「直系」とはどんな意味?家系図で解説!

みなさんは「直系」という言葉を聞いたことはありますか?

法律に多少知識のある方や、相続をされたことがある方は良く知っていると思います。

今回は「直系」について解説をしていきたいと思います。

 

直系とは

直系(ちょっけい)とは「直接的な親子関係でつながる系統」のことを指します。

 

簡単に言うと、親子や親の親、子の子のような直接的な親子関係のことですね。

 

ただ祖父母と自分とでは、間に父母を挟みますので直接的な親子関係はありません。

ですが、祖父母と父母父母と自分連鎖的に親子関係は続いています。

このように直接的な親子関係がなくても連鎖的に親子関係が続いている場合も直系となります。

 

家系図で確認する

 

 

直系とは家系図で見たところの縦のつながりの部分のことです。

 

この家系図でいうと、青色の部分が直系を指しています。

家系図を見ていただけるとわかるように、弟関係や甥姪、叔父叔母は直系ではありません。

兄弟姉妹や甥姪、叔父叔母は横のつながりですので「傍系」と呼ばれています。

すなわち、直系というのは1世代ごとの縦のつながりのことと言えるでしょう。

傍系について詳しく知りたい方はこちら

「傍系」とはどんな意味?家系図で解説!

まとめ

家系の呼び方には今回解説をした「直系」以外にも「傍系」や「尊属」「卑属」といった言葉が存在しています。

自分から見てご先祖様との関係を知りたいときは家系図を作ると視覚的にもわかりやすいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします