小学生にもおすすめの推理小説21選&読書家500人ランキング

謎解きや犯人を捜す推理要素があり、かつ小学生でも気軽に読むことが出来る推理小説を読みたい時もありますよね!

誰もが知る名作から隠れた名作など、読書家が実際に読んで小学生もおすすめできる推理小説と口コミを知りたい方も多いはず!

この記事では、ミステリー好き500人が選ぶ小学生におすすめの推理小説21選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

小学生にもおすすめの推理小説人気ランキング

小学生にもおすすめの推理小説ランキング

まずは、小学生にもおすすめの推理小説人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『読書家500人が選ぶ小学生にもおすすめの推理小説』によると、1位は『名探偵夢水清志郎事件ノートシリーズ(101票)』、2位は『パスワードシリーズ(91票)』、3位は『ハリー・ポッターと賢者の石(78票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、小学生にもおすすめの推理小説を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/101人がおすすめ

【1位】名探偵夢水清志郎事件ノートシリーズ

講談社
858円 (2021/06/23 09:42:57時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 はやみね かおる
出版社 講談社
発売日 1994年2月15日
価格 825円

わくわくしながら読み進められる、等身大の本格推理小説

名探偵・夢水清志郎事件ノートシリーズの第一作目である本作。

隣の家に引っ越してきた名探偵のとぼけたキャラクターや、主人公の3姉妹の目線で語られる物語は、小学生の心をひきつけると思います。

また、遊園地で起こる子供失踪事件は、大人も「なるほど」と思わせるトリックとその背景の物語があり、読了後の充実感が味わえます。

読者の想像力を掻き立てるキャラの立った挿し絵も、見ていて楽しいです。

MISAYOさん/20代/女性


親子で楽しめる本格推理小説

「なかよし」で漫画化、そしてマナカナ主演でドラマ化もされた、はやみねかおる先生の人気シリーズ「名探偵夢水清志郎事件ノート」の第一弾です!

児童小説ですが侮るなかれ、親子で楽しめる本格推理小説です。生活力皆無のぐうたら探偵・夢水清志郎が、お隣岩崎家の三つ子と事件を解決していきます!

第一弾は夏休みの遊園地、集まった天才児たちが姿を消していく…。種明かしは、思わずなるほどと言ってしまう、かなりのクオリティです!

また夢水清志郎のライバルである、怪盗クイーンのシリーズも合わせると30冊以上出ているので、気になる方は是非お手に取ってみてください!

sakanakanaさん/20代/女性

名探偵でありながら普段は変人というギャップが面白い

「名探偵夢水清志郎事件ノート」はシリーズものです。変人・名探偵夢水清志郎と、その隣に住んでいる三つ子が事件に巻き込まれていきます。

見どころは何と言っても、主人公・夢水清志郎の変人っぷり!普段は自分の名前や食事も忘れてしまうような変人ですが、なんと元大学教授!そのため、三つ子からは「教授」と呼ばれています。

ただし事件が起きると、名探偵・夢水清志郎に早変わり!頭をフル回転させて謎を解いていく姿はとてもカッコいいです。

そしてもう一つの見どころは、犯人の気持ちや立場も考えて謎解きをするところです。ただ単純に犯人を見つけ出して警察に突き出すのではなく、夢水清志郎なりの優しさも垣間見れる作品です。

01ayakaaa01さん/20代/女性

殺人事件の起きない安心の推理小説

青い鳥文庫から刊行されている子ども向け小説です。

主人公が三つ子の姉妹で、隣に引っ越して来た自称名探偵の「教授」とともに、事件を解決していく物語です。

キャラクターが個性的で、全体的にほのぼのとした雰囲気の作品だと思います。

なにより殺人事件が起きないにも関わらず、しっかりとしたミステリーとして楽しませてくれます。

yorita99さん/20代/女性

500人中/91人がおすすめ

【2位】パスワードシリーズ

講談社
770円 (2021/06/23 09:42:58時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 松原 秀行
出版社 講談社; 改訂版
発売日 2011年6月10日
価格 770円

好奇心をくすぐる謎が満載!

