片思い中の連絡攻略法!女性100人が実践するテクニック集


【3位】丁寧・気遣いを意識する

丁寧・気遣いを意識する

まわりくどい言い方をせず内容をはっきりさせる

連絡する時ははっきり伝える事を意識します。「なんとなく連絡してきたなーこいつ」と思われたくないので、例えば仕事でお世話になったらそのお礼をちゃんと伝えるなど、内容をはっきりさせるようにしています。

また電話で連絡する時は楽しそうに話すようにしています。「あなたと話せて楽しいと思っている」という事が伝わるように意識します!

20代後半/専業主婦/女性

心遣いを忘れない見やすい文章を心がける!

私が思うに、男性は女性よりもくどくどしている文章が嫌いだと感じます。なので、内容は簡潔に書くことを意識してます!

でも簡潔過ぎて冷たいイメージを与えてはいけないですから、気遣える文章を添えています!

また、平仮名だけの文章だと見にくいし長くなってしまうので、変換できる熟語はなるべく漢字を使うようにしています!

20代前半/医療・福祉系/女性

古風な女性の一面を見せる

私はちょっと派手な印象を持たれることがあるようです。なので、見た目とは違って実は古風な性格の女性であるということをアピールするようにしました。

例えば、今はなんでもラインで連絡を取り合いますが、ラインの文面も絵文字などは使わず、まるで手紙のような文面で生真面目な感じを出し、第一印象の真逆のイメージを打ち出しています。

そうするとギャップで興味をもってくれます。

40代後半/自営業/女性

相手を思いやっていることが伝わるようにする

片思いの相手には早く返信したくなったり、返事を要求したくなりますが、付き合っていない段階であれば、相手からの返信が遅くなっても「私は全然大丈夫だよ!時間がある時でいいからね!」といった優しさと気遣いが伝わるようにメッセージを送ると、男性からの反応がとてもよかったです。

優しさや気遣いをしてもらって嬉しくない人はいませんし、本命になりたいのなら優しさや人柄が心を掴むために必要なことだと思います。

あと、おはよう!やおやすみ!おつかれさま!は忘れずに送った方が、きちんとしている子だなと好印象をもたれやすいです!

20代前半/医療・福祉系/女性

くつろいでいる時間帯にメールをしたり、お疲れ様などのメッセージを送る

片思いの男性が社会人の場合は、仕事をしている時間に電話やメールをするのは厳禁です。忙しいと返信をしてもらえないことが多いです。

自宅でくつろいでいる時間帯にメールをしたり、お疲れ様などのメッセージを送ると良いでしょう。

メールで細かい気配りをしてあげると、女性に関心を持ってくれたり、好印象を持つことが多いです。

20代後半/専業主婦/女性

相手を気遣うことを忘れない

私はもともとかなりの話し下手ですが、なるべく会話を続けられるように相手の話をよく聞いて相づちをうち、お互いに楽しめそうな話題の時は私も話すようにしているうちに、いつの間にかメールを交換するようになりました。

それからは「こんばんは。今日の練習お疲れ様でした。」等のやり取りをするようになったのですが、いつも相手を気遣うことを忘れないようにしていました。

日々を過ごすうちにお互いを知り仲良くなり、自然とお付き合いをしていました。

20代前半/専業主婦/女性

常識的な言動をさりげなくアピールする

よく行く飲食店の店員さんに片想いしていたのですが、連絡先交換から交際に発展しました。

そこまで親しい仲ではない状態から恋に発展させるには、まずは自分が常識的な女であることを、さりげなくアピールすることが大切です。

「連絡先、教えてくださってありがとうございます」から始め、親しくなって深夜まで連絡が続いたとしても、「夜遅くまで付き合ってくれてありがとうございます」などの一言を忘れないようにし、関係が深まっても相手への気遣いを忘れない女、と思ってもらえたことが、交際に繋がったと思います。

