30代彼氏と上手に付き合うコツは?経験者100人が教える秘訣

30代 彼氏

年の差がある30代の彼氏と付き合った時など、「どうやって交際したら上手くいくのだろう…」と悩んでしまうこともありますよね。自分の年代とは違った交際のルールがあったりと考えることも沢山あります。

仲良く長く付き合っていきたいと思っているからこそ、30代の彼氏と上手に付き合う方法やコツを知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による30代の彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介しています。

30代の彼氏と上手に付き合う方法ランキング

30代の彼氏と上手に付き合う方法ランキング

まずは、30代の彼氏と上手に付き合う方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた30代の彼氏と上手に付き合う方法』によると、1位は『適度な距離感を意識する』、2位は『お互いを尊重し合う』、3位は『癒しを提供する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた30代の彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いた30代の彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いた30代の彼氏と上手に付き合う方法では、1位の『適度な距離感を意識する』が約26.2%、2位の『お互いを尊重し合う』が約17.1%、3位の『癒しを提供する』が約14.8%となっており、1~3位で約58.1%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で30代の彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】適度な距離感を意識する

適度な距離感を意識する

年上彼氏から「会いたい」と言われるまで待つのがベスト

私が24歳の時、彼氏は31歳でした。

30代になると責任のある仕事を任せられたり、後輩が出来たりと、何かと忙しい事が増えます。勿論、疲れも溜まっており、ゆっくりしたい事もあるのです。

そんな時、年下彼女が「会いたい、連絡を直ぐに返して欲しい。」と、ワガママを言ってしまうと、年上彼氏は余計に疲れてしまい、彼女から離れて行ってしまいます。

若い彼女には酷かもしれませんが、年上彼氏から「会いたい」と言われるまで待つのがベストだと思います。

少しの我慢が年上彼氏にとって居心地の良い彼女になります。

30代前半/サービス系/女性

プライベートと仕事の線引きを明確にさせる

私は28歳、彼は32歳の4歳差で交際をスタートさせました。

たった4歳と思っていましたが、意外と音楽やドラマなどのジェネレーションギャップがありました。それはそれでお互い知らないことを新しく知ることが出来るので、茶化しあいながらお互いの世代に流行っていたものを楽しく話題にすることができました。

またその当時お互い仕事が忙しく、デートなどの時間をとることが難しかったです。こういう時は彼の仕事の内容を理解する、忙しくても干渉しないという気遣いが必要なんだと思います。

忙しい中でもお互いの休みがかぶる日には、少し遠出をしておしゃれなレストランで食事をしたり、旅行などにも行きました。たまにしか会えない分、旅行の際にはちょっと豪華な旅館に泊まったり、いつもより高価な料理を食べたり、楽しむことができました。

30代前半/専業主婦/女性

お互いほどよく自分の時間を持つようにする

30代は仕事が忙しい年齢になり、20代の頃より将来の事や自分自身のことをよく考えるようになると思います。

若い頃のように一緒にいて楽しいというだけでなく、一緒に成長できるかということも大事な要素かなと思うので、それぞれの時間も大事にしつつ一緒にいる時間も大事にできるような関係が良いと思います。

40代前半/公務員・教育系/女性

仕事の邪魔になる動きをしないこと

彼が仕事にプライドや昇進などの展望を強く持っている場合、仕事の邪魔になる動きをしないことが重要です。例えば「私と仕事、どっちが・・・」的な発言は、即配偶者候補から外れると思います。

女性のほうも仕事や趣味にのめり込む側面を見せておいて、少し彼を放っておくくらいのゆとりがあると、彼のほうが「彼女がどっか行ってしまわないか」と、追っかけてくると思います。

40代後半/公務員・教育系/女性

仕事とプライベートの時間をきちんと分ける

当時、私が27歳、彼が31歳でお付き合いを始めました。

私は新卒で入社した会社にずっと勤めておりましたが、彼は転職を繰り返し、4社目でした。初めは『仕事に対して熱意が少ないのかな…』と不安に思うこともありましたが、よく話を聞いてみると周りの人間関係や自分自身のスキルアップのための転職だったということが分かりました。

それを知ってからは、彼が仕事の話をしてくれるときには『よくがんばったね!偉いね!』と言葉に出すようにしています!彼も自信が付いてきたのか、今の仕事に誇りを持ってくれています。

その分、私自身も彼が仕事のときは資格の勉強をしたり、友人との時間を過ごしたり、仕事とプライベートの区別をきちんと付けるようにして、お互い仕事もプライベートも充実した時間を過ごせるようにしています!

