夫(旦那)から愛されてない…既婚女性100人が実践した対処法

結婚生活が長くなってきたり子供が出来たりすると、以前のように旦那から愛されていないと感じることもありますよね。寂しい時期が続いてしまうと、「もう離婚しようかな…」と最悪の結末を考えてしまう事も。

すぐに離婚という選択肢を選ぶことは避けたいからこそ、旦那から愛されてないと感じる時でも上手に改善する方法があれば知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ既婚女性100人による夫(旦那)から愛されてないと感じる時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

夫(旦那)から愛されてないと感じる時の対処法ランキング

旦那から愛されてないと感じる時の対処法ランキング

まずは、旦那から愛されてないと感じる時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた夫(旦那)から愛されてないと感じる時の対処法』によると、1位は『満足させる・感謝や愛情を伝える』、2位は『正直な思いを打ち明ける』、3位は『距離を置く・一人の時間を作る』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた夫(旦那)から愛されてないと感じる時の対処法

女性100人に聞いた夫(旦那)から愛されてないと感じる時の対処法

女性100人に聞いた夫(旦那)から愛されてないと感じる時の対処法では、1位の『満足させる・感謝や愛情を伝える』が約24.6%、2位の『正直な思いを打ち明ける』が約19.2%、3位の『距離を置く・一人の時間を作る』が約11.4%となっており、1~3位で約55.2%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら)

それでは、項目別で旦那から愛されてないと感じる時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】満足させる・感謝や愛情を伝える

満足させる・感謝や愛情を伝える

旦那が帰って来たいと思える環境を作ろう

年末の大掃除の際、冷蔵庫の下を掃除したかったのですが「ネジが固くて、動かせない」と言っていたのに、主人は携帯を見ていました。「絶対聞こえているのに、なんで無視するの?動かしてくれてもいいのに!」と凄くイライラしました。

まあ、こちらから素直に「動かして、手伝って」と言えばいいだけなのですが、些細な事にも気付いてほしいのです。

でも「もしこの人がいなくなったら」と考えると、悲し過ぎます。なので、イライラするのは甘えだし、旦那がいる事が当たり前になっているからだな、と自分に言い聞かせています。

そして、旦那が帰って来たいと思える環境を作ろうと、料理を頑張ったり、仕事の制服もきちんと洗濯をして用意したり、きれいな部屋を保つなど、日常を楽しく過ごせるように努力しています。そうすれば、旦那も愛し続けてくれると思っています。

40代前半/専業主婦/女性

旦那のお腹を満たしてから話を切り出す

お腹が空くと旦那の言動がキツくなり、愛されていないような気がしていました。

そこで、愛情たっぷりのご飯や一手間加えたご飯を振る舞い、なるべく旦那のお腹を満たしてから話を切り出すことで、上手く乗り切る事ができました。

美味しいご飯を食べさせる作戦を展開すると、余計な喧嘩もなくなるので今後も続けていきたいと思いました。

毎日続けているうちに、旦那がスイーツなどを買って帰ってくれるようになりました!ありがたい限りです(笑)。

40代前半/公務員・教育系/女性

ちょっとしたサービス仕掛けで愛を返してもらう!

個人主義で合理的なところがある夫は、愛情表現が下手です。頼みごとをしても「そんな事、自分でやりな」と突き放されたり、相談しても「分からない、知らない」と言われると、私に対する愛情はないのかなと悲しくなります。

そんな時は、さりげなくコーヒーやお茶を淹れて、夫の好きなキャンディを添えて、夫の元へ運びます。夫がお礼を言ってくれたタイミングで、「私のこと好き?」と聞くと、夫は100%「好きだよ」と返してくれます。

それ以外にも、夫の苦手なことをしてあげてから、「手を握って」と言うと、100%そうしてくれます。

そうやって自分から仕掛けて、夫からの愛情を感じるようにしています。

50代前半/専業主婦/女性

お気に入りのビールを饗する

夫から愛されてないなと感じた時は、子供を通してクイズを出します。「お母さんが一番好きなのは息子だけど、お父さんが一番好きなのは誰かな?」と言って、遠回しに好きと言わせます(笑)。

それでも無理な時は、お気に入りのビールを用意して夕食で出します。夫が驚くのと同時に「いつもお疲れ様」と言うと、大体相乗効果で妻にも優しくなるので、間接的に愛情確認しています。

30代後半/専業主婦/女性

自分から愛を伝えたり、気遣いをみせる

旦那から愛されていないと感じた時は、自分から愛を伝えたり、帰宅したら「ただいま」や「おかえり」の当たり前の言葉をきちんと伝えます。

旦那が疲れている時は休んでもらい、構ってほしくても「早く休んで」と伝えた方が、休みの時に「遊びに行こうか」と言ってくれたりします。

一歩身を引くことで、相手の愛情を感じられると思います。

40代前半/サービス系/女性

不意打ちで「愛してるよ」「幸せだよ」と自分から言う

何かして(助けて)くれたら「ありがとう」「助かった」とか、不意打ちで「愛してるよ」「幸せだよ」と自分から言っています。

そうすると、シャイな夫も言葉では恥ずかしくてもハグをしてくれたり、キスをしてくれたりとスキンシップが増えるので、一気に愛に満たされてとっても幸せな気分になります。

付き合ってから16年、結婚して10周年を半年後に控えていますが、夫と結婚して本当に良かったです。

30代後半/専業主婦/女性

まずは自分から愛情を表現してみる!

