彼氏が好きかわからない…交際1ヶ月目で悩んだ時の対処法

彼氏,好きかわからない,1ヶ月

彼氏と付き合って1ヶ月。本来ならばラブラブなはずなのに、好きか分からない気持ちになることもありますよね。

1ヶ月で別れることは避けたいと考えているからこそ、彼氏を好きか分からない気持ちに対して上手に対処する方法を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による交際1ヶ月目なのに彼氏が好きか分からない時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

交際1ヶ月で彼氏を好きかわからない時の対処法ランキング

まずは、交際1ヶ月で彼氏を好きかわからない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた交際1ヶ月で彼氏を好きかわからない時の対処法』によると、1位は『一度距離を置いてみる』、2位は『楽しかった頃を思い出す』、3位は『デート中に楽しめているか確認する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた交際1ヶ月で彼氏を好きかわからない時の対処法

女性100人に聞いた交際1ヶ月で彼氏を好きかわからない時の対処法では、1位の『一度距離を置いてみる』が約40%、2位の『楽しかった頃を思い出す』が約15%、3位の『デート中に楽しめているか確認する』が約11%となっており、1~3位で約66%を占める結果となりました。

それでは、項目別で交際1ヶ月で彼氏を好きかわからない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】一度距離を置いてみる

一度距離を置いてみる

会う頻度は週に一回と決めてお互いの思いを尊重した

お付き合いしてから一ヶ月しか経っていないのであれば、まだまだお互いのことを把握しきれていない時期でしょう。

私と彼は職場が違うため、休みがなかなか合いませんでした。

土日祝日が休みの彼とは違い、私は仕事柄、不規則な勤務形態だったのです。

もちろん、交際しているのですから、私にも彼に会いたい気持ちはあります。

しかし、私は、ある程度計画性を持って生活したいタイプなので、彼には再三「当日、急に会いたいと言われても応えられないことが多いから、三日前か、遅くても前日の夕方までには、言ってくれないと困る」と伝えていました。

すると、言った直後は私の希望した期日までに連絡をくれるようになるのですが、結局、しばらくすると当日や前日の深夜に連絡が来るようになるのです。

そのため、次第に「この人は、私の事を本当に大切に思っているのだろうか?」という疑問が大きくなり、相手への気持ちがわからなくなってしまいました。

そこで私は、それまで無理をして頻繁に会っていましたが、これからは、週一回の間隔で会うことにしようと彼に提案してみたのです。

敢えて、特に毎週何曜日などときっちりは決めませんでした。

彼は元々、お互いの時間が合う時にデートをすればいいという感覚でしたし、私は、前もって毎週の予定を決めておけるため、週一間隔というのはお互いがストレスなく会うことができる、最適な頻度ではないかと思ったのです。

男性と違い、女性は準備に時間が必要ですし、服装や髪型もデートの内容によって変えたいという人が多いのではないかと思います。

そのような事前準備をするためにも、週一間隔がいいのだと話し、彼も納得してくれました。

そのようにして始まった、週に一回のデート。彼は、なるべく私の最寄り駅から近い場所でデートプランを考えてくれたり、私が次の日の仕事に支障をきたさないよう、気に掛けてくれました。

デートが週一回ペースになり、自分自身に余裕が生まれたことから、私は改めて彼の良さに気付くことができたのです。

おかげで、「私は、彼から大切にされているんだな…」と、安心して彼との交際を続けることができました。

この時の経験で、私は、お互いの気持ちを尊重した付き合い方をすることがとても大切なのだなと学びました。

結局、その彼と結婚することはなく、現在私は別の人と結婚し幸せな生活を送っています。しかし、彼との交際で得た学びがあったからこそ、今の幸せがあるのだと思うため、彼には感謝しています。

