彼氏に依存してしまった…女性100人が実践した対処法15選

彼氏 依存

「彼氏に依存してしまった…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「恋人以外の楽しみを見つける」や「軽く距離を置く・連絡を控える」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏に依存してしまった時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法15選をご紹介しています。

彼氏に依存してしまった時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏に依存してしまった時の対処法
1位 47% 恋人以外の楽しみを見つける
2位 14% 軽く距離を置く・連絡を控える
3位 13% 予定を詰め込む
4位 7% きちんと話し合う
5位 6% 自分自身を俯瞰してみる
6位 5% 他の人と過ごす時間を増やす
その他 8% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏に依存してしまった時の対処法アンケート』によると、1位は『恋人以外の楽しみを見つける』、2位は『軽く距離を置く・連絡を控える』、3位は『予定を詰め込む』という結果に。

割合で見てみると、1位の『恋人以外の楽しみを見つける』が約47%、2位の『軽く距離を置く・連絡を控える』が約14%、3位の『予定を詰め込む』が約13%となっており、1~3位で約74%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏に依存してしまった時の対処法15選をご紹介していきましょう。

【1位】恋人以外の楽しみを見つける

恋人以外の楽しみを見つける

他に没頭することを無理矢理作る

彼のことが好きで、朝起きてから仕事中もずっと頭から離れない時期がありました。好きになり過ぎて、いつの間にか彼の事しか考えられない頭になっていました。暇さえあれば彼からのラインを一つ一つ読み返してうっとりする等、完全に依存している状態でした。

でも、追いすぎたら冷められてしまうと思い、彼との関係をずっと続けるためにも、少し距離を置く努力をしました。

副業や美容に力を入れて、自分磨きをしたり、本を読むなど、他に没頭することを無理矢理作ることにしました。

すると恋愛以外に熱中できることが見つかったおかげで、視野が広くなって心にゆとりができた気がします。

40代後半/公務員・教育系/女性

趣味や友達との時間を楽しむ

私は前に浮気をされた経験があり、立ち直れないほど落ち込みました。それがトラウマとなり、次に付き合った相手に依存してしまい、彼の自由を奪うようなことをしていました。

相手から5分返信がないだけで、すぐ浮気をしていると疑ったり、彼のSNSを頻繁にチェックして、女の子のフォローが増えていないか気にしたり、彼中心の生活になっていました。

そんな中、「依存しやすい人は、他にすることがないからそれに至る」という話を聞いて目から鱗が落ちました。それから「物事はなるようにしかならない。不安になったって無駄だし、自分を苦しめるだけだ」と気づき、趣味や友達との時間を楽しむようにしました。

好きなことをしたり、楽しめる趣味を見つけたりして、彼のことを考えすぎないようにしていたら、楽に過ごせるようになりました。

20代前半/流通・小売系/女性

趣味を見つける

当時、お付き合いしていた彼にすごく依存してしまっていたと思います。その頃は特に自分に自信がなくて、嫌われたくない気持ちが強くて、明らかに嫌な事をされても我慢したりして、自分の気持ちを伝えられていませんでした。

その結果、どんどん我慢が増えて不満が溜まってきて、感情が爆発していました。自分の気持ちをうまく伝えられないのは、本当に良くない関係だと思います。

彼に嫌われたくないと思いすぎてしまうのは、自分に自信がないのが原因で、彼以外に楽しめる趣味がなかったから依存してしまっていたんだなと思いました。

そこで楽しい趣味を見つけられると、彼の事ばかり考えて辛くならずに済むようになりました。

30代前半/流通・小売系/女性

推しを作って、依存度を分散させる!

すごく優しくて、自分のことを第一に考えてくれる彼氏に、依存してしまったことがあります。甘えてしまって、彼がいなければ生きていけないというような精神状態になってしまいました。

しかし、彼氏がいつまでも私のことを優先してくれるとは限らないし、いつ離れてしまうかもわからないので、このままでは自分にとっても相手にとっても良くないと思い、依存先を他にも作るようにしました。

他の男性だと浮気になってしまうので、推しを作るのが最適解でした。推し活をしている時間もでき、推しのことを考える時間や、推しに支えられることも増え、結果的に自分のメンタルのバランスを保てるようになりました。

依存先を複数作り、どこにも依存しすぎない状態にすることは大切だと思います。

20代前半/大学生/女性

恋人以外の夢中になれることを探す!

