6歳差の年上彼女との付き合い方!彼氏100人が教える秘訣とは

年上彼女 6歳差

付き合った彼女が初めての6歳差の年上彼女だと、どのように交際すればよいのか考えてしまうこともありますよね。お金などの経済的な部分だったり、趣味などの私生活の部分など、同学年とはまた違った気の使い方が必要な場合も多いものです。

6歳年上の彼女と上手に仲良く付き合っていきたいからこそ、6歳差ならではの交際の秘訣などを事前に知っておきたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人に聞いた6歳差の年上彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

6歳差の年上彼女と上手に付き合う方法ランキング

6歳差の年上彼女と上手に付き合う方法ランキング

まずは、6歳差の年上彼女と上手に付き合う方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた6歳差の年上彼女と上手に付き合う方法』によると、1位は『丁寧に接する』、2位は『ホッとできる居場所になる』、3位は『遠慮し過ぎず気持ちを伝え合う』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた6歳差の年上彼女と上手に付き合う方法

男性100人に聞いた6歳差の年上彼女と上手に付き合う方法

男性100人に聞いた6歳差の年上彼女と上手に付き合う方法では、1位の『丁寧に接する』が約28.8%、2位の『ホッとできる居場所になる』が約18.1%、3位の『遠慮し過ぎず気持ちを伝え合う』が約13.1%となっており、1~3位で約60.%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で6歳差の年上彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】丁寧に接する

丁寧に接する

あまり乱暴な言葉遣いはしない事

相手は人生の先輩であり、尊敬するべき人物です。軽くあしらったり、乱暴にしゃべってしまう事は絶対にやってはいけないと思います。

言いたい事を言う事は大切ですが、言い方を考えて言う様にしていました。年下らしい部分も出しながら普通に接する事が、相手を敬う事に繋がっていったのではないかと思います。

あまり無理はせずに自然体がいいと思います。

30代前半/自営業/男性

しっかり気を使ってあげながら彼女を立てること

いくら年上でも、彼女に任せっきりにしたりして、自分のわがままを押し付けてはいけないと思います。

それに加えて、彼女には年上ならではのプレッシャーや責任感、ストレスもあると思うので、しっかり気を使ってあげながら彼女を立てることも必要です。

姉弟や友達のように打ち解けるのはともかく、馴れ馴れしい態度は厳禁だと思います。

20代前半/メーカー系/男性

親しき仲にも礼儀ありということを意識しておく

特に年齢などこだわらず、お互い尊敬しあえる仲がいいと思います。なので「親しき仲にも礼儀あり」を意識しながら過ごすのがいいと感じました。

プライドが高いからとか、年上だから立てるのではなく、お互いに尊敬の念を持つことで上手に付き合えるのではないかと思います。

また喧嘩しても、感情的にならないというルールを決めたり、話し合いの場を設けるなどして上手く付き合うのも大事だと思いました。

30代前半/自営業/男性

相手は対等な立場の「異性」であるという意識を持ち続けること

相手が年上であることで、ついつい甘えてしまいがちです。

最初はお互いそれが楽しかったりするのですが、年下男性はいずれ相手を母親のように扱うようになり、女性はそんな子供みたいな相手にイライラしてしまいます!

常に相手は対等な立場の「異性」であるという意識を持ち続けることが必要です。甘えるのもいいですが、親子みたいになってはいけませんよ。

40代後半/公務員・教育系/男性

人生の先輩として合わせる

一般的には年上の彼女の方から年下に合わせてくれる場合が多いです。

付き合いが長くなるほど、和気藹々で姉さん的なオーラを発してくれるようになるので、それを楽しみながら合わせることがポイントかと思います。

年下と付き合うより人生豊富ですので、学ぶべきことも多い気がします。

40代前半/医療・福祉系/男性

【2位】ホッとできる居場所になる

ホッとできる居場所になる

彼女が素の部分を出せる「居場所」になってあげる

歳が少し上だからと言っても、彼女が「すべての面でしっかりしている」とは限りません。「年上なんだから」と肩に力を入れて接してくれているのかもしれません。

でも、時には「寄っ掛かりたい」と思う時も彼女にはあると思うんです。

そんな時には「ありのままでいいんだよ。しんどい時は寄っ掛かって良いからね」と労ったり、「話したい時に話してくれたら良いからね。側に居るだけで良いなら、ずっと側に居るから」と伝えるなど、彼女の心が落ち着くように努めています。

安心して彼女が素の部分を出せる「居場所」になってあげることで、お互いの想いが重なり合うことが増えて、より一層愛が深まりますよ。

30代前半/医療・福祉系/男性

「頼れる人、安らげる人、元気になれる人」と感じてもらう

相手が歳上だからといって甘えすぎてしまうと、相手は「こんなこともできないのか」と感じてしまうでしょう。

職場でも先輩として仕事をしている方が多いと思うので、頼られる事には慣れているかもしれませんが、二人の関係の中で求められるものはそうではない可能性が高いです。

彼氏としては「頼れる人、安らげる人、元気になれる人」と感じてもらえる方が、長く信頼してもらえるでしょう。

20代前半/商社系/男性

相手が年上であっても自分が支えてみせるという気持ちを忘れない

自分のほうが年下ということで、どうしても年上の彼女に支えてもらったり甘やかされるといった状況になりがちです。

ですが、「将来的に一家の大黒柱になるんだ」という気持ちを忘れずに、付き合っている頃から彼女を支えられるようになることが必要だと思います。

金銭的な面では今は難しいとしても、気持ちの面では彼女の悩みや不安を聞いてあげたり、気遣うことは大切だと思います。

20代前半/自営業/男性