妻(嫁)が嫌い…既婚男性100人が実践した対処法とは

「妻(嫁)が嫌いすぎる…」と悩むこともありますよね。喧嘩が多くなったり不満が溜まって嫁を嫌いになってしまうと、別居や離婚を考えてしまう事も。

すぐに離婚という選択肢を選ぶことは避けたいからこそ、嫁が嫌いと感じる時でも上手に改善する方法があれば知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ既婚男性100人による妻(嫁)が嫌いと感じる時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

妻(嫁)が嫌いで悩んだ時の対処法ランキング

嫁が嫌いで悩んだ時の対処法ランキング

まずは、嫁が嫌いで悩んだ時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた妻(嫁)が嫌いで悩んだ時の対処法』によると、1位は『正直な想いを伝える』、2位は『少し離れ、自分の時間を過ごす』、3位は『自分の考え方や言動を変化させる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた妻(嫁)が嫌いで悩んだ時の対処法

男性100人に聞いた妻(嫁)が嫌いで悩んだ時の対処法

男性100人に聞いた妻(嫁)が嫌いで悩んだ時の対処法では、1位の『正直な想いを伝える』が約27.3%、2位の『少し離れ、自分の時間を過ごす』が約23.2%、3位の『自分の考え方や言動を変化させる』が約17.6%となっており、1~3位で約68.1%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら)

それでは、項目別で嫁が嫌いで悩んだ時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】正直な想いを伝える

正直な想いを伝える

自分の気持ちを素直に伝え、一緒に解決を目指す

些細な事で妻にイラッとする時があります。でも相手を責める事はせず、「俺はこうしてほしいんだけど、お願いできないかな?」と丁寧に伝えます。

元々は違う環境で育った者同士、100%理解し合う事は難しいですし、かなりの時間が必要です。自分自身が常に正しい訳でもないですし、だからこそ自分の考えを素直に伝えてお願いする事が重要だと考えています。

時にはケンカも必要かもしれませんが、無益なケンカは避けるべきです。お互いにとってプラスに働く事は何もありませんからね。

イラッとしても一呼吸置いてから、自分の考えをゆっくり伝えるようにしています!

30代前半/メーカー系/男性

お互いのいい所・悪い所を伝え合い、改善していく

妻と仲違いをしてしまうことはよくあることだと思います。

時々、「配偶者とうまくいかない時こそ、相手に対して感謝の気持ちを持つのが効果的」という意見も耳にしますが、今回のような場合に限っては、嫌いになって悩むほどパートナーとの心の距離が離れてしまっているのだから、無理して感謝の気持ちを持つ必要はないと思います。

それよりも、お互いのいい所・悪い所を伝え合い、改善していくようにしたほうがいいと思います。

私たちもすべてさらけ出して話し合ったことで、前より少しは良くなりました。

20代前半/不動産・建設系/男性

お互いに落ち着いて話せる場を改めて設ける

妻はキツイ性格で、自分の思い通りに事が運ばないと、すぐにこちらを強い口調で責めてきます。「なんで〇〇してくれないの?〇〇すべきだ。〇〇しないなんて信じられない。〇〇やっといてよ!」といった感じです。

この言い方に腹が立ちます。何かを要求するにしても「〇〇して欲しいんだけど」とか「〇〇してくれないかな?」等、言葉を変換すれば柔らかい言い方なんていくらでもできるはずなんですが・・・。

そこで、ゆっくりした時間が作れた時に、この件について話し合いたいと伝えるようにしています。

その場で反論するとお互い熱くなって口喧嘩になるだけなので、改めて落ち着いてからゆったりした口調で話を切り出して話し合うことで、お互いの思いのすり合わせをして、最後は仲直りして終わるよう心がけています。

30代前半/公務員・教育系/男性

不満を溜め込まずに、お互いが思っていることを話し合った

第1子が産まれてから、イライラすることが多くなった妻。産後は精神的に不安定になり、イライラし易くなるというのは知っていましたが、あまりにも口調が厳しく、私も我慢の限界になりました。

そのときは、「今の言い方はないんじゃないか?」と自分の気持ちをはっきりと伝え、妻が何に対して怒っているのかを話し合うことにしています。そうすることで、妻も「さっきの言い方は悪かった」と認めてくれ、こちらも怒らせてしまったことを謝り、すぐに仲直りすることができています。

不満に思ったことを自分の中で溜め込みすぎると、積もり積もって最悪の状況になってしまいかねないので、お互いが不満を吐き出し、それを改善していくことが夫婦円満の秘訣だと思います。

