【男女別】結婚相手の正しい選び方とは?既婚者200人の助言

結婚,相手,選び方

将来の結婚を考えたときに、結婚相手の正しい選び方を知りたい方も多いのではないでしょうか?可能であれば、既婚者だからこそ分かる結婚相手の正しい選び方を知りたい方も多いはず。

この記事では、既婚女性100人と既婚男性100人による結婚相手の正しい選び方を体験談と共にご紹介しています。

【女性編】既婚女性100人が考える結婚相手の正しい選び方

famico編集部が行った『既婚女性100人に聞いた結婚相手の正しい選び方』によると、1位は『向上心がある人』、2位は『経済力がある人』、3位は『家庭的である人』という結果に。

以下では、結婚相手の正しい選び方15選を体験談と共にご紹介しています。

【女性編】結婚相手の正しい選び方&体験談

何事も前向きに取り組める人

結婚相手ではなくても言える事ですが、今後何年も一緒にいると思うと、前向きさが大事だと思います。

例えば家事などをお願いした時に、相手が不得意な事であってもまずは前向きに取り組んでくれる事で、嫌々文句を言われながらよりも夫婦円満にいられると思います。

また、私が何かを失敗した時でも前向きな人であれば、物事をポジティブに捉えて優しい言葉・行動で接してくれると思います。実際に我家は夫婦共にポジティブ思考なので、喧嘩もする事もありますが基本は笑って過ごす事の方が多いです。

30代前半/サービス系/結婚3年目

家事を手伝う意識がある人

全てとは言いませんが、家事を少しでも手伝ってくれる人を選んだ方が良いと思います。共働きであっても、専業主婦であっても、家事を全てやるのはとても大変です。何か少しでも手伝ってもらえると、嬉しくなり、相手にも優しく出来ます。

夫婦円満は、お互いがお互いを思いやりを持っていくことだと思うので、優しくすることは、とても大事だと思いますが、何も手伝ってくれない人には優しくできません。

30代後半/医療・福祉系/結婚11年目以降

誠実な人(自分に対して愛情深く接してくれるかなども)

お互いに誠実であることは一番大切だと思います。それは思いやりであったり、愛情深差であったりと色々言い換えられる気がしますが、誠実でないと嘘を平気でついたり冷たい態度をとったりと色々問題が出てくると思います。

30代後半/専業主婦・主夫/結婚11年目以降

家事育児を一緒にしてくれる人

今の時代、男女共稼ぎが多い時代なので、お互いが同じくらいの家事育児ができるような相手がいいと思いました。実際私の旦那も育児にはかなり協力的で、助かってます。そして子供自身も父親と母親両方ともも懐いていいと思います。

40代前半/金融・保険系/結婚6年目から10年目

向上心があり仕事が出来る人でも、最後はお互いを思いやれるかどうか

まず第一は、やはり経済力が一番大切だと思います。

初めは、愛だの何だのでやっていけますが、実際、生活するとなると経済力がいかに大切かを痛感される方々が多いと思います。働かない男なんて論外ですが、いかに仕事に真面目で向上心があるかないで、先々の展望も大きく左右します。

お金がないと生活は勿論、心にも余裕がなくなり、ケンカも絶えなくなると思います。お金も大切ですが、やはり、最後は、いかにお互いを思いやれるかが一番大切です。

40代前半/不動産・建設系/結婚11年目以降

顔だけで選んではいけない

出会いのきっかけはやっぱり「好みの顔」であっても結婚するとなると顔だけで判断するのは失敗の元です。

結婚相手の正しい選び方は顔よりも、真面目さや思いやりの心を持っているか?という点が大切だと思います。当たり前ですが仕事をして金銭的に困らぬようしっかり働き、病気の時とかにはお互いを思いやれる気持ちこそが結婚相手に最も必要な要素だと思います。

