彼氏と毎日LINEするのがめんどくさい…女性100人が実践した対処法17選

彼氏 毎日 line めんどくさい

「彼氏と毎日LINEするのがめんどくさい…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「予め、頻度や予定について相談」や「スルー・気付かなかった事にする」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏と毎日LINEするのがめんどくさい時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法17選をご紹介しています。

本コンテンツはfamicoが独自に制作しています。コンテンツの内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。広告等が含まれるコンテンツの場合、広告主等はコンテンツの内容・ランキングの決定に一切関与していません。
詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

彼氏と毎日LINEするのがめんどくさい時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏と毎日LINEするのがめんどくさい時の対処法
1位 23% 予め、頻度や予定について相談
2位 18% スルー・気付かなかった事にする
3位 17% 意思を伝える・きちんと話し合う
4位 16% 多忙を理由にする
5位 10% 自分のペースを重視・調整する
6位 9% 他のコミュニケーションを提案
その他 7% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏と毎日LINEするのがめんどくさい時の対処法アンケート』によると、1位は『予め、頻度や予定について相談』、2位は『スルー・気付かなかった事にする』、3位は『意思を伝える・きちんと話し合う』という結果に。

割合で見てみると、1位の『予め、頻度や予定について相談』が約23%、2位の『スルー・気付かなかった事にする』が約18%、3位の『意思を伝える・きちんと話し合う』が約17%となっており、1~3位で約58%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏と毎日LINEするのがめんどくさい時の対処法17選をご紹介していきましょう。

【1位】予め、頻度や予定について相談

予め、頻度や予定について相談

事前に、毎日LINEはしないように取り決めておく

以前付き合った彼氏は、私を束縛するタイプでした。毎日どころか逐一LINEしないと、「何してたの?」「浮気してたんじゃないの?」「LINEする時間すらないの?」と質問攻め。こちらからは必要な時に短文で送っていたのですが、それに対しても「冷たい」「俺のこと本当に好きなの?」と疑ってきました。

「おはよう」「おやすみ」のLINEは当たり前で、今誰といるのか、写真を送るように要求してくることもあり、信頼してもらえないことに我慢できなくなって、お別れしました。

今の彼とは付き合う前から必要なことしかLINEせず、依存しない関係を築いていましたので、気が楽です。

事前に、毎日LINEはしないように取り決めておくと良いかもしれません。

30代前半/医療・福祉系/女性

お互いが気分よく連絡を取る方法を早めに方向づけること

私は元々メール不精で、要件を伝える以外の雑談メールが苦手でした。毎日送るとなると、送ること自体が負担に感じるし、その日あったことを送るとしても自分の日記を送り付けるような気持ちになって気が進みません。

でも相手にはそのことで違和感を持ってほしくないので、付き合うことになったらなるべく早めのうちに、正直にその考えを伝えるようにしていました。そうすると意外と相手も同じだったり、相手は電話が苦手だと教えてもらえたりするんですよね。

お互いが気分よく連絡を取る方法を早めに方向づけられることで、その後もストレスなく過ごすことができたので、思い切って伝えてよかったと思いました。

30代後半/専業主婦/女性

お互いの距離感を話し合い、LINEが全てじゃないと伝える!

朝、仕事へ向かう時と、夕方仕事から帰る時には連絡をしていますが、それ以外の時間では返信をしていません。事前に「既読は付けるが仕事上返信が出来ない」という事や「休憩中は同期とランチに行っている」という事は伝えています。

それ以外の理由(疲れて返信できなかったとか、忙しかったなど)に関しては、夕方仕事から帰る旨の連絡をする時に一緒に伝える様にしています。

私はLINEでの連絡は最低限で良いと考えています。また、文面だけだと上手く伝わらず、勘違いされる点もあるのが嫌だと思うのですが、彼からするとそうではない様です。なのでお互いの距離感を話し合い、お家へ帰った時は何があったかたくさん話をする様にしています。

また、会えてなくてLINEが面倒くさいと感じたら、電話をしてLINEをする機会を減らす様にしています。

20代後半/IT・通信系/女性

ラインできない時間をあらかじめ伝えるようにする

社会人になり、仕事が忙しくなるにつれて、毎日恋人とLINEするのがめんどくさくなったことがあります。

そんな時はあらかじめ「この日はこういう予定でLINEできない。ごめんね」と伝えておくことで、LINEの頻度を減らしてもらうようにしました。

LINEがたまってくるとめんどくさいなと思うこともあったので、少し息抜きしてLINEしない時間を作れば、また連絡を取り合うのも苦痛にならなくなります。

また、相手にも少し申し訳ない気持ちが生まれて、いつもより優しい気持ちでLINEが出来た気がします。少し距離を置くことも大切なんだと実感しました。

30代後半/不動産・建設系/女性

【2位】スルー・気付かなかった事にする

スルー・気付かなかった事にする

「予定があった」と言うことにして一旦スルー

返すのが面倒だなぁと思う時は、「予定があった」と言うことにして一旦スルーしていました。

面倒だと感じている時点で、自分にあまり余裕がないと思うので、そういう時に無理に返していても会話も弾まないし、スタンプなどで無理矢理会話を終わらせると、相手に「何かしたかな?」などと変な心配や誤解を与える原因にもなると思います。

なので、後日「予定があって忙しくて返事ができなかった」という謝罪とともに説明しておけば、相手も多分納得すると思います。

また、自分も気持ちをリセットして相手とやりとりを再開することができるので、良いかなと思います。

30代前半/専業主婦/女性

「気づかなかった、ごめんね」で乗り切る

内容が気になれば長押しして、既読を付けずに見て放置していたらいいと思います。気にならなかったらそのままで大丈夫です。

話の内容がどうでもいいような内容だったら、ちょっと時間が空いた時に「スマホ見てなくて全然気づかなかった、ごめんね」と彼氏に謝ればいいと思います。そうすると内容によっては「もう大丈夫」とか「なんでもない」などに変わったりします。

しつこい彼氏だったら「気づかなかった、ごめんね」と言うのを繰り返したらいいと思います。

あるいは家事など、「何か用事をしていて気づかなかった」という感じで送ったらいいと思います。

20代前半/サービス系/女性

とりあえず、既読をつけない!

恋愛を始めたばかりの頃は、彼氏からのLINE連絡も嬉しいですよね。ただ、あまりに頻度が高いとか、返答を求められすぎると、どんどん連絡が億劫になってきます。下手をすれば、それが原因で気持ちも離れて行ったりして…。

そんなことにならないためにも、まずは気が進まない時には一旦LINEから離れるためにも、「未読スルー」しましょう。

そして、連絡できるタイミングで一言、お待たせの気持ちを表すスタンプやメッセージをつけて返信すれば、相手も嫌な気持ちにならないでしょう。

それで、文句でも言われて嫌な思いをするならば、早めにお別れするのもアリかもですね。笑

50代前半/医療・福祉系/女性