40代後半/専業主婦/女性

お互いに距離を置き自分の時間を大切にする

彼と交際を始めた当初、私はとにかく常に一緒にいたいという思いが強く、相手の都合も考えずに朝から晩まで一緒にいようとしました。

デートが終わり帰宅した後も、すぐにテレビ電話で話そうとし、片時も彼のことを忘れまいとしていました。

ところが、あまりに一緒にいすぎたせいか、ある時、急に彼の全てが嫌になってしまい、一緒にいることを苦痛に感じるようになってしまったのです。

このままでは私達の関係は終わってしまうかもしれないと、危機感を感じました。

そこで私は、お互いに一旦距離を置き、きちんと自分の時間も大切にしながら交際していこうと提案したのです。

彼も了承してくれたので、私達は今までの付き合い方を改めて、自分の時間も楽しむことにしました。おかげで、別れることなく、良い距離感での付き合いを継続できています。

40代前半/医療・福祉系/女性

少しの間こちらから連絡するのをやめ自分の気持ちも向き合う

彼への気持ちがわからないのなら、自分自身の気持ちと向き合うためにも、一旦連絡するのをやめてみてはいかがでしょうか。

一人でじっくり考える時間を持つことで、自分の本当の気持ちも見えてくると思います。また、こちらからの連絡が途絶えると、相手は心配して連絡をくれるはずです。

もしも、その連絡を鬱陶しいと感じてしまうようなら、正直、二人の関係はそこまでだと思います。

普通は嬉しく感じるはずの恋人からの連絡を、鬱陶しく感じるということは、すでに相手への気持ちが全くないということだからです。

逆に、「寂しい」、「連絡したい」という気持ちに少しでもなったのなら、まだ彼を好きだと思う気持ちがあるのでしょう。

「このまま彼と会えなくなっても平気なのか」と自問自答することで、自ずと自分の本当の気持ちがわかるのではないでしょうか。

30代前半/専業主婦/女性

少しの間距離を置き自分の気持ちと向き合う時間を作った

付き合い始めた当初、私達はお互いに対する気持ちが最高潮に盛り上がっていたこともあり、毎週のように会っていました。

しかし、交際一ヶ月を過ぎた辺りから、少しずつ「なんだか思っていたイメージと違うかも」と、彼に対する違和感を感じるようになったのです。

そこで私は、少しの間、彼と距離を置くことにしました。一度、一人でじっくりと考える時間を作り、自分の気持ちと向き合おうと思ったのです。

すると、交際してから今までの楽しかった思い出が次々と頭の中によみがえり、「彼に会いたい」という気持ちが自然と湧いてきました。

じっくり自分の心と向き合ったおかげで、「やっぱり好きだな」という彼への気持ちに気付くことができたのです。

20代前半/大学生/女性

一旦こちらからの連絡をやめて自分の気持ちを整理する

付き合って一ヶ月目というのは、とにかく彼と一緒にいられれば何をしていても楽しいと思える時期です。

しかし、その一方、何が起こってもおかしくない時期でもあります。

お互いが思っていたイメージと違っていたり、小さな違和感の積み重ねで、相手を好きだと思う気持ちがわからなくなってしまうのでしょう。

そんな時は、一度頻繁に取っていた連絡をパタリとやめてみてはいかがでしょうか。

そうすることで、自分自身の気持ちを整理する時間が持てるため、彼に対する本心に気付くことができると思うからです。

また、もしも距離を置いている間に相手が自分を心配して連絡をくれたなら、その時に自分の心がどう動くかも判断材料になります。

落ち着いて冷静な判断をするためにも、一度近すぎた距離を離してみることをおすすめします。

20代後半/医療・福祉系/女性

焦って何かしらの行動を取るのではなく敢えて時間の流れに身を任せる

私にも、交際一ヶ月目で彼のことが好きなのかどうか分からなくなったことがありました。

私達が交際をスタートさせたきっかけは、彼からの告です。

実は、私はそれまで交際経験がほとんどなかったため、彼からの告白に舞い上がってしまい、その場の勢いで付き合いをOKしてしまっていました。

それでも、恋人として少しずつデートを重ね、毎日連絡を取るなどして、良い関係を築いていこうしていました。

しかし、ある時ふと、「私達の関係は、友達と何が違うのだろか?」と考えてしまったのです。

彼とは元々友達だったため、恋人同士になる前からフランクな関係でした。それ故に、自分の立場が彼女なのか友人なのか、よくわからなくなってしまったのです。

けれどもこの時、私は焦ることなく、敢えて時間の流れに身を任せました。このような時に焦って何か行動を起こしても、かえって無理が生じると思ったからです。

その結果、結局、この関係はそれ以降もずっと変わりませんでした。私自身も今のような関係が嫌ではないので、そのまま交際は続いています。

案外、私には、このような恋愛スタイルが合っているのかもしれません。そのため、今は「私達の関係はこれでいいのだ」と、あまり深く考えないようにしています。

もしもこの先、彼の他にもっと気持ちが動かされる人が現れたなら、また考えようかなと思っています。