「あれ?なんか最近、旦那が私を見ていない気がする・・・」と感じたら、まずは自分から愛情表現を出していきます。

昔の2人を思い出しながら、今の2人になくなってしまっている事をまた復活させます。

いつもの会話も旦那の目を見ながら話を聞き、笑顔を沢山みせたり、旦那が外出する際は寂しそうに玄関まで着いていきます(笑)。

そんな事を繰り返していくうちに、旦那も笑顔を向けてくるようになります。

40代前半/専業主婦/女性

日々感謝の気持ちとともに愛を伝える

結婚してからある程度時間が経つと、新婚のような熱々な気持ちがお互い薄れてしまいますが、それでも愛情表現は大切だと思っているので、日々感謝の気持ちとともに愛を伝えてます。

ただやはり、なあなあな関係になってくることも多いので、たまにはサプライズをしたり肩を揉んだりと、相手を労う気持ちを忘れずに過ごしています。

20代後半/マスコミ系/女性

さり気なくくっついたりして距離を縮める

一緒に居る事が当たり前になって、スキンシップを取らない事が増えてしまいました。

愛されていないと感じる時は、自分からさり気なく側に寄っていったり、くっついてみたりして、距離感を縮めてみました。

すると、パートナーもまんざらではなさそうな感じでいたので、安心しました。

相手からの行動を待つのではなく、自分からも行動すると、気持ちが通じるんだと思います。

40代前半/医療・福祉系/女性

多くを求めず、感謝の気持ちだけは伝え合う

夫はかなり鈍いので、「言わなくてもわかるだろう」は通用しませんでした。

付き合った当初は、いちいち説明しないと理解できないタイプでしたが、だんだん改善されてきました。

しかし、今でも私が言ったことはすぐに忘れる、興味がないことはそもそも聞いていない、と言った感じなので、私も多くを求めなくなりました。

ただ、お互いに「ありがとう」と言うことは増えたかなと思います。その言葉だけで気持ちはだいぶ楽になっていると思います。

20代後半/流通・小売系/女性

小さな事でも、ありがとうと感謝の気持ちを伝える

お互い仕事や育児に追われる日々に疲れてイライラし、心の余裕が無い時に、些細な事をきっかけに言い合いになりました。相手の言葉1つ1つに対しても、「愛されてない、やさしくない」と反発しました。

でもしばらくして気持ちを言い合って落ち着き、心の余裕ができた時に、初めて相手を思いやり、イライラしていた当初の気持ちが治まりました。

自分の心の余裕が無いと、思ってもいないようなキツイ言葉も相手に言いがちです。心の余裕を持つモチベーションは、やはり普段から相手を思い、小さな事でも感謝し、それを言葉で伝える事かなと思います。

愛されてないと思うのも、普段からお互い言葉にしないからだと思います。なので我が家では、子供達達も含め、寝る前には必ずお互い「今日もお疲れ様、大好きだよ、おやすみ」と言って抱きしめ合ってから寝るようにしています。