否定するのではなく認め合える存在になれば、お互いの大きな成長に繋がると思います!

20代後半/商社系/女性

お互いの自由な時間も大切にする

30代となると仕事でも責任のある大きな仕事を任されたり、忙しく過ごしていると思います。

そんな中で彼にしてあげられることは、仕事を忘れて楽しい時間を過ごさせてあげることです。そのためには彼の趣味への理解も大切です。

たまの休みには「必ずデート!」ではなく、彼がいなくても楽しい時間を過ごすなどして、彼を安心して趣味に没頭させてあげることが大切なのかなと思います。

30代前半/メーカー系/女性

仕事やお金の事に対し深入りしすぎない

30代で同い年の彼がいました。20代の頃から知っていましたが、何歳になっても笑うツボや趣味などは変わらないと感じました。

一方で30代男性として変わったと感じられるのは、プライドがより強くなった事だと思います。

30代男性は年収等の格差が明確になる頃なので、余程の自信がない限りは職種・年収などの話題には敏感になっていると思います。

彼女になれば知らず知らずのうちに、会話の中でそういったところに踏み込んでしまう事があるため、気を付けるようにしています。

30代前半/金融・保険系/女性

相手に合わせながら徐々に自分を出していく

私は当時20歳、相手は34歳でした。うまく付き合うコツは最初は相手に合わせることです。合わせながら少しずつ本性を出していくことです(笑)

年上の相手は金銭面での収入が高い人が多いので、甘え上手な方が上手くいくと思います。

亭主関白タイプな相手だった場合、年下の恋人には「自分の言いなりになりそうな素直な人」を求めると思うので大変ですが、慣れると大丈夫です(笑)

20代後半/専業主婦/女性

お互いに自立した生活をする

年上の30代前半の彼と付き合ったことがあります。彼は会社員をしており、毎日遅くまで仕事をしていました。

やはり30代となると社会人としての経験も増え、責任のある仕事をされる方も多くなると思います。

仕事をしている時間も多く、彼女としては寂しさも感じますが、平日の仕事が忙しい時には無理に会う約束をしないだとか、休日もどこかへ行きたいばかりでなく、彼の体を労わるようなデートにすると彼も喜んでくれていたと思います。

寂しい時間を彼氏だけで埋めるのではなく、自分で自立した趣味を持つなど、自分で完結し全うできていると、30代の彼氏と付き合う上でも、お互い楽しみながら過ごせると思います。

20代後半/医療・福祉系/女性

お互い干渉しすぎないこと

30代の彼は会社で役職もついた、中堅と呼ばれる立場です。

仕事に真面目な人ですし、私が彼の立場だど鬱陶しく感じると思うので、過度な愛情表現や頻繁な連絡は控えています。

今のところ円満にお付き合いしているので、干渉し合わないことが上手に付き合うコツなのではないかなと思います。

また、ジェネレーションギャップはあって当たり前、無くてラッキーぐらいに捉えていればいいと思います。

20代前半/メーカー系/女性

【2位】お互いを尊重し合う

お互いを尊重し合う

ジェネレーションギャップを無理に埋めようとしない

私が23歳の時に、31歳の彼とお付き合いをしていました。会社の上司で、仕事を助けてくれたのがきっかけです。彼は仕事もできるし、デートも色々な場所に連れて行ってくれて、気遣いも丁寧で優しいので、メロメロになってしまいました。

同じ事は出来ないけど、せめて楽しい話題提供をしたいと思い、彼との共通の話題を探し始めました。まずはジェネレーションギャップを埋めようと、彼の世代の音楽や文化を調べましたが、詳しく分かりませんでした。

やはり流行に関しては同じ世代の人にしか分からない事も多いだろうし、友達と共感した方が盛り上がると思ったので、知識として気に留める程度にしました。

それよりも今流行ってるものや今好きな事、これからしたい事や目標など、現在や将来の話題を中心にすると自然と年齢差は感じなくなりました。

年齢や世代は関係なく、まずお互いを尊重して理解し合う事が大切だと思います。

30代前半/専業主婦/女性

仕事に対する責任感を尊重して彼の心身のサポートをする

20代前半の時、31歳の方と付き合っていました。

私は恋人とはずっと一緒にいたいと思ったり、暇な時は連絡をとっていたいというタイプでした。しかし彼は仕事で疲れていることが多く、休みの日もゆっくり休みたいと思っているようで、連絡の頻度は「疲れているから」という理由で少なめでした。