20代後半/サービス系/女性

【4位】適度に質問する

適度に質問する

クエスチョンマークで終わるようにする

仕事先の営業マンとお付き合いしています。彼と連絡を取りたいがために、自分の仕事ではないことも受けもち、可能な限り連絡を取るようにしていました。

職場の飲み会でさりげなく隣の席に座ってみたり、飲み物を頼む際にも積極的に声をかけるようにしていました。

飲み会のあとは必ず「ありがとうメール」を送り、返信を貰えるようにクエスチョンマークで送信し、連絡をが途切れないようにするといいと思います。

20代前半/医療・福祉系/女性

答えやすい疑問形を入れる

男性の人であまりメッセージのやりとりが好きでない人もいますので、返信しやすいメッセージを送ることを心がけます。

例えば疑問形を必ず入れたり、実際に話した内容の続きの内容を入れたり、相手が興味関心を抱くような内容を入れたりします。

返事を返すことを億劫に感じさせない工夫をすることを習慣付けることが大切だと感じます。

20代後半/医療・福祉系/女性

メッセージを送る時は文末をハテナにする

私はLINEやメールを送る際に「?」で終わるようにしていました。例えば、「今日は休みだから映画に行こうかなと思っているんだけど、〇〇さんはどんな映画が好きですか?」など疑問形で終わるメッセージを送ると、相手は「質問に対して返信しないと・・・」と思ってくれるようになると思います。

相手の好きな物などをリサーチ出来ているのであれば「前に〇〇君が言ってたグッズ、どこどこで見かけたよ、好きだったよね?」などといったメッセージを送れば、相手は「この人は自分の好きな物を知ってくれているんだ」と感じ、意識してくれるようになると思います。

ただし、ある程度仲良くなってからでないと少し気味悪がられる可能性もあるので、使うタイミングには注意かもしれません。

30代前半/自営業/女性

質問を必ずいれる!

気になる相手との連絡は盛り上げないといけないので、必ず相手が好きなものの質問を投げかけていました。

ただなんでもいいということではなく、相手が好きなものを知ってきちんと調べた上で、疑問点を挙げたり「私はどう思った」とコメントする等、きちんと興味を持ってるよということをアピールします。

自分が興味ある内容だと、お互いの話題も増えますし、「それじゃあ、今度一緒にいこうか?」などとデートの機会も増えます。

20代後半/専業主婦/女性

1回のメッセージにつき「?」は1つまでにする!

片思いの相手に連絡をするときは、心がウキウキしてつい沢山質問をしてしまっていませんか?
男友達に聞いた「女性からのアピールで負担になるもの」の中で、いつも出てくるのが「質問責め」なのです。
仕事で疲れているときに「?」だらけのメッセージを見ると、返信する気がなくなるだけでなく、送り主の女性に対して「気遣いできない」とのイメージもついてしまうようです。
なので、1回のメッセージにつき質問は1つに絞りましょう。
そうすれば男性の負担になりませんし、質問を小出しにすることで長く連絡が続きますよ。

30代前半/サービス系/女性

適度に疑問形(質問)を入れる

片思いの相手に連絡するときに気をつけていることは、会話を続けるために適度に質問をすることです。

いろいろなことを相手に聞くことで、「自分に興味があるのかな?」と期待させると効果的だと思います。

しかしこの””適度に”というところがポイントです。あまり質問攻めにすると相手も返事を返す気を失ってしまいますので、「あなたに興味がありますよ」というアピールはしながら、相手の話題を膨らませると良いと思います。

20代後半/自営業/女性

【5位】こまめに連絡する

こまめに連絡する

何気ない挨拶をこまめにする

気になる方と連絡を取る際に気を付けていたのは、まずは何気ない挨拶を大切にすることです。そして相手からの返信がなくても、気にしません。

「お返事が来るかな?来たらいいな」と思う程度にとどめておくと気持ちが楽ですし、実際に相手を目の前にしたとき、毎日挨拶をしていたという気持ちから、気楽に話ができる気がしてました。

40代前半/専業主婦/女性

接点を多く作る!

