彼氏に依存しない方法は?女性100人が実践した対処法18選

彼氏 に 依存 しない 方法

「彼氏に依存しない方法」を知りたい方も多いのではないでしょうか?

彼氏に依存しない方法としては「何かに没頭する・忙しくする」や「自分のスタイルを大切にする」が挙げられますが、女性が実際に試した方法や体験談を知りたい方も多いはず!

この記事では、女性100人に聞いた彼氏に依存しない方法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に彼氏に依存しない方法18選をご紹介しています。

彼氏に依存しない方法ランキング

順位 割合 彼氏に依存しない方法
1位 49% 何かに没頭する・忙しくする
2位 21% 自分のスタイルを大切にする
3位 11% 自分を磨く・スペックを上げる
4位 6% 金銭的に自立する
5位 5% 心に余裕を持つこと
その他 8% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏に依存しない方法アンケート』によると、1位は『何かに没頭する・忙しくする』、2位は『自分のスタイルを大切にする』、3位は『自分を磨く・スペックを上げる』という結果に。

割合で見てみると、1位の『何かに没頭する・忙しくする』が約49%、2位の『自分のスタイルを大切にする』が約21%、3位の『自分を磨く・スペックを上げる』が約11%となっており、1~3位で約81%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏に依存しない方法18選をご紹介していきましょう。

【1位】何かに没頭する・忙しくする

何かに没頭する・忙しくする

自分の仕事や趣味に集中する

彼から連絡や返信が来ないとついつい不安になってしまい、追いLINEや電話をかけてしまっていた時期もありました。

ですが、それでは忙しい彼に迷惑をかけてしまうと思い、私自身も自分の仕事や趣味で忙しくして、彼のことから気を逸らすことにしました。

私自身も忙しいと、彼に連絡する頻度も減り、逆に彼の方から心配して連絡をくれるようになりました。

また、返信がすぐできない場合は、あらかじめ「いつが忙しいか、いつなら連絡をとりやすいか」などを事前に連絡しておくことにしたので、彼に依存することもなくなりました。

40代前半/専業主婦/女性

他の楽しみを作る!

彼の方から告白されて付き合い始めましたが、彼の部活がとても忙しく、半年に一回しか会うことができませんでした。私は電話など少しの時間でも連絡したかったのですが、全然時間を作ってくれませんでした。

さらに彼はマッチングアプリを使い、様々な女性と連絡を取っていました。その時は、「私には彼しかいない」と思っていたので、何故私に連絡をくれないのか、会ってくれないのか延々と考え、涙するのが日常になっていました。

そんな時に高校からの友達がたくさん相談に乗ってくれたり、会ってくれたため、乗り越えられました。

現在は別の方とお付き合いしていますが、彼以外に趣味を作り楽しむことが依存しない一つの方法だと思いました。

20代後半/学生/女性

趣味や仕事など熱中できるものを作る

今の旦那と遠距離恋愛中だった頃の話です。旦那は普段からこまめに連絡をする方ではありませんでした。彼は喧嘩下手でもあり、喧嘩をした際などにはすぐ既読無視になり、こちらから連絡しないと3ヶ月連絡がつかないこともありました。

私は普段から彼に甘えてしまう性格で、依存していたので、連絡がなかなか付かないことに毎日寂しさを感じていました。

そんな状態を友人に相談したところ、気晴らしに社会人スポーツに連れ出してくれました。とても楽しかったため、そのサークルに加入し、定期的に通うようになりました。すると仕事とサークルと忙しい日が続き、彼のことを考えてうじうじと悩む時間が少なくなっていることに気づきました。

この経験から、何か熱中できるものを持つことで、依存しない自立した人間になれると思います。

20代前半/専業主婦/女性

スマホを忘れて別のことに没頭する

私の彼はラインの返信がとても早いです。そのため、何か心配事や相談事なんかがあると、すぐに彼にラインで聞いたり、話してみたりしてしまっていました。

でも、自分が趣味の手芸に没頭している時は、両手がふさがっているのでスマホを確認しにくくなります。気づけば、依存しなくなっていました。

趣味を楽しんでいる時に、彼氏の存在を忘れるのって私だけですかね?(笑)

