彼氏は愛情表現が下手…同じ経験を持つ女性100人の対処法

彼氏,愛情表現,下手

彼氏の愛情表現が下手だと、「本当に私の事は好きなのかな?」と不安になることもありますよね。頭では愛情を理解していても気持ちが満たされないと寂しいものです。

「もっと愛情表現を上手にして!」とは中々言えないからこそ、愛情表現が下手な彼氏と上手に付き合う方法を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏の愛情表現が下手な時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼氏の愛情表現が下手な時の対処法ランキング

まずは、彼氏の愛情表現が下手な時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏の愛情表現が下手な時の対処法』によると、1位は『こちらから愛情表現する』、2位は『自分がリードする』、3位は『ありのままを受け止める』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏の愛情表現が下手な時の対処法

女性100人に聞いた彼氏の愛情表現が下手な時の対処法では、1位の『こちらから愛情表現する』が約36.6%、2位の『自分がリードする』が約18.1%、3位の『ありのままを受け止める』が約13.1%となっており、1~3位で約67.8%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼氏の愛情表現が下手な時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】こちらから愛情表現する

こちらから愛情表現する

好きだと伝えたり腕を組んでみたり、こちらのペースに巻き込むこと

彼は仲良しグループで一番物静かで目立たないけれど、私が無理をしていると気が付いてくれる優しい人です。私から告白して付き合い始めました。

しかし彼は恋人の私の前でも物静かなので「付き合ってと言われたから仕方なく付き合ってくれたのかな?」と不安になる日々でした。

このままじゃいけない!と思って、好きだと伝えたり、腕を組んでみたり、こちらのペースに巻き込むことにしました。

すると、しばらくして彼からも好きだと伝えてくれるようになって、「女性と付き合うのが初めてだから恥ずかしかっただけ」だと教えてもらえました。

愛情表現がうまくない彼には、こちらから伝えれば返してくれることもあるので、素直に押して押しまくるのも大事だと思います!

30代前半/自営業/女性

たまにこちらからスキンシップをしてみる

外国人の男性とお付き合いをすることになった時、付き合う前はグイグイくる人だったので、外国人だからこんな感じなのかな?と思っていました。

しかし実は精いっぱい頑張ってやっていたらしく、本当は恥ずかしいそうで、外では手もつながないような人でした。

しばらくはそんな彼に合わせて、傍から見たら付き合ってるかどうかわからない雰囲気でしたが、やはりたまには手ぐらいつなぎたいなと思い、思い切って自分からつないでみました。

ちゃんと振り払わず文句も言わずつないでいてくれたので、それからたまに仕掛けています(笑)。

40代後半/メーカー系/女性

こちらからたくさん愛情表現をして、積極的にアピールを続ける

彼は愛情表現が全くなく、口下手で、付き合うまでにもかなり時間がかかりました。

付き合ってからも好きと言ってくれないことに寂しさを感じていましたし、本人も愛情表現が下手なのは自覚してました。

私がたくさん愛情表現をして、遊びにも誘って、積極的にアピールを続けるうちに、今では少しですが気持ちを伝えてくれます。

20代後半/サービス系/女性

自分から愛情表現をする

当時、お互い専門学校が一緒で、時間が合えばよく一緒に登校や下校をしていました。

彼はもともと口下手で、愛情表現が下手な人で、一緒にいても私が一方的に話してる感じで寂しかったです。

彼から好きという言葉を聞いたのが告白の時くらいで、それ以降全然聞いてなくて、また言ってもらいたいと思ったので、私から「〇〇のこういう所が好きだよ」と言ってみました。

すると普段ほとんど言ってくれない彼が「あまり言えないけど俺もお前の事、好きだよ」と言ってくれました。

愛情表現が下手な人には自分から愛情表現をしてあげれば、相手も「こうしたらいいんだな」とわかるので、だんだん言ってくれるようになると思います!