片思いの場合は、とにかく接点を多く持ち、相手のことを知る機会・自分のことを知ってもらう機会を作ることが大切です。

私の場合は、海外留学中に現地の日本語クラスで出会った人を好きになったのですが、授業以外にも会ってお互いの言語を教え合う時間をとったり、日本料理を一緒に作ってみたり、そうして会話をしていく中で、次は話題に出たカフェやイベントに行ってみたりとかするようになりました。

まずは接点を持ち、会って話をしないと始まらないと思います。

20代後半/専業主婦/女性

素早く対応すること

完全な片思いだったので、あまり相手にはしてもらえなかったですが、彼から連絡がきたときは必ずすぐに返したし、電話もすぐに出るようにしていました。会ったときはなるべく彼の言う事を聞いてあげていました。

完全に遊ばれているのは分かっていましたが、会えるだけでも幸せだと思っていたので、一緒にいる時間は楽しく過ごしていました。

一緒にいるときは彼も優しかったし、今ではとてもよい思い出になっています。

40代前半/専業主婦/女性

遅くなってもいいから必ず返事を送る

マッチングアプリで知り合った彼と付き合うために、メッセージのやり取りは欠かせませんでした。

時間があって携帯を確認できるときはメッセージが来ていないか確認し、携帯を確認できずに時間が経って遅くなってしまっても返事は必ずしていました。返事をしないことには何も始まらないからです。

一言でもいいから返事をしていました。

20代前半/サービス系/女性

何でもいいから連絡を毎日すること

私が片思いの時に使うテクニックは、挨拶や質問、週末の予定など、何でもいいから連絡を毎日することです!

余程のことがない限り、異性に好意を持たれて嫌な人はいないと思うので、「あなたにとても興味があります感」を全面に出して連絡することで、相手からも意識されます。

そして連絡を習慣化して、たまにこちらから連絡しない日を作ると、相手は不安になり、連絡してくるということが実際にありました!

連絡が来た時は、相手もそわそわしている状態なので、焦らしたりせず「連絡をくれて嬉しい」と素直に言うことで一気に距離が縮まると思います!

20代前半/サービス系/女性

【6位】会話を途切れさせないこと

会話を途切れさせないこと

「おやすみ」は送らず、そのまま寝落ちして翌日まで話を持ち越す

大学生の頃、片思いをしていた男の子とお付き合いすることができました。

連絡先を交換してから私が毎日意識していたのは、「おやすみ」と送らないことです。「おやすみ」と送ってしまうと、LINEが途切れてしまうからです。

眠くなるまで会話を続け、そのまま寝落ちして「昨日は寝ちゃってごめんね。それで?」と、前日の話をまた翌日もトークできるように意識していました。

長く連絡が続くと、自然と会話もテンポよく弾むようになり、時間が合えば電話をしたりと、少しずつ近づいていくことができると思います。

20代前半/サービス系/女性

【7位】さり気なく相手を頼ること

さり気なく相手を頼ること

携帯を無くしたふりをして彼にかけてもらう

以前、職場の友達に協力をしてもらい、携帯電話を落としてしまった事にして片思いの人に私の携帯番号を教えて耳をすまし、どこかで音がなっているか、一緒に聞いてもらった事がありました。

「なかなか音が聞こえないし、どうしよう?」と凄く困った顔をしていると、彼は親身になって一緒に探してくれました。その間は色々な話をして少し近づく事が出来ました。

タイミングを見た友達が自然に携帯を見つけたふりをしてくれて、携帯には彼からの着信履歴が残り大成功でした!

どさくさに紛れて、彼に「時々連絡してもいいかな」と聞いたらOKをもらえました!近づく為の作戦とはいえ、彼と仲良くなれたので嬉しかったです。

40代後半/専業主婦/女性

まとめ

女性100人に聞いた片思い相手に連絡する際のテクニックでは、1位は『しつこくしない』、2位は『相手のペースに合わせる』、3位は『丁寧・気遣いを意識する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による片思い中の連絡テクニックを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【男性編】片思い中の連絡テクニック編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

片思い中の連絡攻略法!男性100人が実践するテクニック集

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人