当時は彼の気持ちを理解することが難しくて、休みの日なのになぜ会えないのか、お仕事の時間じゃないのになぜ返事がすぐに返せないのか不安だらけでした。

彼の仕事に対する責任感を尊重して、彼の心身のサポートをすることが大切だと実感しました。

20代後半/医療・福祉系/女性

相手に年齢の差を意識させないよう配慮すること

当時、私が20歳、彼が30歳でしたが、10歳離れていることを忘れるくらい、ジェネレーションギャップは感じませんでした。

というのも、私は姉と12歳離れていますので、年上との付き合いや距離感に慣れていたんだと思います。

初め、彼は申し訳なさそうでしたが、そのことを伝えましたら安心してくれた様でした。

彼を傷つけたくないからといって無理に誤魔化しを言うのではなく、本当の気持ちを理解してもらうのことが大事だと思います。

20代後半/サービス系/女性

お互いを尊重し合う

今まで同い年の人とばかり付き合ってきましたが、今の主人は年上だったので、最初はあまり付き合い方が分かりませんでした。

たまに私の奢りでご飯に行こうとすると、主人はとても嫌がりました。なぜそんなに嫌がるのかその時には分かりませんでした。

のちに彼から「見下しているわけではないけど、やっぱりお前は年下だから、そこは甘えてほしい。いつも他のことでよくして貰ってるから」と説得された時に、私は私で他のことで彼にお返ししていけばいいのだ。男の人はある程度プライドというものがあるから、そのプライドを守ってあげるのも女の仕事だと気づきました。

そこからお互いストレスを感じる事もなく、お互いを尊重し合う事ができました。

20代後半/不動産・建設系/女性

仕事や彼のポリシーやプライドを尊重し褒める

私が20歳、彼が31歳の時にバイト先で知り合い、お付き合いを始めました。

共通の趣味もあったため、普段は特に年代の隔たりを感じるということはありませんでしたが、仕事の話が少し出た時に、彼が積み上げてきた経験値に比べて、自身の考えが幼いと気づいたりすることがありました。

それ以来、彼を今までよりも尊敬するようになりました。それを言葉で伝えると本人はとても喜んでくれました。

30代後半/専業主婦/女性

人生の先輩として仕事とプライベート全てを理解する態勢で付き合う

10個上の36歳の上司と付き合い始めた頃、彼から「俺は仕事が一番だし、マイペースなタイプだから理解して欲しい」と言われました。

その言葉通り、彼はデートの約束をしていても仕事を納得するところまでできなければデートには遅れてくるし、デート中でも自分の興味があるものがあればこちらのことはほったらかしでした。

それでも、彼は私より10年も長く生きてるんだと思うと、そのマイペースさや仕事熱心さが彼のいいところを作り上げてるんだと思えました。そこで、人生の先輩から学ぶ気持ちで、彼のマイペースさに巻き込まれてみました。

30代にもなると、人それぞれ人生の価値観やライフスタイルがある程度確立されてきているでしょうし、それに合わせていく、理解していくことは大切なのだと思います。

20代後半/専業主婦/女性

【3位】癒しを提供する

癒しを提供する

きちんと彼の話を聞き彼を癒せる存在になる

私と彼は11歳離れた年の差カップルです。

最初は話をすることが大好きな私が思う存分話して、彼が聞き役でしたが、だんだん相槌が雑になってきて私が怒る、という繰り返しで、やがて喧嘩をするようになりました。どうやら彼は話を広げるのが苦手だったみたいです。

今では反省して、私も彼の話を聞いて質問するようにしています。すると彼も楽しそうに返してくれるようになりました。特に自分の仕事の話をするときには、とても楽しそうに話してくれます。

私自身も甘えたいときは素直に甘えるように心がけてはいますが、彼を癒せる存在になれるよう日々努力しています。

20代前半/専業主婦/女性

素直に甘えて彼を立てる

私が22歳の時に付き合っていた彼は30歳で、常に気を張り詰めている方でした。

「俺が引っ張らなきゃ!」という気持ちが強いみたいだったので、私は彼に素直に甘えるようにして「ぎゅってして?」とか「キスして!」と伝えたり、彼の友達と会った時は、彼が頼りになって凄くいい人だということを伝えたりするようにしていました。