30代後半/IT・通信系/結婚6年目から10年目

人の気持ちを察することができる人

人の気持ちに寄り添えない人は、他に秀でたところがあっても、ちょっとしたことでも嫌なところが目につくようになると思います。

生活していく中で、気持ちの浮き沈みは誰にでもあると思います。そんな時に、気持ちを察してくれるだけで気持ちは楽になります。気持ちに寄り添う姿勢は、良好な関係を続けていく上で必要不可欠なことだと思います。

30代後半/専業主婦・主夫/結婚6年目から10年目

金銭感覚が近い人が良い

付き合ってる時とは違い、一緒に生活していると些細なことが気になったりし始めます。タオルを使ったら毎回洗うか洗わないか、朝ごはんはパンか白飯かなど。ただ、そういったことは結婚生活を続けていくうちに慣れてきます。

しかし、金銭感覚だけはなかなか相手に会わせるというのは難しいようです。なので、結婚する前にお互いの金銭感覚は知っておくべきだと思います。

30代後半/医療・福祉系/結婚6年目から10年目

金銭のお価値観が一緒の人

外見だけではなく、性格や価値観が合う人を選んだ方が良いと思います。スーパーでの買い物やどこか外食へ行った時に、金銭感覚が一緒か、またさりげなく気配りが出来ているかによって、今後結婚をしたときに生活を共に過ごせるかが決まってきます。

30代前半/専業主婦・主夫/結婚3年目

酒癖が悪くない人、アラハラをしない人

私はお酒が全く飲めないので、酒癖の悪くない人、アルハラをしない人は必須条件でした。個人的な偏見かもしれませんが、モラハラもある人が多い気がするんです。お酒に逃げてたらアル中にもなるし、良いイメージはありません。

40代前半/専業主婦・主夫/結婚11年目以降

いざという時に頼りになる人

結婚するまでは、何かあったら両親に相談したりして頼っていましたが、結婚して家庭を作ってからは、やはり両親より主人になります。

結婚する前から、しっかりと話を聞いてくれたり、いざという時に守ってくれる頼りになる彼がいいです。結婚してから幸せだけでなく、困難にぶち当たることもあります。一緒に乗り越えられる事で、お互いに成長できると思います。

30代後半/専業主婦・主夫/結婚11年目以降

自己満足ではなく、自分に対して思いやりがある優しさがある事

サプライズが好きな女性というのは多いですが、サプライズが好きな男性は自分に酔っている方が多いように思えます。サプライズしている自身に酔っているだけであり、相手を喜ばせたいという大義名分をつけているだけなことが多いです。

周りからの尊奉の眼差しが欲しいだけの方を選ぶと、後々苦労するので自分に対して思いやりや優しさがあるか念入りにチェックしておきましょう。

30代前半/医療・福祉系/結婚1年目

尊敬できる部分がある

結婚して毎日一緒に生活を始めると、見たくなくても相手の嫌な部分は見えてきてしまうものだと思います。でも、相手に対して尊敬できる部分があれば例え相手の嫌な部分を見てしまっても、夫婦関係は上手くいくのではないかなと思います。

30代前半/専業主婦・主夫/結婚3年目

責任と覚悟が持てる相手であること

結婚する時に大事なのは、男性も女性も互いに相手を選んだ自分に対する選択への責任と覚悟が必要だと考えます。そうすれば、ちょっとした不満で、こんなはずじゃなかったのになんて思いません。

これは一つの例ですが、家に帰るとダラっとしますよね!普通は。でも、責任と覚悟がないと、だらっとした相手を見て、自分はこんだけやってるのに全く….と言う目で見たり、こんなはずじゃなかったのに…とお互いに支え合って生活が成り立っていることをすっかり忘れて、相手にただの気分的な不満をぶつけてしまうことになります。

相手に対して好きとか一緒に居て楽しいという気持ちも大切ですが、相手を尊敬できること。そして相手に対して責任と覚悟が持てるという事はとても大切です。

40代前半/専業主婦・主夫/結婚11年目以降

優しくて思いやりのあるひと

なんといっても優しい人だと思います。最近旦那のDVに悩まされているという相談をよく聞きます。

付き合っている段階でわからなかったのかと聞くと、付き合っている期間が短かったり、DVされても好きだからと聞きます。一緒に生活する上で男が立場が上という考えの人はあまり良くないのではと思ってしまいます。

