彼氏から連絡が減った…同じ経験を持つ女性100人の対策とは

彼氏,連絡,減った

彼氏からの連絡が減ってくると不安になりますよね。「付き合い始めはたくさん連絡を取っていたのになんでだろう…別れたいのかな…」と心配になることも。

しつこく連絡を催促するのも嫌だけど、連絡が減った彼氏に対して何か対策をする方法を知りたい女性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏からの連絡が減った時の対策法を体験談と共にご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/31時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼氏からの連絡が減った時の対処法ランキング

まずは、彼氏からの連絡が減った時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏からの連絡が減った時の対処法』によると、1位は『彼にとってはこれが普通なのだと受け入れた』、2位は『こちらも連絡を減らして様子を見た』、3位は『他のことに没頭して気を紛らわせた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏からの連絡が減った時の対処法

女性100人に聞いた彼氏からの連絡が減った時の対処法では、1位の『彼にとってはこれが普通なのだと受け入れた』が約17%、2位の『こちらも連絡を減らして様子を見た』が約16%、3位の『他のことに没頭して気を紛らわせた』が約15%となっており、1~3位で約48%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏からの連絡が減った時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】彼にとってはこれが普通なのだと受け入れた

彼にとってはこれが普通なのだと受け入れた

この連絡ペースが彼にとっての普通なんだと受け入れる

マメに連絡をしてくれる男性は基本的に少ないと思っています。

そのため、私は彼の連絡ペースに合わせるようにしています。もしも彼からの連絡が少なく、不安に思ったならば、まず一度は彼と話し合います。

その中で私に冷めたわけではないということが確認できたなら、それでもう十分です。

この連絡ペースが彼にとっての普通なんだと受け入れて、無理に頻繁に連絡してもらおうとは思いません。

30代後半/公務員・教育系/女性

会った時の彼が普段通りで付き合いが順調なら特に気にしないようにする

彼氏からの連絡が減ると、自分への関心が無くなったのではないかと、どうしても不安になるものです。

しかし実際は、単に仕事が忙しかっただけであったり、二人の関係に彼が安心しきっていることが原因だったりします。

直接会った時の彼が普段通りなら、あまり考え過ぎない方がいいでしょう。おおらかに余裕を持って接することで、自分自身も楽になれるはずですよ。

30代前半/IT・通信系/女性

彼に素直な気持ちを伝え連絡が取り合えるようになるまでは一方通行な連絡でも我慢した

以前、とても忙しい人と交際したことがあります。

彼の仕事のことは理解しており、忙しいのことも承知していたのですが、連絡が全く取れない時にはさすがに心配になりました。

仕事が忙しいだけならいいのですが、もしかしたら根を詰めすぎてしまい、体調を崩しているのではないかと不安になってしまったのです。

そこで、彼には素直に自分がこのように不安に思っていること、そして、次に連絡が取れる日が分かればそれまでは連絡を取らないようにすることを伝えました。

すると彼からは、返事を返すことはできないけれどメッセージを貰えることは嬉しいので連絡を控える必要は無いと言われました。

それからは一日に一回はメッセージを送り、既読の有無で生存確認をして、何とか乗り切ることができました。

30代前半/医療・福祉系/女性

連絡を頻繁に取ることよりもお互いが会った時に本当に幸せだと思うための時間にする

私達は今まであまり頻繁に連絡を取り合うことはしてきませんでした。

私自信が連絡をこまめにする事が苦手だからです。個人的には一ヶ月に二回程の電話があれば十分だと思っています。

頻繁に連絡を取ることよりも、直接会った時にお互いが幸せに過ごせることの方が大切だと考えるからです。

それぞれが趣味や勉強などに向き合う時間を作ることで、会った時にお互いに成長を感じることもできますし、そんな人と恋人でいられることを幸せだと感じるのです。

30代前半/医療・福祉系/女性

【2位】こちらも連絡を減らして様子を見た

こちらも連絡を減らして様子を見た

一旦こちらからも一切連絡を取らないようにして相手の様子を見守る

初めはマメに返事をくれていた彼でしたが、だんだんと返事が遅くなり、内容もスタンプだけの素っ気ないものになってきました。

彼からは「ごめん、最近体調が悪くてあまり連絡出来ないかも」と言われてしまい、仕方なくしばらく様子見ながらLINEを送っていました。

ところが、それからしばらくすると、完全に音信不通になってしまい、とても辛かったのを覚えています。

様子を見る間はこちらからも一切連絡をせず、少し距離を置いた方がよかったのかもしれません。

30代前半/医療・福祉系/女性

押して駄目なら引いてみろを実践した

私は「押して駄目なら引いてみろ」を実践しました。

ある時から彼からの連絡が以前よりも少なく、内容も素っ気ないものになっていることを感じていました。

しかし、特に相手を責めることはせず、まずは二週間程自分からLINEのメッセージを送り続けました。

そして、二週間経っても彼が変わらなかった場合は、パタッと自分から連絡をやめるのです。

相手から来た連絡にも素っ気ない返事をするようにしたところ、さすがに彼も焦ったようで、以前のように丁寧なLINEが送られてくるようになりました!

20代前半/金融・保険系/女性

何かしら理由があるのだろうと判断しこちらからはアクションをせずに様子を見る

彼からの連絡が減ったのには、きっと何かしらの理由があります。

その原因が自分にあるのか、はたまた他にあるのかは全く分かりません。こちらから理由を問いただした所で、素直に言ってくれる可能性は低いでしょう。

辛い所ですが、ここはグッと我慢して、こちらからはアクションを起こさないようにします。

案外、少し距離を取ることで、お互いの大切さを再確認できるかもしれませんよ。

40代前半/サービス系/女性

自分からの連絡をやめて相手から連絡が来たときのみ返事を返した

私は彼氏ができたら頻繁に会いたいと思うタイプです。

しかし、彼はその逆で、どちらかというと淡白な付き合い方を好みます。それは付き合う前から知っていました。

そのため、あまり私の希望を押し付けてしまうと重荷に感じられてしまうので、彼から誘われたら会うという形を取るようにしていました。

しかし、長く付き合いが続くうちに、私との付き合いに慣れて安心感が芽生えてきたからか、段々と彼氏発信の連絡が減ってきてしまいました。

最終的には、これで本当に付き合っていると言えるのだろうかと悩んでしまう程、たまにしか連絡が来なくなってしまったのです。

そこで私は、私からの連絡は全く行わず、来た連絡にのみ返信することに決めました。時には敢えて既読スルーも行い、彼の様子を窺ったりもしました。

そのように対応していたところ、信じられないぐらいに彼氏から連絡が来るようになったので嬉しかったです!

30代前半/サービス系/女性