叔母の親等とは?家系図で解説!

みなさんは叔母の親等がいくつになるかご存知でしょうか?

 

そもそも親等の数え方が分からない!という方も多いと思います。

そこで今回は、親等の数え方叔母の親等について家系図を使って分かりやすく解説していきたいと思います。

 

叔母とは

まずはじめに「おば」について簡単におさらいをしましょう。

 

叔母とは自分にとって主に以下の関係にある人を指します。

 

  • 父の妹
  • 母の妹
  • 父の弟の妻
  • 母の弟の妻

 

ここでひとつポイントがあります。

それは「叔母とは両親の妹または弟の妻」であるということです。

 

では父母の姉は叔母ではないの?となりますが、この場合は叔母の漢字表記が異なります。

父母の姉の場合もしくは父母の兄の妻の場合は「伯母」となります。

父母の年齢を基準として、両親より年少の場合に「叔母」となり、父母より年長の場合は「伯母」となります。

 

叔母と伯母の違いについて詳しく知りたい方はこちら

「叔母」と「伯母」の違いとは!

 

親等とは

親等とは、親族間の遠近の度合いのことを指します。

少し難しいですが、親族関係の遠近を把握するための単位ということですね。

 

親等の数え方

親等は親子関係つまり上下の関係を1親等として数えます。

 

例えば父と子の場合だと「父→子」となりますので、1親等ですね。

同様に祖父と孫の場合だと「祖父→父母→子」となりますので2親等となります。

親等について詳しく知りたい方はこちら

「親等」とはどんな意味?

 

叔母の親等

それでは叔母の親等を家系図で確認してみましょう。

 

 

自分から叔母へ家系図を辿るためには、「自分→父母→祖父母→叔母」としなければなりません。

そして、この数を数えてみると3つとなりますので、叔母の親等は3親等だという事が分かります。

 

また、叔母は傍系血族でもあることから3親等の傍系血族と呼ばれることもあります。

まとめ

今回は叔母の親等について解説を行ってきました。

 

頭の中で数えることが難しくても、家系図にして数えてみるとわかりやすくなりますね。