優しさの中に思いやりがあり、相手のことをお互いに考えていればなにも問題なく過ごせると思います。

20代後半/専業主婦・主夫/結婚1年目

【男性編】既婚男性100人が考える結婚相手の正しい選び方

famico編集部が行った『既婚男性100人に聞いた結婚相手の正しい選び方』によると、1位は『優しく思いやりがある人』、2位は『一緒に居て気を使わない人』、3位は『家事が出来る人』という結果に。

以下では、結婚相手の正しい選び方15選を体験談と共にご紹介しています。

【男性編】結婚相手の正しい選び方&体験談

感謝の気持ちをちゃんと言える事

当たり前の事を当たり前の様に出来る環境作りと、その気概が大事だと思います。

まず、やっぱり「ありがとう」と、「ごめんなさい」が素直に言えないと互いの関係が良くないです。家事や子育てもそうなんですけど、やっぱり、してもらえて嬉しかったらありがとうと、相手に悪いなっと思えたならまずは、ごめんなさいと。まずはここからだと思います。

段々と馴れ合っていく中で、当たり前の事を見過ごしがちになっていくと思うので、最低限はここのルールを守る事が出来れば夫婦喧嘩にはならないと思いますし、また何かしてあげようと、思えてきます。凄く大切な事だと思います。

30代後半/サービス系/結婚2年目

性格が穏やかでおおらかな人

何よりも性格が穏やかなことにつきます。

料理が下手とか片付けられないとかは正直なんとかなります。相手が出来なければ自分がやればいいですし、二人で練習していくことも出来ます。

ですが、性格がキツいと一緒にいるのもツラくなります。また性格はすぐに変わるものでもないです。

付き合うだけならそんなに問題にならないかも知れませんがこれからの長い人生を一緒にいることを考えると性格が穏やかなことが一番だと思います。

30代後半/医療・福祉系/結婚5年目

冷蔵庫内がスッキリしている女性

体験上「冷蔵庫内がスッキリしている女性」という観念が最高だと思っています。

冷蔵庫内が綺麗ということは当然料理の手際もいいです。整理整頓上手なので家の掃除問題ありません。また子供の子育て、教育にも明快な支持が出来ます。

女性は年齢とともにドンドン性格がキツくなります。しかし家事においての手際はそう変化はありません。冷蔵庫内を見れば出来る女性かどうか一目でわかります。おすすめですよ!

50代前半/不動産・建設系/結婚11年目以降

食事を美味しそうに食べる人

夫婦になって長く共に過ごすことになりますが、そこでずっと仲良くいるために凄く大事なこととなるのは「食事」だと思っています。

相手が食べることが好きな人、美味しそうに食べる人だと作る側も捗りますし気分も良いです。そして料理を作ることへの向上心も上がり相手も喜んでくれます。ただし食に対する関心が強い(食にうるさい)というのは違うので注意してください。

美味しそうに食べてもらえるとこちらも食事をするのも楽しくなり会話も弾みますよ。

20代後半/専業主婦・主夫/結婚3年目

明るく前向きな人がベスト

結婚すると、その相手とは人生で一番多くの時間を過ごすことになります。

その人が明るい人であれば、毎日が明るく楽しくなります。暗い人であれば、家庭も暗くなり少しも楽しくありません。落ち込まず前向きな人が一番です。

50代後半/マスコミ系/結婚11年目以降

長時間一緒にいても自然に過ごせる人がよい

男性の場合、結婚相手を選ぶとなるとルックスやスタイルで選んでしまいがちですが、一緒にいて自然にできるかどうか、変な気を遣わなくていいかどうかを基準に選んだ方がよいと思います。

