5歳差の年下彼女との付き合い方!彼氏100人が教える秘訣とは

年下彼女 5歳差

付き合った彼女が初めての5歳差の年下彼女だと、どのように交際すればよいのか考えてしまうこともありますよね。お金などの経済的な部分だったり、趣味などの私生活の部分など、同学年とはまた違った気の使い方が必要な場合も多いものです。

5歳年下の彼女と上手に仲良く付き合っていきたいからこそ、5歳差ならではの交際の秘訣などを事前に知っておきたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人に聞いた5歳差の年下彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介しています。

5歳差の年下彼女と上手に付き合う方法ランキング

5歳差の年下彼女と上手に付き合う方法ランキング

まずは、5歳差の年下彼女と上手に付き合う方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた5歳差の年下彼女と上手に付き合う方法』によると、1位は『年上らしくリードする』、2位は『ある程度は甘えさせてあげる』、3位は『同じ目線で対等に接する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた5歳差の年下彼女と上手に付き合う方法

男性100人に聞いた5歳差の年下彼女と上手に付き合う方法

男性100人に聞いた5歳差の年下彼女と上手に付き合う方法では、1位の『年上らしくリードする』が約26.6%、2位の『ある程度は甘えさせてあげる』が約22.2%、3位の『同じ目線で対等に接する』が約21.5%となっており、1~3位で約70.3%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で5歳差の年下彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】年上らしくリードする

年上らしくリードする

余裕を持って対応して引っ張っていく

年下の彼女と上手に付き合うには、自分に自信を持つということが必要不可欠になってくるのではないかと感じます。

もし、年上の男性が不安そうにしているところを見てしまうと、彼女も不安になってしまうことが考えられるので、振る舞いには気をつけた方が良いと思います。

そのため、年下の彼女と接するときは余裕を持って対応して、引っ張っていくぐらいのリードをしてあげた方がいいです。

30代前半/金融・保険系/男性

頼り甲斐をアピールし、どんどん引っ張ること

年下の彼女がいますが、やはり女性は「彼氏には引っ張って欲しい、頼り甲斐がある方が良い」みたいです。

そして何より大人の余裕が必要で、困ったことなどが有れば聞いてあげたり、出来ない場合は出来ないとハッキリという事も大事です。

また、年下の彼女は、将来の希望や夢を持ってそれに向かって努力をする人に魅力を感じていると思うので、そこら辺を気を付けた方が良いと思います。

40代前半/サービス系/男性

リードするなど年上を感じさせる行動をする

5歳年下の彼女は結構僕のことを好きでいてくれて、会いたがる子で、メールのやり取りも頻繁でした。

しかし、会う頻度が少なくなっていき、結局別れてしまいました。

年上であったのに彼女の悩みに気づいてあげられず、忸怩たる思いをもってしまいました。

普段は彼女をリードするなど、年上を感じさせる行動をするのが肝心です。でも遊園地などでは年を忘れてはしゃげるようなメリハリを効かせると、そのギャップに魅力を感じてくれると思います。

40代前半/IT・通信系/男性

責任感を持って行動しなければいけないような場面ではリードしてあげる

責任感を持って行動しなければいけないような場面では、リードしてあげると良いかもしれません。

例えば、将来二人で住む物件を探している時に接する営業マンとの会話は自分がメインで話しつつ、年下の彼女に意見を求めてあげるなど、相手が緊張しそうな場面では自分がリードしてあげるのが良かったと思います。

昔の思い出を話していると、世代の違いを感じることがあります。流行りの曲やテレビ番組、流行りのファッションなど自分の頃との違いを感じたときは相手の話をもっと引き出すようにしました。

自分はあまり知らない曲の話でも、「どんな曲なの?」「その曲はどんなところが良いの?」とジェネレーションギャップをきっかけに話が盛り上がり、相手がたくさん話してくれてご機嫌になってくれました。

40代前半/公務員・教育系/男性

【2位】ある程度は甘えさせてあげる

ある程度は甘えさせてあげる

甘えられてもある程度のワガママは聞いてあげる

彼女は甘えてくるタイプで、全てこちらがデートプラン等を決めたりして付き合っています。そうするとデートのネタもなくなり、彼女に「何処に行く?何が食べたい?」等と聞くのですが、「どこでもいいよー」という答えが返ってきます。

