夫(旦那)が構ってくれない…既婚女性100人が実践した対処法とは

結婚生活が長くなってきたり子供が出来たりすると、以前のように旦那が構ってくれないこともありますよね。寂しい時期が続いたりイライラが募ってくると、「もう離婚しようかな…」と最悪の結末を考えてしまう事も。

すぐに離婚という選択肢を選ぶことは避けたいからこそ、旦那が構ってくれない時でも上手に改善する方法があれば知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ既婚女性100人による夫(旦那)が構ってくれない時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

夫(旦那)が構ってくれない時の対処法ランキング

旦那が構ってくれない時の対処法ランキング

まずは、旦那が構ってくれない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた夫(旦那)が構ってくれない時の対処法』によると、1位は『ひたすら距離を詰める・引っ付く』、2位は『タイミングを見てアプローチ』、3位は『甘える・構ってと素直にアピール』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた夫(旦那)が構ってくれない時の対処法

女性100人に聞いた夫(旦那)が構ってくれない時の対処法

女性100人に聞いた夫(旦那)が構ってくれない時の対処法では、1位の『ひたすら距離を詰める・引っ付く』が約25%、2位の『タイミングを見てアプローチ』が約19%、3位の『甘える・構ってと素直にアピール』が約19%となっており、1~3位で約63%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら)

それでは、項目別で旦那が構ってくれない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】ひたすら距離を詰める・引っ付く

ひたすら距離を詰める・引っ付く

とにかく主人の後ろをついてまわる

結婚して5年目になりました。なかなか構ってくれないときは、とにかく主人の後ろをついてまわります。

洗面所で歯を磨いているときや、冷蔵庫に飲み物を取りに行くとき、トイレのドアの前までついていくこともあります。

そうしていると夫も根負けして、笑いながら「どうしたの?」と聞いてくれるので、そこで構って欲しいことを伝えます(笑)。

30代前半/専業主婦/女性

そっとすり寄って笑顔を向ける

ながらスマホが多い夫は、いつでもどこでもスマホを離しません。こちらが話しかけても空返事ばかりで、腹が立つことも。

でもここで怒ってもどうしようもないし、私も喧嘩したいわけではありません。普段、仕事の忙しい夫なので、それなりに自分時間を確保しようとしてのことでしょう。

そんな時はひと呼吸待って、そっと隣に座ったり、無言で抱き着いたりします!夫がこちらを向いたら、にっこり笑顔。笑顔を向けられて嫌な人はいないはずです。

そうしているうち、夫もさすがに構ってくれるようになります。結婚して何年経とうが、スキンシップは大切ですよね。

30代後半/専業主婦/女性

旦那の好きなマッサージをしながら、今日の出来事や愚痴を話す

旦那はさっぱりとした性格で、ほとんど自分からはコミュニケーションを取ろうとしてくれません。

私は構ってちゃんなので、毎日色んな作戦でコミュニケーションを取ろうとしますが、悪戦苦闘。

一番効果的なのは、旦那が大好きな足ツボマッサージです!足に手をかけた途端、笑顔で両足を出してきます(笑)。

そしてマッサージをしながら、今日の出来事や愚痴を話すと、その時だけはしっかり話を聞いてくれます。

30代後半/専業主婦/女性

相手が心地よく感じることをしたり、忙しそうな場合はそっと離れる

夫はいろいろアクティブに過ごすタイプなので、休日も好きなことをする時間が必要です。なので私は放っておかれることが多く、たまには構ってほしいなぁと感じることもあります。

そんな時は、疲れている夫の身になって、リラクゼーション音楽を流しながら足裏マッサージを丁寧にして、疲れが癒えるようなことをやってあげたりしています。

そうするとリラックスして、ゆっくり話をする時間が取れますし、お返しに肩こり腰痛がひどい私のマッサージをしてくれたりしました。

相手が心地よく感じることをしたり、忙しそうな場合はそっと離れるのも優しさかなと感じています。

30代前半/専業主婦/女性

そっと近寄り、手を触る

旦那は基本的にスマホをずっと触っているのですが、どうしてもかまって欲しい時はそっと近寄り、手を触ったりします。

近寄るだけでは無視されるので、触ることによって意識をこちらに引き込みます。

キリがよくなると、スマホを置いてこちらに体を向けてくれるようになりました。

20代後半/専業主婦/女性

口に出すのは恥ずかしいので、後ろから抱きついてくっつく!

