トラウマで彼氏を信用できない…女性100人が実践した対処法17選

彼氏 信用 できない トラウマ

「トラウマで彼氏を信用できない…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「恋人に執着しない・距離を取る」や「俯瞰的に考える・視点を変える」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いたトラウマで彼氏を信用できない時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法17選をご紹介しています。

トラウマで彼氏を信用できない時の対処法ランキング

順位 割合 トラウマで彼氏を信用できない時の対処法
1位 33% 恋人に執着しない・距離を取る
2位 22% 俯瞰的に考える・視点を変える
3位 17% 自立する・自分に自信を持つ
4位 16% 包み隠さず打ち明ける・向き合う
5位 5% 相手が注いでくれる愛情に注目
その他 7% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いたトラウマで彼氏を信用できない時の対処法アンケート』によると、1位は『恋人に執着しない・距離を取る』、2位は『俯瞰的に考える・視点を変える』、3位は『自立する・自分に自信を持つ』という結果に。

割合で見てみると、1位の『恋人に執着しない・距離を取る』が約33%、2位の『俯瞰的に考える・視点を変える』が約22%、3位の『自立する・自分に自信を持つ』が約17%となっており、1~3位で約72%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共にトラウマで彼氏を信用できない時の対処法17選をご紹介していきましょう。

【1位】恋人に執着しない・距離を取る

恋人に執着しない・距離を取る

自分から立ち去る

私は別の異性との間でトラウマができた場合、新しい恋人に対しても疑いを持ってしまうことがあります。特にトラウマの原因になった相手と似ているタイプに対しては、疑いの目で見てしまうのです。そして、その根拠を見つけて「ほら」と証明しようとしてしまいます。

ずっと不信感に凝り固まっていたのですが、ある時、本当はどういう在り方を望んでいるのかということを考えてみました。すでに自分の中で答えは出ていましたが、「二度と辛い思いはしたくない…でもせっかく付き合っている恋人と別れるのは…」と葛藤しながら、境界線を引いていたのです。

そんな苦しみから解放されるために、私は相手と距離を取るようにしました。自分から立ち去るようにしたのです。すると、心の居場所が自分らしい位置まで戻ることができました。

30代後半/自営業/女性

最終的には別れる

20代の時に付き合っていた彼は、元カノの相談にのっていたり、他の女性と飲みに行ったりしている人でしたが、私には「浮気はしていない、ただの友達だ」と言っていました。しかし、実際にはどれも浮気でした。

一度目は許そうと思いましたが、二度目は彼の部屋で事の最中に鉢合わせしてしまったので、お別れしました。

「もう二度と二人で会ったりしない」と口では何度も謝っていましたが、一度浮気する人は何度でもするのだと学びました。

付き合っている人がいても、隠れて他の女性と二人で会う人は信用出来ません。もっと早く別れれば良かったと今でも思います。

50代前半/不動産・建設系/女性

浮気する

元彼とはマッチングアプリで出会いましたが、お付き合いを始めたのをきっかけに、お互いのマッチングアプリを消しました。当初は仲良くしていましたが、付き合う日が長くなるにつれ、段々と彼の返事が遅くなり始め、不安になりました。

ある日、デートで彼の家に行った際、洗面所に女性の化粧品が置いてあるのを発見。さらに、スマホの通知で別の女性からハートを含むLINEが来ているのを見ました。浮気されていたんだ…とショックな気持ちになりました。

後々知ったのですが、彼は私と出会ったのとは別のマッチングアプリを入れており、そこで別の人と会って仲良くなったのだと思われます。

対処法として私もマッチングアプリを入れ、別の人を探し始めました。初めは悲しい気持ちでしたが、色んな人と出会ううちに感情は薄れ、彼のことなどどうでも良くなりました。

20代前半/医療・福祉系/女性

少し距離を置いて、ゆっくりと関係を深めていく

本来トラウマとは体の自己防衛機能です。トラウマの種類にもよりますが、あなたはなぜ信用できない事を悩んでいるのでしょうか?「恋人に対して申し訳ない」「トラウマが蘇って安心できない」のどちらかの方が多いと思います。