20代後半/サービス系/女性

彼のことを気遣いながら、わかりやすく愛情表現をする

彼は本当に愛情表現が苦手で、言葉にして好きとかを言うような人ではなかったので、本当に私のことが好きなのかがわからず、不安な日々を送っておりました。

しかし彼と話していくうちに、彼の将来の夢を聞くことができ、そのために学業を頑張っていることや、学費を稼ぐためのバイトで忙しくしていることを知りました。

そんな彼を見ていて、どうやったら彼の力になれるのか考え、彼の自宅に遊びに行った時など、彼にとって居心地の良い時間が作れるように努力しました。

また、彼が愛情表現をしてくれないことに対しての不安を感じるのではなく、私からいろいろな種類の愛情表現をするようにしました。

そうすると彼も、だんだん私のことを大切にしたいと思うようになってくれたのか、照れながら愛情表現をしてくれるようになりました。

30代前半/サービス系/女性

素直に自分の好意を伝えて、一緒に楽しく過ごせるようにする

愛情表現をなかなかしてくれない彼と付き合っていた時には、自分の好意を素直に伝えるようにしていました。

つられて相手も伝える癖がついてくれたり、感化されたりしないかなと思い続けていたら、段々と影響を受けてか気持ちを伝えてくれるようになりました。

あとは、素直に愛情表現をしてくれた時には「とても嬉しいよ」と伝えていました。私が喜んでいると、相手も嬉しそうでした。

30代前半/専業主婦/女性

自分から愛情を示すこと

まずは「彼は愛情表現が苦手なんだ」と納得することから始めましょう。そうすることで不満も生まれません。

そして、「どうしたら彼が愛情表現をしてくれるようになるかな」と考えると、やはり自分から愛情を示すことが一番いいのかと思います。

現在の彼はあまり愛情表現が得意ではなかったのですが、私がたくさん甘えて「好き」と言うことで、段々愛情表現をしてくれるようになりました。

でもあまり期待せず、「愛情表現してくれたらいいな」くらいの気楽なスタンスがいいと思います。

20代前半/大学生/女性

自分から積極的に行動する

高校時代の彼氏の話です。彼は付き合う前から大人しくて内気な性格ではありましたが、デートに行くと頑張ってくれていました。

ですが、付き合い始めた途端に態度が変わり、愛情表現を全くしてくれなくなりました。「一緒に下校したい」と提案しても、「恥ずかしいから嫌だ」と断られてしまい、たまに同じタイミングで帰れる日があっても、10歩ほど先を歩いていました。

そこで私は、学校で1日に一回話しかけたり、毎日ラインで会話したり、図書館にいる彼に偶然を装い会いに行ったりと、少しずつ距離を縮められるように努力しました。

その結果、何度か彼からデートも誘ってくれましたし、お願いすると下校中に手も繋いでくれるようになりました。

内気で恥ずかしがり屋な彼なら、焦らず少しずつの前進が大事ですね!

20代前半/大学生/女性

自分から愛情表現をする

愛情表現が下手な彼と上手に付き合うには、まず自分が積極的に愛情表現をすることが大切だと思います。

私も愛情表現が下手な彼と付き合っていたことがありますが、どうやって愛情表現をしたらいいのか分からないんだろうなと思い、自ら愛情表現をするようにしていました。

すると、段々彼も愛情表現をしてくれるようになりました。

20代前半/公務員・教育系/女性

愛情表現してもらうために、こちらからアピールする

彼氏は非常に愛情表現が苦手で、小学生の男の子みたいに意地悪することでしか愛情表現ができませんでした。

いつも外で貶されてばかりだったので、正直愛されているかわかりませんでした。

そのため、こちらから甘えることで、愛情表現を教えるようにしました。「私は好きだけどどうなの?」みたいに無理やり言わせて、彼が自分から言うように仕向けて行きました。

愛情表現のレパートリーをきっと知らないだけなんだと思います。

20代後半/自営業/女性

こっちから愛情表現をする

元々愛情表現が苦手な彼氏で、いつも冷めた感じにしか見えませんでした。「好きなの?嫌いなの?どっちなの?」といつも思うくらいです。

無理に「愛情表現して」というのも嫌だったので、自分から愛情表現をするようにしました。

彼氏もそれに対して「ありがとう」と言ってくれて、いつしか少しずつ愛情表現をしてくれるようになりました。

やっぱり強制より、相手が自然にしてくれると嬉しいですね。

20代後半/サービス系/女性

自分が言われたい頻度で彼に「好き」と伝える

以前の彼はあまり好きとか言ってくれなくて、何を考えているかわからないなと思う事がたくさんありました。

私は本当に彼の事が好きだったので、自分が言われたい頻度で彼に「好き」と伝えました。

強制してないのですが、彼はだんだん分かってくれて、少しずつ愛情表現をしてくれるようになりました。

我慢してしまうのは良くないので、自分から伝える努力をしてもいいと思います!

