彼氏に振られそう…経験がある女性100人が実践した対処法

彼氏,振られそう

彼氏と喧嘩をした時や怒らせてしまった時など、「このままだと振られそう…」と危機感を抱く経験もありますよね。別れたくないからこそ、何とかして振られそうな展開を回避したい方も多いはず。

下手に動いて状況を悪化させる事態は避けたいからこそ、彼氏に振られそうな時に関係を修復する方法が知りたいと考える方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏に振られそうな時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏に振られそうな時の対処法ランキング

彼氏に振られそうな時の対処法ランキング

まずは、彼氏に振られそうな時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏に振られそうな時の対処法』によると、1位は『ダメ出しを受け入れ、改善する』、2位は『冷却期間を設ける』、3位は『考え方や言動を変えてみる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏に振られそうな時の対処法

女性100人に聞いた彼氏に振られそうな時の対処法

女性100人に聞いた彼氏に振られそうな時の対処法では、1位の『ダメ出しを受け入れ、改善する』が約29.1%、2位の『冷却期間を設ける』が約28.8%、3位の『考え方や言動を変えてみる』が約12.8%となっており、1~3位で約70.7%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼氏に振られそうな時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】ダメ出しを受け入れ、改善する

ダメ出しを受け入れ、改善する

彼に指摘されたことを素直に受け入れて実践した

私の彼は要領がよく、私よりもずっと早く家事をこなします。のろまでズボラな私は、そんな彼に甘えてしまっていました。

家事なども任せてしまうことが多くなっていたある日、彼の気持ちがついに爆発し「お前も少しは家事しろよ、最近嫌気が差してきた」と言われてしまいました。

その言葉にハッとした私はすぐに家事を行い、やれることを全て行いました。それを見た彼は少し見直してくれたようで、褒めてくれました!

30代前半/サービス系/女性

意見の折り合いをつけた

私は大学生なのですがサークルの関係で男友達が多く、飲み会等の参加で帰宅する時間が遅くなることも頻繁にありました。

しかし、彼氏はそれをよく思っていなかったようで、言い合いになることがよくありました。そして「行動がこれからも変わらないようだったら別れたい」と言われました。

私はサークルでの人間関係も大切だったのでそのことを説明し、「サークルの集まりが終わったらすぐ帰宅し連絡もする」と約束しました。

それ以降は約束を守っていたので、言い合いになったりせずに良い関係を続けることができました。

自分の意見も伝え、相手の意見も尊重することでお互いに納得できると思います。

20代前半/大学生/女性

何がいけないのか考えて行動を改めるようにした

彼氏は大人数でいる場でも、常に私に隣にいてほしいタイプでしたが、私は周りを気にしてしまうタイプで、彼からそっと離れて後で怒られるということが何回かありました。

遠距離であまり会えないので余計に溝が深まり、彼から「自分が必要か?」という質問をされました。

「特別感が欲しいのかな」と考え、彼の誕生日に突然の訪問をしてみたりして、一時的に関係は改善しました。

しかし別れるというのは、自分の中でももう答えがほとんど出ている状況だと思うので、どうしても両者が同意できない状況だったら、仕方がないのかなと考えさせられました。

40代前半/金融・保険系/女性

話を聞いて改善するよう努力した

彼氏に連絡してもなかなか返信が来なかったり、どこか素っ気ない態度だったので、「何か気になることがあるのか」と問いました。

すると、「仕事で忙しいのに、連絡が多くて束縛されているように感じる」と言われました。

それを言われたときはショックでしたし、恋人とは頻繁にやりとりしていたいものでしたが、彼の要望通り、連絡しすぎないよう我慢することにしました。

それからは、お互いほどよい距離感をとることができ、私も自分の時間を作ることができたので、いい関係につながりました。

20代後半/流通・小売系/女性

とことん話し合い2人のルールを決める

私は彼氏よりも友達や仕事、自分のことを優先していたので、彼から「付き合っている必要性を感じない、別れて欲しい」と言われてしまいました。

自分自身、お互い自由な時間があっても良いという考えだったので、自分の考えを伝えた後に「彼はどう思うのか、どういう風にしてほしいのか」話をとことん聞いて、2人の間にルールを作りました。

