7歳差の年下彼女との付き合い方!彼氏100人が教える秘訣とは

年下彼女 7歳差

付き合った彼女が初めての7歳差の年下彼女だと、どのように交際すればよいのか考えてしまうこともありますよね。お金などの経済的な部分だったり、趣味などの私生活の部分など、同学年とはまた違った気の使い方が必要な場合も多いものです。

7歳年下の彼女と上手に仲良く付き合っていきたいからこそ、7歳差ならではの交際の秘訣などを事前に知っておきたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人に聞いた7歳差の年下彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

7歳差の年下彼女と上手に付き合う方法ランキング

7歳差の年下彼女と上手に付き合う方法ランキング

まずは、7歳差の年下彼女と上手に付き合う方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた7歳差の年下彼女と上手に付き合う方法』によると、1位は『上手にフォロー・リードする』、2位は『無理をしない・させない』、3位は『相手に合わせる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた7歳差の年下彼女と上手に付き合う方法

男性100人に聞いた7歳差の年下彼女と上手に付き合う方法

男性100人に聞いた7歳差の年下彼女と上手に付き合う方法では、1位の『上手にフォロー・リードする』が約34.4%、2位の『無理をしない・させない』が約17.7%、3位の『相手に合わせる』が約14.2%となっており、1~3位で約66.3%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で7歳差の年下彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】上手にフォロー・リードする

上手にフォロー・リードする

相手を立てつつ引っ張ってあげる

7歳年下だと、考え方や言動が少し幼く見えてしまうこともあると思います。

でもそれを年上目線で注意したり、アドバイスしてしまうと、相手のプライドを傷つけて、へそを曲げられてしまうかも知れません。

そこは年上の力量で、うまく相手を立てつつ、成長できるよう引っ張っていってあげましょう。

50代前半/流通・小売系/男性

基本的にはリードして相手の意見にもきちんと耳を傾ける

年下の彼女はリードされるのを好んでいた気がします。

あまり会話が合わないこともあったのですが、話を流さずにきちんと聞き、意見が必要であれば答えてあげるようにしていました。

また、デート場所を決める際は自らが提案しつつ、「他にどこか行きたいとこある?」と聞いて、双方の意見を入れるようにしていました。

あと、お会計時のスマートな支払いや、誕生日にちょっとしたサプライズをやると喜んでいた気がします。

20代後半/メーカー系/男性

自分がリードして時々は弱みも見せる

7歳年下の彼女には、頼りにされることが多いです。金銭面やデートのエスコートはもちろんのこと、彼女の話をしっかり聞き、誠実かつ有益な答えを出さなければなりません。

彼女の方も必ず「彼は7つも歳上なのだから」と考えているので、頼りにならないと思うと冷めてしまう可能性もあります。

しかし、彼女側も年下だからと言って彼から全く頼りにされないのは寂しく思うようなので、仕事のミスなどを時たま愚痴っぽく話してみるのも親交を深める機会になります。

流石に付き合いたてで話すとマイナス思考の男にしか見えませんが、そこそこの仲になるとお互い慰め合い、立て合う良い仲になれるでしょう。

20代後半/IT・通信系/男性

相手の考えや意見もしっかりと尊重してあげる事

年下の彼女から悩みを相談された時、つい自分の意見や考えを押し付けてしまいそうになりますが、相手の考えや意見もしっかりと尊重してあげる事が大事だと思います。

何事も上から目線で意見してしまうのではなくて、「そういう考え方もあるのか」と彼女の考えもしっかり聞いてあげると上手くいくように思います。

40代前半/自営業/男性

相手を思い遣り、お互いを尊重し合うこと

年下の女性だからといって、男性が必ずしもあらゆる生活面で主導権を握ろうとはしないことです。年上らしく振る舞うことも大事ですが、時には年長者が譲るべきポイントがあります。

女性は特に美容にはとても注意しています。かけるコストも男性陣とは桁が違うことが多いですので、そこを察しながら、デートでのお会計は基本男性側が持ちましょう。経済的に余裕がありそうな時は10回に1回くらいパートナーにも頼って、一方的な親切の押し売りにならないように気をつけます。

また、支払いをお願いしたあとは必ずお礼を言い、感謝の意を伝えます。デート後も1回くらいはラインやメールでお礼を言っておけば、相手にも幸福感が残りますから良好な関係が築けるでしょう。

相手は自分と同じ生身の人間ですから、お互いを尊重し合う関係が大切になると思います。

40代前半/医療・福祉系/男性

【2位】無理をしない・させない

無理をしない・させない

年が離れていたとしても相手に遠慮させずフラットに向き合う

以前、年下の彼女と付き合ったことがあります。付き合いたては良かったのですが、お互いの距離が縮まっていくにつれて、彼女が無理をしているように思いました。

別れたのちに詳しく聞いてみると、「年の差がある分、無意識に遠慮してしまう自分が嫌で、無理して取り繕っていた」と言うことでした。

今思い返してみると、私の行動にも多少問題はあったのだろうと思いますが、年下の方に遠慮させないことが大事だと思いました。

20代前半/大学生/男性

無理に合わせず、お互いのペースを理解し、歩み寄る

年の差が大きいので、ライフスタイルが合うわけはありません。連絡の取りやすい時間や寝る時間など、すれ違いは多々ありました。

無理をすると喧嘩やすれ違いが生じますので、わずかでもタイミングが合う時間帯などを見つけて、うまくコミュニケーションをとることを徹底します。

また普段の過ごし方でも、工夫があります。自分はインスタやツイッターはまったくやりませんが、二人で過ごすときは一緒に見たり、調べてもらったりすることで、自分がやらなくても興味共感をもって接することができます。

ちょっとした工夫と歩み寄りは、年齢差に限らず大切ですね。

30代後半/商社系/男性

見栄を張りすぎず無理をしないで付き合う

7歳も離れてるからといって、見栄を張りすぎず、無理をしないで付き合うのが良いと思います。

全てを完璧に見せようとせず、少しは弱みがあってもいいと思います。

たまには彼女に頼ってもいいと思いますが、やはり歳上らしくある程度はリードしてあげるように心掛けていければいいと思います。

30代後半/サービス系/男性