私は好きな物に依存しやすい性格です。好きなアイドルや歌手ができた時はその人たちに、恋人ができた時は恋人に夢中になります。

以前、久々に恋人ができた際に、彼に夢中になりすぎて、休みの日はほぼ彼を優先していました。彼のことを考えるあまり、元々の趣味への時間を作ろうとせず、彼へ一直線でした。

しかし、それだと彼からすると重いし、私も彼と一緒に過ごせない時がとても辛く感じました。

自分の趣味も大事にすべきだと思ったので、今ではどちらも大切にするようになりました。おかげで楽しく過ごせています。

30代前半/医療・福祉系/女性

依存先を分散させる

どんな人でも、日常生活で様々なものや事に依存しながら生きていると思います。例えば、珈琲を飲む習慣やペットを愛すること、友達と通話をすることや毎日の筋トレなど、日課になっていることがあると思います。

これらの「健康的な習慣」と「深刻な依存」との大きな違いは、それをすることによって誰もしんどい思いをせず、健やかな暮らしが送れるというところにあると思います。

私はメンタルの疾患があって、彼氏に依存してしまい、共依存のようになって共倒れする事が何度もありました。最近はそうしたことを防ぎ、依存の度合いを下げてお互いが幸せになるために、「依存先の分散」を心がけています。例えば、好きな音楽や食べ物、適度な運動などを、無理のない範囲で生活に組み込むことで、不安や執着が減った気がします。

「特定の存在に対する強い依存」を、そうした「健康的な習慣」に変えることで、円滑な人間関係を築けると思っております。

20代後半/マスコミ系/女性

恋愛以外の趣味を見つける

私はもともと恋愛体質で、彼氏ができると彼氏との予定を一番の優先事項にしてしまう性格です。

しかし相手への依存度が強すぎると、連絡が途切れた時に不安になり、彼氏が話していた内容を深読みしてしまったり、元カノはどういう人だったのかずっと気になったりしてしまっていました。

そうなると仕事や他のプライベートのことにも支障をきたし、充実した日々を過ごせなくなってしまいます。

彼氏のことを考え過ぎて悩みにつながるのはよくないので、恋愛以外に夢中になれる趣味を見つけることにしました。趣味に没頭できるので、彼氏のことを考える時間を減らせます。

20代後半/専業主婦/女性

自分ひとりの時間を充実させる

学生時代、初めて年上の男性とお付き合いを始めた私は、大人な雰囲気の彼に夢中になっていました。連絡はバンバンしていましたし、約束もしていないのに急に彼の家に行ったり、週末の予定を詳細に聞き出したりしていました。とにかく彼と二人きりになれる時間が欲しかったのです。

そんな私に、彼はだんだん冷たい態度をとるようになってきました。学生の私とは違い、社会人だった彼の方は自由に出来る時間がかなり限られていたのだと思います。それなのに自分勝手に振舞う私に、辟易していたのでしょう。

「このままでは彼に愛想を尽かされる」と我に返った私は、自分ひとりの時間を充実させるよう努めました。自宅では母親に料理を教えてもらったり、大学の友人から誘われたら喜んで飲みに出かけたり、新しくバイトを始めたり、バイト代でジムに入会したりもしました。

いろいろなことに集中していると、彼と会えない時間もあっという間に過ぎていきました。

40代後半/専業主婦/女性

【2位】軽く距離を置く・連絡を控える

軽く距離を置く・連絡を控える

理由を素直に説明して、少し距離をおく

会社の人間関係や仕事がとても嫌になって、ノイローゼ気味だった時の話です。毎回彼氏が愚痴を聞いてくれていたのですが、ふとした時にこれはまずいと気づきました。

「好きな人に甘えてばかりはよくない。依存と支え合うのは違う」という考えが頭をよぎり、理由を素直に説明して、少し彼氏と距離をおくことにしました。

簡単なLINEはしましたが、愚痴りそうならすぐにシャットダウン。彼氏は気にしないと言ってくれますが、これで甘えたらまたぶり返すと思い、2ヶ月の間、必要以上に連絡しないことにしました。

会社でのことは変わりませんが、彼氏と普段通り接していても依存に値するような愚痴とかはなくなり、良かったです。

30代前半/サービス系/女性

まったく反対の生活スタイルに変える

年上の彼氏で、付き合い始めは何でもしてくれることが多く、私もつい甘えがちになってしまいました。でも、一緒に住むようになってから、彼が自分の生活ペースに私を合わせようとすることが増えてきました。

そのことに疲れてきたので、彼に依存しすぎていた自分を見つめ直し、口論するのではなく態度で示すことにしました。彼とまったく反対の生活スタイルに変えることにしたのです。当然、会話も減ります。

1か月ほど経った頃、彼の方から「朝は同じ時間に起きない?」と、控え目に言われたので、「なんで?」と返すと、「話し相手がいないと寂しいから、お願い」と言われました。