ただ「直すから!」と一点張りをするよりも、2人の妥協点などをルールにすると良いと思います。

20代後半/医療・福祉系/女性

誤解させてしまった所を謝り本心を話した

彼が浮気をしたので真相を聞き、お説教をしました。後輩女子と2人でドライブしたという内容でしたが、「個人的にそれは浮気の範囲内なので、今後しないで欲しい」と伝えました。

私としては「直して欲しい」の気持ちで話をしていましたが、彼が逆ギレをして「じゃあ別れればいいんでしょ!」と言ってきたので、話の内容を思い出し、彼が誤解している部分を言い直したところ、「そうだったのか・・・」と落ち着いてくれました。

もし衝動的に振られそうなのであれば、自分の悪い部分と相手の悪い部分を冷静に伝えて、改善の余地があるかを確かめるのがいいと思います!

20代前半/サービス系/女性

自分の非を認め謝罪した

私は感情的になると、後先を考えずに心無い言葉を言ってしまう事があります。

彼と金銭感覚について言い争っている時に、ついカッとなり、相手を傷つける言葉を言い放ってしまいました。

彼はその日から私を無視するようになり、ついに「距離を置きたい」と言われてしまいました。

その時に、自分の暴言を心から謝罪しました。ごめんなさいという言葉だけでなく、自分の感情的になると後先を考えない所を具体的に話して反省しました。

相手に悪い所があってもその事は触れず、まずは自分自身の事だけ話す方がいいと思います。

30代前半/金融・保険系/女性

彼のペースに合わせるようにした

私はどちらかというと、恋人と頻繁に会いたいタイプでした。付き合い始めて半年くらいまでは、一緒にいる日が多かったです。

だけど、彼はどちらかというと自分の時間も大事にしたいタイプでした。

そうとは知らず、段々会う日が減ってきたことに不満が募った私は、彼に「冷めたのか?嫌いになったのか?」と何度も聞いてしまいました。

すると彼は「今までは無理していた」と言い、振られる寸前まで行きましたが、話し合いをして彼のペースに合わすようにしました。

それから私も趣味を見つけ、恋愛と仕事と趣味をバランス良く充実させられるようになり、結果的に良かったです。

20代後半/専業主婦/女性

毎日連絡を入れるようにして大切であることを伝える

私は当時、仕事を始めたばかりだったため、疲れて連絡を後回しにして、何日も彼氏に連絡をしないことがありました。

そんな時に「本当に好かれているかわからない」と彼氏に言われてしまいました。

疲れていたことを伝え、それからは忙しい日でも、朝と寝る前には必ず連絡を入れるようにしました。

一言の日もありましたが、「忙しいのに連絡くれて嬉しかった」と彼氏が言ってくれ、どんなに小さなことでも、コミュニケーションを取ることの大切さを感じました。

30代後半/医療・福祉系/女性

話し合いをして彼の嫌がることをやめる

私の彼は少し落ち込みが激しく、あまりにも自信をなくすと「もう別れた方がいいと思う」と言うことがあります。

そういう時は私自身が別れたくないことを伝えた上で、話し合いをします。

彼はいつも「自分が悪い」と言うのですが、少しでも気持ちがすれ違っているせいで彼を不安な気持ちにさせるんだと思うので、しっかり話し合って彼の不安を取り除きます。

もし彼が嫌がることを私がしているなら、直します。

こうして何事も早めの対処で危機を乗り越えます!

