40代彼氏と上手に付き合うコツは?経験者100人が教える秘訣

40代 彼氏

年の差がある40代の彼氏と付き合った時など、「どうやって交際したら上手くいくのだろう…」と悩んでしまうこともありますよね。自分の年代とは違った交際のルールがあったりと考えることも沢山あります。

仲良く長く付き合っていきたいと思っているからこそ、40代の彼氏と上手に付き合う方法やコツを知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による40代の彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

40代の彼氏と上手に付き合う方法ランキング

40代の彼氏と上手に付き合う方法ランキング

まずは、40代の彼氏と上手に付き合う方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた40代の彼氏と上手に付き合う方法』によると、1位は『相手を認め尊重すること』、2位は『癒せるように気を配る』、3位は『互いに無理せず頑張りすぎない』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた40代の彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いた40代の彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いた40代の彼氏と上手に付き合う方法では、1位の『相手を認め尊重すること』が約25.9%、2位の『癒せるように気を配る』が約21.4%、3位の『互いに無理せず頑張りすぎない』が約16.8%となっており、1~3位で約64.1%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で40代の彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】相手を認め尊重すること

相手を認め尊重すること

似合う服を選んであげる

30代は仕事中心に頑張って、やっと余裕ができてきた40代だと思います。趣味を広げてみたり、若さをキープするために自分の体と向き合うようになってきている、意識高い系の40代も多いと思います。

体形も変わってきて、似合う服も変わってくると思うので、洋服選びにとことん付き合い、彼の趣味ではなくても、彼に似合う服を選んであげるといいと思います。会社で褒められるような服を選んであげるととても喜ぶと思います。

40代前半/専業主婦/女性

最終的には男性側を立てることを意識する

40代の男性は、表ではよく「自分はもうおじさんで歳だから」と言うような印象があります。しかし心の中ではおそらく「まだ若い」と思っています。

なので「彼女と一緒の時も主導権を握ってぐいぐい行きたい!」と内心思っていると思うので、最終的な決定などは男性にお願いするなど、最後には男性を立てるように行動していくのがうまく付き合うポイントではないかと思います。

20代後半/メーカー系/女性

人生の経験値が高いところを尊敬し立てる

九つ上の40代の夫ですが、正直「40代だからこう!」という意識は持ったことはありません。

もちろん、音楽番組を見ると好きだった曲などにギャップはありますが、そこはお互いに知らないことを知る楽しみでもあり、そこから当時の思い出話に花を咲かせることもできます。

また、40代にかかわらず、男性は子供のようなところがあるので、時に母のような受け止め方が必要なときもあります。

でもいろんな経験を積み、仕事のキャリアもあるので、そこは尊敬していくと上手くいくと思います。

30代後半/専業主婦/女性

彼がやってくれることが当たり前だと思わない

現在、私が20歳、彼が45歳の歳の差カップルです。彼と付き合ってもうすぐ3年になります。

25歳差もあるので、付き合った当初は趣味や聞いている音楽など、ジェネレーションギャップがすごくありました。

なので、彼がよく聞いている音楽を聴くようにしたり、逆に今流行っている音楽などを教えたりと、お互いの好みを受け入れるようにしています。

また、彼はいつも私のためにいろいろしてくれるのですが、それを当たり前だと思わず毎回感謝の言葉を伝えています。

彼の趣味を理解して、彼がやってくれることが当たり前だと思わず、ちゃんと感謝の言葉を伝えることが、上手に付き合うコツだと思います!

20代前半/大学生/女性

年齢を気にした態度をとらないこと

10歳年上の彼氏とのお付き合いでしたが、私は特にジェネレーションギャップを意識していませんでした。お互いにトレンドを追いすぎない性格だったおかげで、自分たちの年代とは関係なく音楽や映画などのカルチャーを話題にできたことは、付き合いを楽しめた理由として大きかったと思います。

私たちの場合は、年齢はただの数字だと思っていて、自分たちの年齢差を忘れて過ごせたことでうまく行っていました。

ただし、実年齢を考えれば、40代と30代では育ってきた文化背景が違うことは事実です。彼氏も、年上として扱われることを好まないように見えました。だからこそ、年齢差を感じさせない、年齢に縛られない態度をとることが大事だと思います。

