彼氏は素直じゃない!彼女100人が実践する上手な付き合い方

彼氏 素直じゃない

彼氏が素直じゃないタイプだと「可愛い!」と思う瞬間もありますよね!いつもは砂じゃなくても、たまに自分の前でだけ素直になってくれると嬉しいものです。

だけど、あまりにも素直じゃないと時にはめんどくさいと感じて疲れてしまう事もありますよね…

悪気のない大好きな彼氏だからこそ、素直じゃない彼氏と上手に付き合う方法を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による素直じゃない彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介しています。

素直じゃない彼氏と上手に付き合う方法ランキング

素直じゃない彼氏と上手に付き合う方法ランキング

まずは、素直じゃない彼氏と上手に付き合う方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた素直じゃない彼氏と上手に付き合う方法』によると、1位は『うまく誘導・フォローする』、2位は『自分が素直になる』、3位は『そういうものだと捉え、受け流す』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた素直じゃない彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いた素直じゃない彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いた素直じゃない彼氏と上手に付き合う方法では、1位の『うまく誘導・フォローする』が約27.4%、2位の『自分が素直になる』が約21.7%、3位の『そういうものだと捉え、受け流す』が約12.7%となっており、1~3位で約61.8%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で素直じゃない彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】うまく誘導・フォローする

うまく誘導・フォローする

素直に言いだせない部分を代弁したり、うまく引き出す

素直に「ごめんね」とか「ありがとう」すら言えない彼氏。人に譲ることが苦手で、出来たとしてもいつも上から目線です(笑)。

最初は喧嘩が絶えなかったけれど、それでも私は彼のことが好きだったので、別れることより一緒にいることを選びました。

そんな彼とうまく付き合うべく、彼が言いたくても言い出せないことは、先回りして誘導するようにしてみました。

例えば、次のデートでプールが候補に上がったとします。プールに行きたい思いが強いのは私より彼氏の方なのに、彼は「お前が行きたければ行ってもいいぞ」くらいの強気の意見を言ってきます。私は「本当はプールより水族館にいきたいんだけどね」と思いながらも、それを飲み込んで、「私が彼とプールに行きたいんだ!」と主張します。

すると、彼は「そうか、じゃあ行ってやるよ」と上から目線で満足そうに返事をしてきます(笑)。こんな感じでいつも彼を操っています。

40代後半/流通・小売系/女性

「本当は○○して欲しいんじゃないの?」と煽ってみる

私の恋人は恥ずかしがり屋らしく、なかなか素直に自分の気持ちを伝えてくれません。

いつまで経っても事態が進展しないので、「何か困ってる?」「言いたいことない?」とこちらから手を差し伸べるのですが、いざ聞いてみると「えぇ!それがして欲しかったの?」「そんなこと言いたかったの?」「えぇ、謝るのにそんなに時間かかる?」と驚くことばかりです。

ですが、「ちゃんと言いたいことは言わないと伝わらないよ?」「しよう!って思った時にしないと、今日が最後の日になるかもしれないんだよ?」とその都度伝えていたら、最近は少し素直になってきたと思える場面が増えてきました。 きちんとこちらが「そうして欲しい」と伝えると伝わるものなんだなあーと実感!

「好き」などという好意的なことは伝えてくれませんが、自分がしたいと思うことや感じたことを少しずつ話してくれるようになったことは嬉しかったです。

20代後半/医療・福祉系/女性

いつも笑顔で彼を包んであげる

男の人って素直になれない人が多い気がします。女の人が思う以上に責任や抱えているものが多いのかもしれませんね。

それならば、あなたの前では安心して素直に甘えられる環境を作ってあげてみてはどうでしょうか。いつも笑顔であなたが彼を包んであげるくらいの気持ちで対応してあげると、きっと彼氏は安心してくれるのではないでしょうか。

慣れないうちはそれでも素直じゃない時もあるかもしれません。そんな素直じゃない彼氏のことも笑顔で受け入れてあげれば、全てを受け入れてくれるあなたを心の底から信頼し、素直な彼氏になってくれることでしょう。

