【男女別】結婚に焦りを感じた時の対応!既婚者200人の助言

結婚,焦り

友人の結婚ラッシュを見ると、急に結婚に焦りを感じることもありますよね。このまま結婚出来ないのかも・・・と不安を感じる方も多いのではないでしょうか?

そんな時、焦りながらも結婚をすることが出来た既婚者達はどのように行動したのだろう、と気になる方も多いはず。

この記事では、既婚女性100人と既婚男性100人による結婚に焦りを感じたときの対応を体験談と共にご紹介しています。

【女性編】既婚女性100人の結婚に焦りを感じたときの対応

famico編集部が行った『既婚女性100人に聞いた結婚に焦った時の対応』によると、1位は『視野を広くする』、2位は『必死にならない』、3位は『自然体になる』という結果に。

以下では、結婚に焦りを感じたときの対応15選を体験談と共にご紹介しています。

【女性編】結婚相手に求めるべき条件&体験談

「結婚は一つの形態に過ぎない」と自分に言い聞かせること

いわゆる適齢期を過ぎると、「もしかしたら自分は一生独身なのでは?」と焦ったり、落ち込んだりしがちです。ですが、人生80年時代、あまり結婚は急がない方が良いと思います。

例外としては、子供がたくさん欲しい、という点がありますが。そうでないなら、結婚は遅めの方が幸せになれると思います。何故なら、結婚は地道で地味な日々の繰り返しです。加えて、相手の性格や生活態度にどこまで妥協できるかが試される場だからです。

50代後半/専業主婦・主夫/結婚11年目以降

理想を追い求めず生涯添い遂げれる相手を選ぶ

婚活中は良縁がなく焦りばかりでした。結婚相談所やパーティーも度々行きましたが続く縁にはなりませんでした。

ある時、いったん婚活お休みしようと2か月ほど活動を休止した期間がありました。そんな中で自分の理想とは違うけれど、一緒に居て落ち着く男性と出会いました。

男性も同じように考えてくれたみたいで出会って2か月でプロポーズされました。理想も大事だけど生涯一緒に添い遂げるので、そればっかりじゃないですよ。

30代後半/メーカー系/結婚3年目

あまり思いつめず冷静になること

私は20代前半で結婚したため、焦りを感じることはありませんでしたが、焦る友人は多数見てきました。

そのときに話を聞いていて感じたのが「結婚はゴールではない」ということです。結婚して幸せになれるわけではないのです。そこから幸せになる努力を続けなければいけません。だから結婚自体に焦りを感じる必要はないのではないでしょうか。

あまり思いつめず冷静になり、どんな人と、どんな未来を築きたいかについて冷静に考えてみると良いのではないかと感じています。

40代前半/不動産・建設系/結婚11年目以降

ライティングキュアを活用してみましょう

結婚に焦りを感じるということは、自分の中で何かしらの不満があると思います。友人に先を越されたから、早く幸せになりたいからなど。一度自分の不満を書き出してみましょう。

例えば、早く結婚したい、今の彼が結婚してくれない、先を越されたのが悔しい、など、簡潔に書き出します。それから、それは何故なのか?理由を思いつくままに書き出してゆきます。その次に、自分はどうして結婚したいのかを書き出します。どんな理由でも良いのです。

実は、自分の不満を先に書き出してしまう事で、結婚することに対して客観的に見ることができ、自分の不満をケアすることで、焦りを穏やかにすることができます。自分の思いを文章にして見てみることで、感情的なネガティブを優しく抑えるのです。

結婚を焦る事ではなく、結婚する事に焦っている自分の気持ちを眺めてみることが、ライティングキュア(書き出すことで気持ちの整理をする)の目的です。

20代後半/IT・通信系/結婚2年目

ガツガツせず周りを見てみる

気付けば友人のアイコンの写真が子供になっていたり苗字が変わっていたり焦っていました。でも、あまりにも結婚したいアピールをしたら引かれてしまうと思ったので真面目な交際であることをアピールしたら、すぐに結婚出来ました。(笑)