やっぱり、適度に趣味なんかでストレスを発散して、心配事を溜め込まないことが大事だと思います。

30代後半/専業主婦/女性

恋愛以外でワクワク出来る趣味を作る

何かに依存しなければいけないというのは、自分に自信がないからだと思います。どこかで不安な気持ちがあるからこそ、何かに依存し、精神を保とうとしているのではないでしょうか。

そのことから、依存しない状況を作るには、自分の心にある不安な気持ちを解消することから始めます。

初めは難しいと思いますが、恋愛以外で何かワクワクするようなことを行えるようになれば、依存ではなく適度な関係を築くことが出来ると思います。

20代前半/専門コンサル系/女性

熱中できる趣味を見つける

私も若い頃は彼に依存するタイプの女でした。お付き合いを始めると、彼が今何をしているのか、誰と遊んでいるのか気になって仕方ありませんでした。

あまりに一方的に連絡を送るので、彼からはいつも「重い」と言われ、振られたことも何回かありました。

そこで、彼のことを一瞬でも忘れようとアニメを見始めました。ハマりやすい私はあっという間にそのアニメに夢中になり、いわゆる推し活にドップリ。彼への執着がアニメに向いた感じです。

そのおかげか彼から重いと言われることがなくなり、逆にサバサバ系の女だと思われるまでになりました(笑)

30代後半/サービス系/女性

恋人以外に夢中になれるものを見つける

依存してしまうと視野が狭くなってしまう危険性があると思います。

彼とは10年以上付き合っていて、お互いに大概のことはわかっているので、今更不安になることもないし、お互い良い距離感でいるほうがこれからも長く続けていけると思っています。

私はトレーニングなどプライベートを充実させることで、会った時に毎回新しい報告が出来るようにし、マンネリ化しないようにしています。

そのほうが彼も楽しいようなので、忙しい時は1日1回くらいしかやりとりしないこともあります。

40代前半/マスコミ系/女性

好きなこと・モノを複数作って依存先を増やす

少し前まで一緒にいた彼氏とは、毎日LINEで連絡を取り合っていました。お互いに返信がやけに遅い時は心配し、タイミング良くやりとりがポンポン続く時はすごく楽しかったです。既に「恋人とのLINE依存」という病気の状態でした。

会っていない時にLINEの返信が遅いのが不安だとか、精神的に彼なしでは生きられない状態になっている女性は、新たに彼以外で情熱を注げる何かを複数見つけておくと良いです。

私の場合は趣味が写真だったので、1人で写真のグループ展やフォトウォークに参加するなど、横の繋がりを増やしました。連絡を取り合う人数が増えた事で精神的に安定し、彼だけに依存しなくなった感覚がありました。

他にもYouTubeにハマるとか、彼のほかに推しを作るなど、好きなこと・モノを複数作って依存先を増やす事がおすすめです。彼でなくてはあなたを満たせない・・・なんてはずはありません。広い視野で世界を見ましょう。

40代後半/金融・保険系/女性

他にも没頭するものを見つける

私もすごく相手に依存してしまい、彼がいないとダメなタイプでした。そこからメンヘラになって、相手に迷惑をかけてしまうほどでした。

そこで私は、他にも依存先を見つけることにしました。例えば、最初は簡単に短時間料理をすることでケータイから離れて、彼からの連絡を意識しないようにしました。

そうやって他にも没頭するものを見つけると、全く彼に対して依存しなくなりました。

少しずつでもいいので、全く違うことに集中するのがいいと思います。

20代前半/不動産・建設系/女性

仕事や他のところで忙しくする

付き合いたては毎日のように会って、ずっと連絡を取り合っていましたが、時間と共になんとなく連絡や会う頻度が少なくなっていきました。彼が就職して忙しくなって、なかなか会う時間を作るのが難しくなってしまった為です。

彼ともっと会いたいけれど、彼の事情も尊重したいという気持ちもあって葛藤していたのですが、だったら私も仕事を忙しくてお互い我慢せず丁度良い頻度でこの関係を続けたいと思いました。

今までは彼と会えない時、寂しさでいっぱいになっていましたが、スケジュールを埋めて忙しくしていれば、その寂しさを忘れられます。

お互い忙しくしているからこそ、会った時に今まで以上の気持ちで充実したデートにしようと思えたような気がします。

20代後半/学生/女性

【2位】自分のスタイルを大切にする

自分のスタイルを大切にする

自分が振り回すくらいの気持ちで付き合う

何年も片思いしてやっと付き合えるようになった彼。でも好きな気持ちが溢れてしまって依存しがちになり、彼の方が少し引いていると感じるようになりました。

このままではダメだと冷静に立ち止まってみることに。

思い返してみると、付き合うまではむしろ彼の方が積極的でした。私の方が積極的になったのが原因だろうと思いつき、それからは付き合う前の自分を思い出して行動するようにしました。

メールは毎日自分からはしない。「会いたい」と言い過ぎない。誘われても自分の用事がある時は断る。趣味を楽しんでいることを伝える等々・・・そうしたらまた彼から追ってくれるようになり、とてもいい関係に戻れました。

30代後半/専業主婦/女性

関係の主導権を握る

私はこれまで彼氏に依存した事はなく、むしろ依存されるタイプでした。相手に依存しすぎると、気持ちが不安定になったり、不安が付き纏ったりと、日常生活が暗くなってしまいます。

例えば他の女の子と仲良くしている彼を見て、少しでも「嫌だな、独占したい!」と思ってしまったら、彼氏に毅然とした態度で「私は、あなたのあの行動が嫌だった。そんな気持ちになるのは嫌だから、これから仕事に没頭するね」と伝えます。

本当に仕事に没頭出来たらそれはそれで良いですし、彼が物申してきたら、「私にそんな事を思わせる行動とらないで」と言います。

あくまで、主導権はこちらにあって、「私の人生は私のもので、あなたは私の人生が豊かになる為にいる人」と思う事が大事なのだと思います。

30代前半/専業主婦/女性

まず自分を受け入れること

私は、当時お付き合いしていた彼に依存してしまっていました。彼に対して不安なことがあったりすると、自信がどんどんなくなっていきます。

また、彼と居ると自分を出せない事も原因でした。自信がなくても、自分をうまく出せていれば良かったのですが、自分を出せないからこそ余計に不安になっていったのだと思います。

そういう時は、「自信がないのも自分だし!」とまず自分を受け入れられるようになると、彼に依存しなくなります。客観的に現状を把握できるようになれば、「依存してしまう相手の人とは合っていないのかも・・・」と考えられるようになると思います。

やがて彼の言動にいちいち不安になったりしなくなるし、自分は自分と思えます。自分の時間を作る事も大事です。

30代後半/メーカー系/女性

振り回されないで、自分のペースで付き合う事

私は、どちらかと言えば、彼に依存されている方だと感じています。四六時中、彼からLINEや電話がきます。嫌われているよりはいいのかな、と思いながら、早目に返事をしたり、彼の事をしたり、少しお互い依存していました。

しかし、入浴前など何かをするタイミングで連絡が来ることが多く、生活リズムや予定が狂うので、だんだん鬱陶しいと思うように…。

そこで、これまで自分の予定を変更してまで反応していた相手からの連絡を、ちょくちょく無視するようにしました。そうしたら適度な距離が出来、相手からの連絡が鬱陶しいと思うことも減りました。

程々に、自分のペースで付き合う事が大事だと思います。

40代前半/商社系/女性

【3位】自分を磨く・スペックを上げる

自分を磨く・スペックを上げる

我慢して連絡を控え、自分磨きの時間にする

好きになりすぎると、その人の事ばかり考えてしまって、ついつい連絡を取りたくなります。私も昔はそうでした。でも押せば押すほど、彼は逃げていきました。

そこで、我慢をしてメールや電話を控えるようにしました。彼と連絡がとれない時間はモヤモヤしますが、自分の時間を大切にして、自分磨きの時間にすると、気持ちも落ち着いてきます。彼も久しぶりに会った彼女の雰囲気が変わっていたら、ドキッとするかもしれません。

男性は彼女が何をしているかわからない方が、気になってしまうかもしれません。

いつでも一緒にいるのは幸せですが、少しだけ距離をおくのも良いかもしれません。

40代後半/流通・小売系/女性

ダイエットをしてキレイになる!