20代後半/IT・通信系/女性

自分から積極的に愛情表現をする

彼は仕事が忙しくなると、どうしてもそちらに意識がいってしまうのか、会っていても疲れた顔であまり会話も進まなかったときがありました。

しかし、こちらまで不貞腐れてしまっては険悪な空気にしかならないと思い、思いきって「好き」という気持ちを唐突に伝えたり、スキンシップをしてみたりしました。

はじめは、「何?」という反応でしたが、次第に気持ちが解れてきた感じで、楽しい1日を過ごせました。

30代後半/自営業/女性

「あなたの彼女なんだよ!」ということをアピールする

社会人になってすぐにダイビングで知り合い付き合った彼が、感情をあまり出さない彼氏でした。

沖縄と神奈川の遠距離で、会えるのは月に2回、私がダイビングに行く時だけで、彼から会いに来てくれたことは一度もありません。デートの誘いもご飯の誘いもしてくれないので、いつも私から誘って彼に予定をあけておいてもらう状態でした。

付き合って4ヶ月経った頃に、「彼から一緒に住むか。飛行機代、勿体ないもんね」と言われ、それだけで嬉しくて同棲を始めました。

同棲してからは、彼がずっとゲームばかりでなかなか出かけられず、不満を伝えても「1人で行っておいでよ。俺は同棲できてるだけで満足だから」と言われ、何度もぶつかりました。

しかし、喧嘩しても思っていることを伝えていくうちに、彼も分かってくれて少しずつデートをするようになりました。

20代前半/医療・福祉系/女性

自分から愛情表情をしてみる

以前付き合っていた彼氏の話です。当時は私も若く、相手に合わせたり気遣うのも苦手でしたが、5年ほどお付き合いをし、後半には同棲もしていました。

彼氏は言葉数が少なく、何を考えているのかもあまりよく分からなかったのですが、仕事が忙しいながらも日頃から会えるように連絡を取り合ったり、休日前にはご飯を一緒に食べるなどした際に、自分の気持ちを伝えるようにしていたところ、相手もだんだんと表現してくれるようになりました!

20代後半/自営業/女性

気持ちを伝えて、自分からも愛情表現してみる

私は短大卒で就職し、彼は年上だけど、社会人歴は1つ下でした。

私は仕事にも慣れてきた頃で少々余裕がありましたが、彼はまだまだ新しい仕事を覚えなくてはならない時期で、余裕が無いようでした。

ただでさえ愛情表現をしない彼が、余計に愛情表現をしなくなり、さらに平日は飲み会や残業も多く、会う頻度も月に1、2回で「これって付き合っている意味あるのかな?」と思う日々でした。

そこで勇気を出して、「愛情表現をしてほしい」と自分なりに可愛く(笑)言ってみました。

最初は彼も照れて戸惑っていましたが、私が自分から声に出して愛情表現をするように意識していたら、彼も照れることなく言ってくれるように!

気持ちを伝えて、自分からも愛情表現してみると、案外彼も伝えてくれるんだなあと思った体験でした!

20代後半/大学生/女性

自分から甘えてみる

あまり愛情表現をしてくれない彼に対して、不安になることがありました。

意地になって私も愛情表現をしない時もありましたが、これではお互いのために良くないと思い、素直に甘えてみました。

私が甘え続けた結果、彼も慣れたのか徐々に自分から愛情表現をしてくれるようになりました。

自分から歩み寄ることが重要だと思いました。

20代後半/メーカー系/女性

先に沢山愛情表現をして手本を示す

私が先に沢山愛情表現をしてみて、愛情表現は恥ずかしい事じゃないということ、されることによってどんな気持ちになるかを、相手に体感してもらいます。

そこから徐々に「やってみて」、「言ってみて」と実践してもらい、少しでもやってくれたら目一杯喜んで、それが違和感なく出来る様に慣らしていきます。

とても時間はかかりますが、その方がストレスなくお付き合いできる気がします。

20代後半/自営業/女性

【2位】自分がリードする

自分がリードする

きちんと「どうしてほしいのか」をプレゼンすること

彼は彼なりに一生懸命愛情を伝えようとしてくれているのに、自分の中での合格ラインを相手に押し付けている可能性があります。

そのラインに達していないからといって「愛情表現をしてくれていない」と決めつけず、相手の精一杯を見極めてあげることや、こちらの求める愛情表現でないからといって、不合格としないことが大切です。

そして何より、こちらの求めるものを『察して』なんて思ってはいけません。きちんと「どうしてほしいのか」をプレゼンすることが重要だとしみじみ思います。

40代前半/サービス系/女性

自分からガンガン誘い、出掛ける

彼は今まで付き合ったことのない性格の持ち主で、彼女がどこで何をしていようが興味がわかない人でした。

彼から何か愛情表現があるわけでもなく、私からガンガン誘い、出掛けることが多かったです。

愛情表現が下手な彼ですが、意外と過去の話や「こういう時どう思うのか」などを沢山話してくれたので、段々とこういう人なんだとわかり、長く一緒に居ることができたと思います。

ちなみに今の旦那です(笑)

時々、「なんでこんなに愛情表現ができない人と付き合ったんだろう」と思いますが、逆に自分が積極的に動くタイプなので、上手いこと釣り合っているなと思います。

20代前半/専業主婦/女性

自分から感情を表に出して伝えること

初めて社会人の彼と付き合った時の話です。私は学生で、付き合った最初の頃は彼の生活スタイルが全然わかりませんでした。

元々愛情表現が下手な上に、残業の多い彼で帰宅時間もバラバラ。いつも「疲れた」と言うばかりで、デートに誘ってくれることもありませんでした。

彼のペースに合わせることにしていましたが、どうしても寂しく感じる時は私から素直に「会いたい」というメールをしていました。

彼の負担にならない程度で近くのカフェでお茶したり、彼の家に遊びに行ったりしていたところ、スキンシップも取ってくれて寂しく感じることも減っていきました!