20代後半/専業主婦・主夫/結婚2年目

自然体でいること、悲壮感をださないこと

自分はこういう方と結婚したいという強い意志を持つことが大切です。

私が結婚できないのは自分が結婚したい相手と出会っていないだけなんだと思うようにしていました。そのように考えるようになってからマイナスな気持ちが消えて自然体で相手と向き合うことができました。

40代後半/医療・福祉系/結婚11年目以降

冷静に考えて必死にならない事

このまま結婚できないんじゃないかと焦ってしまうと恋人が居てる人は関係が悪化してしまう事があります。

恋人の居ない人は焦ってしまって好きでもない人と付き合ったりしてしまうかも知れないので、焦らずに結婚のイメージを1度頭から無くしてしまって、自分が楽な気持ちで恋愛を楽しんで欲しいです。年齢は関係ない時代だと思うので焦る必要はありません。

30代前半/専業主婦・主夫/結婚2年目

周りと比べず、自分は自分でマイペースに自分を見失わない

結婚適齢期を独身で過ごして、周りの人が結婚、子供とステップを踏んでいく中とても焦りを感じてしまうと思います。

でも周りと比べても仕方ないことなので、自分は自分と考えてマイペースに婚活をしたほうが良いと思います。趣味を楽しんだり、休日をゆっくり過ごしたり、充実している女性の方が男性から見ても魅力的なはずです。

私も婚活経験者でしたが、焦って始めた頃には全然良い縁に恵まれず、一旦休憩して自分の時間を持ち始めた頃に良い出会いがあり結婚できました。自分を見失わず、自分らしくいることが良いと思います。

30代前半/サービス系/結婚1年目

一人で悩むことをやめてみる

私自身、20代後半になっても結婚どころか彼氏もいない状態でした。

それまでは恋愛に対する相談を人にすることがなく、一人でどうしようと焦りを募らせていました。そんな時、友人と会った際に会話で恋愛話になりました。半ば諦めで悩んでいることを打ち明けると、そこから今の主人を紹介してくれました。

自分でどうにかしようともがくよりも、周りから見た方が自分のことをよく分かってくれているのだと実感しました。思い悩むよりも誰かに相談してみると新しい道が開けるかもしれません。

30代後半/専業主婦・主夫/結婚6年目から10年目

自分が置かれている立場でできることに全力で取り組むこと

女性であれば特に、結婚に対する焦りが人生で何度か訪れることが必ずあると思います。

周りの友人が結婚し始める時期や、仕事でキャリアを積んでいきながらもこのままでいいのかと悩んだり、私も結婚するまでに何度かそのような時期がありました。そして、そのように悩んでいる時期は、恋愛に関しては特にうまくいきませんでした。

そういったことが何度かあったある時、ふっと「こんなことで悩むのは止めて、今自分ができることに集中しよう」と、仕事に全力で取り組みだしてしばらく経った頃、良い出会いがあり、その後はトントン拍子で結婚に至り、今は幸せな結婚生活を送っています。

当時を振り返ってみると、結婚に悩んでいた時は、きっと焦る姿ばかりが周りに見えてしまって、全く魅力的でなかったのだろうと思います。何かに真剣に取り組んでいる人は 素敵に見えます。

まずは、自分ができることを真剣に全力で行っていけば人間的にも磨かれて、きっとそういった姿勢が結婚にも繋がっていくと思います。

40代前半/専業主婦・主夫/結婚6年目から10年目

結婚がゴールではなく、スタートだと意識を変える

女性は適齢期を過ぎると結婚に焦りが出始めますよね。でも、結婚したからといって必ずしも幸せになるわけではありません。

恋は盲目とは言いますが、盲目というフィルターがかかっている状態で大好きな彼と結婚できたなら、幸せだ!と思う方がほとんどだと思いますが、 人間の恋は4年までしか保たないそうです。

4年後、恋という盲目フィルターが取れた時を想像してみて下さい。 好きでもない彼とあなたは結婚生活を続けられるでしょうか? 結婚には忍耐が必要だともよく言いますが、実際にもそうだと思います。