彼氏と付き合うようになってからは、友達との間で使っていたような流行り言葉はやめて、日頃から上品な言葉遣いで話すよう心がけていました。

もしかしたら年齢トークは彼を明るい気持ちにさせることではないかもしれないので、そういう男性の繊細な部分に気付いてあげる気遣いも求められると思います。

40代前半/マスコミ系/女性

連絡が取れなくてもすぐ返信を求めない

私が33歳、元彼が40歳で2年程付き合っていました。彼は若い歌手も知っていたので、年代のギャップは特に感じませんでした。

お互いの趣味は違うので、興味を持ってその趣味の話を聞いたり、逆に自分の趣味を教えていました。

自分の失敗談から思うことは、40代は仕事が忙しくなかなかマメな連絡は望めない気がします。その相手の性格にもよると思いますが、仕事の大変さもわかってあげられたら上手に付き合えるのかなと思います。

30代後半/IT・通信系/女性

彼の楽しいと思うものは否定せず乗っかってみよう

私は35歳、彼は48歳です。彼はプロレスや野球が好きですが、私は正直全く興味がありませんでした。それでも一緒に観戦に行くと楽しく、今では私の方が詳しいです(笑)。

なので、彼の楽しいと思うものは否定せず、乗っかってみようと思うことによって、良い関係を築いています。

彼も私が楽しむと嬉しいみたいで、チケットを以前より多く取ってくれるようになったりと、喜ばせようとしてくれるのが伝わります。

30代前半/流通・小売系/女性

お互いのプライバシーや時間に干渉しないようにする

私がスナックで働いていた頃、年上の40代男性と親しくなり、一緒にご飯を食べに行ったり、お酒を飲んだり、ドライブをしたりするようになりました。

私はまだ20代前半だったので、手が空いている時にメールをしたり電話をしたりと、時間に関係無く連絡を取っていましたが、相手は1番働き盛りの年代なので時間が合わない時がほとんどでした。

彼は、私がわがままを言っても怒る事なく接してくれましたが、やはり相手の仕事の邪魔をしない時間を事前に確認する事は大事だと思います。

車のシートの位置が変わっていても、余計な詮索をせずに、お互いのプライバシーを守っていました。

40代前半/専業主婦/女性

相手の趣味や趣向に対して否定的なことを言わない

彼が40代といっても年齢差はあまりないので、同世代の感覚で付き合っています。

私は音楽は最新のものをチェックしているのですが、彼は10代後半から20代前半のころ好きだったアーティストで止まっている感じです。そのせいか、彼は職場の後輩とのギャップを感じることが多いみたいで、よく話が通じなかったことをネタにしています(笑)。

しかしお互いに干渉し過ぎず、相手の趣味や趣向に対して、否定的なことを言わないようにしています。

30代後半/専業主婦/女性

相手への感謝を忘れずコミュニケーションを大切にする

彼とは同い年なので、ジェネレーションギャップもなく、共通の話題も多く、共に歳を重ねてきました。

40代になってお互いに心身共に変化があり、ついつい甘えからストレートに発言したり、なあなあな態度をとってしまったりして、ギクシャクしてしまった時がありました。

その時学んだことが、初心に戻って「すべてが当たり前じゃない」と理解することです。相手への感謝を忘れず、掛ける言葉も意識しながらコミュニケーションを大切にするようにしています。

40代前半/専業主婦/女性

【2位】癒せるように気を配る

癒せるように気を配る

彼のペースで行動できるように心がける

10歳以上年の離れている彼と交際しています。彼が40になった頃はまだ体力気力共にそこまで差を感じませんでしたが、40代後半になると色々な場面で差を感じるようになりました。お互いの時間に対する体感速度がずれてきたのかもしれません。

そこで、睡眠時間が充分とれるようにとか、疲れていそうなときは無理をさせないようになど、気を使うようになりました。

一緒に過ごせる時間がかけがえのないものだと思っているので、こちらのペースに合わせてもらうのではなく、彼のペースに合わせています。

今後も長く一緒に過ごすつもりでいるので、無理なく過ごせていけたらいいと思っています。

30代前半/流通・小売系/女性

仕事で疲れている彼を癒すような立ち位置でいること

40代の彼氏であれば、仕事が充実していて、プランを任されたり、新たな事業計画を立てる年代だと思います。

そのような年代の方と付き合う場合は、恋愛が中心でないことを分かって付き合うことがうまくいく秘訣かなと思います。

「今すぐ会いたい」とか、「仕事より私を優先して欲しい」という考えより、仕事で疲れている彼を癒すような立ち位置がいいのかなと思います。

40代前半/医療・福祉系/女性

彼の話をよく聞き理解に努める

彼は40代で役職がついたり、仕事の責任を負うことになっていったので、仕事上でのストレスが大きくなってきました。

職場の同僚の話や役員との関係性など、仕事内容以上に人間関係についての悩みも増えたようなので、彼の話をよく聞き、理解に努めていました。

また、彼が疲れていそうなときはデートを早めに切り上げたり、デートの場所も温泉や自然に触れ合う場所にしていました。他にもマッサージをするなど、癒しを多めに取り入れました。