20代後半/医療・福祉系/女性

連絡を一切断ち自分自身の気持ちとしっかり向き合う

彼とは元々、飲みに行ったり、遊びに行ったりする仲だったのですが、ある時、告白をされました。

私もちょうどその頃、彼氏が欲しいと思っており、彼とは気が合うと感じていたため、「私も彼に好意があるのかもしれない」と思い、付き合ってみることにしました。

しかし、一ヶ月が経つ頃から、彼にやたらと身体の関係に進みたいと求められるようになったのです。

私はまだそのような関係になりたくなかったため、だんだんと彼と会うことを苦痛に感じるようになりました。

「事情があり、今はまだそのような関係になるつもりはない」と伝えても、彼の態度は変わりませんでした。

そのため、「彼は本当に私のことが好きなのだろうか」と疑問に思うようになり、それと同時に、私自身も彼への気持ちがわからなくなってしまったのです。

そこで、私はしばらくの間、一切の連絡を断つことにしました。案の定、彼から連絡が来ることはなく、私もその間、彼に会いたいという気持ちは全く湧きませんでした。

お互いに相手への気持ちがなくなっていることがわかったため、そのままお別れしました。私は、距離を置くことで自分自身の気持ちとしっかり向き合うことができました。

彼とは別れてしまう結果となりましたが、全く後悔はしていません。

20代後半/IT・通信系/女性

【2位】楽しかった頃を思い出す

楽しかった頃を思い出す

交際当初の頃を振り返りその時の気持ちを思い出す

私にも以前、付き合って一ヶ月で彼のことを好きかどうかわからなくなったことがありました。

特に喧嘩をしたり、トラブルがあったわけではなく、普段の彼との何気ないやり取りの中で、そのように感じるようになってしまったのです。

そこで私は、自分の気持ちをはっきりさせるために、交際当初の頃を振り返ってみることにしました。

相手のどんなところに惹かれ、どのようにして交際がスタートしたのかをじっくりと思い出してみたのです。

すると、「私は彼の◯◯なところが好きなんだ」と、改めて相手の良いところを実感することができました。

交際当初を振り返ったおかげで、私は自信を持って「彼が好きだ」という答えを出すことができたのです。

20代前半/サービス系/女性

思い出のアイテムを見返してみる

付き合い始めてからまだ一ヶ月しか経っていないにも関わらず、私は故意に彼と会うことを避けたり、彼からのLINEに返信をしなくなっていました。

彼への気持ちが冷めたわけではないと思うのですが、何故このような行動を取ったのか、自分にもわかりませんでした。

そうして悩んでいるうちに、ついには、彼のことが好きなのかどうかさえ、分からなくなってしまったのです。

私は、「恋人がいる」というステータスが欲しかっただけなのかもしれません。

そして、ある時ついに、彼からのLINEで「俺のことを本当はどう思っているの?」と聞かれてしまったのです。

私は何と返すべきか、返信に戸惑いました。そこで、ふと目にした日記を手に取り、時間をかけて読み返してみたのです。

私は彼と交際を始めた時から、デートをした場所やその時の会話などを全て日記に書いていました。

そんな思い出の詰まった日記を読んでいると、まだ一ヶ月しか経っていないのに、とても懐かしく感じ、なぜか自然と涙が溢れてきたのです。

「あの時は楽しかったな」、「二人で色々なことを笑い合ったな」と、様々な思い出がよみがえり、一度は無になってしまった彼への感情が、再び熱を帯び始めました。

日記という思い出の詰まったアイテムに触れたおかげで、私は彼に対する「好きだ」という感情を取り戻すことができたのです。

彼にLINEで、素直な自分の思いを伝えると、彼は「正直に話してくれて嬉しかった」、「好きだと言ってくれて安心した」、「ありがとう」と、とても喜んでいる様子でした。

思い出のアイテムを見返すことで、交際当初の気持ちを思い出し、相手への感情も復活させることができるかもしれませんよ。

30代前半/専業主婦/女性

交際当初に彼のどんなところに惹かれたのか思い返してみる

私にも以前、付き合ってまだ一ヶ月しか経っていないのに、「本当にこの人でいいのだろうか」と悩んだことがありました。

ちょうどその頃は彼の仕事が忙しかったため、ほったらかしにされていたことも、そのように考えてしまった原因の一つではないかと思います。

「別れた方がいいのかな」という考えが頭をかすめましたが、さすがに早すぎると、何とか思い留まりました。

そこで私は、初心にかえり、彼のどんなところを好きになったのか、なぜ付き合うことになったのかを思い返してみることにしました。

すると、私は彼の仕事に対する熱意や誠実さに惹かれ好意を抱いたことを思い出したのです。

交際当初の気持ちを思い出したおかげで、彼を応援することができるようになりました。

現在はその彼と無事に結婚し、幸せな毎日を送っています。今でも彼の仕事に対する熱意は変わっておらず、とても尊敬できるパートナーです。

30代前半/専業主婦/女性