夫(旦那)が好きかわからない…既婚女性100人が実践した対処法

「夫(旦那)が好きかわからない…」と悩むこともありますよね。新婚の時に悩むこともあれば、産後や子育てが本格化してから悩みだして離婚を考えてしまう事も。

すぐに離婚という選択肢を選ぶことは避けたいからこそ、旦那が好きかわからない時でも上手に改善する方法があれば知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ既婚女性100人による夫(旦那)が好きかわからない時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

夫(旦那)が好きかわからない時の対処法ランキング

旦那が好きかわからない時の対処法ランキング

まずは、旦那が好きかわからない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた夫(旦那)が好きかわからない時の対処法』によると、1位は『本音をぶつける・話し合う』、2位は『前向きに考える・良い所を見る』、3位は『少し距離を取る・無視する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた夫(旦那)が好きかわからない時の対処法

女性100人に聞いた夫(旦那)が好きかわからない時の対処法

女性100人に聞いた夫(旦那)が好きかわからない時の対処法では、1位の『本音をぶつける・話し合う』が約17.1%、2位の『前向きに考える・良い所を見る』が約16.1%、3位の『少し距離を取る・無視する』が約15.2%となっており、1~3位で約48.4%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら)

それでは、項目別で旦那が好きかわからない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】本音をぶつける・話し合う

本音をぶつける・話し合う

早めにヘルプを意思表示して伝える

喧嘩をしてしまうことがあると、「この先、やっていけるかな?」と不安を感じることもあります。

私は感情的な完璧主義者になので、後から振り返ると大したことがないのに大騒ぎしてしまい、くだらない喧嘩だったなと反省することがあります。

喧嘩は嫌いなので、身体がしんどい時は早めにヘルプを意思表示して伝えようと思います。

ご飯もなるべく手作りがいいけど、無理そうな時は出前に頼ったりして、穏やかに過ごせるように気をつけたいと思います。

30代前半/専業主婦/女性

思っていることを伝え、相手の意見も聞く

私の旦那はあまり周りのことを気にしないタイプです。脱いだ服は散らかりっぱなし、やってと言われたことしかやらず、それ以外は特に散らかっていても気にならないそうです。

私が育児でドタバタしている時に、呑気に携帯でゲームをしていることが多々あり、「私がこれだけ育児に家事に頑張っているのに、何も気にかけてくれない、私のことなんてどうでもいいのかな?」と思う様になりました。

怒りが溜まった時に旦那に伝えたところ、「自分は周りのことが見れないタイプなだけで、決してどうでもいいなんて思ってない」と反省していました。

そこで私も伝えることから始めることにし、今もやってほしいことは伝えています。

30代前半/不動産・建設系/女性

一旦頭を落ち着かせて話をする

夫は束縛が強いので、しょうもないことから大きなことまで、ほぼ毎日喧嘩しています。

喧嘩が続くと疲れてきて、本当に好きか分からなくなりますね。何度出ていこうと思ったことか・・・。

けど、一旦頭を落ち着かせて話をしています。引き止めたこともあります。

自分から離れていかないなら、好きなんでしょうね。

30代前半/専業主婦/女性

事実の話をし、納得してくれたら、お礼を伝える

夫には精神的にも物理的にも頼れないです。子どもの父親としても全くです。

なぜ、結婚したのか、後悔ではないのですが、自分の弱かった精神状態が、この頼りない夫を引き寄せたのだと思います。

夫に対して期待をしていた時は、いら立ちなど疲れる感情が出ましたが、まったく期待しないと気持ちも離れていき、何で夫婦でいるのか分からなくなる時があります。

そこで、感情を抜きにして事実の話をするようにし、納得してくれたら、お礼を伝えるようにしました。

40代後半/法律系/女性

溜め込んでいたものを吐き出し、相手の気持ちを確認する

一緒に過ごしていると、だんだん空気のような存在になるというのはよく聞く話ですが、やっぱりそれでは寂しくなります。

旦那は言葉や態度になかなか表してくれないタイプで、私は溜め込んでしまうタイプなので、そのままにしておくとだんだん寂しさや、旦那の本音が不明になり、それが不安になりモヤモヤが溜まってしまいます。