30代前半/法律系/男性

言いたい事を言って喧嘩し、冷静になれるまで距離をとる

取りあえず言いたい事を言って喧嘩をします。それから、お互い冷静になるのに時間が必要なので、一日くらい経ってから「ゴメン」と謝ります。

ここで重要なのは、心で理解出来なくても、何が悪かったのか頭で考え、相手の事は責めず謝る事。相手もこちらが何故怒っているのか理解出来ないからです。

そこを冷静になって理解していれば、謝るのはそれ程、抵抗なくなります。

怒りが冷める時間は人それぞれなので、喧嘩の内容や程度で考える事が必要です。

40代前半/メーカー系/男性

【2位】少し離れ、自分の時間を過ごす

少し離れ、自分の時間を過ごす

ひたすら副業にいそしみ、そこで得た収入を家族に還元する

妻は思い付きで愚痴を言ってくることがあり、時々嫌になることがあります。しかもその内容は彼女の職場のかなり突っ込んだことに関するものなので、うまくこちらが返せないこともしばしばです。しかし、妻は「しっかり考えてくれていない」と怒るため、何とか躱さなければ、いらぬ火種となってしまいます。

そこで、雲行きが怪しくなってきたら、その場を離脱しひたすら副業にいそしみます。

そんなことをしたら、却って妻が怒るのでは、と思われるかもしれませんが、心配は無用です。なぜなら副業で得た収入は、きちんと家族での外食やお菓子になっているからです(笑)

要は、私の副業が家族の憩いの一助を担っているということです。これ、意外と効果的です。

50代後半/公務員・教育系/男性

伝えたいことだけ淡々と伝え、時間を置いた

妻は話し合いが苦手で、長話になればなるほどイライラする性格ですので、最初に伝えたいことだけ淡々と伝え、それに納得してもらえようともらえまいと、あとは時間を置くようにしています。

納得してもらえていれば、妻側からアクションがありますし、そうでなくとも一緒にいる以上、互いを無視はできないので、うやむやになっても「まぁいいか」となることが多いです。

20代前半/不動産・建設系/男性

自分の時間をきちんと作る!

お互いに干渉しすぎると相手のことが嫌になってしまうので、干渉しすぎないということが夫婦円満の秘訣になるのではないかなと感じます。

相手のプライベートや思っていることに深入りすると、気が滅入ってしまうので、きちんと1人になる時間を自分でも作り、相手にも設けてあげることによって、お互いがストレスなく夫婦の生活を過ごすことができると考えています。

20代後半/金融・保険系/男性

少しでも多くひとりの時間を確保する

私は一人で過ごす時間が必要なタイプの人間です。実家には自分の部屋があり、一人暮らしをしても極力友人は部屋に呼ばず、「誰かといるとき、ひとりのとき」としっかり区別してきました。

そのため、妻と結婚したあとに、ひとりの時間がほとんどなくなったことから、ストレスを感じるようになったので、散歩に出掛けたり、カフェで読書をして少しでも多くひとりの時間を確保するようにしています。

しかし最近はコロナ禍で外に出る機会も減り、テレワークの導入でそういった束の間のストレス解消もできず、喧嘩や不機嫌な時間が増えてきました。

そのため、これまでは決してひとりで行かなかった食材の買い出しや、ちょっとした外出を積極的に請け負い、ひとり時間を捻出しています。

30代前半/メーカー系/男性

ひとりで旅行に行って、しばらく距離を置く

家内とは付き合っていた時から、性格がまったく合いませんでした。子供が出来てしまったため、仕方なく結婚をしたようなものですが、今では毎日のように嫌いなところに視点がいってしまって悩んでいます。

こういう時はひとりで旅行に行って、しばらく距離を置くようにしてます。

そうすると不思議なことに、嫌いな部分を忘れて家に帰りたくなるものです。

40代後半/不動産・建設系/男性

【3位】自分の考え方や言動を変化させる

自分の考え方や言動を変化させる

自分の態度を変える努力をする

妻を嫌いになったのは何故か考えるとともに、自分は妻に対してどう接してきたかも考えます。

また、「何か妻の嫌な事をしたから、態度が変わったのではないか?」など意識を巡らせてみて、自分の態度を変える努力をします。

そうすると、妻の態度も次第に変わり始め、好きだった頃に戻るような気がします。

人に対して変化を求める前に、自分から先に変えてみると上手くいくかもしれません。

40代前半/法律系/男性

嫌いなところを良いところに変換して考える

自分に課された試練だと思って乗り越えるようにしています。

ただ、一気に嫌いな部分を好きになるのは難しいので、少しずつ好きになれそうな部分を見つけて、分割して好きになっていくのが効果的です(笑)

例えば、妻がいつも家事を怠けてだらしないところが嫌いだと感じていた場合、「いつも夕食が手抜きでガッカリするけど、弁当は必ず作ってくれてるから、そこは好き!」というようにスモールステップを積み重ねていくんです。