40代前半/専業主婦/女性

何度も繰り返しコミュニケーションを図る

彼は大切な内容を伝えてもすぐ忘れる上、大事なことを言わない等、とにかくコミュニケーションが取れない人でした。

最初は私の言い方が悪かったのかなと相手を理解しようとしましたが、だんだんと「待てよ、あまりにも忘れ過ぎだし、忘れたことを謝らないのはどうだろう?」と思うようになりました。

そこで重要な用事があった時、彼が忘れないように、「ちゃんと座って話をしよう」と提案するも、彼はわざと忙しいふりをして回避しようとしたり、「俺はどうせ忘れてしまう人だから、同じ」と開き直りました。「ああ、これはそもそも覚える気がないんだな」と悟りましたね(笑)

「私の言葉は彼には別の言語で聞こえるんだ、だから忘れるんだ、覚えられるように何度も何度もリピートしないといけないんだ」と思うようになりました。

30代後半/自営業/女性

同じことを可愛く仕返ししてみる

同じことを仕返ししてみると相手も気づくかもしれませんが、ひどくならないよう、可愛くしてみると良いと思います。批判的に言うとケンカの元です。子どもだと思って可愛がりましょう。

ただ、それで疲れるような時は相手に言うのもありだと思います。

相手が変わらなくて大変な場合は、あまり相性がよくないのかもしれません。どちらか一方だけが我慢するのはよくないし、不平等だと思います。

30代後半/専業主婦/女性

しょうがないなぁと割り切って対応する

私の元カレは超甘党で、よく一緒にスイーツ巡りをしていました。

というのも、彼一人だと人目が気になるのか、我慢することも多かったんだそうです。

しかし素直じゃない彼は、「お前が食べたいだろうから」という感じで「私のために動いている振り」をするので、少しムッとくることもありましたが、慣れてくるとまるでお母さんのように、「もう、仕方ないなぁ…」「はいはい、自分が食べたいのに相変わらず素直じゃないねぇ」とスルーできるようになりました!(笑)

素直じゃないのも一周回ると可愛く思えてきますよ!

30代前半/専業主婦/女性

否定的な言葉を言われたら逆の表現の事だと脳内変換する

私自身が素直ではない為、素直になれない彼の気持ちもわかります。

なので、私が自分のような素直でない相手と付き合う場合、どう対処するかと考えた結果、反対言葉で捉えることが一番早いと感じました。

好きか嫌いか問うた時、相手が「嫌い」と答えれば、それは「好き」なんだと、反対言葉を連想することで良い表現として考えられるので、ハッピーになります。

めんどくさいことかもしれませんが、相手のことが好きならできると思います。

20代前半/流通・小売系/女性

相手の反応がどうであれ自分は楽しそうに振舞う

私の旦那は絶対嬉しいのに、嬉しいと素直に言いません。笑

最初は反応が薄かったり、反応が無くて不安になったりしましたが、一緒にいて態度を見ているうちに「あ、ちょっとニヤけてるな」とか、相手の発言を聞いて「本当は楽しいんだな」と察することができるようになりました。

なので、私は気付いたら積極的に「今、楽しいでしょ?!」と言ってしまいます。すると旦那は「まあ普通」と返してきますが、そう言いながらきっと楽しいのです。笑

相手が素直じゃないからといって、自分も一緒につまらない反応すると良くないです。相手の反応がどうであれ、自分が目一杯楽しそうにしていればだんだん相手も素直になってきます!

20代後半/不動産・建設系/女性

自分がお姉さんになってフォローしてあげる

私の旦那さんは私よりだいぶ歳が上だからか、いつも本当に素直ではありません。

自分が行きたいところがあっても、自分からは絶対に「ここに行きたい」とは口にしません。私が提案する形で「ここはどう?」と聞くと「いいんじゃない?」とそっけなく言います。

「行きたいのは見え見えなんだから、最初から素直に言えばいいのに」と思う時がありますが、そんな時は自分が少しお姉さんになった気分で「そうだね」とだけ返します。

そんな日常が何年も続くと、たまにイライラすることもありますが、「私はお姉さんだから、言えない子のフォローをしてあげてるんだ」と自分に言い聞かせてます(笑)