前者であれば簡単で、申し訳ないと思う必要はないのです。どこまで相手を信用しているかは、言葉にしないと他人は分かりません。ですので、相手に嫌な思いをさせない程度であれば、そのままでいいのです。

後者の「トラウマが蘇って安心できない」方が心配です。よくあるのは、恋人の浮気が心配でスマホチェックを止められない現象です。これは一度やり始めると一生安心することはできません。証拠が見つからなくても「他に隠しているかも…」と思ってしまうし、証拠があればそれも辛いですよね。

浮気に限らずですが、トラウマに支配されて苦しい場合は、無理に恋人でいる必要はないと思います。もう少し距離を置いて、ゆっくりと関係を深めていく方がトラウマに苦しんでいる方にとって安心です。現代は急速に人間関係を縮めることができるので、あなたの心はそれに付いていけていないだけだと思います。自分の体と相談しながら、時間をかけて絆を深めていけば少しずつ解消されていくはずです。

30代後半/自営業/女性

本当に信頼できるまでは自分について明かしすぎない

付き合い始めの頃、元カレに親が所有しているという別荘に連れて行ってもらったことがあります。そんな人は初めてだったため、私は少し浮かれていましたが、付き合いが進むうちにとんでもない事実が発覚しました。

その別荘は親名義ではあるのですが、彼の両親は無職で、ローンは彼が支払っていました。そして今住んでいる家は借家とのこと。別荘はご両親の夢だったそうですが、彼は非正規雇用でローン返済も厳しい様子。それなのに、なぜ借金してまで別荘を購入するのか理解できず、愕然としました。

また、彼は正社員である私の収入を当てにしていたようで、「結婚したら両親と同居して欲しい」と言われましたが、付き合いきれないと思い、お別れしました。ここまで金銭感覚が違う相手と付き合ってしまったことと、金づるのような扱いをされたことがトラウマになりました。

それ以来、恋人が出来ても本当に信頼できるまでは「非正規雇用です」と言うことにしていました。

50代前半/公務員・教育系/女性

相手に期待しない・理想と違うなら別れる

元彼はケチで、金銭的な価値観が合いませんでした。私が少し稼ぎが良いこともあってか、結果的に私が多く払うことが増え、お会計で嫌な思いをしたので話し合いを求めましたが、誤魔化されてばかりで会話にならなかったためお別れしました。

次にお付き合いをする人は、金銭的な価値観が合う人がいいなと思っていた時、出会った人がいました。お付き合いをする前は常に振る舞いが紳士で優しく、お会計も私がお手洗いに行っている間に済ませてくれるような理想的な人でした。ですが、付き合って少し経つと私の給料のことまで探られ、自分より給料が高いことを知ると、彼は財布を出すのを渋るようになりました。ここでもまた、金銭面で嫌な思いをしたため、適当な理由を述べてお別れをしました。

正直、お金関係のことを話し合うとなると、提案する側も大変苦痛ですし、どう伝えたところで相手のプライドを傷つける上、「お金目当ての女」と解釈されてしまうため、お金を理由に改善してほしい・別れたいとは言えません。

私の場合、お金関係で揉めた際は、相手に期待しないか別れるかしかないと思っています。あるいは、そもそも自分より年収の低い人とはお付き合いをしないというのも手だと思います。

20代後半/IT・通信系/女性

【2位】俯瞰的に考える・視点を変える

俯瞰的に考える・視点を変える

なぜ信用できないのか、トラウマ以外の理由を探してみる

過去の出来事を理由に今を否定してはいけません。まずは、アドラーの心理学「嫌われる勇気」を読んでみましょう。「トラウマは存在しない」と考え、現在と過去を分離することが大事です。

次に、自分は本当にトラウマで恋人を信用できないのかを考えましょう。きっとその答えは違ってくるはずです。過去の出来事であるトラウマが恋人を信用させてくれないのではなく、自分が端からその恋人を信用していないだけです。