結婚して10年になりますが、幸い夫婦仲は良い方だと思います。

それでもお互い忙しく、子育てや仕事に追われて、最近あまりスキンシップが取れてないなぁと思った時は、照れずに自分からくっついていくようにしています。洗い物をしてくれている時に後ろから抱きついてみたり、寝ている時にすり寄っていってみたり…。

ある程度、意思表示はしないと、気持ちは伝わらないかなぁと思っていて、今のところそれで良い関係を続けられているので、これからも今のような仲の良い関係を続けられるように、変な意地を張らず、素直な気持ちで接していけたらと思っています。

40代前半/IT・通信系/女性

何も言わずに横に座って、ピッタリくっついてみる

やはり結婚すると、付き合っていた時ほどイチャイチャすることがなくなります。

私は「構って欲しい」と口で伝えるのが苦手なので、とりあえず何も言わずに横に座って、ピッタリくっついてみます。

そうすると、「どうしたのー?」とあちらから聞いてくれます。やはりスキンシップは大切だと思います。

20代前半/サービス系/女性

何も言わずにくっついてみる!

結婚して3年、子どもも2人いるので、なかなか二人だけの時間を作らないのが現実です。

でも、どうしても寂しい時は、子どもの寝かしつけが終わってから、旦那が寝ている部屋にいきます。黙ってぎゅっとすると、旦那も抱きしめ返してくれます。

しかしそのままベタベタせずに、「抱きしめてもらうとホッとする、ありがとう」と言ってさっと立ち去ろうとすると、旦那の方からスキンシップをしてきます。

ちょろいです。笑

20代後半/不動産・建設系/女性

おもいっきりバックハグする!

夫と私はとても仲良しなので、構って欲しい時は思い切り私からバックハグします。迷惑そうにしていますが、顔はいつもニヤけているので嬉しいんだと思います(笑)。

それで話を聞いてくれるきっかけになったり、忙しい時は「また後で聞くから」と言われたり色々ですが、「また後で」の時はちゃんと待つようにしています。

こちらからアピールしないと何も伝わらないので、アクションを起こします!

40代前半/専業主婦/女性

邪魔にならない程度にマッサージをして、意識を向けさせる!

結婚してからお互いにイチャイチャすることは少なくなって、子どもが生まれてからはさらに2人きりで過ごすことは少なくなっています。

だからこそ2人で過ごす時間は大切にしたいのですが、夫は私が子どもを寝かしつけている間に自分の趣味のゲームを始めてしまって、そちらに集中して構ってくれないことが多々あります。

そういう時は、邪魔に思われない程度に肩のマッサージや足のマッサージをして夫に近づきます。嫌なことでは無いので、夫が受け入れてこちらに意識を向けたところで、膝枕などをしつつ甘えて、最終的にはゲームをやめてもらいます。

今のところ、失敗したことは無いです!

30代前半/医療・福祉系/女性

【2位】タイミングを見てアプローチ

タイミングを見てアプローチ

夫の手が空いたらちょっかいを出す

相手が構ってくれないのは、「たまたま忙しい時だから」という理由が多い気がします。

例えば、夫はよく私にちょっかいを出してくるのですが、手が離せない時にされると本当に迷惑です。しかし言ってもやめてもらえませんし、本気で怒ると空気が悪くなってしまいます。

なので、私が構ってほしいときは、必ず夫の手が空いたときにしています。

どうせならお互い気分よく過ごしたいと思っています。

20代後半/サービス系/女性

話を聞きそうなタイミングを見て話しかける

基本的には構ってくれないことはないのですが、夫は自分のことを優先しがちなので、様子を見て、相手がこちらの話を聞きそうなタイミングを察知してから話しかけるようにしています。