50代前半/専業主婦/女性

「こういう風に思っているんでしょ?」と聞き答えやすい空気を作る

遠距離中の私の彼はとても亭主関白で俺様な人です。ですが、寂しい時や私が楽しそうにしていると甘えてきます。本当は少し嫉妬をしていたり、私がすることに対して嫌なことがあっても、「別に気にしてない」などとツンツンしていて絶対言いません。

毎日電話をしているのですが、私が「マツエクしに行きたいんだよね」と言うと、「そんないらないよ。お金の無駄だよ」と言いますが、本当は自分にしか可愛くなった姿を見せて欲しくないのです笑。こう言うと自意識過剰っぽいですが、彼とは長い間お付き合いしているので、言い方や雰囲気で隠された気持ちがわかるんですよね。

なので、笑いながら「本当はあなたが今私の側にいないから、して欲しくないんでしょ?笑」と聞くと、彼はうなずき、本当の気持ちを答えます。

本当は嫌だと口に出せない彼に、自分の気持ちを素直に言える空気を作るのも一つの手だと思います!

20代後半/サービス系/女性

関係のない話からいろいろ聞いてみて掘り下げていく

素直じゃない人は、自分自身でもうまく気持ちの表現ができないのだと思います。

この手の相手には、「人から本音を聞き出す練習」だと思って、リラックスさせて関係のない話からいろいろ聞いてみて、掘り下げていくとよいです。

これがうまくできるようになったら、悩みなどの深い話も聞き出せると思うので、自分自身の成長のためと思うと楽しめます。

30代前半/サービス系/女性

【2位】自分が素直になる

自分が素直になる

少し駄々をこねてみる

彼がなかなか素直になってくれないときは、私は少しだけ駄々をこねます。

滅多に駄々をこねない私が、久しぶりに駄々をこねてみると、彼もびっくりするのか、引いちゃったのか分かりませんが、とりあえず素直になります(笑)。

しかし、いつもこの技を使うわけにはいかないので、彼がどうしようもないときだけ使うと心に決めています。

20代前半/サービス系/女性

相手に合わせず、こちらはこちらの気持ちを伝える

相手が素直でないからと言って、合わせるのは違うと思います。自分は自分の感情や思いを伝えたいときに伝えるべきだと思います。

そこで自分もふさぎ込んでしまうと、相手の気持ちを知ろうとすることをしなくなったり、コミュニケーション不足に繋がったりしてしまってよくないと思うからです。

わたしはどんな小さな気持ちでも共有したいなと思います。

20代後半/医療・福祉系/女性

自分が素直になってみる

彼は素直ではありません。本当は会いたいのに「会いたくない」と言ってしまうくらい素直ではないです。笑

私もあまり素直に甘える事が出来ませんが、このままだとお互いがすれ違ってしまうんじゃないかなと思って、私が先に素直になる事にしました。

素直に「会いたい」とか「声を聴きたい」と伝える事で、「俺も会いたい」と言ってくれるようになりました。素直で可愛いです。笑!

20代後半/専業主婦/女性

彼に対して素直に気持ちを表現し、そういう態度のほうが嬉しいと感じてもらう

彼は本当に素直じゃなくて、愛情表現も好きな子にイジワルしちゃう小学生男子の様です。笑

照れくさいからなのか、いつも冷やかしのようなコメントをしたりするので、受け取る相手によっては不快感を与えてしまうのではないかという不安もあります。

私はもう慣れているので「またまたそんなこと言って〜!ツンデレなんだから〜!」と、笑いながら受け流すようにしていますが、生きていく中で、絶対損をしてしまう性格だと思います。

なので、私は彼に対して素直に気持ちを表現し、そういう態度のほうが嬉しいと感じてもらえるように接しています。

40代前半/専業主婦/女性

思っていることを直接彼に伝える

元彼は愛情表現が下手で、自分の気持ちを直接言ってくれるような人ではありませんでした。

当時、彼が何を考えているのか理解できず、イライラしていたので黙っていられず、「私は〇〇くんが何考えてるかわからなくて寂しいよ!」と、彼に対する不満を直接ぶつけました。