ある日のデートでもそんな感じで、何も考えずに丸投げされてイラッときたので、どこにも出かけずに帰宅し、4〜5日程、連絡を取りませんでした。

その後、こちらから連絡すると、彼女は泣きながら「ずっと電話待ってた」と言うので、少しだけ申し訳なく感じました。

年下の女性は甘えん坊さんが多い気がします。なので、ある程度のワガママは聞いてあげようと思っています。

40代後半/流通・小売系/男性

甘えさせて優しくする反面、時に厳しく接すること

年下の女性の場合はやはりアメとムチでしょう。甘えさせて優しくする反面、時に厳しくします。

若さやパワーだけではダメですね。しっかり愛情を持って接する事です。

50代前半/自営業/男性

基本的には甘えさせるが注意するときはきちんと注意する

私の彼女が5個下なのですが、年齢の割には少々子供っぽいところがあり、ついつい甘やかしてしまいます。

もちろん注意するところは注意してますし、意外にしっかりしてるところもあるので、そこは彼女に任せるなどしております。

動物園や水族館が好きなので、よくデートで行ったりしてました。アイスを買ってあげると飛んで喜んでくれます(笑)。

30代後半/サービス系/男性

【3位】同じ目線で対等に接する

同じ目線で対等に接する

同じ目線で話をしたり遊んだりする

年下の女性と付き合っていた頃は、お互い同じ目線で話したりしていたと思います。

もちろん、間違っていることは正してあげることは大切ですが、変に年上らしくする必要はなかったと思っています。相手に合わせてあげることが大切だと思います。

彼女も私が年上だから好きになったというよりは、それ以外の内面や容姿が好みだからお付き合いしてもらったと思っています。

逆に年下の方がしっかりしている場合もあるかと思います。ですので、私は同じ目線で話をしたり、遊んだりしていました。

20代後半/メーカー系/男性

あくまで対等の関係性を築いていく事を意識する

5歳年下と言えどやはり女性の方が現実的で、男性はいつまでたっても子供な部分が多いと思います。

それに加え男性は女性をリードしたかったり、かっこいい所を見せたくて見栄を張ったりというプライドも持ち合わせています。

なので男性は5歳上というだけで年上振るのではなく、あくまで対等の関係性を築いていく事を意識するだけで、相手に合わせた良い関係が出来ると思います。

30代前半/医療・福祉系/男性

できるだけ対等な関係であることを伝える

過去に5歳下の彼女と付き合いましたが、年下は年下なりに自分の意思がある場合が多く、こちら側を立てて接してくる場合が非常に多いです。

しかしながら、気を遣われた関係のままでいますと、すぐに相手側に不満が出てくるようになりますから、まずは対等に一人の女性として見てあげるようにしてください。

ただし金銭関係については、こちら側が主体的にならないとすぐに振られてしまいますので注意してください。

30代前半/メーカー系/男性

【4位】相手に合わせる

相手に合わせる

見たいテレビ、聞きたい音楽、洋服の趣味などは80%彼女にあわせる

私は26歳の時に、21歳の方と付き合いました。若いので男のプライドが高く、大人の余裕はなかったです。

だけど、見たいテレビや聞きたい音楽は優先してあげたり、洋服も相手の好みを受け入れるようにしていました。彼女はそれが楽しくて、ショッピングに行くと自分のために一所懸命に服を選んでくれていました。

ショッピングにはあまり関心がありませんでしたが、彼女と一緒にいられる時間があって楽しいと思うようにしていました。

40代後半/自営業/男性

相手の話を丁寧に聞くことと若々しいスタイルを維持すること

基本的に年齢が違うと考えていることも違うので、相手の興味のあることや将来のことを、丁寧に聞く側に回るようにしています。しかしアドバイスや説教はせず、とにかくけんかになることは極力避けます。

それと、年を取るにつれて体型やファッションにも気を使わなくなりがちなので、若々しいスタイルを維持できるように努めています。一緒に歩くのが恥ずかしいほどの体型となると、恋愛の対象にもならないかもしれません。

40代前半/自営業/男性

【5位】まずは己を省みること

まずは己を省みること

気になる所や直して欲しい所があっても、まずは自分の見方を変えてみる

私が恋人と上手に付き合っていく上で意識していることは三つあります。

一つ目は、「自分も変わる」ということです。相手に対して「年下なんだから、もう少しこうして欲しいな、気を遣って欲しいな」と思う場面もありますが、それ以上に自分が変われているか、自分の捉え方を変えられないかと考えるようにしています。我慢するということでなく、相手の気になることを見つけた場面を、自分の成長につなげていこうと考えています。

二つ目は、とにかくいっぱい話をすることです。時間を見つけて電話をしたり、話をするためだけに会ったりします。お互いの違う部分を理解しようとするために、たくさん話をすることが大切です。

三つ目は、思い出を作ることです。旅行に行ったり、美味しい物を食べたりします。育った環境や時期は違っても、二人だけの時間を確実に築いていくことが大事なのだと思います。

30代前半/公務員・教育系/男性

まとめ

男性100人に聞いた5歳差の年下彼女と上手に付き合う方法では、1位は『年上らしくリードする』、2位は『ある程度は甘えさせてあげる』、3位は『同じ目線で対等に接する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人に聞いた5歳差の年下彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『5歳差の年下彼氏と上手に付き合う方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

5歳差の年下彼氏との付き合い方!彼女100人が教える秘訣とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年10月23日~11月07日
回答者数:100人