結局、限界に来て溜め込んでいたものを吐き出し、相手の気持ちを確認するという行動にうつします。

その際は感情的にならず、冷静に切り出すというのを心がけます。

40代前半/サービス系/女性

しっかりと話し合う

お金のことや子供のこと、夫と度々意見がすれ違う事もあり、私ばかりイライラすることがよくあります。

しばらくは我慢していますが、どうしても我慢し続けると嫌いになりそうで、家にいるのが嫌になります。

その時にはしっかりと「自分はどう思っているのか、なんで夫がその行動をするのか」など、冷静に話し合うようにしています。

20代後半/商社系/女性

一呼吸おいてから話をする

私達夫婦はお互い頑固なため、一度喧嘩をすると長い期間、話をしなくなります。

そのため喧嘩をしないよう、冷静に話が出来るように溜め込むことをあまりしないようにしています。

また、怒りに任せて感情的になるのをやめ、一呼吸おいてから話をするようにしています。

他の人の意見を聞いてから話し合うことも多々あります。

30代前半/専業主婦/女性

【2位】前向きに考える・良い所を見る

前向きに考える・良い所を見る

夫にしてもらったことを思い出し、言葉にして感謝を伝えてみる

夫と楽しい時間を持てるように努力することが大事です。外食やお出かけに誘ってみるとか、美味しい手料理を食べてもらうのもいいですね。

また、両親や友達に愚痴を聞いてもらい、夫のいいところや悪いところを改めて思い出して、再確認してみるのもいいと思います。

特におススメなのは、今まで相手にしてもらったことを思い出して、言葉にして感謝を相手に伝えてみることです。

40代前半/専業主婦/女性

夫のいいところを普段からメモ!

夫とは交際期間も含めると付き合いが長く、好きという感情が薄れてきて「好きかどうか分からない…」と感じることがしばしばあります。

そんな時は、夫の好きなところや、してもらって嬉しかったこと、今までの楽しかったデートなど、その時の「好き!」という感情を思い出すようにしています。

しかし、忘れっぽい私は普通に生活をしていると、ささいなことは忘れてしまいがちなので、夫にしてもらい嬉しかったことをスマホのメモ機能に箇条書きで残すようにしています。

20代後半/専業主婦/女性

相手のいい所を探す

私は恥ずかしながら、旦那の悪い所を探してしまうことが多く、手伝ってくれたことに文句を言ってしまうことも多かったです。

思えば、些細なことから旦那を「嫌だな、めんどくさいな」と思ってしまった事もありました。

私の態度で旦那も不貞腐れることが多く、これじゃダメだと思い、自分から感謝を伝えたり、積極的に旦那のいい所を見つけたりしていきました。

すると旦那とのコミュニケーションが増え、喧嘩することが減りました。

20代前半/専業主婦/女性

子供達や私の両親の将来のことを考えてくれていると思うようにする

引越しすることになり、新居の家具などの意見が全くあわず、特にキッチンに関していろいろ口出ししてくるところが本当に嫌で「なんでこの人と結婚したのか」と思う時がありました。

でも生活が苦しいわけでなく、ちゃんと子供達や私の両親の将来のことを考えての思いということを理解できたので、考え方がちゃんとしてると思いました。

40代前半/専業主婦/女性

「夫はまったく違う考えを持った人」として考えて関心を持つ

夫とは価値観、考え方が全く違い、あまり気が合わないので、話し合ってもケンカすることが多かったです。なので結婚してから、気持ちが分からなくなることがよくありました。

でも、自分の考えを押し付けても夫も嫌な気持ちになるようでしたので、「夫はまったく違う考えを持った人」として考え、そんな考え方があるんだ、と関心を持つようにしました。

そうすると、「違ってて面白いんだな。好きだと言う強い思いがなくても、自分にとって必要な存在だ」と思えるようになりました。

30代前半/専業主婦/女性

子供の父親として好きになる!

夫とはもともと生活が合わず、あまり好きという感情を抱いたことはありませんでした。

なので、今さら好きという気持ちもあまりないのですが、やっぱり嫌いでは一緒に生活する事も苦難なので、「夫や男としてではなく、子供の父親として好きだ」と思うようにしています。

父親としては本当に好きなので、こうしてこの子供達を育ててくれているんだ、と思っています。

30代後半/サービス系/女性

「夫が好きだ」と言葉にすること

元々、1人行動が好きな私。それに、付き合いが長くなるとどうしても相手の存在が当たり前になり、「好き…なのか?」と考えてしまうこともあります。

そんな私を変えたのは、「夫が好きだ」と言葉にすることです。

言葉にすると脳や心に影響するのか、不思議と相手に愛情が湧くからびっくり。

言えば言うほど好きになっていくので、皆さんにもぜひ試してほしいです。

20代後半/IT・通信系/女性

とりあえず子供の親としてパートナーだと考えた!