40代前半/自営業/女性

甘えすぎずにたまには自分がエスコートする

40代の彼と歳の差恋愛をしていると、ついつい何から何まで彼を頼ってしまい、デートコースも彼任せ、お会計も彼任せ、悩み相談もいつも私からばかり、となってしまいがちです。

もちろん彼もそんな彼女が可愛くて仕方ないのだとは思いますが、彼も人間です。いつもいつも自分が全てを決めなければいけないとなると疲れてしまいます。

なので、自分が出来る事でいいので「今日は私があなたをエスコートするね」というデートをしてみてください!あなたが彼の為に何かを頑張ってくれたという事だけでも、彼はとっても喜んでくれるはずです。

20代後半/自営業/女性

体力不足を理解し、ゆっくり過ごさせてあげる

私36歳、彼氏43歳でした。遠距離だったこともあり、なかなか会えませんでしたが、週末お泊まりデート等をしていました。

遠距離なので行き来だけでも疲労が蓄積していたようで、彼は私の部屋に来るとよく寝ていたので、起こさず寝させていました。

疲れていても会いに来てくれるだけでも嬉しかったこともあり、そんなことを咎めず、彼が寝てたことに気付いてないふりもしていました(笑)。

30代後半/公務員・教育系/女性

甘えるところは甘え彼が年下の自分に求めているものを忘れない

私の元彼は40代といっても趣味や趣向が少年っぽいところもあったので、立てるところは立てて、趣味などは子どもにかえった気持ちで一緒に思いきり楽しみました。

当時私は20代だったので、年齢なりのかわいらしさ、彼が年下の私に求めているものを忘れないようにしました。例えば甘えるところは甘える、管理職だった彼の仕事ぶりを褒める、尊敬を言葉で示すなど。おごってくれる時は素直に甘えたりもしました。

最初は分からなかったけれど、古いアニメやゲームも勉強して、一緒に楽しみました。

年上だからと言って彼にプレッシャーを与えすぎると、子供っぽい部分も残った彼には重荷だったと思います。立てるところと甘えるところのバランスが大事だと思いました。

30代前半/専業主婦/女性

手料理などで優しく穏やかな時間を提供してあげる

共通の趣味があったので、年齢差があっても話題には困らなかったです。しかし体力差を感じさせないよう、旅行や遊びで過密なスケジュールにならないよう配慮しました。

良くも悪くも40代は結婚への決断が慎重になっています。彼と結婚したいなら付き合い始めて勢いがあるうちに行動しましょう。外での賑やかな遊びには飽きて家庭の雰囲気に憧れる年ごろなので、手料理などで優しく穏やかな時間を提供してあげると好印象だと思います。

また、彼のご両親は保守的な世代なので、会うときはお洒落な感じよりも少し控えめできちんとした服装・態度を心掛けました。

結婚を前提に付き合うのであれば、ご両親の体調や生活の様子を知っておくことは重要だと思います(子育てと介護が重なったり、資金援助が必要な生活だったりすると結婚生活の負担となるため。)

40代後半/医療・福祉系/女性

彼に合わせたデートをする

彼と付き合っていたのは私が21歳、彼が40歳の時でした。

彼から告白されたので、ノリで付き合ってみたのですが、ジェネレーションギャップがあり、話が合う事がありませんでした。

そういう時はその年代の音楽や流行っていた物を調べ、デートはゆっくりできるカフェ巡りをしたり、散歩したりとゆったりデートを心がけてどうにか過ごしました!

20代後半/専業主婦/女性

お互い大人なのでゆったりとした時間の使い方を心がける

彼は42歳の会社員ですが、夜勤もある変則勤務です。もう若くはないので、いつも疲れています。

なのでデートはもっぱらお家デートですね。一緒にダラダラとお酒を飲んだり、映画を見たりしています。

最近では、鬼滅の刃にハマって、一緒に動画を見てます。たまに美味しいものを食べに、ドライブで少し遠出をするくらいかな。

40代前半/専業主婦/女性