妻(嫁)がすぐ怒る…既婚男性100人が実践した対処法とは

「妻がすぐ怒る…」と悩むこともありますよね。細かい部分だったり、すぐ怒る部分だったりと理由は様々ですが、一緒に居てすぐ怒るような状態が続いてしまうと離婚を考えてしまう事も。

すぐに離婚という選択肢を選ぶことは避けたいからこそ、妻がすぐ怒る時でも上手に改善する方法があれば知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ既婚男性100人による妻がすぐ怒るの時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

妻がすぐ怒る時の対処法ランキング

妻がすぐ怒る時の対処法ランキング

まずは、妻がすぐ怒る時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた妻がすぐ怒る時の対処法』によると、1位は『聞き役に回り全て吐き出させる』、2位は『ご褒美・ちやほや作戦』、3位は『冷静に対処する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた妻がすぐ怒る時の対処法

男性100人に聞いた妻がすぐ怒る時の対処法

男性100人に聞いた妻がすぐ怒る時の対処法では、1位の『聞き役に回り全て吐き出させる』が約33.7%、2位の『ご褒美・ちやほや作戦』が約16.7%、3位の『冷静に対処する』が約15.5%となっており、1~3位で約65.9%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で妻がすぐ怒る時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】聞き役に回り全て吐き出させる

聞き役に回り全て吐き出させる

普段の不満を話させるように促す

妻は生理前後に怒りやすくなります。怒るというか八つ当たりで、普段なら受け流せるようなつまらないことが怒りの引き金になります。

そういう時は先手必勝、自ら家事を率先してやり、何かやってくれたらオーバーなくらい感謝を伝え、「いつも大変だよね」と自分から普段の不満を話させるように促します。

一通り日頃の鬱憤を吐き出すと、「愚痴ってごめんね」と言い始めるので、愚痴は繰り越させずにその都度吐き出してもらうと後を引きません!

40代前半/サービス系/男性

全て話して吐き出してもらう

私の妻は比較的怒りっぽい方だと思うのですが、その分いったん吐き出してしまえば怒りを引きずらないタイプです。

妻が怒っている時は、まず話を聞くことにしています。

あと、子供の前ではあまり怒っている姿を見せてほしくないので、怒りの原因については二人の時になるべく話すようにしています。

全て話して吐き出してもらえば比較的すぐにスッキリしてくれるので、その点は妻に感謝しています。

40代前半/専業主婦/男性

怒っている理由をすべて話してもらう

妻は些細なことでイライラします。そのタイミングで話しかけると火が付きます(笑)。なんでそこまで怒るのか理解出来ず、最初はこちらも感情的になり言い合いになっていました。