出産してから、「なんで一人で子育てしてるんだろう」と思い詰めると、夫が好きなのかわからないようになりました。

そんな時は、「子供のためにも、夫とはよきパートナーでいよう」と心がけるようにしてます。

その心がけを積み重ねていると、喧嘩したり詰め寄ったりしなくても、冷静に考えることが出来ました。

今では、子育てのパートナーでもありますが、子育て卒業できたら夫と2人のシニアライフを楽しみたいと思います。

40代後半/専業主婦/女性

【3位】少し距離を取る・無視する

少し距離を取る・無視する

距離をおいてみる

結婚して17年になるので、正直好きかどうかは分かりません。好きというより家族として「いるのが当たり前」になっているだけのような気がします。

喧嘩をすると、「なんでこんな嫌な思いしてまで、一緒にいないといけないのだろうか」と思うことも多く、そういう時は少し距離をとることにしています。

そうすることで気持ちも少しは落ち着き、この先一緒に生きていくのであれば、妥協できる部分と変えてほしい部分が見えてきて、冷静に話もできるようになるからです。

そして好きかどうか分からないときは、大切な家族の一人だと思うようにしています。

40代前半/公務員・教育系/女性

1日離れる

旦那に腹が立つ事がしょっちゅうあります。

子どもが産まれる前は腹が立ったら実家に帰っていました。1日離れるだけでも寂しいなぁと思えるので、旦那と一緒にいたいのかなと気付きます。

やっぱり会いたいと思えるので、まだ好きなんだと思えます。帰ったらとりあえず謝らせますけどね笑

20代後半/専業主婦/女性

少し距離を置く

喧嘩をした時や旦那にイライラすることがあった時、ふと思う瞬間がありますが、そんな時はとりあえず1人でどこかへ出かけるか実家に帰るなどして、とりあえず距離を置きます。

近くにいるとイライラしてしまうだけですが、距離を置くと少しずつ冷静に考えることができて、今までの思い出などを思い返しつつ、旦那のありがたみを感じ、やっぱり好きだなと実感する時間になるので、たまには距離を置くのもいいと思います。

20代後半/専業主婦/女性

考えないように他に没頭してリセット!

一日中、二人でいると、どうしてもイライラがたまり、一人でいたくなります。一人で映画を見たいし、一人で好きなことをやりたいとイライラもしてきます。(笑)

とにかく一人でいたいという思いが日に日に大きくなり、旦那への気持ちもわからなくなってきました。

そこで、一旦全てをリセットするために、自分の好きなことを思いっきり楽しみ、好きなことに没頭する時間をもらいました。そうすると気持ちがとてもスッキリとリセットされて、また同じ日常に戻っても、頑張ろう!という気持ちになりました。

一旦、自分と向き合い、冷静になることが大切だと思いました。

30代前半/流通・小売系/女性

お互い数日間、ほぼ会話は最小限にして生活する

旦那はオラオラ系です。それに対して私はのんびり温厚な性格なので、時々、なんで結婚したんだろうと思うことがあります。

話が通じず、完全に口調で負けてしまうので、嫌だなと思う時は無視することにしています。

私は寝たら大概忘れてしまうのでいいですが、相手が少し引きずる方です。

なので、お互い数日間、ほぼ会話は最小限にして生活し、数日後にふとした瞬間に普通に戻ります。

30代前半/専業主婦/女性

なにも言わないで、無視をする

相手の顔を見たら、大体何を考えているかわかりますので、無視をさせていただいています(笑)。

私は旦那とはムリヤリに結婚させられたので、話したくない時は無視しています。

もともと愛情もないので、嫌な事はこれからも徹底的に無視していきます。

40代後半/専業主婦/女性

【4位】冷静に分析・想像してみる

冷静に分析・想像してみる

元カレと比べてみる

お見合いで結婚したので、良い人だとは思えても、最初から夫のことを心から大好きと思ったことはありませんでした。

結婚してもその気持ちは変わらず、「私はこの人のことを本当に好きなのだろうか」と思うことがたびたびあります。

けれども、これまで付き合った男性の中では一番優しく、私の好きなようにさせてくれて、私に辛い思いをさせることは皆無なので、これ以上の人はいないと思って過ごすようにしています。