30代前半/サービス系/女性

いけない部分を改めることを約束した

私は極度の照れ屋で、恥ずかしいあまりに簡単に「嫌い」とか言ってしまうことがあります。また、記念日などもそこまでこだわらない風を装っています。中身は乙女なんですけどね。笑

そんな私の「塩対応」が本心だと彼に勘違いさせてしまい、彼は耐えきれず「もう限界だ」と言われました。

私は焦って、すぐに本心を打ち明け、謝罪しました。彼の気持ちが離れきっていなかったので、ギリギリセーフでしたが、それからは少し素直になるようにしました。

ひとまずお別れはせずに済み、前よりお互いを分かり合えたように思います。

30代前半/流通・小売系/女性

ひたすら謝って、これからの態度を改める約束をした

彼氏はとても嫉妬深く束縛が激しくて、更に情緒不安定な人だったので、キャバ嬢をしていた私の仕事に対しての理解がありませんでした。

それなのに私は彼氏に対して連絡が雑だったので、マメな彼には耐えられなかったのか、よく「別れよう」と言われてました。

私はその都度謝り、不安になるようなことは取り除けるよう努力をしました。

相手に理解してもらったり信用してもらうのには時間がかかりますが、誤解されたままだったり努力もしないまま別れるのは違うと思うので、好きな気持ちがある限りは最善を尽くしたいと思いました。

20代後半/流通・小売系/女性

【2位】冷却期間を設ける

冷却期間を設ける

自分からの連絡を一切断ち相手から連絡が来るのをひたすら待った

私は彼氏に執着しており、少しでも連絡が来ないと不安になっていました。向こうからの連絡を待てずに、自分から「何かあった?」等とLINEを送ってしまう事も多々ありました。

男性は狩猟本能があると言われてますよね。だからだと思うんですが、彼は私に追われる立場になってうんざりしたようで、ある日突然「暫く距離をおきたい。」と連絡がありました。

いつもの私だったら、必死で追いかけるのですが、今まで執着し過ぎていたと反省し、彼を信じて連絡が来るまで自分磨きをしながらひたすら待っていました。

すると二週間後、彼から連絡があり、「やっぱりもう一度やり直そう。追いかけてくるかと思ったら放置されたので逆に不安に思った」と言ってくれたのです。

振られそうな時は、どんな愛の言葉よりも、相手に一人の時間を与えて考えてもらう事が大切だと思います。

30代前半/医療・福祉系/女性

距離を取り、こちらからの連絡を減らした

お互いマンネリ化していることになんとなく気付いていて、しょうもない事で言い合うことも多くなり、彼の方から「もう俺達、無理かも」と切り出されました。

私はそれでも彼のことが好きだったので、別れるのは断固拒否し、話し合った結果、しばらくは私から連絡をせず、毎週末当たり前に会うのもやめて、お互いに会いたくなった時にだけ会うことに決めました。

最初の2週間ほどは彼からの連絡も無く、私からは連絡できなかったので、「このまま自然消滅かな?」と不安だったのですが、ある日彼から「会いたい」と電話がありました。

今までの私なら強がってしまうところだったのですが、この時は素直に会いに行き、「我慢していたけど、ずっと会いたかった」と、涙ながらに想いを伝えました。すると彼は「俺も同じ気持ちだ」と言って、抱きしめてくれました。

それから同棲が始まり、何回か修羅場はあったけど、彼と結婚しました。

「会えない日々が愛を育てるって案外本当かも」と思いましたし、時には素直な気持ちを口にするのは大事だと思います。

40代後半/医療・福祉系/女性

自分からは連絡したり会いに行かない

彼に振られそうだなと感じた時、しがみつかなきゃ一緒にいられないような彼といても、自分が自分でなくなるので、「自分からは連絡しない」「会いに行かない」を徹底してみました。

実際にやってみたら、自分の気持ちがすごく楽になっていて、そのままその彼とはお別れしちゃいました。

自分らしくいられる相手、そんな人と出会うべきなんだと学ばせてもらえたので、あれはあれでよかったと思っています!