学生の頃、5年間ほとんど毎日のように会っている彼氏がいました。一緒にいるのが当たり前で、すっかり安心しきっていました。

そんなある日、彼から突然「他に好きな人ができた」と泣きながら言われ、破局。私はかなり落ち込んでいましたが、ショックで痩せてしまったせいか、なぜかモテ期に入り、数人から告白されました!心機一転、新しい彼氏も作りましたし、減量するのが楽しくなったので、イメチェンもしました。

半年が過ぎて、元カレから「もう一度、やり直してほしい。他の人と付き合って、おまえじゃないとダメだとわかった」と言われました。私も忘れられないし、自分のことを誰よりもわかってくれているのはこの人だと思っていました。でも即答はせず、我慢しました。私があんなに悲しくて苦しい思いをしている時に、元カレは他の女性と楽しい時間を過ごしていたんですから。

返事は一週間ほど待たせました。それから彼とよりを戻し、三年間何事もなく付き合いましたが、今度は私に好きな人が出来たので、別れを告げました。

40代前半/専業主婦/女性

【4位】金銭的に自立する

金銭的に自立する

自立した生活を送る

彼氏が仕事で怪我をした時に収入が減ったり、生活するのがきつそうになる時期がありました。その時に私がしっかり自立できていたら良かったのですが、私もアルバイトでの収入だったため、心理的にも支えることができませんでした。

結果、怪我からの収入減をきっかけに、別れることになりました。

今振り返れば、収入以外にも問題はあったのかもしれませんが、私が収入にしろ生活スタイルにしろ、彼氏がいること前提での生活に甘えていなければよかったのかもしれないと思います。

なので、今はしっかり一人で暮らしていける生活を心がけています。

30代前半/法律系/女性

【5位】心に余裕を持つこと

心に余裕を持つこと

相手がいなくても大丈夫と思えるようにする

以前、10歳上の男性と付き合っていました。当時は正直あまり好きという感情は無かったのですが、私は年上の男性に対して憧れ(というか、幻想)があったので、付き合う事を承諾しました。

初めの頃は彼が私にぞっこんな感じでしたが、1~2年経った頃には私の方が好きになっていました。その頃になると、彼の不審な行動も増えていて、どんどん彼の行動を注視するようになりました。彼のSNSをチェックしたり、携帯を見てしまったり、帰ってくる時間、お休みの日は?など、四六時中、意識していましたね。友達との予定があっても、彼から誘われればそちら優先していました。

今思うと、その頃の私は余裕が全くなかったんですね。その後、もっと外に出て友達と遊んだり、1人でお買い物したりするようになったり、ダイエットを始めたりしたら気が楽になり、「自分には彼の他にも友達がいるし、全然大丈夫」と思えるようになりました!

やっぱり心に余裕がある事で、物事に対する姿勢が変わって、かなり日常生活が楽になったと思います。

20代後半/サービス系/女性

彼氏に依存しない方法まとめ

この記事では、彼氏に依存しない方法を体験談と共にご紹介してきました。

彼氏に依存しない方法アンケートでは、1位は『何かに没頭する・忙しくする』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼氏に依存しない方法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼氏に依存しない方法を回答
調査期間 2022年11月24日~12月09日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼氏に依存しない方法
1位 49票 何かに没頭する・忙しくする
2位 21票 自分のスタイルを大切にする
3位 11票 自分を磨く・スペックを上げる
4位 6票 金銭的に自立する
5位 5票 心に余裕を持つこと
その他 8票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年11月24日~12月09日
回答者数:100人