講談社・青い鳥文庫から出ている「パスワード」シリーズがオススメです。児童書なので、学校の図書館や児童館にも置いてあると思います。

作中で出てくる謎はパズルやなぞなぞが中心で、小学生でも取り組みやすい謎解きになっていると思います。

ストーリーも先が気になるようなドキドキ感が楽しめるので、普段本を読まないような子どもにもオススメです。

11号さん/20代/女性


個性的な登場人物と一緒に謎解きしたくなる!

小学生の謎解き大好き男女5人組が、身の回りの謎から大きな事件までさまざまな問題を解いていきます。

なぞなぞは解決したらスカッとして、きっと友達に出題したくなるはずです。

5人の個性的なキャラクターも魅力的です。さらには恋愛模様も…?!

読みやすく、イラストもかわいくて、ドキドキワクワクするストーリーです。

ayayan0802さん/20代/女性

クイズや推理だけでなく主人公達のキャラ設定も魅力的

主人公のマコトは学校の成績は真ん中くらいですが、推理小説作家を目指すだけあって、ひらめき力は優れた男の子です。パソコン通信で知り合った学校の違う仲間達と探偵団を結成し、協力しながら様々な事件の解決に励んでいきます。

小学生向けではあるものの、推理には数学の要素やパズルなど、専門知識もたくさん出てきて、大人でも結構頭を使う内容です。楽しみながら知識を身につけられますね。

この小説のちょっと変わっている点として、探偵団の仲間の通う小学校がみんな違うところというのが挙げられます。マコトのように平凡な子もいれば、秀才で私立小学校に通う子、運動神経抜群で全国大会に出る子など、それぞれの「当たり前」が違うので最初はぶつかることもあります。

しかし事件を推理しながら、お互いを認め合っていく姿に感動するでしょう。

宮原 さくらさん/30代/女性

日常の謎や誘拐事件など、探偵団と一緒に推理したくなる!

学校も違う、得意分野も違う、でもミステリーが好きな小学生たちが、パソコン上で繋がって探偵団を結成して、いろんな事件を解決していくシリーズです。

それぞれ謎を出し合ったり、大きな事件に立ち向かったりしながら、バラバラな5人が絆を深めていくので、とても読み応えがあります。

探偵団を作った謎の人物ネロの正体など、わくわくすること間違いなしです!

miminaaさん/30代/女性

同じ小学生が解決していくので親近感が湧きやすい!

「パスワードシリーズ」の「パスワードはひみつ」をお勧めします。

もともと小説やミステリーが好きな人たちが、ネット上で集まって会話を広げていたところから物語はスタートしますが、登場人物それぞれが個性的で、「あぁ。自分の学校にもこんな人いるな」と思えるような性格なので、小学生でも読みやすいと思います。

シリーズを通して、みんなが少しずつ成長していくのを感じられる点もおすすめです!

taisyo.71さん/20代/男性

500人中/78人がおすすめ

【3位】ハリー・ポッターと賢者の石

静山社
1,850円 (2021/06/22 20:47:12時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 J.K.ローリング
出版社 静山社
発売日 1999年12月1日
価格 2,090円

ファンタジーの要素だけでなく、謎解き気分も味わえる!

ハリー・ポッターはファンタジーに分類されるかもしれません。しかし読んでみると、事件が起こり、友人たちとこっそり調査したり、手がかりをつかんで、ついには犯人と対決!というふうに、ミステリー要素もたくさんあるんです。

同年代のハリーたちの授業風景や、夜中に学校を探検する様子など、ハラハラドキドキも楽しく、一緒になって冒険している気分になる作品です。

7raikkoさん/30代/女性

500人中/51人がおすすめ

【4位】怪人二十面相

554円 (2021/06/23 09:42:58時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 江戸川 乱歩
出版社 ポプラ社; 文庫版
発売日 2005年2月1日
価格 660円