50代前半/マスコミ系/女性

夫を他の男性と比べたりして、好きかどうか確認する

ずっと一緒にいると、恋愛感覚を忘れ、女子力も低下してしまい、好きかわからなくなる時は多々あります。

でも、考えてもしょうがないと思っています。

なので、友達とご飯に行くときや、1人になって買い物したときに、夫を他の男性と比べたりして、好きかどうか確認することがあります。

20代前半/専業主婦/女性

この先、ずっとこの人と一緒にいられるか考えてみる

私の場合は、そもそも「すっごい好き!」で結婚したわけではなかったので、余計に一緒にいることへの不安が募ることもあります。

そういう時は「昔は親が決めた相手と結婚するのが当たり前だった。それに比べたらまだ…」と自分を鼓舞していました。

しかし、子育てに精一杯の時、夫から「自分にかまってくれなくなった」などと言われたらたまったもんじゃないです。

「あれ?今はいいけど、この先子どもが巣立っていったら、私はこの人と二人で何するんだろう?この人と二人で孫が遊びに来るのをこの家で待つの?」と思うとものすごくモヤモヤしました。

さらに、「どこのお墓に入るんだろう?え、この人と?無理」と感じたのが答えでした(笑)

30代前半/専業主婦/女性

将来、一緒に笑っている様子を思い浮かべることができるか考える

将来を思い描いたときに、一緒に笑っている様子を思い浮かべることができるかが大事です。

泣いたり悲しむ予想しか出来ないなら、もう夫婦仲は終わりだと思っているので、予想してみます。

実際はどうなるかわからないですが、幸せを思い描けたならまだ好きなのかなと思うし、そうでなければもう感情はないかもしれません。

30代後半/流通・小売系/女性

もし死んだらと仮定してみる

相手にアプローチされ、私は恋愛感情はかなり少なめで結婚しました。

旦那が仕事で遅かったり、出張があったりしても全く寂しくないですし、「いないと清々するなぁ」と感じるとき、好きか分からなくなりますね。

でも、もし旦那が死んだらと仮定するとやっぱり寂しいし困るので、気持ちが冷めてるときは「死んだら」と仮定してますね(笑)。

30代後半/専業主婦/女性

同じ価値観じゃなくても仕方がないと捉え、冷静に対応する

私達は、星座も血液型も同じなので、価値観や考え方も似ていると思われがちですが、全く違います。テレビを見ている時や、特に仕事の話になると、主人は場の空気を読まずに自分の意見ばかりを言ってきます。私とは、真逆の意見が多いため喧嘩になる事が多いです。

そんな時は、「主人のことが好きじゃないかも」と思うことがありますが、違う人間だし職場での環境も全く違うから、色々な考えや意見が違うのは、仕方がないと冷静に考えるようにすることで落ち着けます。

そして、大人の対応として相手に合わせ、時には主人が好きな話題に切り替えることもあります。そうすることで、相手に安心感を与えることが出来、穏やかに過ごせます。

40代前半/専業主婦/女性

【5位】初心に帰る・良い思い出に浸る

初心に帰る・良い思い出に浸る

昔の写真をみて、夫のどこが好きになったのかを考え直す

長い間、毎日一緒にいると、夫のことが好きなのかわからなくなることが多々あります。喧嘩や言い合い等をしたときも、「なんでこのひとなんだろう?」とか思ったり…。

そういう時は、昔の写真をみて、夫のどこが好きになったのか、どこに惹かれたのかを考え直します。

つい悪いことばかりに目がいきがちなので、相手の良さを改めて思い出すとわかったりします。

30代前半/流通・小売系/女性

初心にかえって相手を見つめ直す!

