初心者におすすめの推理小説32選&読書家500人ランキング

謎解きや犯人を捜す推理要素があり、かつ初心者でも気軽に読むことが出来る推理小説を読みたい時もありますよね!

誰もが知る名作から隠れた名作など、読書家が実際に読んで初心者もおすすめできる推理小説と口コミを知りたい方も多いはず!

この記事では、ミステリー好き500人が選ぶ初心者におすすめの推理小説32選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

初心者におすすめの推理小説人気ランキング

初心者におすすめの推理小説ランキング

まずは、初心者におすすめの推理小説人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『読書家500人が選ぶ初心者におすすめの推理小説』によると、1位は『容疑者Xの献身(97票)』、2位は『イニシエーション・ラブ(76票)』、3位は『謎解きはディナーのあとで(52票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、初心者におすすめの推理小説を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/97人がおすすめ

【1位】容疑者Xの献身

770円 (2021/06/23 19:28:22時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 東野 圭吾
出版社 文藝春秋
発売日 2008年8月5日
価格 ¥770円

主人公の巧妙なトリックと“愛”に泣ける

高校生の頃に、何度も夢中で読み返した推理小説です。

主人公の純粋な恋心と、巧妙なトリック。自分の人生全てを捧げる彼の姿に、本当の“愛”という物を感じ、涙しました。

とはいえ、推理小説なので『なんで、こんな事になってしまってるの?』のスリルにどんどん引き込まれていきます。

タイトルにある【献身】の意味をラストで実感し、感動できる推理小説です。

iroha2021さん/30代/女性

500人中/76人がおすすめ

【2位】イニシエーション・ラブ

631円 (2021/06/23 12:09:19時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 乾 くるみ
出版社 文藝春秋
発売日 2007年4月10日
価格

ただの恋愛小説かと思いきや、ラストの大どんでん返しに驚愕必至

「イニシエーション・ラブ」がおすすめです。前田敦子さん主演で実写映画化もされた人気作です。

はじめは、あれ?ただの恋愛小説かな?と思うような、男女の出会いから甘い逢瀬が繰り広げられます。

…が読み進めていくと、ラストの大どんでん返しに、すぐにでも読み返してしまうこと間違いなしです!

tottochさん/20代/女性

500人中/52人がおすすめ

【3位】謎解きはディナーのあとで

569円 (2021/06/23 07:14:46時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 東川 篤哉
出版社 小学館
発売日 2010年9月2日
価格 1,502円

コミカルなキャラクター設定や軽めのタッチのミステリーで読みやすい

ドラマ化もされたので、知ってる人も多い作品だと思いますが、こちらの「謎解きはディナーのあとで」は、軽いタッチで読めるのでミステリー初心者の人にもお勧めできる作品だと思います。

生粋のお嬢様なのに刑事、だとか毒舌だけど執事というキャラクター設定も面白く、2人の掛け合いもとても小気味良くて、コミカルで読みやすく、どんどん読み進められると思います。

russicocoさん/50代/女性

500人中/26人がおすすめ

【4位】氷菓

436円 (2021/06/22 20:51:59時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 米澤 穂信
出版社 KADOKAWA
発売日 2001年10月28日
価格 572円

省エネ主人公と巡る、古典部文集『氷菓』に隠された謎がゆるくも面白い

ミステリー小説というと、「難解なトリックや度重なる凄惨な殺人事件、ピリピリとした緊張感が苦手で…」と敬遠される方もいらっしゃるかと思うのですが、この作品では“殺人事件は起らない” というところがポイントです。

一般的なミステリー小説が殺人事件等をメインテーマに据えるのと異なり、こちらの作品のメインテーマは「歴史ある古典部の文集『氷菓』のタイトルに込められた由来を明かす」というストーリー。それで本当に面白くなるのかしら?と思われるかもしれませんが、これが面白いからすごいのです!トリックなんてないのに、真実が解き明かされていく気持ち良さがたまりません。

いわゆる学園ミステリーというジャンルで、古典部に所属する高校生4人がメインとなって日常の謎を解決していくストーリーなのですが、各キャラクターがしっかりと個性を持っているので、ライトノベルを読んでいるような感覚でミステリー特有の読みにくさがありません。

そして、主人公・折木奉太郎は「省エネ主義」を信条とする非積極的な男子高校生なので、全体的に程よくゆるいのです。肩肘張らずに気軽に読めるミステリー作品として、大変オススメです!

finch152さん/30代/女性

500人中/24人がおすすめ

【5位】むかしむかしあるところに、死体がありました。

1,133円 (2021/06/23 06:02:14時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 青柳 碧人
出版社 双葉社
発売日 2019年4月17日
価格 1,430円

誰もが知っている昔話の世界で、殺人事件が起こる!