良いところが見つかったらさらにそれを掘り下げて、「そういえば、弁当のおかずは毎日違うものを入れて、飽きさせないようにしてくれてるな」とか「手抜きの夕食も、俺が帰ってくるのに合わせて温め直してくれてる・・・」という感じでだんだんクリアしていくと、嫌いな部分がどうでも良くなっていきます。

これを繰り返していくと、嫌いな部分がなくなり、好きな部分しか残らないので、最終的により一層好きになります。

30代前半/メーカー系/男性

相手が出来る事だけ任せて、相手が出来ないことは自分で行う

十分な生活費を渡していますが、妻は一人暮らしの経験が無かったためか、欲しいものをどんどん買ってしまいます。

最初は「慣れてくれば自分で考えて、節約、貯金も始めてくれるだろう」と思っていましたが、なかなかそうは行かず、通帳を見るたびため息が出ました。また、何に使ったのか細かく問いただしてしまい、そんな自分が嫌になる時期もありました。

この状況を改善するために給与振込み口座を分割し、使える生活費を制限すると、妻はその範囲でやりくりするようになってくれました。

おかげで分割した口座の資金は、貯蓄と投資に回して将来に備えることができるようになりました。

30代後半/法律系/男性

【4位】良い所を見る・初心に返る

良い所を見る・初心に返る

一緒に行った旅行の写真などを見て、妻との思い出を振り返る

学生時代から10年以上寄り添ってきた妻と結婚しましたが、いざ結婚生活となると意見の不一致や喧嘩が日常茶飯事です。

「出会わなければ良かった、なんで結婚したのだろうか」と考えることもありますが、一緒に行った旅行の写真などを見て、妻との思い出を振り返るようにすると、楽しかった記憶が次々と蘇り、「選んで良かったかも」と思えるようになります。

20代後半/マスコミ系/男性

妻がしてくれていることで、ありがたいと感じる点を紙に書き出してみた

妻に対する不満が溜まり、気持ちがなくなりかけたことがあります。特に私の給料を妻が管理し、お小遣い制度にされたのが不服だと訴えたのに、聞き入れてくれなかったことから、だんだん嫌いになってきました。

これ以上、関係がギクシャクするのに耐えきれなくなり、どうにか改善しようと思った私は、妻がしてくれていることでありがたいと感じる点を紙に書き出してみました。

例えば私の好きなお茶を丁度いいタイミングで出してくれることや、副業の収入は自分の小遣いにしていいと言ってくれてたことなど、助けられていたことがいくつも見つかって嬉しくなり、いつの間にか「嫌い」が「好き」に変わっていました!

これを機に、今まで「お前」と呼んでいた妻のことを名前で呼ぶようになったところ、妻の態度も軟化してきたように思います(笑)

30代前半/自営業/男性

【5位】割り切る・期待しない

割り切る・期待しない

「相手はこういう考えなんだな」と受け止めて、持論は展開しない

そのときに話し合いをしてもさらに溝ができると思うので、とにかくその場はさっさと収束させます。

他人同士が同じ場所で生活をするので、価値観の相違は必ず生じます。「相手はこういう考えなんだな」と受け止めて、持論は展開しないように注意しています。

その結果、次回につなげていけばいいので、その場の話し合いは不要と判断しています。

30代後半/IT・通信系/男性

【6位】客観的な意見を聞く

客観的な意見を聞く

第三者を踏まえて話し合い

年上の妻は、毎回給料日になると「なんでこれしか残らないの?」と文句を言います。その都度、丁寧に詳細を説明しますが、納得いかないようで、私が誤魔化しているのではないかと疑っているようです。

結婚するにあたって、支払いの量や金額全て説明していたのに、こちらを責めるような言動が続いてイライラばかりだったので、ある時、完全に中立な立場にいる共通の友達にお願いして、私たち夫婦の話を5時間くらいかけて聞いてもらいました。

友達が「客観的に見て、旦那くんの言い分には矛盾も落ち度もないね。齟齬が生じてた支払いの内訳もわかったし、これで妻ちゃんの疑問も解消したよね?」とうまく説明して取りなしてくれたので、無事に解決できました。

それ以降、妻から給料のことでとやかく言われることもなく、円満に生活できているかなという感じです。

20代前半/サービス系/男性

まとめ

男性100人に聞いた妻(嫁)が嫌いで悩んだ時の対処法では、1位は『正直な想いを伝える』、2位は『少し離れ、自分の時間を過ごす』、3位は『自分の考え方や言動を変化させる』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ既婚男性100人による妻(嫁)が嫌いと感じる時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【女性版】旦那が嫌いと感じる時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

旦那が嫌い…既婚女性100人が実践した対処法とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年03月11日~03月26日
回答者数:100人