もう好きでもない彼と結婚生活を続けるために、 ぜひ「好き」という感情だけではなく、長年連れ添って恋心がなくなったとしても、一緒にいても苦にならないような見所にある人、恋心がなくなっても尊敬できるような方を見つけて結婚生活を「スタート」させて欲しいです。

女性は結婚する男性によって今までの生活がガラリと変わる事も少なくありません。それも覚悟の上、自分のために、決して早まらず、自分のペースで相手を見極めて欲しいです。

30代前半/専業主婦・主夫/結婚5年目

結婚した後の生活に、何を求めているのかを見つめ直して

ただ結婚したいのではなくて、結婚してから求めているのは何なのかを考えてみて下さい。

安定した生活なのか、子供が欲しいのか、お金なのか、楽しさなのか。たくさん条件を持つのではなく、自分が一番大切にしたいと思うことを考え、それを共有できる相手を探すのが一番だと思います。

30代後半/不動産・建設系/結婚11年目以降

自分のまわりをよく見てみる

自分の友人の結婚式に出たりしたときに、つい、自分も早くしたいと、新しい出会いを求めて焦ってしまった時期がありました。ですが、新しい出会いを求めれば求めるほど、条件ばかりが気になってなかなか、この人だ!と思える人に出会えませんでした。

そんな時に、今までの知り合いのかたと丁寧に接するようにしたところ、複数の方から声を掛けて頂くことがありました。自分のまわりをもう一度見まわしてみると意外な人物がいるかもしれません。

40代前半/専業主婦・主夫/結婚11年目以降

一度視野を変えてみる

私も周りに比べるとかなり結婚が遅くなり、焦っていた時期もとても長かったのですが、そういった時に実践した事は、「一旦結婚のことを考えることをやめる」ということでした。

自分の好きな事や、心地いいと感じる事はどんな事だろうと考えたり、その日にあった嬉しかった事を思い返したり、自分の毎日を丁寧に過ごしていくと、自然と気持ちが楽になりました。

30代前半/専業主婦・主夫/結婚3年目

一旦手放して、好きなことに打ち込む

私のいとこの話ですが、彼女はとても綺麗で、私よりも結婚が早いと誰もが思っていました。このいとこが42歳になり結婚した話です。

彼女は30までは焦ってもなかったのですが、35が過ぎる頃に、周りがほとんど結婚していき、焦りが瞬時に上りきってしまい、同時にピークがやってきていたようです。

その時は紹介を利用し、何人かの男性に会い、本気で相手探しもしていたようです。ですが、良い出会いはなく…….そんな時に彼女は何かに吹っ切れた様子で、新しいことを始めました。

それまで15年以上務めた仕事も辞め、突然陶芸を始めたのです。陶芸をしたかったのは知らなくてびっくりしましたが、伝統工芸にもともと興味があったようで、どんどん歳もとっていくし、今だから出来ることをしようと新しいことを始めたのです。

その間、外国の食器類も興味が出たらしく、彼女は始めてパスポートをつくり、外国にも行ったり、まるで自分探しをしてるような月日を30代後半で過ごし始めました。彼女の両親からは私はすごく心配を相談されたのですが、彼女が楽しそうだったので私は良いと思ってました。

そこから2年くらいでしょうか…実はね彼ができて….と久々のメールで告げられ、そこからついに今年はじめに入籍をしました!40代に入ってからの結婚ですが、何の問題もなく幸せそうです!

自分自身が焦っている時期にはなかなか出会いもない気がしますし、焦ってる時の決め事に限って失敗もあります。イキイキしている心が元気な時というのは自分もエネルギーが溢れているので、良い出会いにつながるんじゃないかと思います!

人生は一度きり。結婚だけにとらわれず自分がしたいことにも目を向けて、自分ライフを楽しんでくださいね!