それ以降、彼は自分の思っていることを常に伝えてくれるようになりました。

相手にもよると思いますが、自分も素直に思っていることを伝えると、相手も変わってくれるんだなと思いました。

30代前半/自営業/女性

ちゃんと自分の気持ちを伝える

私の彼氏はあまり自分の気持ちを伝えてきません。例えば私が「昔の仕事仲間たちと飲み会に参加しようと思っている」と伝えると、言葉では「楽しんでおいで」と言ってはくれるものの、明らかにテンションはダダ下がりで、飲み会の前日などはほとんど口を利かないことも。

最初は「そんなに心配なら、行かないでと一言言ってくれればいいのに」と思っていましたが、つらくても何も言わずに送り出してくれるのは彼なりの優しさなんだと気づいてから、なんだか愛おしくなりました。

それからは彼が少しでも不安にならないように、飲み会中にもこまめに連絡をとるようにし、日ごろからちゃんと誰のことが好きなのか伝えるようにしています。

「私が好きなのは〇〇くんだけだよ」と伝えると、彼は「わかってる」とそっぽを向くのですが、口元が緩んでるのがバレバレなので、その姿を見て楽しんでいます(笑)。

20代前半/サービス系/女性

素直に話して欲しいと伝える

私の彼は素直に自分の気持ちを話したり、甘えたりするのが苦手です。

でも、本当は彼も私に甘えたいと思っていそうなので、私の方から「もう少し素直に気持ちを話して甘えてほしい」と言いました。

人の性格というのは、すぐには変わることは難しいかもしれませんが、それ以来、彼も少しずつ素直に甘えてくれるようになってきたと思います。

30代前半/専業主婦/女性

こっちが素直になる

彼氏が素直じゃないならば、自分がその分、素直な態度で接してあげたらいいと思います!

私の彼氏も元々素直に感情表現しないタイプで、付き合った当初はかなりポーカーフェイスでしたが、私が素直に自分の感情を表現していたら徐々に彼氏も言葉や態度が素直になっていきました!

男の人は元々素直に表現できないタイプの人が多いと思うので、付き合い始めは苦労するかもしれませんが、彼女側の態度次第で彼氏の態度も変えられると思うので頑張ってみてください!

20代前半/IT・通信系/女性

【3位】そういうものだと捉え、受け流す

そういうものだと捉え、受け流す

男の人にも「生理」があると思って接する

私は、男の人にも生理があるのだと思って接するようにしています。

女性は月に一度、自分でもコントロールできないほど感情が乱れてしまう時があるので、それと同じなのだと思うようにしています。

なので、彼氏が思い当たる節がないにもかかわらず不機嫌そうにしていたり、思ってもいないようなことを急に言い出して傷つけてきたときはそう思うようにしています。

以前は傷ついて泣いてしまうこともありましたが、生理だと思うようにすることで許してあげられるようになりました。

ですが、それを何度も何度も続けてくる相手には、きちんと意見を言うべきだと思います。

20代前半/大学生/女性

気持ちに振り回されないように構いすぎない

元彼は気まぐれで、いつも振り回されていました。かまって欲しいのかなと思ったら、急にそっぽ向いたり、めちゃくちゃ振り回されていました(笑)

私のメンタルの方がきつくなるときがあるので、「あまり考えないようにしよう」「構いすぎないようにしよう」と決めたら、自分の気持ちも楽になり、彼も寂しくなったのかすこーし素直になってきました(笑)

悩み過ぎないように、たまには距離を置くと楽しく付き合えると思いますよ!

