彼女と別れた時の立ち直り方は?男性100人の実践した方法

彼女と別れた

彼女と別れたとき、自分から別れを選んだとしても彼女から別れを告げられたとしても、喪失感を感じるものです。

「本当にこれで良かったのかな」「いきなり一人になったけど、何をして過ごしたらいいんだっけ」と感じることも多いはず。

何も考えられない日々が続いても仕方がありませんが、まずは前を向いて立ち直らなければならないと考えている男性も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女と別れたときの立ち直り方を体験談と共にご紹介しています。

彼女と別れた時の立ち直り方ランキング

まずは、彼女と別れた時の立ち直り方ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女と別れた時の立ち直り方』によると、1位は『友達を頼った』、2位は『趣味に没頭した』、3位は『出会いを求めて動いた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女と別れた時の立ち直り方

男性100人に聞いた彼女と別れた時の立ち直り方では、1位の『友達を頼った』が約31%、2位の『趣味に没頭した』が約14%、3位の『出会いを求めて動いた』が約12%となっており、1~3位で約57%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女と別れた時の立ち直り方を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】友達を頼った

友達を頼った

毎日男友達と一緒に遊んだ

約5年付き合った彼女と別れて、直後にはあまり気持ちの変化はなかったが、1週間少々経ってから、彼女の大切さを痛感するとともに今までの思い出を振り返ってしまい、食事ものどに通らず、仕事にも影響する状態になってしまっていました。

しかし、「”時間”が解決してくれるから、その時間を彼女のことを考えないくらいの日常を過ごして時間を経過させようよ!」と友人と一緒に毎晩飲み歩いていたところ、本当に時間が解決してくれました。

