妻(嫁)が怖い…既婚男性100人が実践した対処法とは

「妻(嫁)が怖い…」と悩むこともありますよね。怖い態度や乱暴な言葉を投げられるようになると、「怖くて離せない…」と離婚を考えてしまう事も。

すぐに離婚という選択肢を選ぶことは避けたいからこそ、嫁が怖いと悩んだ時でも上手に改善する方法があれば知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ既婚男性100人による妻(嫁)が怖い時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

妻(嫁)が怖くて悩んだ時の対処法ランキング

嫁が怖くて悩んだ時の対処法ランキング

まずは、嫁が怖くて悩んだ時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた妻(嫁)が怖くて悩んだ時の対処法』によると、1位は『距離を取る・そっとしておく』、2位は『冷静に対処する』、3位は『好物などで機嫌を取る』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた妻(嫁)が怖くて悩んだ時の対処法

男性100人に聞いた妻(嫁)が怖くて悩んだ時の対処法

男性100人に聞いた妻(嫁)が怖くて悩んだ時の対処法では、1位の『距離を取る・そっとしておく』が約33%、2位の『冷静に対処する』が約20.5%、3位の『好物などで機嫌を取る』が約14.2%となっており、1~3位で約67.7%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら)

それでは、項目別で嫁が怖くて悩んだ時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】距離を取る・そっとしておく

距離を取る・そっとしておく

適当な理由をでっち上げて、その場所から避難する

私が普通にしているときでも、妻は突然「あんた、〇〇のお金どうなってる?」などと問い詰めてくるときがあります。

私はお金に関して信用を失っているので、時々突っ込んだ確認が来るのです。しかも大抵、言いにくい事情がある時が多いです。勘が鋭いと言うかなんというか、とにかく怖いです(笑)

そんなときはうまくごまかしながら違う話題を振ってみたり、トイレに行くなどその場所から避難することにしています。

こちらは蛇に睨まれたカエルのようなものですし、何をやっても見透かされているような感じもあるのですが、姑息な逃げを繰り返しています(笑)

50代前半/医療・福祉系/男性

自室にこもる

妻は私より口が達者で、情けない話ですが、言い合いになれば必ず言い負かされます。そして、私を完膚なきまでに叩きのめした妻の酷薄そうな目はめちゃくちゃ怖いです・・・。

相手も不甲斐ない夫にうんざりしているのか、最近は自室に閉じこもり、常に動画を見たりゲームをしたりしているようです。

これ幸いと私も、最近はもっぱら自室に居て、本を読んだり音楽を聴いたりしています。

少々無理をして、少し大きめの戸建てを購入しておいて良かったと思う今日この頃です(笑)

40代後半/メーカー系/男性

漫画喫茶などへ行きお互いの時間を作った

妻は仕事が忙しくなったり上手くいかないことがあったりすると、機嫌が悪くなります。ひどいときでは数日続くこともあります。

そんな時は、できる家事は自分で行います。また、余計なこと言ってしまう機会を減らすために、できるだけ離れて過ごす時間を確保して、お互いに好きなことができるようにしています。

私は仕事に行くか、趣味の釣りやキャンプに出かけるか、漫画喫茶などで2時間ほど時間を作って過ごしています。

30代前半/公務員・教育系/男性

家庭内別居をはじめた

私が家に帰ると、妻はいつも不機嫌な様子。私がなにかしたのかと毎回考えますが、思い当たる節もなく、怯えるほどでもないですがストレスを感じていました。

そんなある日、なぜか妻が派手に怒鳴り込んできたことがありました。原因はいろいろあるのかもしれませんが、彼女がヒステリーになってしまいました。

これをきっかけに、ひとまず距離をおくために顔を合わせないようにしています。

30代前半/IT・通信系/男性

反論せずにしばらく距離を置くこと

妻の機嫌が悪い時、反論せずにしばらく距離を置くことで改善できました。

妻が妊娠してからさらに情緒不安定になり、よくイライラして私に当たるようになりました。

毎日続いたときはどうしようかと思いましたが、少し距離を置くと、しばらくしたら妻の機嫌も戻るので、変に関わらずそっとしておいた方がいいということが分かりました。

20代後半/流通・小売系/男性

【2位】冷静に対処する

冷静に対処する

落ち着いた頃に「どうしたの?何かあった?」とこちらから話しかける

妻は基本的に穏やかなのですが、まれにピリピリしているときがあります。

その時には、一度静かに距離を置いて落ち着きます。ピリピリしているときに話しかけても余計にイラつかせるだけなので、ある程度は時間に解決してもらいます。

その後、寝る前などに「どうしたの?何かあった?」とこちらから話しかけることにしています。

そうすると大体「上司がムカついた」とか「最近、あんまり二人で話す時間とれなかったから、ストレス溜まってた・・・」など、理由を話してくれることが多いので、じっくりと話を聞いたり、自分の対応を直したりしています。

20代後半/メーカー系/男性

どんなところが怖いか見極め、適切に対処する

まずは妻が暴力をふるって怖い場合は、離婚するしかありません。暴力をふるう人間というのは、基本的に「暴力で人を支配できる」と思っていたり、「自身のストレスを解消したい」という欲が確立してしまっていて、周囲がいくら注意しても全く心に響かず、改善のしようがないからです。

次に妻の言葉使いが乱暴で怖い場合は、毎回注意してあげましょう。言葉使いというのは幼少期からの癖が主な原因で、本人にとっては普通に話をしているつもりという事が多々あります。なのでその都度、「言葉使いが乱暴だよ」と指摘してあげましょう。矯正するまで長い時間がかかりますが、愛情を持って指摘・注意をしてあげれば必ず直ります。

次に家事等を何もせず、家に引き込もっていて病的で怖いという場合ですが、これはスグに然るべき病院に連れて行ってあげましょう。専門家のアドバイスを聞きながら治療に協力してあげれば、数年かかるかも知れませんが完治出来て解決すると思います。

40代前半/不動産・建設系/男性

妻の顔色をみながら合わせていく

ある時期、妻は毎日不機嫌でしたが、原因が全く分からなかったので、「何で怒ってるの?」とダイレクトに聞くと「は?普通そんな事、本人に聞く?自分で考えろ!」と怒られてしまいました。

何度考えても分からず対応のしようがなかったのですが、次第に機嫌が戻りましたので、「原因は俺では無いのか?」と余計に分からなくなりました。

なので最近は、機嫌が悪いと感じた時は顔色を見ながら、テレビを見ている妻にさりげなくコーヒーを淹れたりしています。

また妻は時折、強い口調で「〇〇やっといてって言ったのに、何で出来てないの!」と激怒することがあるのですが、「え?聞いてない・・・」と言うとヒートアップするので、初耳だったとしても「ごめんね。今直ぐするねー」と言って笑顔でやっています。

40代後半/専業主婦/男性