するといつの間にか彼の張りつめた様子はなくなり、人に対しても凄く柔らかい雰囲気になりました。

20代後半/専業主婦/女性

ホッとする空間を作る

33歳の主人は多くの部下と上司に挟まれた役職に就いています。愛想がよくて体育会系のノリの主人なので、上司から多くの仕事を振られつつ、パートさんからの不満にも耳を傾けているようです。

学生バイトさんも働きやすいようにと気にかけ、疲れた様子で帰宅しまずが、あまり愚痴を言うことはありません。

そんな主人がほっと一息つけるようにと、普段の食事や生活環境に気を配っています。残業続きの時は好きなおかずが多めの献立にしたり、質のいい睡眠がとれるようにこっそりと好きなお香を焚いたりしています。また、たまに口をついた愚痴は最後まで聞き、頭の中の整理のお手伝いをすることもあります。

小さなことばかりですが、主人がホッとする空間を作っておくことが交際から8年を経ても、付き合い始めた頃と変わらない関係を維持しているコツだと思います。

30代前半/専業主婦/女性

マイナスな言動まで含めて彼を全肯定すること

当時の彼は33歳。すでに管理職で毎晩11時過ぎに帰宅するほど忙しく、高い意識とプライドを持って仕事をしていました。どうしても仕事の悩みや愚痴が多かったと思います。

そんな彼との関係で最も大切にしていたことは、「彼を全肯定すること」です。意外と難しいのは、例えば「俺ってだめだな」と言うような自己否定をされた時です。

つい「そんなことない」と言いがちですが、それでは全肯定にはなっていません。「そうやって反省できるなんて謙虚だね」と、自己否定まで受け入れる言葉をかけ、ストレス発散できる時間を心がけていました。

30代は一番仕事を必死でこなす時期だと思うので、プライベートでは癒しの空間を作ってあげることが大切だと思います。

30代前半/商社系/女性

【4位】将来のことを考慮する

将来のことを考慮する

結婚を意識させすぎない

付き合い始めた当時、私が30歳、彼が33歳でした。

周りの友人は結婚、出産などしていて、私的にはそろそろ結婚を決めたい頃でした。

ですが、あまりに結婚をチラつかせてしまうと、重いと思ってしまう30代男性もいるので、あまりガツガツ結婚を意識させないようにしました。

「いつかはしたいな」くらいのスタンスで付き合っていました。

30代前半/専業主婦/女性

仕事を応援しつつも自分とのことも考えてもらうよう働きかける

30代男性は仕事が軌道に乗ってくるか、人生の岐路を考え転職などに悩んだり、心機一転新しいことを始めたくなったりと、とかく仕事関係がフォーカスされ、プライベートの彼女との関係は少し蔑ろにしがちだと感じます。

女性は年齢や人生設計を含め、付き合い方を明確にし相手にきちんと意思表示していかないと、貴重な時間が失われかねません。

もし結婚に悩むなら早く決断をした方が良いと思います。私は決断が遅れ、悶々とした日々を送りました。

30代前半/公務員・教育系/女性

結婚を考えているのかきちんと確認する

30代は男女共に結婚を意識する年かと思います。特に女性が30代の男性と付き合う際には、結婚を意識するのは無理もないことでしょう。

そう思うのであれば、早めに確認する必要があります。

付き合ってても家に入れない、1年付き合って両親含めた気軽な花火見物に誘っても行かない、なのに「子どもが出来たらその時はその時だから」と付き合ってる時に言う等々、このような結婚を匂わすセリフを言う30代彼氏でも、行動が伴わない人は要注意です。

40代後半/専業主婦/女性

彼との未来を真剣に考えて付き合う

お互い30代なので、若かった時のように今が楽しければいいという付き合い方ではなくて、「2人の将来を考えながら」付き合うようにしています。

私も彼も結婚願望はあるので、この人と結婚したらどうなるのかなということを念頭において付き合うようにしないと、上手くいかないと思います。

将来をともに歩む可能性を考えながら交際するのが、30代の恋愛には必須だと思います。

20代後半/金融・保険系/女性

【5位】歩み寄る努力をする

歩み寄る努力をする

自分の好きなものだけに没頭するのではなく相手の趣味にも触れてみる

私と彼は30歳の同年代なのですが、彼はやや古風なタイプで、音楽や映画は60〜80年代が好きなので話が合わない事があります。

ですが、ある日のドライブ中、彼が流し始めた80年代の曲の歌詞が良いものばかりで、現代物ばかり聴く私には新たな発見になりました。

それ以降、私も80年代の洋楽を頻繁に聞くようになり、好きになりました!