40代前半/専業主婦/女性

自分が愛情を感じることを夫に実践してみる

なぜ自分は愛されていないと感じるのか、原因を考えます。そして、自分はちゃんと愛情表現をしているのかも考えます。

「以前に愛されていると感じていたのはどういう時かな」と、良い思い出をたくさん思い出すことで、こういう時に愛を感じるんだなと分かります。

それを自分が夫にも実践して、夫にも「こうしてくれると嬉しい」と伝えます。

「言わなくても分かるだろうでは済まないよね」とお互いの愛情表現の大切さを話し合うと解決できています。

30代後半/専業主婦/女性

自分の言動を見直し、思いやりを持って接する

旦那から、最近愛されてないと感じた時は、最近冷たくしてなかったかな?ありがとうやごめんねはしっかり伝えてたかな?と、自分の言動をもう一度見直します。

私は、お互いが思いやりを持たないと、愛すことも愛されることもできないと思っています。

ですから、まず一度自分自身に問いかけ、できていなかった時は改めて思いやりを持って旦那に接します。

そうすると、旦那も自然と愛がある行動になっていきます。

20代後半/専業主婦/女性

【2位】正直な思いを打ち明ける

正直な思いを打ち明ける

はっきりストレートに伝える

愛されてないなぁと感じる瞬間は、スキンシップが減った時です。

そこで、ストレートに「最近、スキンシップ減ってない?」と伝えました。

そしたら、夫は「そうかなぁ」と言いながら寄り添ってくれるようになり、最初の頃よりはスキンシップが多くなりました。

それ以降は、毎日「愛してる」と口にしたり、LINEで伝えたり、手を繋いで寝たりしています。

20代後半/専業主婦/女性

原因がなければ自分から甘え、素直な気持ちを伝える

旦那が冷たいなと感じたので、何かやらかしてしまったのか、原因があるのか考えました。

しかし特に何も無かったので、思い切り自分から甘えてみました!そしたら旦那は笑って、「いきなりどうしたの?」と尋ねてきました。その時、素直な気持ちを伝えると「仕事のストレスがあって」と教えてくれました。

その日からは、どんなに忙しくてもストレスを溜めてても、無理のないようにお互いに一緒に談笑できる時間を作りました。

それからは愛情が薄いと感じることは無いです!

20代前半/医療・福祉系/女性

さみしいことを伝え、夫の言い分も聞く

私はつい先日、夫から愛されていないと感じることがありました。それが日常化してしまって我慢したり、こちらもイライラした態度をとってしまったりと、よくないことが続いてしまったので、話し合う時間を作りました。

さみしいことを伝え、夫の言い分も聞き、お互い見直すべきことがわかって来ました。

夫婦は思いやりを忘れてしまうとうまくいきません。話し合いは大事です!

30代後半/専業主婦/女性

最近、愛情が感じられないとストレートに伝える!

夫からの愛情が足りない時は、ストレートに愛情が足りないことを伝えるようにしています。

スキンシップが少ないと感じた時は「最近さぁ、全然スキンシップが少ないから、気持ちが下がったまんま」と言い、夫の言葉遣いがキツイ時は「私のこと嫌いになったの?酷い言い方ばかりされるから、もうしゃべりたくない」と言う等、夫に自分が寂しい事を気持ちのままに伝えています。

そうすると、夫は「ごめんね、寂しい思いさせたね」と言ってくれるので、安心できます。

怒ると喧嘩になるので、寂しさを小出しに伝えれば優しくしてくれます。

30代後半/流通・小売系/女性

寂しい時は寂しいと伝える

言葉では、「好き」とか「可愛い」とかを伝えてくれるのですが、それでも本当に愛されているのか悩む時があります。行動で示してくれないからです。

言葉で伝えてくれるのも嬉しいですが、同じぐらい行動でも伝えてほしいなと思います。家に一緒にいるのに、1人でいるように感じてしまう時があるので、私から近くにいったり、目で訴えたりしています。

寂しい時は寂しいと伝えるようにすると、頭を撫でてくれたり、抱きしめてくれるようになりました。

自分からもいかないといけないな、と感じました。

20代後半/サービス系/女性

たまに、はっきり気持ちを伝える!

長く一緒にいると当たり前のように感じてしまい、愛情不足を感じるようになりました。

なので、私はストレートに言うようにしています。

いつもではなく、たまに言うことで、ツンデレっぽい感じになり、よりギャップや魅力を感じてもらえる気がしますし、飽きも来ないかなと思っています。

20代前半/医療・福祉系/女性

素直に寂しいと伝える

主人から愛情を感じなくなって寂しい気持ちになった時は、まず自分の身なりや行動を見直すようにしてます。女性としてケアを怠ってないか、外出しない日でもテキトーな格好で過ごしていないか、料理などで仕事で疲れた主人をケアできているか等々、見直すべき点はいくらでもあると思います。

愛情を感じなくなったら、逆にこちらから愛情をたっぷり注ぎ込みます。すると次第に夫婦の会話が増えて、私の寂しさも和らぐことが多いです。

それでも愛情が足りないと感じたら、素直に寂しいと伝えます。すると、「仕事が大変で余裕がなかった」とかの原因を教えてくれたりしますし、主人も私のツラさに気付いて、愛情を伝えてくれるようになります。

夫婦といえど他人なので、伝えないと分からないし、感じ方はそれぞれだから、一緒に居続けるために努力をしなきゃいけないと思ってます。

20代後半/専業主婦/女性

正直な気持ちを手紙にする

付き合った当初は「可愛い」や「好きだよ」という愛情表現を言葉で伝えてくれていたのですが、同棲をして結婚後は全くと言っていいほどなくなりました。

そこで私は毎朝作っている手作り弁当に手紙を添え、愛情を伝えるようにしました。すると旦那からお昼休憩中に「手紙ありがとう。俺も大好きだよ」と連絡がきました。

それからは毎日仕事をしてくれていることへの感謝の気持ちや、旦那からの愛情表現がなく寂しかった気持ちなど、正直に手紙に書くようにしたところ、自然と直接でもお互いの気持ちを伝えられるようになっていました。

20代前半/専業主婦/女性