結婚して17年経っているので、お互いコミュニケーションを取らなくても分かることも多いですが、何度言っても改善してくれないことは、根気よく話すようにしています。

40代前半/公務員・教育系/女性

その時は諦めて、タイミングをみて話しかける

普段の夫は私の話をよく聞いてくれるのですが、携帯をいじっている時は何を話しかけても生返事しか返ってこなくて、寂しくなることがあります。

夫は私が携帯をいじっててもお構いなしに話しかけるので、正直少し腹が立ちます。

しかし指摘するとポンポン反論されそうなので、無理矢理話しかけるのではなくて、少し時間を空けて様子を見てから話しかけるようにしています。

40代後半/専業主婦/女性

何かに集中してると話を聞かないので、終わったら話しかける

結婚して15年以上経つのですが、結婚当初と違い、旦那がきちんと話を聞いてくれなくなってきました。適当に受け流される感じです。

何かをやってる時や疲れてる時は特に聞いてくれないので、構って欲しい時や話を聞いて欲しい時は終わるのを待ったり、旦那の様子を窺います。

無駄な喧嘩をしないように、「聞いて!かまって!」だけではなく、旦那の事も考えてから話すようにしてます。

30代後半/サービス系/女性

言わないと気づかないので、少し放置した後、伝える

かまってほしいけど、夫は携帯ばかり見る時があります。でも「そう言う時もあるよな」と自分に言い聞かせています。なぜなら、自分もそうしたいときがあるからです。

ですが、その次の日は構ってくれるように直接言ったり、ちょっと拗ねたりします。

やはり、思ってることを言わないと男は気づかないものだと知っているので、出来るだけ口にしています。

20代前半/医療・福祉系/女性

落ち着いたタイミングで声を掛け、少し拗ねて見せる

夫はゲーム好きです。よくゲーム仲間と対戦ゲームをして遊んでいます。そのため、何時間も構ってくれない時が頻繁にあり、少し寂しいです。

下手に構ってアピールするとゲームの邪魔になるので、対戦が一段落ついたタイミングで声をかけます。その時に少し拗ねてみると、ちゃんと私との時間を作ってくれるので安心します。

夫はゲームでストレス発散しているので、禁止にすることはしません。1人趣味に没頭する時間、そして2人で過ごす時間、それぞれ必要なことだと思うので、うまくバランスをとることが大事です。

20代後半/メーカー系/女性

一段落ついた頃合いを見計らって、「1分だけ構って欲しい!」と伝える

週末の買い出しもお出掛けも一緒に行くので仲は良い方だと思います。

でも、夫は真面目でマイペースなので、自分のやるべきタスクをしっかりこなした後、1人でゲームやYouTubeを観て、それからようやく私に構う感じなので、どうしても放置されることが多いです。

タスク中に「構って欲しい」とちょっかいを出しても怒られるので、一段落ついた頃合いを見計らって、「1分だけ構って!ハグして欲しい!」と伝えます。

相手が了承してくれたら、タイマーに1分入れて構ってもらう時間を取るようにしたところ、割と不満が減りました笑

30代後半/専業主婦/女性

いつもより早めに家事を終わらせて、一緒の時間を長くする

旦那とは結婚してまだ2年しか経っていませんが、子どもが生まれてからはお互いに、子供と過ごす時間の方をとても大切にしています。

なのでかまって欲しい時は、いつもより早めに家事を終わらせて、子供が寝てからの2人の時間に一緒にテレビを見たりしています。

2人だけの時間なので、旦那もたっぷり甘えさせてくれます(笑)

20代前半/サービス系/女性

隙を見て話しかける

妊娠中ということもあり、なかなかスキンシップも取らなくなり、段々空気になってきました。

旦那も疲れて帰ってくるのと、家にいる間は携帯をいじっていることが多いので、あまりガンガン行かず、隙を見て話しかけるようにしています。

なるべくこちらから話しかけることで、スキンシップをたくさんとれるように心がけています。

20代後半/専業主婦/女性

「ひと段落したら、一緒におしゃべりしたいな!」と伝えておく

私のパートナーは仕事が忙しく、夜も遅くまで作業しています。時々寂しくて構って欲しくなりますが、忙しい彼の邪魔をしたくはない気持ちもあり、でもモヤモヤしてしまう私がいました。

なので、「忙しそうだね。お仕事頑張って!ひと段落したら、一緒におしゃべりしたいな!」と伝えておきます。

あくまで気持ちを正直に伝え、スネないように心がけています。

すると、彼もしっかり時間をとってくれるので、とても良い関係が築けています!

20代後半/IT・通信系/女性