30代後半/IT・通信系/女性

尽くすことをやめた

彼とは半同棲状態だったので、家事は全部私がやっていました。食事はもちろん、お弁当も毎日作っていましたが、そのうち「彼が冷めてきているな、浮気してそうだな」という素振りが見えました。

そこで、彼が休日出かけたのを機に、自宅へ帰るようにしたところ、一週間後くらいに「いい加減帰ってきてよ。家が汚くなってきたし、ご飯も食べたい」と連絡が来ました。

私は待ってましたとばかりに、「私はあなたの家政婦じゃないんだから、自分でするか浮気相手にでもしてもらったら?」と強く言いました。それには彼も驚いたようで、浮気相手とはきっぱりその日に別れてくれて振られずに済みました!

結局、家庭的なところを普段から見せておくことが大切だと感じました。

20代後半/専業主婦/女性

気持ちが重くならないように自分からの連絡は控え自分磨きをする

彼から「好きな人ができた」と伝えられました。付き合ったばかりの頃は相手の気持ちの方が大きかったのですが、次第に立場が逆転してしまったように思います。

私はこれ以上依存したくないと思い、連絡を控え、自分磨きをしました。

今にして思えば、「好きな人ができた」というのは多分、何でもいいから私から離れたかったのだろうと思います。

振られそうな時に一生懸命繋ぎ止めても逆効果になると思います。

30代後半/流通・小売系/女性

重くならないよう自分からは一切連絡を取らない

彼が大学の研究室でとても忙しくしている中、それをなかなかわかってあげられず、いつもと変わらない頻度で連絡したり、「デートに行きたい!」とわがままを言ってしまいました。

次第に彼からの連絡や返信が減っていき、「少し距離をおきたい」と言われてしまいました。

その時、初めて自分の重さ、相手への気遣いのなさに気づき、研究室が落ち着くまで保留にしてもらいました。

その間、私からは一切連絡を取らずにいたら、寂しいと感じてくれたのか、彼から「距離をおく話をなかったことにしてほしい」と言ってくれました!

常に相手の立場に立って、思いやりを持って行動することが大切だと身をもって知りました。

20代後半/医療・福祉系/女性

こちらからは連絡せず連絡がきても会わない

どちらかと言うと私は恋人を束縛してしまうタイプでした。

時間さえあれば彼氏と一緒に居たいし 一緒に居ない時も「何処にいるの?誰と居るの?何してるの?いつ帰るの?」と連絡し続けるような人間だったので、彼の態度が変わった時、そこに嫌気がさしたのかな?と思いました。

結構長く付き合っていたのでマンネリ化もあると思い、かなり苦しかったけど、わざと距離を置くべく、連絡はこちらからはせず、連絡がきても会わないようにしました。

そしたら、彼の方からメチャクチャ連絡してくるようになり、マンネリ化した関係をリセットできました。

40代前半/サービス系/女性

冷却期間を設ける

ある時、将来のイメージに対してお互いの意見が衝突し、話し合って仲直りしたのですが、その後3週間ほど経っても彼があまり楽しくなさそうで、違和感がどんどん強くなりました。

彼からデートの誘いもなくなり、いつも私から連絡を取るばかりだったので、私も無理に楽しそうに振舞うことをやめて、「少し距離を置いて、もう一度自分たちの将来に関して、冷静に考えてみよう」と提案してみました。

1ヶ月ほど、会うことも連絡することもやめ、お互い1人の生活をしてみると、私も彼もやっぱりお互いが必要だと分かりました。

リスクがあり怖いですが、一度距離を置いてみるというのも2人のためになると思いました。

20代後半/サービス系/女性

開き直って普段よりも連絡を取らないようにした

お互いそんなに束縛し合うこともなく、自由に生活を謳歌しながらも、お互いを思い合って過ごしていました。

しかしある時、彼に気になる人ができたようで、会った時もなんだか素っ気なくなってしまいました。
二人でいても携帯を眺めてばかりいるので、「もしかして誰か気になる子とやりとりしてる?」と直球で聞いてみたところあっさり白状しました(笑)

