「傍系」とはどんな意味?家系図で解説【行政書士監修】

傍系

みなさんは「傍系」という言葉を聞いたことはありますか?

法律に多少知識のある方や、相続をされたことがある方は良く知っていると思います。

今回はそんな「傍系」について解説をしていきたいと思います。

\ 人生で一度は家系図を作ってみよう!/

家系の記録を残しておきたい
両親に家系図をプレゼントしたい
結婚や出産などの記念に

わたしの家系図物語(ヒストリエ)調べてカンタン!すごいご先祖がわかる

傍系とは

傍系(ぼうけい)とは「祖先を同じにする分かれた系統」のことを指します。

簡単に言うと、叔父や叔母、兄弟姉妹などの左右のつながりのことですね。

祖先は同じですので、ご先祖様から見ると同じ子孫となるわけですが、本人たちから見ると別の系統に属していることになります。

例えば自分にいとこがいる場合、自分といとこにとって祖父母は共通の続柄となります。

しかし、上下のつながりである父母が異なるため別の系統となりますね。

このような系統を傍系と呼びます。

家系図で確認する

傍系とは家系図で見たところの左右のつながりです。

この家系図だと、赤い色の部分が傍系を指しています。

家系図を見ていただけるとわかるように、子や孫、父母や祖父母は傍系ではありません。

子や孫、父母や祖父母は縦のつながりですので「直系」と呼ばれています。

直系について詳しく知りたい方はこちら

「直系」とはどんな意味?行政書士が家系図で解説!

まとめ

家系の呼び方には今回解説をした「傍系」以外にも「直系」や「尊属」「卑属」といった言葉が存在しています。

自分から見てご先祖様との関係を知りたいときは家系図を作ると視覚的にもわかりやすいかもしれませんね。

続柄を家系図にまとめてみる

続柄を学んだ後は家系図を作成してみるのもおすすめです。

今では数千円の書籍でも家系図の作り方が詳しく紹介されていますので、興味がある方は是非家系図作成にトライしてみてくださいね。

\ 人生で一度は家系図を作ってみよう!/

家系の記録を残しておきたい
両親に家系図をプレゼントしたい
結婚や出産などの記念に

わたしの家系図物語(ヒストリエ)調べてカンタン!すごいご先祖がわかる