ちょっとかわいく思えたので、とりあえず朝は一緒に起きてあげることにしました。

40代前半/マスコミ系/女性

【3位】予定を詰め込む

予定を詰め込む

恋人のことを忘れるくらい忙しくする

大学生の頃は遠距離恋愛だったため、月1回会えれば良い方でした。そのため毎日のように沢山のメールのやり取りをしていました。

ところが段々と彼氏からの連絡が減り、会いに行くのも私からがほとんどになりました。その頃は友達といても、彼氏の話ばかりするようになっていました。

彼氏に浮気をされても許してしまう依存具合で、別れるくらいなら我慢しよう…なんて思うこともありました。

このままでは良くないと思い、2回生になったタイミングで授業を入れまくり、バイトのシフトも増やし、彼氏のことを考える時間が減るようにしました。体力的にしんどい時もありましたが、授業を増やしたことで友人も趣味も増え、彼氏に会えなくても寂しいと思うことが減りました。

30代前半/メーカー系/女性

バイトのシフトを増やして、忙しくする

初めて彼氏が出来た時、彼は私を常にお姫様扱いしてくれました。どんな我が儘も聞いてくれて、ご飯も全て奢ってくれて、寝坊して数時間待たせた時も笑って許してくれるような穏やかな一面に甘えきっていました。

毎日のように、夜に電話して昼にLINEし、気分でデートをすっぽかし、別れを想像すれば号泣という依存ぶり・・・と言うか、自己中心的で迷惑極まりない言動だったと思います。

ある時、ふと自分が感情だけで行動していることを悟り、このままではお互いにとって良くないと思ったので、彼氏断ちすることを決意しました。まずはバイトをたくさん入れてお金を稼ぎながら、デートやLINEする時間を徹底的になくしました。

次に、稼いだお金で好きな物をたくさん買いました。そうしたら、彼氏に割いていた時間が惜しくなるほど心が満たされたのです。

20代前半/IT・通信系/女性

【4位】きちんと話し合う

きちんと話し合う

話し合いの場を作る

彼氏に依存するということは、相手にも問題があると思います。例えば、不安にさせる言動を取るとか、連絡がないとか、喧嘩をしても解決しようとしない等。

私の場合は、早期に話し合って解決策を一緒に考えたいと思ったので、相手の都合がいい日時をいくつか候補にあげて、話し合いの場を作るようにしました。

お互い素直になって話せば、解決できることが多いと思います。モヤモヤした気持ちがなくなれば、依存も消えると思います。

あとは、彼氏に依存しない為に自分の趣味に没頭する時間を適度に作り、彼氏に合ったタイミングで連絡をするようにしています。

40代前半/専業主婦/女性

【5位】自分自身を俯瞰してみる

自分自身を俯瞰してみる

恋人に出会う前の自分を思い出す

私はもともと活動的で、何でも自分で決めて動くタイプでした。でも彼と付き合うようになってから、「女の子がなんでも自分で出来たら可愛くないから、大好きな彼にしてもらいたい。その方が彼も頼りにされて嬉しいはずだし、私のことをもっと大切にしてくれるんじゃないかな?」と勘違いするようになり、そこから依存が始まったんだと思います。

その依存がだんだんエスカレートし、「彼が目の前から居なくなったら、もう生きていけないんじゃないか?」と思うほどになっていました。

そうなったら、もう彼の気持ちはお構いなしで自分の事で精一杯。冷静になれば、彼が少し引いている事も分かったはずなんだけど…(笑)

彼に依存しているな…と自覚している女性達には、彼と出会う前の「自分で決めて行動出来て、気持ちが楽だった時の事」を思い出して欲しいです。彼はそんな女性だから、貴女のことが好きになったんじゃないかな?と思いますよ。

50代前半/専業主婦/女性

【6位】他の人と過ごす時間を増やす

他の人と過ごす時間を増やす

友達や家族との時間を作る

私は恋人に依存してしまう体質で、いつも彼氏のことを考え、彼氏が何をしているか気になったりして、頻繁に連絡を取っていないと心配になっていました。気がつけば嫌なことばかり考え、泣いてしまうこともありました。

そういう時は友達と遊んだり家族と一緒にいたりすると、彼氏のことを考える時間があまりないので、不思議と気にならなくなりました。

あとは仕事に夢中になったりして、彼氏以外の時間を充実させるようにしていました。そうすると自然と彼のことをずっと考えていた時間が減り、依存体質が治っていきました。

今では1人でお買い物をしたり料理したりと、好きなことをやって彼と離れている時でも充実した時間を過ごすことができています。

20代後半/専業主婦/女性

彼氏に依存してしまった時の対処法まとめ

この記事では、彼氏に依存してしまった時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼氏に依存してしまった時の対処法アンケートでは、1位は『恋人以外の楽しみを見つける』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼氏に依存してしまった時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼氏に依存してしまった時の対処法を回答
調査期間 2022年11月13日~11月28日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼氏に依存してしまった時の対処法
1位 47票 恋人以外の楽しみを見つける
2位 14票 軽く距離を置く・連絡を控える
3位 13票 予定を詰め込む
4位 7票 きちんと話し合う
5位 6票 自分自身を俯瞰してみる
6位 5票 他の人と過ごす時間を増やす
その他 8票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年11月13日~11月28日
回答者数:100人