「であれば、少し距離を置こうか」と毎日のラインをやめ、会うのを月1回に減らしました。

そしたら2月後くらいに「やっぱり寂しい」と言ってきました(笑)

思い切って少し離れてみるというのも意外と効果的かもです。

30代後半/不動産・建設系/女性

少し距離を置いてお互いに落ち着いたら話してみる

私は一人の時間も大切にしたいので、あまりベタベタした関係は好みません。彼氏が常に一緒にいたいタイプだと、マイペースな私の性格が嫌になって離れてしまうことがありました。

ある時、「彼からの連絡が遅い。会わない期間が長くなってきた。避けられてる?」と気付きました。

聞いても何も反応がないので、このまま一緒にいたらだめだと思い、少し距離を置きました。お互いに離れて過ごすと冷静な気持ちになります。その間、お互いにどうしたいかを考えることにしました。

2か月してから再び会って、彼が何を望んでいたのか話し合うことができ、もう一度やり直すことになりました。

彼と別れたくない時は、距離を置いて冷静になり、考える時間を持つことがコツだと思います!感情的になってる時は良い結果が出にくいですよ。

40代前半/専業主婦/女性

彼に依存しすぎていた自分に気づき一人の時間を充実させた

私は彼氏のことが大好きすぎて、頻繁に連絡をしてしまったり、どんな時も彼氏を優先させる生活を送っていました。

自分の中では特に重いとは感じてなかったのですが、ある日彼から「干渉してこないでほしい。自立してよ!」と言われてしまいました。

このままでは振られてしまうと感じたので、1か月距離を置くことを決意し、一度彼から離れて一人の時間を充実させるようにしました。

連絡は一切取らず、自分磨きの時間をたくさん作った結果、1か月後には彼と以前より良い関係になれました!

振られそうになった時だけでなく、関係が悪化しているときは、一度冷静になって自分の行動を改めるというのがとても大切なように思います。

30代前半/メーカー系/女性

【3位】考え方や言動を変えてみる

考え方や言動を変えてみる

部屋をきれいにして帰ってくるのが楽しい家づくりをする

一緒に住んでいたのですが、彼が家に帰って来ない日が増え、理由を聞いても「仕事だよ」としか答えませんでした。

しかし突然好きだったタバコをやめたり、今まで買ったことのないブレスケア用品がポケットから大量に出てきたりして、明らかに他の女性の影がありました。

どうにかして家に帰ってきてほしいと思った私は、部屋を模様替えし、快適な空間を作ることに専念しました。

結局振られてしまい、そのまま引っ越し準備に移行したんですけどね(笑)

30代後半/自営業/女性

言葉ではなかなか難しいので冷たい態度をとってみた

彼が突然、私の発言すべてを否定するような言動をとるようになりました。

最初こそ、「何かしたのか?」と、あれこれ悩んでいたのですが、悩んでいても仕方ないと開き直り、私の方から初めて突き放すような冷たい態度をとってみました。

すると、彼が今までのことを謝ってきたのです。よく聞けば、仕事でうまくいかないことが重なり、近くにいる私でストレスを発散していたとのことでした。

私から冷たくされてようやく気持ちがわかったようで、それ以降そのようなことはなくなりました。

言葉ではなかなか難しいので、勇気を持って態度で表すことも大切だと思いました。

40代前半/専業主婦/女性

結婚願望が強かったのを考え直した

私は「結婚して早く子どもを産みたい」と思っていたのですが、彼氏は結婚願望がなく、「やりたいことに向かって頑張りたい」という人でした。

彼氏に結婚願望があることを伝えると、「このまま付き合っていくのはお互いに難しいんじゃないか」と言われました。

色んな人に相談したり、彼氏以外の男性と出かけてみることもしたのですが、彼氏以外にいい人がいなかったので、考え方を変え「そのうちうまくいって、彼氏と結婚出来ればいいかな」と思うようになりました。

後日、彼氏に、結婚について考え直した旨を話すと、「僕も君以外の人と付き合うのは考えられないし、結婚もしたい」と言われました!