20代後半/専業主婦/女性

必要以上に構わない

自分から謝ることをしない夫。また「自分でやればいいのに」と思うことも、私がやるのが当たり前と思っています。

当初、「私の大事な旦那様〜」というくらい色々とやっていましたが、少しずつやらないようにしていきました。

夫には「気が利かない!」と思われているかも知れませんが、「あ、ごめんね」と言って、少しずつやりすぎないことを増やしていきました。

何でもやってあげると、それこそ何もしなくなるので、構いすぎないようにした方がいいですね。

40代後半/専業主婦/女性

素直じゃないときに何を言っても疲れるだけなのでスルーする

うちの主人は変なところで意地を張って素直じゃないです。特に自分に都合の悪いことや、避けたい雰囲気になるとやたら意地を張り、どんなに自分が悪くても肯定しようとします。

初めはそんな主人に対して、「素直に謝ることも出来ないのか」とイライラしましたが、そういう性格だから仕方がないと接し方を変えました。素直じゃないときに何を言っても疲れるだけなので、スルーするようになりました。

相手の性格はなかなか変わらないので、接し方を変えるだけでだいぶ違いますよ。

40代前半/専業主婦/女性

【4位】相手を立てる・頼る

相手を立てる・頼る

彼を立ててあげる

わたしの夫はとても情に熱く優しいですが、全く素直ではありません。

プライドが高く、「男たるもの、常に女の前を歩く」精神が強く、冗談でも女性から偉そうな言い方をされたと感じると、相手が誰であろうと不機嫌さが表情や態度にあからさまに出てしまう、ちょっと厄介な性格です。

しかしわたしは、彼を頼ってしまうタイプなので、夫とは持ちつ持たれつで今はとても穏やかな日々を過ごせています。

年齢の割には付き合いだした頃から昔気質な彼でしたが、彼の気持ちや男としての立場を立てながら付き合うことができるようになってからは、わたし自身の性格とも相性が良いのだと気づき、とてもリラックスして付き合えるようになりました。

30代後半/専業主婦/女性

自分のために何かしてくれたときに褒めちぎる

彼は機嫌が悪かったり、ツンツンしていることが多いです。

なので、本人の気分が良いときに、さらに気分があがるような言葉をかけます。私の代わりに何かをやってくれたときは、「お、もうやってくれたの?さすが仕事早いね!ありがとう!」のように、めちゃめちゃ持ち上げます。

普段ツンツンしていて何もやってくれない彼だからと言って、せっかく動いた時も「それくらいやってくれて当然だから」とお礼も言わない状態だと、「せっかくやったのにお礼もなし?」と取られて、よりツンツンしてしまいます。

脳内レベル小学生だと思って付き合うしかないです(笑)。

30代前半/IT・通信系/女性

あなたが必要でいないと困るアピールをする

旦那さんは年下ですが、私から「〇〇してもらえないかな」等と頼られると、どことなく嬉しそうな雰囲気を感じていたので、相談事で彼に意見を聞いた際には少し大袈裟に「あなたに相談してよかった」と伝えます。

例えば「〇〇君はきちんと答えを導いてくれるから、相談して本当によかった」や「すごい、その考えは思いもつかなかった!」などです。

実際そう思うので嘘ではないのですが、きちんと言葉にして少しだけ大袈裟に言っています。

そうすると普段無口でクールな彼ですが「そんな大したこと言ってない」なんて言いながらも、なんとなく周りにぽわぽわとお花が飛び、目じりが下がった感じがしてとてもかわいいです(笑)

30代後半/専業主婦/女性

【5位】環境を変えてみる

環境を変えてみる

レストランで外食するなどデートをして雰囲気を変える

私の元彼はツンデレで、カッコつけているタイプでした。お酒を飲んで酔っているときは素直に好きと言ってくれたり甘えてきたりしますが、普段は話しかけてもツンツンして素っ気ないです。

彼とは元々友人で、性格は理解していたので、「彼はこういうタイプなんだ」と思って付き合っていましたが、それでも寂しいときはお洒落なレストランやバーにデートに行って、お酒を飲みつつ楽しみました。

たまに雰囲気を変えてみるのはおすすめです。

20代後半/IT・通信系/女性

いつもとは違う環境に変えて話す

主人は素直に自分の気持ちを伝えることが苦手で、すぐに誤魔化したり笑いに変えてしまい、空気が読めないと思われがちな部分があります。

こちらが素直に話してダメなら、ゆっくり会話が出来る居酒屋などで外食したり、ゆっくり出来る場所へデートに行ったり、いつもとは違う環境に変えると気持ちがリフレッシュされるのか、普段は聞けないことが聞けたりしますよ。