とてもわかりやすい文章で、どんどん読めてしまう

江戸川乱歩の作品で、怪人二十面相という怪盗と名探偵・明智小五郎の宿命の対決が描かれています。

巧みな推理で追い詰める明智小五郎と、変幻自在に変装する怪人二十面相。推理小説とは言いながら、とてもわかりやすい文章で、どんどん読めてしまうはずです。

またこの作品を皮切りに、江戸川乱歩シリーズにハマる可能性も大いにあります。「次はどれを読もうか」となること間違い無しです。

まりも○さん/50代/男性


読者に近い年代の男の子が大怪盗と対峙する姿にハラハラする

著名な推理作家、江戸川乱歩の「少年探偵団シリーズ」の一作目に当たる「怪人二十面相」。

ここで活躍する探偵助手・小林芳雄は、およそ十二、三歳の少年です。読者に近い年代の男の子が、知恵を絞って変装の達人でもある大怪盗・怪人二十面相と対峙する姿は、大人も子供もハラハラすること間違いなし。

大人顔負けの知恵と勇気、そして少年探偵の七つ道具を武器に、恐ろしい強敵と戦う小林少年の活躍は、師の明智小五郎に負けず劣らず格好良いのです!笑

子供ならではの大胆な作戦がたっぷりと含まれた、少年探偵団結成の物語は、乱歩作品の中でも随一の読みやすさです!

桜庭39さん/20代/女性

500人中/48人がおすすめ

【5位】オーデュボンの祈り

693円 (2021/06/23 09:42:59時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 伊坂 幸太郎
出版社 新潮社
発売日 2003年11月28日
価格 825円

奇怪な島で起こる事件に段々のめり込んでいく!

「オーデュボンの祈り」はとてもオススメです。

一人称視点で、伊坂幸太郎の小説の中では特に読みやすい部類です。

特殊な場所、特殊なキャラクター達が織り成す事件に、最初は驚いてしまうかもしれませんが、気がつけばのめり込んでいきます。

伏線が巧妙に張り巡らされており、事件の全貌を知った時には思わず感嘆してしまうことでしょう。何度読んでも楽しめる作品だと思います。

RealForestさん/20代/女性

500人中/27人がおすすめ

【6位】ぼくらの七日間戦争

324円 (2021/06/23 09:33:16時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 宗田 理
出版社 KADOKAWA/角川書店; 改版
発売日 2014年6月20日
価格 704円

主人公達がとても小学生らしくて共感できる

小学生にもおすすめの推理小説は「ぼくらの七日間戦争」です。

主人公たちの設定が小学生なので、同じ立場で読めるお話になっています。

友達との会話や発想が、とても小学生らしくて共感できると思いますし、次々と起こる出来事がとてもハラハラして、次が気になる内容になっています。

本が嫌いな小学生でも、読むのが好きになると思います。

chipndaleminaさん/20代/女性


心がスカッとし、「このモヤモヤは自分だけじゃないんだ」と思える

小学校高学年ごろから中学生あたりは、勉強や習い事、友達関係など、いろいろ悩む時期だと思います。

私も少しずつ大人の気持ちを知り始め、心に色々な葛藤が起こる年頃に、この本を読みました。

読むと心がスカッとし、「このモヤモヤは自分だけじゃないんだ」と思ったことを覚えています。

現代の子供たちが読んでも、引き込まれる作品だと思います。

kink3jpさん/30代/女性

500人中/19人がおすすめ

【7位】オリエント急行の殺人

754円 (2021/06/23 08:48:16時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 アガサ クリスティー
出版社 早川書房
発売日 2011年4月5日
価格 1,034円

めまぐるしい情報をもとに推理する展開から目が離せない

映画やドラマにもなっている「オリエント急行の殺人」がおすすめです。クリスティの中でも一番有名な本だけあって、とても面白いです。

豪華列車の中で起きる殺人事件を推理していくのですが、最初から最後までめまぐるしく情報があり、目が離せず思わず釘付けになってしまいます。

小学校の高学年なら、読めるレベルだと思います。

ミスラーメンさん/20代/女性

500人中/16人がおすすめ

【8位】ABC殺人事件

661円 (2021/06/23 09:07:38時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 アガサ・クリスティー
出版社 早川書房
発売日 2003年11月11日
価格 1,034円

テンポ感がよく、初めての推理小説にぴったり!!