恋愛や結婚について様々な考え方の人がいます。自分の気持ちを出したり、いろいろな方と話して自分の恋愛観や結婚観についてよく考えるのは大事だと思います。

また、相手の気持ちを考えるのことは、どんなこともでも大事だなと思いました。

40代前半/専業主婦/女性

素を見せすぎず笑顔でいる

よく恋人には「ありのままの自分」を見せることが大切だと言われますが、「ありのまま」を見せすぎて喧嘩が多くなっては元も子もありません。

私は短気ですぐ怒る性格なのですが、ありのままで怒り過ぎて彼との喧嘩が続いた時、「最近オレら、うまくいってないよね」と言われました。

危機を感じた私は、できるだけ笑顔でいることを心がけたところ、付合い始めの頃に戻れました。素を見せすぎるのも考え物です(笑)

20代後半/サービス系/女性

何が原因かを必死に考えて仕事終わりで疲れている彼をとことん労う

私は淡白で、基本恋愛にあまり携わりたくないと思っていた為、彼氏から「愛情がない」と言われてしまうことがありました。

けれど彼の事は嫌いでは無かったし、一緒にいて欲しい気持ちはあったので、献身的に尽くす日を決めました。

少し安直かなと思いつつも、安心した彼の顔を見られたので良かったです。

20代前半/自営業/女性

結論を出すことを急がないようにした

私は彼氏と意見の食い違いがあると理詰めで責め立てるタイプなのですが、彼氏は話を聞くだけで返答も曖昧になるので、そのような態度に余計に苛立つばかりでした。

ある日ヒートアップする私に向かって、彼は「そんなに怒るなら別れよう」と一言だけ呟きました。頭に血が上っていた私もその言葉を聞いて固まりました。

なんとか気持ちを落ち着かせて、よくよく彼の話を聞いてみると、「自分は相手を傷付ける言葉を使いたくないから、言葉を考えるのに時間がかかる。君とも揉めたい訳じゃないけど、解決する言葉はすぐ出てこない。考える時間が欲しい」との事でした。

無口な彼も、本当はたくさん話したい事もあるけれど、言葉選びに時間がかかっていただけのようでした。

それからは何か嫌なことがあっても捲し立てるのではなく、簡潔にまとめて彼に伝え、その後に少し時間を置いてから話し合うようにしました。おかげで揉め事も減ったような気がします。

お互いに違う人間だということを理解して、相手のペースを大切にしていくことが長続きする秘訣なんだと思いました。

20代後半/流通・小売系/女性

【4位】素直な気持ちを伝える

素直な気持ちを伝える

素直な気持ちをストレートに伝える

彼はとてもおおらかな人ですが、私は気持ちを素直に表すのが苦手なタイプでした。

彼の何でも受け止めてくれる態度は嬉しいのだけれど、それに劣等感を感じて素直になれず、嫌な態度を取ってしまうこともありました。

「こんな態度を続けてばかりで、さすがの優しい彼も何となく嫌になってきているのでは?」と疑心暗鬼になって、一緒にいても微妙な空気になることが増えた時、彼から「本当に僕と一緒にいたい?」と言われてしまいました。

一瞬、目の前が真っ暗になったのと同時に「素直じゃない自分」が出てきそうになりましたが、それでは何もかも失ってしまう、今の自分の本当の気持ちを伝えよう、と初めて素直な気持ちをストレートに伝えました。

すごくパワーが必要だったけれど、彼は「〇〇の本当の気持ちが聞けてすごく嬉しい、不安だったから」と言ってくれました。

それからは意識して折に触れ、彼に気持ちを伝えるようにしています。

50代前半/自営業/女性

とことん話し合った

私の住んでいる近くに、どうも私にそっくりな人がいるようです。しかも、車種も色も一緒らしく、色々な人に「〇〇にいたでしょ?駐車場で見たよ」と勘違いされることが増えました。

