彼女の実家を初めて訪問!男性100人が教えるアドバイスとは

彼女,実家

彼女のご実家に初めて伺う事が決まった時、お呼ばれして嬉しい反面とても緊張しますよね。服装はどうしよう…手土産はどうしよう…と頭を悩ませてしまう事も。

大切な彼女のご実家に伺う機会だからこそ、お邪魔した際は決して失礼のないように、準備を完璧に整えて当日を迎えたい男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女の実家に伺う際のアドバイスを体験談と共にご紹介しています。

彼女の実家を訪問する際のアドバイスランキング

まずは、彼女の実家を訪問する際のアドバイスランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女の実家を訪問する際のアドバイス』によると、1位は『事前にご両親の性格を聞いておく』、2位は『普段通りの自分でいること』、3位は『ハキハキと受け答えをすること』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女の実家を訪問する際のアドバイス

男性100人に聞いた彼女の実家を訪問する際のアドバイスでは、1位の『事前にご両親の性格を聞いておく』が約23%、2位の『普段通りの自分でいること』が約18%、3位の『ハキハキと受け答えをすること』が約17%となっており、1~3位で約58%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女の実家を訪問する際のアドバイスを体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】事前にご両親の性格を聞いておく

事前にご両親の性格を聞いておく

事前に相手家族のことをしっかりリサーチしておくこと!

彼女の実家にお邪魔する前に、家族構成を把握しておく事をオススメします。

場合によっては複雑な家庭環境をお持ちの方もいらっしゃるので、失礼な言動を取らないためにも、聞けることはあらかじめ確認しておきましょう。

家族のことが分かれば、手土産の準備もはかどりますので、一石二鳥です。

また、ご家族の勤め先について自分との共通点などを確認しておくと、会話にも困りにくくなるのでオススメです。

私の場合は、相手のお父さんと私の共通の趣味が登山でした。会話の中で、お父さんの登山歴や道具のことなどのお話ができ、距離が縮まったように感じました。

20代後半/サービス系/男性

事前に話題になりそうな情報を調べておく!

付き合って3年になる彼女の実家に初めて行くときが、遂にやってきました。

私は仕事では、初めてお会いする方(目上の方)の情報収集から入ります。

ご両親に会うのは初めてで緊張はしましたが、今回も「事前に準備」「嘘偽りなく話す」事を柱に、趣味や仕事についての”準備”をしていくと、話も盛り上がり好印象でした。

20代後半/医療・福祉系/男性

事前に趣味や好きな物を聞いておき話のネタにする!

初めて彼女の実家に伺う前に、彼女からご両親の好みを聞きました。

そして、お母様は洋菓子が好きで、お父様は芋焼酎が好きという事だったので、それぞれ持参しました。

実家が人気の観光地ということもあり、会話の内容には全く困らず助かりました。

自分自身あまり緊張しない性格なので、何かに困るという事はありませんでした。話のネタをいくつか持って、あまり気負わずに行けば良いと思います。

30代後半/メーカー系/男性

事前にご両親・祖父母の思考を知っておく!

相手のお父様はよく知っている方でした。

お父様がフレンドリーな方なので、家族全員同じような思考だと思っていました。

清潔な服装で行ったつもりでしたが、相手のお母様と祖父母から「初めて来る時はスーツが常識!」と一掃されてしまいました。

古くからの慣習を絶対とする場合もありますので、事前確認をしておくべきでした。

30代前半/不動産・建設系/男性

彼女の意見を100%聞くこと

相手の親御さんがどういう方で、どのような趣味趣向かは彼女に聞いてみないと分かりません。

自身の恰好や手土産、またどの様な立ち振る舞いをすればよいか等、100%彼女の言う通りにしていれば間違いないので、事前に聞いておきましょう。

自分の個性を出そうとか、インパクトを残そうとかは考えない方が良いと思います。

20代後半/不動産・建設系/男性

【2位】普段通りの自分でいること

普段通りの自分でいること

普段通りを心がけつつ愛想はよくする!

彼女の実家に初めて行く際のアドバイスですが、間違いなくオススメなのは『普段通りに』です。

もしも何かしらのキャラを作ってしまった場合、彼女と結婚したらこの先ずっとそのキャラを演じ続けることになり、大変な思いをします。

そのため、始めから普段通りの自分を見せておくことが一番だと思います。

ただし、普段通りと言っても愛想がなさすぎると嫌われますので、愛想だけはそれ相応に振りまくようにしましょう。

20代後半/サービス系/男性

固くなってるところも素直に見せること!

はじめましての時は、年齢相応に礼儀正しくすることを心がけて行きました。

私はバツイチなので、しっかりと包み隠さず、養育費などを支払っている話もしました。

彼女はある程度年齢がいっていることもあり、ご両親は「結婚に関してどうこう言うつもりはない」との事で、お許し頂きました。

特にお父さんがお喋り好きで、ただただ話を聞いていたような・・・

彼女から「お父さん機嫌が良かった!聞き上手やな!」と言われ、ホッとした記憶があります。

20代後半/金融・保険系/男性

あくまで自然体で挑むこと

最初に彼女の実家に行った時はもちろん緊張しましたし、好印象を持たれたいといった気持ちがありました。

しかし、敬語を使うなど最低限のマナーさえしっかりと守っておけば十分です。

今後一生付き合う事になるかもしれないので、あまり無理をしすぎると後々印象が悪くなってしまうかもしれません。

できるだけ、素の自分を見せておく方がいいと思います。

40代前半/メーカー系/男性