30代前半/専業主婦/女性

【6位】言葉以外に注目してみる

言葉以外に注目してみる

彼の言葉を鵜呑みにせず表情や態度で真意を汲み取る

私が素直ではない彼とお付き合いをするときに意識するのが、「彼の言葉で一喜一憂せず鵜呑みにしないこと」です。

素直ではないということは、本当の気持ちを言葉にできない傾向があるということです。彼の真意ではない言葉で一喜一憂していては、お付き合いはうまくいきません。

例えば「私がいなくて寂しい?」と聞いた時に彼が、「全然寂しくねぇし!」と返してきても、言葉にショックを受けるのではなく、赤面したり焦ったりする彼の言葉以外の部分から真意を汲み取るように努力しましょう(笑)。

30代前半/サービス系/女性

彼なりの愛情表現を見つける

私の主人は、「ザ・昭和の男性」タイプ。「男の方からイチャイチャするなんて…」という感じで、自分から甘えてきたり、「好き」など愛情表現の言葉はほぼ口にしません。「可愛いね」など、女性が喜ぶ褒め言葉も言わず、むしろからかってくる事の方が格段に多いです。

最初は少し寂しいなと感じる事もありましたが、以前に一度、ふと「そもそも、好きじゃないと、とても一緒になんていられない」と言っていた事を思い出しました。彼にとっては、こうして一緒にいる事自体が愛情表現であり、好きでいてくれているから家族になってくれたんだなと納得する事にしたら、何だか微笑ましい気持ちになれました。

また彼は私をからかってくる時も、決して人格を否定したり、嫌な気持ちになるような事は言わないので、それも愛情表現の一つとして捉える事にしました。

素直に愛情表現したり、褒めたりしてくれないのは、少し寂しく、物足りない気持ちになってしまうかもしれませんが、その人なりの愛情表現を見つければ、楽しく過ごせるのではないかなと思います。

また、そういう人がふと褒めてくれたりすると、喜びも倍になるかもしれません!その瞬間の為に努力したり、楽しみに待つのも、案外良いかもしれませんね。

20代後半/専業主婦/女性

【7位】わかり合えないなら別れる

わかり合えないなら別れる

コミュニケーションをとってもだめなら別れる

わたしの元カレはかなり頑固で、素直ではないタイプでした。そのため、意見がすれ違い喧嘩が起こることもしばしば…。

最初はわたしが我慢していたので、喧嘩にすらならなかったのですが、やはり小さいことが溜まっていくと不安とストレスに押しつぶされました。

結局わたしの思いを伝えても彼は素直になることはなく、変わらなかったためお別れしました。

20代前半/大学生/女性

【8位】素直になれない理由を考えてみる

素直になれない理由を考えてみる

彼が素直になれない理由を考えてみる

素直じゃない彼氏と付き合ったことがありますが、彼はいろんなことを溜め込んでしまうタイプでした。素直になれない自分自身に嫌気がさしていることもあったみたいです。

彼が素直になれない理由を考えてみると、本当は甘えたいのに「しっかりしなきゃ」と考えてしまい、甘えられないでいることに気づきました。男性のプライドが邪魔しているパターンなのかなと思っています。

そこで、彼氏がしっかりしてると感じた時には、感謝と同時に、無理をしなくてもいいことや「私にも甘えていいよ」と伝えるようにしていました。

20代後半/医療・福祉系/女性

まとめ

女性100人に聞いた素直じゃない彼氏と上手に付き合う方法では、1位は『うまく誘導・フォローする』、2位は『自分が素直になる』、3位は『そういうものだと捉え、受け流す』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による素直じゃない彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『素直じゃない彼女と上手に付き合う方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女は素直じゃない!彼氏100人が実践する上手な付き合い方

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年09月12日~09月27日
回答者数:100人