アガサ・クリスティの「ABC殺人事件」は、当時小学生だった私が、読書好きの伯母から買ってもらった本の一冊です。

被害者のイニシャルが、A→B→Cとアルファベット順に進んでゆきます。

初めての推理小説としてはとてもわかりやすく、ワクワクした気持ちで読み進めていけるのではないかと思います。

mitukirin9597さん/20代/女性

500人中/15人がおすすめ

【9位】シャーロック・ホームズの冒険

644円 (2021/06/23 09:42:59時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 コナン ドイル
出版社 新潮社; 改版
発売日 1953年4月2日
価格 605円

現代にも通じる「思考論」をホームズが教えてくれる

国内では複数の翻訳版が刊行されており、中にはルビが振ってあるなど、低年齢層向けのものもあるので読みやすいかと思います。

シリーズ内では途中の物語なのですが、短編で構成されているため、ひとつ一つが読みやすく、シリーズの入門には最適だと考えます。

舞台は19世紀後半のロンドンで、読み進めると現代日本とのギャップでよく分からないことも出てくるかと思いますが、それが新たな興味の扉を開くことにつながるかもしれません。タイムスリップした気分になって読めば、現代にも通じる「思考論」をホームズが教えてくれます。

推理のバイブルとして、一度は読んでおくことをお勧めします。

かめぇるさん/20代/男性


短編で読みやすく、名探偵ホームズの活躍が存分に楽しめる

世界一の名探偵といえば、やはりシャーロック・ホームズでしょう。「シャーロック・ホームズの冒険」は、そのホームズの活躍が存分に楽しめる短編集です。

収録された12編の短編の中には、名作「まだらの紐」をはじめ、「赤毛組合」「ボスコム渓谷の惨劇」「唇のねじれた男」など、後々まで語られる名作が揃っていますし、どれも短い話ばかりで読みやすいので、読書がそんなに得意ではない小学生でも1編ずつ楽しく読んでいけると思います。

たとえば「まだらの紐」も謎が明かされると、そんなのありなのかと思ってしまいますが、人の先入観とか思い込みとか、謎の多くはそういうもので成り立っていると感じられるだろうと思います。

longtailtitさん/50代/男性

500人中/13人がおすすめ

【10位】ぼくらはズッコケ探偵団

660円 (2021/06/23 09:43:00時点 Amazon調べ)
  • 物語の満足度:
  • 読みやすさ :
  • 推理要素  :
著者 那須 正幹
出版社 ポプラ社
発売日 1983年12月1日
価格 660円

軽めの推理小説なので低学年でもサクサク読める

小学生におすすめの推理小説は「ぼくらはズッコケ探偵団」です。

ズッコケ3人組シリーズの2作目で、私自身小学生の頃、図書館で借りて読みました。

主人公である3人が、とある殺人事件に巻き込まれる内容となっていますが、字が大きくストーリーも軽めなので、低学年の子でもサクサク読むことができます。

世代を超えて愛されている作品ですので、是非読んでほしいです。

mimitoshiさん/30代/女性


途中で謎が解けた喜びを得ながら読み進められる

ズッコケ三人組シリーズは、多くの子供に愛される小説だと思いますが、その中でも面白い推理ものになっています。

導入はいつもの3人組が遊んでいる日常から始まりますが、ひょんなことから事件に巻き込まれていきます。おそらく小学生でも途中で結末が分かるような内容なので、途中で謎が解けた喜びを得ながら読み進められるでしょう。

他のズッコケシリーズに手を出すきっかけにもなるかもしれません。

主人公グループが小学生なので、親近感を持って読めると思います。

lion3_marさん/20代/男性