家系図を作るための現地調査とは【行政書士監修】

家系図

みなさんは家系図を作成するための現地調査をご存知でしょうか?

現地調査とは、戸籍調査や文献調査を行ったうえでさらにご先祖様を追いたいときに用いる方法です。

今回は、現地調査の方法について解説をしていきたいと思います。

\家系図の作成なら家系図作成ソフトがおすすめ!/

親戚まっぷシリーズ つくれる家系図

現地調査の方法とは

現地調査の代表的な方法は実際に足を運ぶことにあります。

家系調査をしている段階で見つかった最も古いご先祖様にゆかりのある土地へ実際に足を運んでみます。

そして図書館や歴史博物館、市役所、お寺などをめぐりそのさらにご先祖様を追っていく形となります。

現地調査のポイント

現地調査を行う際には、事前の下調べが何よりも重要です。

目星をつけた土地の歴史を調べておき、ご先祖様とのつながりが何かひとつでもないか探っておきましょう。

例えば珍しい苗字ならばその苗字と関連のありそうな土地や出来事を事前に把握しておきます。

そうすることで、実際に現地へ行った際に調査の進行をスムーズに運ぶことができます。

また、これまでに揃えた戸籍などの資料は全て持参するようにしましょう。

どこでどんな出会いがあるかわかりません。

もしかするとご先祖様の子孫に出会えるかもしれませんので、その時のためにも可能な限り身元を証明する書類は持っておきたいです。

現地調査の限界

現地調査では、戸籍調査と文献調査から遡ることのできなかったご先祖様へ巡り合えることはとても稀です。

というのも、戸籍調査と文献調査で辿ることのできなかったご先祖様というのは、記録として残っていない可能性がはるかに高いためです。

現地調査というのはご先祖様探しの本当に最後に用いる手段であって、それ自体を楽しむような形でなければ難しい調査です。

まとめ

現地調査から情報を得ることのできる可能性はほんのわずかです。

しかし、現地調査にはそれ自体に意味があります。

自分のルーツでもある最も古いご先祖様にゆかりのあった土地をめぐる旅は、きっと普通の旅とは違って感じることができますよ。

他の調査方法についてはこちら

家系図を作るための聞き込み調査とは!

家系図を作るための戸籍調査とは!

家系図を作るための文献調査とは!

家系図を自分で作るなら「つくれる家系図3」がオススメ

「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」とは

「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」は、氏名や続柄など必要な項目を入力・選択するだけ簡単に家系図が作れるソフトです。
作成した家系図は、印刷して貼り合わせて1枚の大きな家系図にしたり、専用のAndroidアプリと連携して、ご親戚が集まる場などでお披露目することもできます。

オススメの出来る5つの理由

【その1】「家系図作成のための戸籍収集準備ブック」が付属

さかのぼって家系図を作るためには戸籍謄本の取得が必要になります。また、古い戸籍謄本は難解な表現で書かれている場合もあります。
「家系図作成のための戸籍収集準備ブック」では戸籍謄本の収集方法や読み方について、行政書士の菊池一夫先生が分かりやすく解説。はじめての家系図作成をサポートします。

【その2】スマホアプリ連携

パソコン版「つくれる家系図3」をご購入の方は、「つくれる家系図3 for Android」を1台の端末でご利用いただけます。
アプリでは、作成した家系図の閲覧と編集ができ、親戚の集まりの際に閲覧したり、その場で修正することも可能です。

【その3】必要な情報を選択して、家系図に表示

「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」は、氏名や続柄など必要な項目を入力・選択するだけ簡単に家系図が作れるソフトです。
作成した家系図は、印刷して貼り合わせて1枚の大きな家系図にしたり、専用のAndroidアプリと連携して、ご親戚が集まる場などでお披露目することもできます。

【その4】だれでもかんたんに家系図が作れる

家系図の個人欄に表示する項目を追加・変更できます。
登録した個人情報の中から表示したい項目を選択して、家系図に表示できます。
文字のサイズや項目の表示順、表示位置を設定することもできます。

【その5】家紋図柄1,200点収録

家紋図柄(モチーフ)141種類1,200点収録。家紋は種類別、50音別、家紋名で簡単に検索できます。

親戚まっぷシリーズ つくれる家系図

家系図の作成方法を徹底解説【行政書士監修】

famicoでは、家系図の作り方をどのウェブサイトよりも、どの書籍よりも、わかりやすく解説することを目指しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