最近は自分に非がある事に関しては、「じっくりと怒った理由を聞かせて欲しい」と伝え、「悪い点が理解出来た、ありがとう」と言って終わるようにしています。

妻自身のイライラからくる怒りについては雰囲気から察し、あえて触れないようにしています。怒る理由で対応を変えています。

40代後半/流通・小売系/男性

胸の内をすべて吐き出すようにしてもらう

妻は怒りっぽくて、よく文句を言ってくるので困ります。

そういう時は愚痴なども全て聞いたり、褒めてあげたりして、胸の内をすべて吐き出すようにしてもらいます。

ストレスを与えないようになるべく注意して理解をしてあげることが大切です。

じっくりと話を聞いてあげているうちに、少しずつ怒りっぽい所を改善していき、今は短気を起こさなくなりました。

50代前半/サービス系/男性

全てしっかり聞き、ストレスやイライラを発散させてあげる

妻は子供のわがままや仕事での人間関係にストレスを感じていて、それが溜まると怒りやすくなります。

そういう時は、普段の仕事のイライラなどを発散するように話をします。

私が頷きながら聞いたり反応することで、最後はスッキリしたような顔で話が終わるので、聞く姿勢が一番大事かなと思います。

20代後半/メーカー系/男性

自分の意見は言わず、ただ愚痴を聞き流し、共感して否定はしない

妻は子供の態度ですぐにイライラして機嫌が悪くなります。

朝から子供に怒っていることがしょっちゅうありますが、私は干渉しないようにします。

子供を駅まで車で送って帰ってきた後に愚痴がはじまりますが、そんな時は私はただ話を聞くだけにしています。

自分の意見は言わず、ただ愚痴を聞き流し、共感して否定はせず、「わかるよ、酷いね」などの言葉をかけるようにしています。

40代前半/自営業/男性

まずは相手の話を聞き、共感して吸収する

短気で何事にも怒ってくる嫁ですが、その裏にはちゃんと理由があり、「自分じゃどうにもならないから、なんとかしてほしい」など、隠れてる部分があると思います。

その隠れてる部分を探し出し、汲み取ってあげることで緩和していきました。

なのでまずは相手の話を聞き、共感して吸収する!この3つで十分だと思います。

30代前半/不動産・建設系/男性

まずは話を全て聞く

まずは妻が不機嫌な時の癖があるので、不機嫌を察したらできるだけ近づかないようにしています。

やむを得ず接さなければいけない時に、こっちまでイライラして言い返してしまうと泥沼に嵌まるので、まずは話を全て聞きます。

少し時間がたって落ち着いてからこちらから謝ると、ほとんどの場合、相手方も謝ってきて事態が丸く収まります。

30代前半/公務員・教育系/男性

【2位】ご褒美・ちやほや作戦

ご褒美・ちやほや作戦

妻の好物を注文する

妻は大変怒りっぽく、すぐに拗ねてしまう性格をしています。先日も私が娘と笑いながら話をしていただけで、機嫌を悪くしていました。

こういう時は妻の好物であるカツ丼とピザの出前を注文するようにしています。

好きな物を食べていると機嫌が良くなっているので、とても単純で扱いやすい人間だといつも思っています(笑)単純な方が付き合いやすいものです。

30代前半/専門コンサル系/男性

スウィーツを二つ買って帰り、「どちらが食べたい?」と、主導権を委ねてあげる

私の妻はなかなかに自由人です。毎日、子供の世話で疲れているのでしょう、仕事から帰ってきた私を見るなり、今日起こった嫌な出来事を矢継ぎ早にまくし立てます。

長年連れ添った勘といいますか、「今日は帰ったら不機嫌そうだな」と思ったときは、スウィーツを二つ買って帰り、「どちらが食べたい?」と、主導権を委ねてあげると案外大人しくなります。

まぁ、どちらを選んだとしても、どちらも私の好きなスウィーツなのですが(笑)

30代後半/流通・小売系/男性

服などを買ってあげると言う

私の妻は本当に短気だと思います。仕事や家事、育児などで疲れているのはわかりますが、ちょっとした事ですぐに怒ります。

私がちょっとでも「疲れた」などと言おうものなら、「私だって働いて疲れている!」と激怒します。

また、私が食器洗いなどをしている時、妻に「今のうちに子供の歯を磨いて」と頼んでも、「私だって働いてるから休憩させて!」とキレられます。「いや、それを言ったら俺も働いているし、やる事をやってから休んだらいいのに・・・」といつも思います。

どうしようもないくらい怒っている時は、「何か買ってあげる」と言うとすぐに機嫌が直るので呆れています(笑)

30代前半/メーカー系/男性

【3位】冷静に対処する

冷静に対処する

「なんで怒ってるの?」と冷静に質問する

うちの妻は自分のタイミングで物事が出来ないとすぐ怒ります。例えば「食器洗いを自分のやろうと思ったタイミングではなく、人に言われてやるタイミングがズレると苛立つ」などがわかりやすいでしょうか。

つい最近も、子供の保護者会での書類整理を妻に頼んでいたのですが、一向にやる気配がないので「俺が自分でやるから書類貸して」と言ったところ「これからやるところだから!」などとイライラし、怒り出しました。

こういう時は冷静になって「どうして怒っているの?俺が怒られるような事しましたか?」と「どちらが原因で今の状況に至ったのか」をハッキリと認識させて「じゃあ怒るのは違うよね?」とその場を収めます。

理論的に話を進めて一度落ち着かせると言った感じでしょうか?うちの場合は大体はこれで終わりますね!