では、なぜ信用できないのか、トラウマ以外の理由を探してみましょう。恋人が信用できないような行動をとっているのか、何かあった時に自分に言い訳したいのか等、いろいろなことが見えてくると思います。

人は他人や過去に責任を取らせたがります。しかしそれではいつまで経っても問題を克服できません。自分と向き合って、自責精神を作り出しましょう。

20代前半/学生/女性

何があっても死ぬわけではないという意気込み

私は男運が無く、何度も相手の浮気が原因で別れていました。こうも何度も繰り返されると、新しい人と出会っても「この人も浮気をして私から離れていくのかもしれない」と考えてしまい、恋愛に臆病になっていました。

過去、一番長く付き合った彼氏には、4年間のうち2年間も浮気をされていて、これが大きなトラウマになっていました。

現在、私は結婚をして10年経ちました。今の夫に「付き合ってほしい」と言われた時、またこの人も…なんて思いました。でも、初対面で意気投合したこと、第一印象が良かったことから、自分を信じて付き合ってみることにしました。「何があっても死ぬわけじゃない!結婚はできないかもしれないけど、死ぬよりまし!生きてればまたいい人に出会える!」そんな気持ちでした。

結果、10年一緒にいられる人に巡り合えました。失敗を恐れず、前に進む気持ちが大切だと思っています。

30代後半/商社系/女性

この世界は仮想現実だと思ってみる

昔の恋人に浮気をされたトラウマから、ついつい今の彼も浮気しているのでは…?と、ちょっとした事で疑ってしまうんですよね。そして疑い出すとキリがないと言いますか、全てが怪しく見えてくるんです。

そんな時、私はそもそもこの世界が仮想現実だと思うことにしています。そう思うと、彼が浮気をしていようがいまいがどうでもいい事だと思えるようになりました(笑)

本当のことが何なのかわからないのに、ネガティブに考えるのをやめてみたんです。

考え方を変えただけで、心が晴れやかになり、ギクシャクしていた彼との関係も元通りになりました。

30代後半/自営業/女性

もし自分が逆の立場だったらと考えてみる

私は旦那を信用できません。計画性がなく、ギャンブルで多額の借金があったことを隠していたのです。

別れるという考えはありませんが、今でも金銭面では信用できません。

当初は失望して見捨てようかと言う気持ちにもなりましたが、もし私が逆の立場だったら・・・と考えてみたら、きっと自分も黙っていただろうなと思いました。それに、その事を隠しながら生活するのは心苦しかったろうと考えると、可哀想になりました。

今は相手に求めず、「自分は彼を信用する。信用している」と思い込むようにしています。その方が、楽しく過ごせる気がします。

30代後半/自営業/女性

【3位】自立する・自分に自信を持つ

自立する・自分に自信を持つ

恋愛と依存は別物だと自覚する

当時付き合っていた彼の携帯がふと気になって見てみると、なんと浮気の証拠が並んでいました。彼はその頃、隣でぐっすり眠っていたため気付いていませんでした。

後日、「Aちゃんって誰?」と問い詰めると「酔っ払った勢いでついやってしまった」と素直に白状してくれました。そこまではよかったのです。起こってしまったことは仕方ないので「次からは気をつけるように」といった形で終わろうとしたのですが、彼は言い訳を並べ始め、ついには「俺だけが悪いのか?」とこちらに矛先を向け始めました。その一言で「この人は今後も同じことを繰り返すのだろう」という結論に至り、お別れしました。

それからは、恋愛に浮気は付き物だと考えるようになってしまい、誰かと一緒になることに億劫になってしまいました。しかしある日、そのことを相談した先輩に「自立していない人ほど、誰かと一緒にいたがる。恋愛と依存は別物だよ」と言われ、ハッとしました。もしかしたら私は、また当時の彼はお互いに依存していたのかもしれないと気付かされたのです。