そんな時に男友達が、私が男といたのを見たと彼氏に告げ口しました。もちろんそんな事実はなく、その日私は女友達と映画に行っていたのに、嘘だと思われて大変でした。

結局、説明しても疑い続ける彼に、「あなたは自分で見ていないのに、友達の情報と私の話、どっちを信じるんだ!」とかなり強めに聞きました。

最終的には彼も自分で見たわけではないし、似ている人がいるらしいというのも知っていたので、私を信じてくれました。

30代後半/公務員・教育系/女性

自分の不満や不安、仲直りしたいことを直筆の手紙にしたためて渡す

当時の私はものすごく意地っ張りで嫉妬深く、一方で他人を信用するのが怖いと感じている人間でした。

まるで子どものように、彼を困らせたり悲しませたりして気をひかないと、不安で仕方ありませんでした。今となっては、なぜそんなことになったのかと思いますが、若さゆえの気持ちの暴走だったのでしょう。

ある日彼から「別れよう」という手紙を受け取り、自分の愚かしさ、虚しさに涙が止まりませんでした。そのときに、自分の気持ちに素直になり、手紙を書き、泣きながら彼に謝り、「これからも一緒にいてほしい」と伝えました。

大切な人を失わないためにも、とにかく一度冷静になって、「なぜこの人と一緒にいるのか」「これからも一緒にいたいと思えるか」をじっくり考えてみるべきです。

30代前半/専業主婦/女性

彼に対する自分の思いを素直に話す

大好きな彼に振られそうな時、どんな結果になるにせよ「自分が後悔するような行動」をとるのは厳禁です。あとになって苦しむだけだからです。

だから後悔しないためにも、彼に対する自分の思いをハッキリと伝えるといいと思います。その時は相手を責めるようなことは一切言わず、彼の良い点、好きになった点、尊敬している点など、積極的な言葉で思いを伝えると彼の心に変化が出るかもしれません。

とにかく、彼に対する自分の思いを素直に話すことで、後悔せずに済むと思います。

30代前半/サービス系/女性

【5位】潔く諦める

潔く諦める

彼の心が自分にないことが分かっている場合なら潔く諦める

昔付き合っていた彼と、性格の不一致でどんどん心の距離が離れていった経験がありました。

私は彼が好きでしたが、無理して付き合ってもらったところで、遅かれ早かれ終わるのは目に見えているし、毎回重い気持ちで会いに来られるのも辛いものでした。

だから、私からは振ることはないけど、いつ振られてもいいように心の準備は常にして、振られたとしても次の彼氏の為にダイエットやスキンケアを頑張りました。

実際にその後に振られましたが、その彼よりも背が高いイケメンとすぐに付き合えたので、振ってくれてありがとうとすら思いました(笑)。

20代後半/サービス系/女性

【6位】初心にかえる

初心にかえる

付き合いたてのデートを再現する

私がお付き合いをしている彼から振られそうな時に行うのは、「付き合いたての頃のデートを再現する」ことです。

誰だってお付き合いの期間が長くなれば、「慣れ」や「飽き」による感情の変化があって当然で、「恋愛感情」か「友情」かわからなくなることもあるでしょう。

そんなときには、「恋人同士になりたての頃の初心を思い出してもらうこと」が効果的だと考えます。

彼と一緒に、告白の場所や、初デートで訪れたレストランなどを巡ってみると、キラキラした思い出が蘇って彼の気持ちも戻るかもしれませんよ。

30代前半/サービス系/女性

まとめ

女性100人に聞いた彼氏に振られそうな時の対処法では、1位は『ダメ出しを受け入れ、改善する』、2位は『冷却期間を設ける』、3位は『考え方や言動を変えてみる』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏に振られそうな時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女に振られそうな時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女に振られそう…経験がある男性100人が実践した対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年06月17日~07月02日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。