夫婦生活を続けていると、新鮮さもなくなるし、相手の事を空気のように感じてしまうので、今も相手の事が好きなのか悩んでしまう事があります。相手もそんな風に思っていると思いますが(笑)

そんな時こそ、どうしてこの人と結婚したのか考えるようにしています。そうすると付き合い始めた当初の気持ちに戻って、相手を大事にしようと思えるからです。

40代前半/自営業/女性

付き合っていた頃、「可愛かったなぁ」と思う所を思い出す

夫が子ども達と楽しそうに遊んでいる所を思い出し、彼の笑顔を思い出せるようにしています。本当に深刻な場合でない限り、これでなんとかなります。

夫の笑顔というか、子ども達が喜んでいる姿を思い出しているのかも知れませんけど(笑)

他には、付き合っていた頃の思い出で「可愛かったなぁ」と思う所を思い出すようにしてます。可愛いと思えるエピソードがレアな人なので(笑)

30代後半/専業主婦/女性

好きになったところを思い出す!

旦那と喧嘩をして、「もう本当にいや!」と思ってしまったときは、付き合っている頃に好きだなと思ったところを思い出すようにしています。

結婚して何年かたって、合わないところもたくさんわかっています。でも嫌な面を知ってしまっても、意外と好きだなと思っていたところは変わっていなかったりするんですよね。

「私は、この人のこういうところに惹かれたんだったな」と思い出すと、「何年も一緒にいれば好きかどうかわからなくなる時もあるよね!相手もそう思ってるかも。お互い様かな!」と、前向きな思考になります。

30代前半/専業主婦/女性

過去の男と比べ、主人がしてくれた沢山の楽しい思い出を思い返す

昔から恋愛が長続きしたことがなかった人生でした。そんな時に出会ったのが今の主人です。

今までお付き合いしてきた人は、お互いがわかってくると冷たくされたり雑に扱われたりした気がして、すぐ別れていました。しかし今の主人はそんな事なく、ずっと楽しい人でした。

でも、たまに冷たくされた気がする時は、この人のことが好きなのかわからなくなる時があります。

そんな時は過去お付き合いしてきた人と比べ、主人がしてくれた沢山の楽しい思い出を思い返し、「この人以外いない」と自分に言い聞かせています。

20代前半/専業主婦/女性

【6位】一緒に楽しめることをする

一緒に楽しめることをする

子供を預けて2人でデートしたりして、ちゃんと旦那と向き合う

優しくて子供の面倒見もよく、家事もこなせる旦那ですが、ずっと一緒にいると「家族」という感覚が強くなり、いい意味での空気のような存在になってしまっています。

どうしても子供優先で旦那は後回しになってしまうことが多く、子供が寝た後ふと「好きかどうかわからない」と考えてしまうことがあります。

そんな時は付き合っていた頃を思い出して、昔の写真を見返したり、たまには実家に子供を預けて2人でデートしたりして、ちゃんと旦那と向き合うように心掛けています。

40代前半/サービス系/女性

プレゼント交換をする

結婚も11年にもなると「好き」という感情はありません。だからと言って「嫌い」という感情が強いわけでもなく、イライラすることばかりが増えてしまいました。

なので、たまにお互いにプレゼントをあげています。選んでいる時に「何が似合うかな〜、何が欲しいかな〜」と考えると、付き合っていた頃の新鮮な気持ちを思い出します。

40代前半/専業主婦/女性

今までしてないことを日常の中に入れてみる

ふとした時に「なんでこの人を好きになったんだろ」と思ってしまいます。今までは、帰ってくるのが楽しみで、喜ばせたいという思いから、豪華な料理を作って待っていたことなどを思い出します。

ある時「新鮮さが足りないんだ」と思い、今まであんまりしたことのなかった、お持ち帰りや宅配を利用してみることにしました。すると私自身も楽しいし、それを一緒に楽しんでいる夫を見ると、こういうやりとりが好きだったんだなと感じることができました。

たまには、今までしてないことを日常の中に入れてみると、また夫の違う感じも見られると思います。

30代前半/商社系/女性

お互いに有給を重ねたり、ランチやディナーに出かけてゆっくり過ごす

私たち夫婦は、お互いの仕事の都合で生活リズムが大きく異なっており、そのせいもあってか会話が減るとお互いの気持ちがすれ違ってしまうことがあります。

そんな時は、お互いに有給を重ねたり、ランチやディナーに出かけてゆっくり過ごすように努力をします。

会話が少ないと、どうしても自分一人で考え込んでしまうので、気楽な会話が増えることだけでも気持ちがすれ違いにくくなります!

