8位】客観的な視点を忘れない

客観的な視点を忘れない

お互いにしっかりと話してしっかりと聞けるよう相手の話を最後まで聞く

私が彼と電話をするときに意識するのが「彼が話し終えてから2秒ほど間を置くこと」です。

というのも、電話というのはどうしても多少のタイムラグが生じてしまいます。

また大好きな彼と話せるという気分の高まりで、つい早口で喋りすぎてしまうこともあるのです。すると話が噛み合わなかったり、こちらばかりが話していることになりかねません。

お互いにしっかりと話してしっかりと聞けるよう、相手の話を最後まで聞きましょう。

そしてタイムラグを考慮して、脳内で2秒数えてから話し始めるとカブることなく、スムーズに会話ができますよ。

30代前半/サービス系/女性

声の大きさには注意

実家暮らしだったので、部屋にこもって電話していました。しかし、話してると楽しくなってだんだん声が大きくなっていました。

家族に聞かれても平気な方はいいのですが、恥ずかしい方は意識的に声を抑えるように心掛けた方がいいです。あとは部屋に音楽を流して、ごまかすのもひとつです(笑)。

ラブラブな時期だと長電話にもなるので、アラームをセットして時間を決めておくといいです。あまり長電話だと親が部屋を覗いてきます。

30代前半/専業主婦/女性

【参考記事】彼氏との電話で悩んだ時に読んで欲しい記事5選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼氏との電話で悩んだ時に読んで欲しい記事5選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

女性100人に聞いた彼氏と電話をする際のコツ・注意点では、1位は『ルールを作る』、2位は『事前に電話していいか確認する』、3位は『相手を気遣う』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と電話をする際の注意点やアドバイスを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女と電話をする際の注意点やアドバイス編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女と電話したい!彼氏100人が教える注意点&アドバイス!

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年09月08日~09月23日
回答者数:100人