やはり我慢のし過ぎもいけないので、愛情表現が下手な相手と分かっている時は自分から感情を表に出して伝えることが大切だと思います!

50代前半/サービス系/女性

「こんな風にして欲しい」と自分の素直な気持ちを伝える

初めて10歳以上歳上の男性とお付き合いした時、どうしてもジェネレーションギャップなどで困りました。

さらに彼は連絡をこまめにするのが苦手で、会話しても口下手で愛情表現もあまり見せない人だったので、自分からアクション起こしていました。

すると彼氏の愛情表現の仕方も段々と分かるようになってきて、感情も見せるようになってくれました。

お互い感情を表に出すことが少なかったので、「こんな風にして欲しい」と自分の素直な気持ちを伝えることや、自分から行動していくことが大切だと思います。

20代後半/流通・小売系/女性

強引でない程度に少しリードする

愛情表現の形は様々で人それぞれ違うとわかっていても、あまりに分かりにくいと困ってしまうことがあります。

最初の段階はやっぱり気恥ずかしさがマックスなので、余計に感情を表してくれないものです。なので、一緒の時間を積み重ねていくようにして、二人でいることが心地良い環境にしていきました。

たまにお互いの感情に刺激を与えるようなサプライズを用意すると、思わぬ表情を見せてくれたりしました。

強引でない程度に少しリードする気持ちが大事かもしれませんね。

30代前半/流通・小売系/女性

できていることは褒めて、できていないことはたまに伝える

私の彼はまさに愛情表現が下手な人です。下手というか何をしてあげたら、女性が喜ぶのか知らないようです。

それはある意味かわいそうでもあるので、無理なことを求めたり期待するよりは、彼が彼なりに示してくれた愛情表現を大袈裟に褒め喜ぶようにしています。そうすると彼は「それが嬉しいんだ」ということを学ぶのです。

もちろんそれだけだとこちら側の不満も溜まるので、どうしたら喜ぶかも冗談まじりで柔らかく伝えます。

毎回指摘すると、彼も分からなくていっぱいいっぱいになって関係が悪くなるので、バランスを見ることが大切だと思います。

こうして、できていることは褒めて、できていないことはたまに伝えるようにしています。

30代前半/サービス系/女性

自分から気持ちの確認をする

仕事の休みも合わず、なかなかデートもできていませんでした。会えた日も彼の愛情表現が下手で気持ちがわからず、悩んだりもしていました。

なので、自分から気持ちの確認をするようにしました。何度も言うとめんどくさがられるので、言い過ぎないようにはしてました。

あとはスキンシップも多く取るようにしました。愛情表現が下手でも、少しずつ気持ちは伝わってきました。

30代前半/サービス系/女性

「下手なりの愛情表現」を見落とさず、伝わったことを彼に告げる

当時の彼は大学の同級生で、20歳まで野球一筋に生きてきた女性に免疫のないタイプの方でした。

なので、恋人関係になっても彼の態度はガチガチで、愛情表現はとても下手だったのです。

しかし愛情表現が下手だと諦めず、よく観察すると下手なりの愛情表現を見つけることができました。具体的には、言葉には出さないもののいつも「車道側」を歩くようにしてくれたり、電車やバスでは「窓側」を私に譲ってくれていたのです。

見落としそうな些細なことですが、私は「いつも車道側を歩いてくれてありがとう!とても安心できるよ!」と彼の愛情表現が伝わっていることを彼に告げるようにしました。

すると照れ臭そうにしながらも嬉しかったようで、少しずつ積極的な愛情表現が増えていきましたよ。

30代前半/サービス系/女性

表現する機会を与えてあげる

主人は口頭での愛情表現が苦手でしたが、楽しいことを一緒にした際の「楽しいね!」という言葉や、一緒にいる時間自体が愛情表現だということに気づかされました。

親しくなってからは「花をもらうとうれしい」とか伝えたら、花を時々プレゼントしてくれるようになりました。

また、手紙をお互い書き合ったりすると、手紙の中に愛情表現が含まれていたりしました。

表現する機会を与えてあげるといいのではと思います。

40代後半/医療・福祉系/女性