昔話に出てくるキャラクターで物語が展開されていくので、とても読みやすいです。

おじいさん、おばあさん、悪いおじさん、悪いおばさん等々、登場人物は誰もが知っているお話なのですが、展開の意外性に驚かされます。

短編集になっているので、難しくなりすぎず最後まで楽しく読みきれます。

結末は驚きつつも納得できるものなので、全てを知った上でもう一度、読み返してしまう程でした!

hatyarutyunatyaさん/20代/女性

500人中/24人がおすすめ

【6位】ようこそ、わが家へ

531円 (2021/06/23 07:14:46時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 池井戸 潤
出版社 小学館
発売日 2013年7月5日
価格 765円

物語の急展開が多く、読んでいてハラハラドキドキする!

初心者にオススメの推理小説は、「ようこそ、わが家へ」です。

争い事が嫌いな主人公が、駅のホームで割り込みをしていたニット帽の男を注意したところから物語が始まり、その日を境に主人公の家族が嫌がらせのターゲットになっていくお話です。

いきなり主人公は犯人に跡をつけられ、追いかけられたりして、読んでいてとてもハラハラドキドキします。

物語の急展開が多く、読んでいて面白いのでオススメです。

sakananotamagoさん/20代/女性

500人中/19人がおすすめ

【7位】パレートの誤算

803円 (2021/06/23 07:14:47時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 柚月 裕子
出版社 祥伝社
発売日 2017年4月12日
価格 803円

複雑怪奇な事件に悩まされ、人間ドラマに共感できる

「パレートの誤算」は典型的な推理小説で、初心者の方にもおすすめです。

今、注目の作家・柚月裕子さんの作品で、生活保護に関するお話なので内容は少し重いかもしれませんが、作中に描かれている人間ドラマはよく共感できると思います。

福祉事務所のケースワーカーと保護対象者を巡って、悲しい謎に迫る作品となっています。と同時に、複雑怪奇な事件に頭を悩まされます!

柚月さんの心理描写は何度読んでも鳥肌が立ちます。ドラマ化されるだけのことはあります!

icokumaさん/20代/男性

500人中/18人がおすすめ

【8位】白ゆき姫殺人事件

616円 (2021/06/23 19:39:23時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 湊 かなえ
出版社 集英社
発売日 2014年2月20日
価格 660円

ネットの恐さが良く出ている

ネットによって間違った情報が流布され、憶測を呼んだり、冤罪を生んだりしてしまう…ネットの恐さが良く出ている作品だと思います。

この作品では、本当の殺人犯だけではなく、ネットで無責任に責め立てる人達の恐さもリアルに描かれています。

今、生きている人達に理解してもらわなければならないメッセージだと思っています。

sky25_9a0bさん/50代/男性

500人中/16人がおすすめ

【9位】仮面山荘殺人事件

講談社
704円 (2021/06/22 22:09:12時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 東野 圭吾
出版社 講談社
発売日 1995年3月7日
価格 704円

巧みな心理描写や緊迫感があり、物語の世界に引き込まれるが、さらりと読める

私が推理小説にハマるきっかけになった1冊です。

登場人物は山荘に集められた男女と、そこに侵入した銀行強盗。外部との連絡を遮断された中で起きる殺人事件で、どんどん疑心暗鬼になっていく心理描写が見事です。

気付いたら自分もその山荘にいるような気になっていて、緊迫感のあるストーリーなのにさらりと読み進められます。

重い部分もあるけど、最後に全ての伏線が回収されて、読んだ後はすっきり。さすが東野圭吾!というような作品です。

sks111さん/30代/女性

500人中/15人がおすすめ

【10位】オリエント急行の殺人

754円 (2021/06/23 08:48:16時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 アガサ クリスティー
出版社 早川書房
発売日 2011年4月5日
価格 1,034円

ミステリーの面白さが伝わりやすく、救いもある

アガサ・クリスティのミステリーは、初心者にも読みやすくて、ミステリーの面白さも伝わりやすいものが多いです。

そのなかで一作をあげるとすると「オリエント急行の殺人」です。映画にもなっています。

オリエント急行のなかで起こった殺人事件を、エルキュール・ポワロが謎解きする、というお話です。

意外な犯人に、あっと驚くこと請け合いのミステリーです。

その上でポワロがすることが、読後感をほっとさせてくれます。

pengxuelaoさん/50代/男性