30代前半/流通・小売系/男性

一呼吸置いて落ち着いた状態で相手をする

妻がすぐ怒る場合、私は冷静に対処します。こちらが怒り返せば火に油を注ぐようなものです。余計にめんどくさくなり、自分が疲れるだけなので損だと思います。

相手を包み込めるようになれれば、悩むこともなくなります。

妻が理不尽に怒ってきたら腹が立つこともあるでしょうが、一呼吸置いて落ち着いた状態で相手をすれば、怒ることも少なくなってくるのではないでしょうか。

40代前半/流通・小売系/男性

まずは状況や原因を確認し、なるべく妻をなだめるように話を逸らす

妻は普段は非常に温厚なのですが、娘に対するしつけにおいては、非常にヒステリックに叱りつけることが多々あります。

怒鳴り声が聞こえ、2歳の娘が泣き叫んでいるので、在宅ワークを中断して様子を見に行くこともしばしばあります。

まずは状況や原因を確認し、なるべく妻をなだめるように話を逸らすなどして、娘の様子も観察しながら間に入るようにしています。

30代前半/メーカー系/男性

【4位】とりあえず謝る

とりあえず謝る

話を聞いて誤解があれば解いて謝って解決する

私の言葉足らずが原因で、妻に誤解を与えて怒らせてしまうことがあります。

妻は感情が顔に出やすいので、なんか怒ってるなと思ったら、自分の言った言葉で思い当たることがないか考えて、それから話を聞いて誤解があれば解いて謝って解決することがあります。

その後は優しい言葉をかけたりして、元通りになることが多いです。

30代後半/不動産・建設系/男性

こちらから悪いと思った部分は謝る

妻は臨機応変な対応が不得手なので、家事などを順序立ててやっている時にこちらが不用意に話しかけたりすると、急に怒り出したりします。

まあ、こちらも妻の性格を知りながら話しかけているので、悪いといえば悪いんですが、もう少し怒りの度合いを抑えてくれても良いのになあと感じてしまいます。

と思っていても、しっかり謝ってしまうのは惚れた弱みというやつなのでしょうか(笑)

40代後半/IT・通信系/男性

【5位】笑わせる

笑わせる

何か面白い事をして笑わせる

妻は結婚当時から短気ですぐ怒ります。最初の頃はこちらも食ってかかりましたが、結婚生活も長くなると怒るタイミングなども分かりやすくなってきました。

ですので最近では嫁が怒りだすと、何か面白い事をして笑わせることにしています。

面白い事をすると嫁も顔がニコニコして「お前は本ホンマに~!」と笑ってくるので、自分がアホになれば嫁さんも喜ぶことだし、夫婦円満の秘訣と信じて生活しています(笑)

40代前半/流通・小売系/男性

【6位】相手にしない・聞き流す

相手にしない・聞き流す

まともに相手にしない

他人と分かり合うのは難しい事なので、お互い嫌な事はハッキリ言い合った方がいいと思います。

生理前の妻はひどいですね。仕事の愚痴や同居してる父への当たり等…。女性は聞いて欲しい生き物と言いますが、僕はそれを聞くのが嫌で、一度伝えたことありますが、結局改善されませんでした。

聞いてるこちらがストレスが溜まるので、まともに相手にしない事にしました。

30代前半/専業主婦/男性

まとめ

男性100人に聞いた妻がすぐ怒る時の対処法では、1位は『聞き役に回り全て吐き出させる』、2位は『ご褒美・ちやほや作戦』、3位は『冷静に対処する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ既婚男性100人による妻がすぐ怒るの時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『【女性版】夫がすぐ怒るの時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

夫(旦那)がすぐ怒る…既婚女性100人が実践した対処法とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年03月17日~04月01日
回答者数:100人