自分の好きなものだけに没頭するのではなく、他人の意見も聞いて真似してみるのも新たな発見になるし、知識も身につくんだなと思いました。

30代前半/自営業/女性

否定をあまりしないよう心掛ける

30代の男性というのは、ある程度の自信を持っていてプライドが高い男性が多い年代だと思います。

そういう男性は自分を否定されることがかなり嫌だし、許せないと思ってしまうような方が多いと思いますので、おかしいと思うことがあっても、直接的な言葉では言わず、濁してやわらかく伝えた方が良いと思います。

30代前半/メーカー系/女性

趣味が違ったとしても新しいものとして興味を持つ

私が22歳のときに30歳の男性と付き合ったことがあります。

少し年が離れているため、もちろんジェネレーションギャップはないとは言い切れませんでしたが、そんなに気になりませんでした。

お互い、音楽などの趣味が違ったとしても、新しいものとして興味を持っていたので、ギャップを感じることなくむしろ話が弾んでいました。

20代前半/大学生/女性

彼の考えを素直に聞き入れる

当時付き合っていた彼は35歳でした。私は23歳であり、10歳以上年齢の離れた彼氏は初めてでした。

流行りもの等でギャップを感じることはありませんでしたが、働き方についての考え方で意見が食い違うことが多々ありました。

30代ともなると役職がつくことで背負う責任が大きくなる年齢であり、20代だった私の働き方に対する考え方の甘さによく怒られていました。

初めは考え方の違いが受け入れられませんでしたが、彼に言われたことを実践することで仕事がスムーズに進んだことから、経験を重ねた彼の助言を素直に聞くようにしました。

心配から出た私への愛情と捉えることで、衝突することはなくなりました。

30代後半/専業主婦/女性

ネットとかでその人の年代に流行ったものなどを調べる

21歳から24歳になる頃まで、3人の30代男性と付き合いました。

自分の一回り上で話は合うのかなどと考えていましたが、意外に自分の年代で流行っていた音楽など、相手の年代でも流行っていることがわかり、カラオケなどに行ってもさほど苦ではありませんでした。

ただ、少し前に流行したものの話題になった時、私が「それが流行ってた時、高校生だったわ」などと言うと、相手はかなり落ち込んでいました(笑)

20代前半/専業主婦/女性

【6位】コミュニケーションを大事にする

コミュニケーションを大事にする

少しでもいいので毎日連絡を取ることを忘れない

交際当時、私は21歳、彼は31歳でした。考え方やリアクション全てが大人すぎて戸惑うこともありましたが、自分が成長するために沢山参考になったと思いました。

彼が仕事で忙しくなると、なかなかデートに行けなかったりしましたが、合間時間での少しの電話やメッセージを欠かさずにしたことで、お互いのことや好きな気持ちを忘れずに付き合うことが出来たなと思っています。

20代前半/大学生/女性

思っていることはきちんと声に出し不安があれば相談すること

当時、私が37歳、彼が30歳で交際を始めました。

彼はあまりLINEを見る人ではなく、平気で1週間放置するような人でした。会っていないときに連絡もなく、何をしているのかわからず不安を抱いたこともありましたが、彼は仕事が忙しく、休みの日は友達との時間も大切にしたいという考えでした。

最初は2人とも相手に合わせてしまっている部分も多く、無理していたこともあったかと思います。

無理をしていたらいつか疲れてしまい長く付き合うことができないので、不安に思っていることは話し合い、1つ1つゆっくりでもお互いを理解していくことが大事だと思いました。

30代後半/IT・通信系/女性

まとめ

女性100人に聞いた30代の彼氏と上手に付き合う方法では、1位は『適度な距離感を意識する』、2位は『お互いを尊重し合う』、3位は『癒しを提供する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による30代の彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『30代の彼女と上手に付き合う方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

30代彼女と上手に付き合うコツは?経験者100人が教える秘訣

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年09月10日~09月25日
回答者数:100人