ルックスやスタイルはすぐに慣れてしまいますし、そこに魅力を感じ無くなれば残るものはなにもありません。

30代後半/医療・福祉系/結婚11年目以降

一緒にいて気を使わずにいられる人

結婚すると生活を共にしていくこととなるので、気を使わずに素の自分でいられる人がいいかなと思います。

仕事で色んなストレスがある上で家でもとなると気を抜く所がないので、家では気が休める、リラックスできる雰囲気や環境を求める上で一緒にいられる人が良いかなと思います。

40代前半/サービス系/結婚6年目から10年目

一緒にいて素でいられること

男女関係なく、お互いがお互いの気持ちを本心で言い合えるかが最も重要だと思います。

結婚して少なくとも50年近くこれから毎日共に人生を歩んでいくということを考えたら、お互い着飾った関係や周りから見た時のステータスの高さだけで結婚相手を選んだら確実にいつかお互いが我慢できなくなると思います。

20代後半/商社系/結婚3年目

生活習慣が同じで考え方が同じである事

料理が上手、容姿がきれいで選ぶのはいいが、一番大事なのは生活習慣や価値観が同じである事。一生一緒に生活するのでそこが食い違うとつらい生活を何十年も過ごさないといけない。そこがあっていれば、料理などは上手くなっていくし、見た目はお金をかければなんとかなる。

40代前半/メーカー系/結婚5年目

家事やお金の管理がしっかりできる人

日々の生活をしっかり立てていかないといけないので、家事が出来、お金の管理を出来る人を選ぶといいと思います。

まず、家事ができないと生活環境も悪くなりますし、将来子供が出来たときには、当然お金がかかるわけですから、生活費の管理もしっかり出来ると先々の家庭が安定していくと思います。

30代前半/IT・通信系/結婚1年目

合う人と一緒になること

夫婦円満で過ごす秘訣は合う人と一緒になることだと思います。

しかしそれが一番難しいのです。血が繋がっている兄弟でも性格が合わない場合があるのに、赤の他人である配偶者と合うというのは本当に難しいこと。ただ、唯一感覚的に頼れるのは価値観が近い人ではないかと思います。

また夫側が資産家育ちで妻側が一般的な家庭育ちはあり得ますが、その逆はとても難しいと思います。夫婦関係もしかり。絶対ではありませんが、夫の収入が妻より低い場合は男性としてのプライドも薄れ、うまくいかないことも多いのではと感じます。

お互い同じくらいの実家で育ち、同じくらいの金銭感覚で、同じくらいの夢がある人がうまくいく秘訣と考えています。

30代後半/公務員・教育系/結婚2年目

料理や掃除などの家事が進んで出来ること

家事が進んで出来ることは非常に重要です。私は料理が全くできないのですが、妻が料理好きなお陰で毎日食卓を囲んで食事ができています。

他の家事も、夫婦で分担して行うことで家族の時間ができ、生活が円満になると思います。

20代後半/サービス系/結婚3年目

思いやりのある優しい人

結婚するという事は基本的に長い間一緒にいる事であるので、思いやりのある人が一番の理想の結婚相手だと考えます。また二人の子供やお互いの両親や親族も関わってくるので、一にも二にも思いやりのある人と一緒にいる事が大切だと思います。

40代前半/医療・福祉系/結婚6年目から10年目

仕事に対して理解を示してくれる人

自分は自営業をしているので特にですが、夜が遅くても朝が早くてもほとんど家にいなくても、理解を示して特に小言も言わずに出迎えてくれることが大切です。男性は一生働かなくてはなりませんしね。

それを見たときに自分も仕事を頑張れるし、家族に対して優しくなれます。我が家はほとんど喧嘩をしたこともないし、今でも仲良く結婚生活を送れています。

30代前半/自営業/結婚3年目

まとめ

今回は、既婚女性100人と既婚男性100人による結婚相手の正しい選び方を体験談と共にご紹介してきました。

結婚相手の選び方と同じくらい重要になってくるのが「結婚相手の条件」です。以下の記事は既婚者だからこそ分かる「結婚相手に求めるべき条件」をご紹介しています。是非合わせてご覧ください。

【男女別】結婚相手に求めるべき条件とは?既婚者200人の助言

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年08月01日~08月16日
回答者数:100人