30代後半/金融・保険系/女性

【7位】深く考えない・期待しない

深く考えない・期待しない

時間が解決してくれるのを待つ

喧嘩をした時、旦那は我が強いので自分の意見は曲げません。そして話が通じません。なのに、話が長くて嫌になります。

そして私には強いんですが他人には気が弱いので、なにか頼まれたりしても断れない、いわゆるイエスマンです。

私が代わりに断ったりしてあげていますが、そういう一面を見る事で「この人でよかったのかなあ、好きか分からない」まで至ってしまいます。

仕方ないので、時間が解決してくれるのを待つことにしています。

20代前半/専業主婦/女性

「好きではない」ことをわざわざ認識しないこと

新婚生活のようなキラキラとした毎日は子どもができると終わります。もちろんずっと仲良しで、いつまでもお互いを思い遣っている素敵なご夫婦もいらっしゃると思いますが、我が家ではそれは不可能です。

どんなに腹がたっても、可愛い子どものために簡単に離婚などできないのです。自分がこの人を「好きではない」と認識してしまったら、「離婚」がよぎってしまうかもしれません。つまり、このまま「好き」ではなくても結婚を継続させなくてはならないのです。

「この人と結婚したのは運命だ」と思って、気が静まるまで時が経つのを待ち、特に仲直りをせずとも自然といつものように当たり障りのない淡白な会話を交わし、ただ日常を過ごすだけです。

悲しいかもしれませんが、「好きではない」ことをわざわざ認識しないことが私の対処法です。

30代後半/専業主婦/女性

離婚するほどでなければ深く考えない

夫は友人もいないし、特に趣味もないので、送別会や歓迎会以外では飲みに行くこともないタイプ。趣味はスマホでゲームするくらいです。家にも早く帰ってくるし、休日も家にいます。無口で何を考えているのかよくわからない人です。

休日はスーパーの買い物にはついてきたがり、買い物では荷物も持ってくれるし、友人には「良い旦那さんね」と言われます。

でも話すことが何もありません。テレビのお笑い番組でも笑わないし、笑いのツボもそもそも違います。ドラマや映画の趣味も全く合わないので一緒に見ることはありません。子どもが巣立ったらどうしようと心配です。

でも、離婚したいとまでは思いませんので、「結婚とはこういうものだ」と深く考えないようにしています。

50代前半/専業主婦/女性

無理に好きになろうとしない!

結婚して数年経つ頃には、お互い好きみたいな恋心はなくなるようです。

だから今更無理に好きになろうなんてしません。

旦那からも「妻から好きと言われても気持ち悪い」と言われることもありました。

対処法は好きになろうなんて思わないことです。

30代後半/IT・通信系/女性

【8位】別れを視野に入れる

別れを視野に入れる

今後の付き合い方を見直す機会にする

ずっと主人と家族のために尽くしてきたつもりの20数年ですが、たびたび喧嘩があり、幸せな家族団らんを夢見る気力が尽きてきたように思います。「主人とは根本的に合わないのに、無理して結婚生活を引き伸ばし続けてきただけではないか」と思うことも・・・。

先日、実家に少し長めに帰った時、「誰かに対して気をつかわず、自分の好きなように時間を過ごせるのって、こんなに幸せだったんだ」と痛感しました。

ですので、気力も尽きてきたと言うことは、これはもう好きでなくなったんだなと思い始めました。

そんな感情を持ち続けるのはしんどいので、理解したのを機に今後の付き合いを見直してみることも必要かと考えています。

50代前半/専業主婦/女性

無理せず、別居した

旦那のモラハラで体調を崩してしまい、彼のお姉さんに相談し、一旦は義姉の家へ逃げましたが、結局彼のDVは治らず別居となりました。

先方の親戚を入れて話し合ったり、当方の親を入れて話し合ったりしましたが、まったく効果はありませんでした。

最終的には行政からDVだと認められ、今は調停中です。

ダメな人はどう言い方を変えても、何をしてもダメです。諦めるしかありません。

30代前半/金融・保険系/女性

まとめ

女性100人に聞いた夫(旦那)が好きかわからない時の対処法では、1位は『本音をぶつける・話し合う』、2位は『前向きに考える・良い所を見る』、3位は『少し距離を取る・無視する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ既婚女性100人による夫(旦那)が好きかわからない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【男性版】嫁が好きかわからない時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

嫁が好きかわからない…既婚男性100人が実践した対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年03月11日~03月26日
回答者数:100人