40代前半/専業主婦・主夫/結婚11年目以降

【男性編】既婚男性100人の結婚に焦りを感じたときの対応

famico編集部が行った『既婚男性100人に聞いた結婚に焦った時の対応』によると、1位は『自分を見つめ直す』、2位は『必死にならない』、3位は『視野を広くする』という結果に。

以下では、結婚に焦りを感じたときの対応15選を体験談と共にご紹介しています。

【男性編】結婚相手に求めるべき条件&体験談

人は人、自分は自分。男性は焦らなくても大丈夫

女性は妊娠出産を考えると、結婚適齢期というものが生物的に決まってしまいますが、男性の場合その心配は不要です。

他人と比べて焦って間違った選択をするより、じっくりとタイミングを見極めていけば大丈夫です。人間的に成熟していれば、ある程度年齢を重ねたとしても結婚してくれる女性はいます。最近は晩婚化も進んでますし。

30代後半/医療・福祉系/結婚11年目以降

結婚した状態を考えてみることが大切

焦っているという事は結婚をすることが目標となり、なぜ結婚したいのかを考えなくなってしまいます。そして結婚=ゴールとなり、結婚してから後悔することも多々あると思います。

そんな状態にならないためにも、自分は結婚してからどうしたい、ということを決めておくことが必要です。

40代前半/サービス系/結婚6年目から10年目

一度自分を振り返ること

私も年齢的に周りがぞくぞくと結婚した時期があり、とても焦りを感じたことがあります。

まずはきちんと自分を振り返り、相手に求めることをきちんとまとめるべきだと思います。そこできちんと折り合いをつけることが大切だと思いました。

30代前半/不動産・建設系/結婚2年目

特に焦らなくてもチャンスは来る

私は容姿に自信がなく、合コン等に行ってもいつも出会いがない状態でしたが、焦れば焦るほど機会は逃げて行きます。

落ち着いて自分の身なりが清潔か、相手に不快感を与えるような言動をしていないか気をつけていれば機会にはいつか恵まれます。

30代前半/メーカー系/結婚5年目

むしろ結婚を意識しないで今の生活を一生懸命生きること

結婚に焦る方は何事もうまくいかない傾向があるように感じています。

魅力のある人とはどんな人なのか考えた時に、やはり1番は一生懸命なにかに取り組んでいる人だと思います。それが仕事なのか趣味なのかは人によって違うと思いますが、一生懸命何かやっているときは人はとても輝いて見えます。

それが職場恋愛に発展をしたり、趣味の中で恋人ができたりと言う流れになっていくと思うので、追う恋愛をするのではなく、今の自分を磨き追われる恋愛をすることをオススメします。

30代前半/公務員・教育系/結婚4年目

結婚するまでの自由な時間を楽しんで

自分は22歳で結婚しました。子どもがすぐ生まれ、自由な自分の時間なんてものはないのが現状です。結婚したら、今のような自由きままな生活は出来ません。

もちろん、二人だからこそ楽しいときもありますが、縛られているなぁと感じることが多くなります。自由な時間を楽しんでください!

20代前半/IT・通信系/結婚2年目

結婚を焦った時こそ、焦ってると悟らすな

結婚に焦りを感じる時こそが焦っている雰囲気を醸し出すのはマズイです。何故かというと、やはり焦っている男は魅力的ではないからです。

女性はドンと構えてモテている雰囲気の男性に目を惹かれます。モテなくて焦ってもそれを醸し出さない事が大切です。

20代前半/流通・小売系/結婚2年目

結婚する目的を思い出して、冷静になる

同僚が早々に結婚してしまう中自分だけが取り残されることに対して不安を感じることが多かったのですが、自分の焦る姿は相手に対して「度量の小ささ」を露呈することになってしまい、かえって縁を台無しにしてしまったようです。

焦りから解放されるために私は、ことあるごとに、結婚を思い立った時の目的意識を思い出して「目的にかなう相手が見つかるまで無理に自分を繕わなくても良い」という態度で人と接することにした結果、相手からも「信頼できそう」との感想をもらい交際がうまくいきました。