それからは、まず自立することに専念しました。そうすると自分の周りにいた人たちが少しずつ良い方向に変わっていきました。今では、当時の彼や先輩がネガティブな私に気付かせてくれたことに感謝の気持ちを持てるようになり、変わっていけた自分に誇りを持っています。

20代後半/IT・通信系/女性

裏切られても平気なくらい自立し、余力で恋人と付き合う

元彼は優しくてたくさん私に尽くしてくれていたのですが、突然パタリと連絡が途絶えました。今までは毎日連絡を取り合っていたのに、遊ぶ日にちを決めることになった瞬間、一週間未読。もう一度連絡しても既読無視。

それから全く連絡を取らなくなったのに、半年後いきなり連絡が来て呼び出され、「好き」と言われました。しかし、半年前のことを思い出すと信用できません。

そこでとりあえず返事はその場ではせず、自分磨きに奮闘し、勉強など自分に費やす時間を増やして彼のことを考えないようにしました。

そうしたら、私を大切にしてくれる別の男性に声をかけられるようになりました。

20代前半/学生/女性

時間をかけて見極め、「事前にじっくり吟味したから大丈夫」という安心感を得る

元彼とは知り合いの紹介で会いました。最初はとても優しく話も合うし、一緒にたくさんの場所へデートに行ったりしていました。しかしいつからか、急に相手の態度がびっくりするほど冷たくなっていき、私が何か悪いことをしてしまったのかなとか色々考えてしまいました。相手からも何が理由だったのか聞かされず、ずっとモヤモヤした気持ちを抱えていました。

後日、私達を引き合わせた知り合いから、彼に浮気相手がいるという話を聞きました。そしてその浮気相手が出来てから、彼が私に素っ気なくなった事、また私と付き合っている時から他の人に何度もちょっかいを出していたという事を知り、立ち直れないくらいショックを受けてしまいました。

これがトラウマになりすぎて、私はSNSで知り合った男性と片っ端から会う事を繰り返すようになりました。自分を傷つけるような行為を重ね、親身になってくれる周りの人達まで傷つけてしまいました。

この経験があったからこそ、今はお付き合いをする前にちゃんと相手がどんな人なのか、信用できる人なのかというのを慎重に見るようになりました。「事前にじっくり吟味したから大丈夫」という確信があるので、付き合ってから信用できないと不安になることはなくなりました。

30代後半/専業主婦/女性

【4位】包み隠さず打ち明ける・向き合う

包み隠さず打ち明ける・向き合う

包み隠さず自分のことを話し、互いの悩みに寄り添うこと

これまで、恋人を作る目的でマッチングアプリを利用していました。しかし「結婚率が云々」と書かれていても、純粋に恋愛目的の方というのは非常に少なく、蓋を開けてみれば身体目的や、既に本命がいたり、何股もしていたりということが大半で、私もその被害に遭った一人です。

私はもともと友達も少なく、恋愛経験も20年以上ありませんでした。アプリで付き合った相手からデートのドタキャンやフェードアウト、突然別れを切り出されたことで、さらに疑心暗鬼に陥ってしまいました。次の人を探して会っても、自分とは違う方向を向いていることがわかり、次第に人を信じられなくなりました。やがて恋愛にも消極的になってしまい、どうせ傷つけられるなら一生独身でいいとさえ思っていました。

ですが、ネット内で趣味仲間ができてから、その気持ちが変わりました。話すことで親交が深まり、趣味以外に仕事や学校、プライベートの話、互いに悩みごとを相談したりすることも多くなり、次第にDMで話す機会が増え、結婚を前提として交際することになりました。

付き合う際、相手も恋愛に対してトラウマがあり、恋愛が怖いという話を聞いていたのですが、私もそうだったため、そのことも話し、この人となら大丈夫だと思えたのが大きかったです。早いうちに悩みやトラウマを打ち明けておくと、後々の関係が崩れるリスクが減り、いい関係性が保てるかと思います。一朝一夕で克服しようとは思わず、二人のペースでゆっくり解決できるように歩んでいくことが大切です。