20代後半/流通・小売系/男性

友達とご飯に行って慰めてもらった

週2.3回会っていて、結婚のことも考えていたのですが、仕事柄旅行などに行ける時間を作ることができずに振られてしまいました。

しょうがないところもあったと思いますが、少しでも解決策を見つけることが出来たらもう少し長続きできたのではないかと思っていました。

とは言え、もう終わった恋なので友達に相談をしてご飯へ行き慰めて貰っていました。

20代前半/メーカー系/男性

友達と過ごす時間を多くして支えて貰った

可能な限り多くの友達に話を聞いてもらうことで解決しました。

人によっては感情が不安定になったりもしましたが、結果として自分は一人ではないことを実感しました。辛いときは誰かに頼ってでも立ち直ることが大切だと学びましたね。

30代前半/メーカー系/男性

友人の体験談や話を聞いて立ち直るきっかけを貰った

彼女に振られた時は、普段は飲酒をしないのですが、友人たちと飲むことにしています。友人たちには失恋したと悟られますが、めったに飲酒をしない私を歓迎してくれます。

その場では自分中心の話題になりがちですが、友人たちの体験談・共感があり心が安らぐ場になって立ち直るきっかけをくれます。

30代前半/商社系/男性

男友達と飲みに行って相談に乗ってもらった

彼女に別れを切り出されて落ち込んだけど、男友達と居酒屋に飲みに行ったり、電話して相談したりしました。話を聞いてもらうだけで気持ちの整理がつきましたね。

更に趣味のラジオに投稿したりして気を紛らわしたりと、なるべく彼女の事を考えないようにしていました。

20代後半/不動産・建設系/男性

【2位】趣味に没頭した

趣味に没頭した

無理に忘れようとはせずに自分が夢中になれるものに没頭した

最初は食事ものどを通らず、眠れないし、何をしていても手につかず、彼女のことが頭をよぎる日々でした。

別れたのが11月末で、年末になると彼女と一緒に聞いていた曲が流れ、そのたびに思い出したりもしました。

ただ、無理に忘れようとはせずに、私の場合、マンガを読んでいる時間はそれに没頭できたので、マンガを多く読んでいました。

あとは時間の経過とともに頭の中を整理していくことができ、自然と立ち直ることができました。

30代前半/医療・福祉系/男性

気分転換で吹き飛ばすのが大事だと考えて趣味に勤しんだ

最初はショックで燃え尽きていました。しかし、このまま居てもと思い控えめにしていた趣味に没頭し考えないようにしていました。

最初はふとしたタイミングで思い出しますが、没頭しているうちに思い出す回数も減り、今ではそんなことがあったな位に思えるようになりました。

引きずるよりも気分転換が大事だと思いました。

30代前半/専門コンサル系/男性

【3位】出会いを求めて動いた

出会いを求めて動いた

積極的に出会いを探しに出掛けた

彼女のことを考えないようにするために、積極的に異性との出会いがある飲み会や合コンに参加して楽しい時間を過ごすようしました。

何度も参加するうちに新しい出会いもあり、その出会いを大切にすることで彼女のことを考えなくなりました。

30代後半/サービス系/男性

新しく好きな人を作る努力をする

好きだった彼女と別れた時は寂しい気持ちにはなり、食事も喉を通らない程ショックを受けたりします。

もちろん時間が経てばだんだん薄れたりはしてきますが、それよりも新しく好きな人を作るようにしています。好きな人を作ると毎日楽しく過ごせるので、辛い思いもせずに済むからです。

20代後半/サービス系/男性

【4位】予定を詰めて過ごした

予定を詰めて過ごした

考えても仕方がないので割り切って行動した

別れた時は、とにかく自分のせいにも相手のせいにもしません。むしろ今までの恋愛で自分は辛い別れを経験したことがありません。

違う人を好きなったと言われたときは、自分の中で、きっと好きなった相手は自分より魅力的で彼女を理解していたんだなっと思うようにしました。

私の考えは1回の恋愛で別れた理由を考え込んで落ち込むより、自己啓発をしたり、自分を理解してくれたり自分といて楽しいと思ってくれる人を探した方が良いと思うからです。

悲しんでいても次には進めないので、忘れるとかではなく、自分をさらに磨き、自分と波長が合う人と出会うまで、ひたすら色々な人と話したり、趣味にしかり、勉強にしかり、色々とアクティブに動きまくるようにしていました。

20代後半/公務員・教育系/男性

暇な時間には全部予定を入れて過ごた

彼女に振られた時は結婚まで考えていたので、とにかくショックでした。

生まれて初めて彼女へ手紙も送ってみましたが、時すでに遅しで彼女の意志は変わりません。この日はとにかく引きこもっていました。

暇な時間があると、どんどん落ちてしまうので休日のスケジュールは全て埋めました。忙しくしていることで、少しずつ気持ちが落ち着き、新しい出会いもあったお陰で解決することが出来ました。

30代後半/サービス系/男性

【5位】外に出るようにした

外に出るようにした

旅行に出てすばらしい景色が見える場所に身を置いた

付き合っていた彼女に振られてしまい、かなりヘコみました。

正直、立ち直れないのじゃないかとも思っていたのですが、ふと仕事の出張で立ち寄った場所(山道なのですが)で、そこから見える景色に心を打たれて、しばらくの間その場に立ち尽くしていました。

こうして雄大な景色を見ていると、自分の悩みも案外小さいものかとも思えて、帰る頃には少し清々しくも思えるくらいになりました。

30代前半/自営業/男性

【6位】仕事に没頭した

仕事に没頭した

何も考えずに仕事に打ち込んだ

別れた時はショックでしたが、自分がしっかりしなければと思い、その時は適当にこなしていた仕事に本腰をいれて打ち込みました。

資格を取ったり残業を引き受けたりと文字通り働き通しました。仕事が忙しいと余計な事は考えないので、落ち込むことはありませんでした。

あとは彼女を思い出すものは、すべて処分しましたね。

20代後半/不動産・建設系/男性

【7位】自分を見つめ直した

自分を見つめ直した

自分を見つめ直す時間を設けた後は出会いを探した

最初はかなり寂しさと辛さに悩みましたが、とりあえず合わなかったと自分自身と折り合いをつけて新しい出会いを探しに行きました。

現時点で良いと思える人を選んでいたわけで、現時点での人間関係では今後につながらないと思ったので出会いの場を探しました

30代前半/公務員・教育系/男性

【参考記事】彼女と別れた時に読んで欲しい記事5選

以下の記事では、総集編として彼女と別れた読んで欲しい記事5選をまとめていますので、是非あわせてご覧ください。

【解決法】彼女と別れた時に読んで欲しい記事5選まとめ

まとめ

男性100人に聞いた彼女と別れた時の立ち直り方では、1位は『友達を頼った』、2位は『趣味に没頭した』、3位は『出会いを求めて動いた』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人による彼女と別れたときの立ち直り方を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏と別れた時の立ち直り方編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏と別れた時の立ち直り方は?女性100人が実践した方法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年12月19日~01月03日
回答者数:100人