20代後半/商社系/結婚1年目

まず自分が一緒に居たいと想う人がいるか考えてみる

まず結婚とは何かを考えて見てください。結婚はお互いのある程度の妥協、相手に合わせて行動することが大切です。

それを考えて自分には金銭面や仕事、様々なことに余裕があるかが大切なことです自分に余裕ができれば恋も結婚もいい方向に向かうと思います。

20代前半/不動産・建設系/結婚2年目

自分自身をよく見つめ直す事

焦ってしまうと、気持ちが空回りしてしまい、何事も上手くいかなくなる事が多々増えてしまいます。

そんな時こそ落ち着いて自分自身を見つめ直し事が必要です。また相手が何を考えていて、何を望んでいるかを冷静に考え判断できるように、常に落ち着いている事が大切です。

30代後半/メーカー系/結婚4年目

運命の人ではない人と結婚するくらいならしない方がマシ!

私は27歳で1度目の結婚をしましたが、当時交際していた彼女から結婚を何度も迫られて根負けした形の結婚でした。

私は焦っていませんでしたが、彼女は32歳を迎えておりかなり焦っていたのはわかりきっていました。安易な理由でお互い結婚した後はケンカの連続。結局離婚に至っても「結婚とは何なのか?」わからずじまい。

昨年、2度目の結婚をしましたが、お互い再婚ということもあり、前回の結婚生活の反省点を生かしながら幸せな時間を送っています。

早く結婚出来ればいいわけじゃない。それは結婚がゴールではないからです。どの年齢でも、長かれ短かかれ残りの人生を共に歩むにはまず「合う人と一緒になる」ことが最重要。実は若くして結婚することはリスクがとても高いのです。

「結婚して落ち着きたい」なんて言う人がよくいますが、合わない人と一緒になっても決して落ち着く日は訪れません。なので世間体や身内の意見などクソ喰らえくらいに考えて、まずは自分の人生を充実させることを優先するべきだと思います。

30代後半/公務員・教育系/結婚2年目

自分のペースを貫くこと

焦ってよいことになる確率は低いと思います。結婚を後悔するぐらいなら焦って結婚するよりもじっくりとお互いの事を知った上で後悔した方が自分自身納得いくような気がします。

自分のペースを貫いた方がよいと思いますし、それでも結婚を焦りながらついてくる女性は、時が経過してもついてくると思います。

40代前半/流通・小売系/結婚5年目

視野を広くして周りを見てみること

私は若くして結婚し、離婚を経験しています。

当時は視野が狭く、付き合うことイコール結婚、という考え方でしたが、離婚してから改めて周りを見てみると、もっと素敵な女性はたくさんいるし、結婚生活がつらそうな人たちもいました。

それからは結婚が全てじゃないと考えるようになり、心に余裕ができたように思います。今では、本当に好きな人と出会って結婚し、子どもに恵まれて幸せです。

40代前半/IT・通信系/結婚11年目以降

出来ることから一歩ずつ、着実に

私も結婚する前は親戚等からのプレッシャーで焦りを感じていましたが、行動に移せていませんでした。

そこで、ある時思い立って婚活サイトへ登録してみました。一日1通だけのメールをする程度でしたが、1ヶ月後には彼女ができ、2年後には結婚できました。まずはほんの少しだけ行動してみることが大事なのかもしれません。

30代前半/メーカー系/結婚2年目

焦って見つけてもいい出逢いはない

自分も恋愛は何度か経験はありますが、結婚がなかなかできなくて焦っている時期もありました。

ウケが良くなるように自分のを変える努力をしてみたりしましたが、結婚できて思ったのは自分を見失わないようにしないとダメだと思いました。行動さえすれば何かは変わるはずです。

30代前半/流通・小売系/結婚1年目

まとめ

今回は、既婚女性100人と既婚男性100人による結婚に焦りを感じたときの対応を体験談と共にご紹介してきました。

焦って結婚に失敗した!なんてことにもならないように、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

【男女別】結婚相手に求めるべき条件とは?既婚者200人の助言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