20代後半/専門コンサル系/女性

相手に今の自分の状態を伝える

彼は出会った頃から私の自信のなさや、隠している部分に気づく人でした。この人なら、と思いお付き合いを始めましたが、突然フラッシュバックするトラウマによって「口だけならなんとでも言える、きっと彼も・・・」と彼のことまで信用できなくなってしまう状態が数ヶ月に一回訪れます。

そんな時は彼に当たり散らす前に、今の自分の精神状態を伝えておくことにしました。そうすれば彼も感情的になることなく対処してくれますし、人に話すことで自分自身の理解も深まり、落ち着きやすくなります。

彼自身も精神的に不安定な部分があるので、お互いに疲れている時は、何か起こる前に伝えることで、大きなトラブルを回避しています。

また、お互いの「メンヘラ期間」が過ぎると、冷静にその期間の心情の変化を報告するため、仲直りデートに行くことにしています。これにより良い関係を保っています。

20代前半/サービス系/女性

トラウマについて丁寧に説明し、理解を得る

以前、付き合っていた彼氏にストーカーをされたことがあります。彼は付き合いたての頃から変わっていました。私のケータイのチェックをこっそり行ったり、私が知らない間にケータイのSIMカードを自分のものと入れ替えて、誰から着信やメールがくるのか確認されたりしていました。

当時の私は大学生だったし恋愛経験もそんなにないので、初めは軽く考え、何かある度に怒ったり喧嘩したりしていたのですが、結局家族や友達や会社やらを巻き込んで裁判で戦う事態に発展してしまいました。私は警察や周りの人に説得されるまで、彼からは本当に愛されているんだと誤解していました。しかし冷静になるにつれて、この関係はおかしいと気づくことが出来ました。そこに至るまでに激しく心身を消耗し、トラウマを抱えてしまったのですが…。

トラウマがあって恋人を信用できない気持ちはよくわかります。私の元彼のように、愛情に託けて支配しようとする人もいれば、周りの人たちのように、親身になって助けようと心を砕いてくれる人もいます。なので、人それぞれだと割り切るのが一番です。

ただ、信用には時間がかかるものです。恋人を信用できなくて後ろめたく思うなら、恋人にそれを話すのが一番だと思います。それでわかってくれなかったら、彼や彼女とは真剣なお付き合いをしなくていいと思います。

30代後半/専業主婦/女性

【5位】相手が注いでくれる愛情に注目

相手が注いでくれる愛情に注目

自分を愛してくれる目の前の人物を認めること

今は両親が離婚したので会うことはありませんが、父親に対するトラウマは私の心の中から消えることはありません。

父親はギャンブル・アルコール依存性で、それらのことになると人格が変わる人でした。また、酔うと見境がなくなるので、小学生の私に下半身を押し付けてくることもありました。

その意味がわかったのはおとなになってから。意味がわかると男性が気持ち悪くなり、恋愛ができませんでした。

でも優しい彼と出会って、「父親と彼は別の人物である」と納得できる愛情をもらえたことで克服でき、結婚に至りました。目の前にいる自分を思ってくれる人が、トラウマになった記憶を上書きしてくれました。

40代後半/専業主婦/女性

トラウマで彼氏を信用できない時の対処法まとめ

この記事では、トラウマで彼氏を信用できない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

トラウマで彼氏を信用できない時の対処法アンケートでは、1位は『恋人に執着しない・距離を取る』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

トラウマで彼氏を信用できない時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 トラウマで彼氏を信用できない時の対処法を回答
調査期間 2022年11月28日~12月13日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 トラウマで彼氏を信用できない時の対処法
1位 33票 恋人に執着しない・距離を取る
2位 22票 俯瞰的に考える・視点を変える
3位 17票 自立する・自分に自信を持つ
4位 16票 包み隠さず打ち明ける・向き合う
5位 5票 相手が注いでくれる愛情に注目
その他 7票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年11月28日~12月13日
回答者数:100人