彼女に振られたけど復縁したい…経験者100人が復縁した方法

彼女,振られた,復縁

彼女に振られた後から「復縁したい…」と悩む時もありますよね。少しでも復縁できる可能性があるならば、もう一度彼女の気持ちを取り戻したいと思ったことがある方も多いはず。

しかし、復縁したい時の行動によってはさらに距離を取られる可能性があるからこそ、彼女に振られた時に上手に復縁する方法を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼女に振られたけれど復縁出来た方法を体験談と共にご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/31時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼女に振られたけど復縁出来た方法ランキング

彼女に振られたけど復縁出来た方法ランキング

まずは、彼女に振られたけど復縁出来た方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女に振られたけど復縁出来た方法』によると、1位は『冷静に考える時間を与える』、2位は『自分の気持ちをしっかり伝える』、3位は『相手の気を引く』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女に振られたけど復縁出来た方法

男性100人に聞いた彼女に振られたけど復縁出来た方法

男性100人に聞いた彼女に振られたけど復縁出来た方法では、1位の『冷静に考える時間を与える』が約25.2%、2位の『自分の気持ちをしっかり伝える』が約18.7%、3位の『相手の気を引く』が約16.3%となっており、1~3位で約60.2%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼女に振られたけど復縁出来た方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】冷静に考える時間を与える

冷静に考える時間を与える

別れるときに「いつでも戻っておいで」と言う

別れるのは嫌でも、あまりにもしつこく止めるのは逆効果だと思いました。かといって、すぐに別れを承諾するのも復縁の可能性は低いと思います。

「別れるのは嫌だ、まだあなたのことが好きだ、できればずっと居てほしい」と伝えてもダメだったときは、「いつでも待ってるから」と言って別れを承諾しました。

そして、一か月ごとに連絡を取りました。そして5回目くらいの連絡の時に、私の元に戻ってきてくれました。

おそらく、恋人がいなくなり心に隙間が空いて寂しくなったのだと思います。正直、作戦勝ちした気分でした。笑

20代前半/大学生/男性

しばらく日にちを置いて荷物を取りに彼女の部屋に行った

同じ職場の同期の彼女でした。職場も一緒、土日も一緒に過ごすことが増え、彼女は息が詰まったのだと思います。毎日していた電話も1日2日と空き始め、土日も会うのを渋り始めて、ついに別れを切り出されました。

私としては納得いかなかったし、もちろん復縁したかったので、彼女と少し距離を置くことにしました。距離を置いても会社では会ってしまうのが社内恋愛の辛さです。

電話もしない日々が2週間くらい続いた後、彼女に「部屋に荷物を取りに行く」と連絡し、荷物を片付けていると彼女から「やっぱりまた付き合おう」と言われました。

少し距離を置いてお互い見つめなおすことも良いことだと思います。

40代前半/メーカー系/男性

「もしかしたら復縁チャンスがあるかもしれない」程度に考えて待つ

こちらからアクションを起こすことはほとんど無意味だと思います。なぜかと言いますと、結局のところ相手の気持ち次第だからです。

ですので、振られた場合はとにかく何もせず、「運が良ければ、もしかしたら復縁チャンスがあるかもしれない」程度に考えたほうがいいです。彼女がやっぱり寂しくなって、元の鞘に戻りたくなるかもしれないからです。

実際、私もそれは経験があるんです。振られたけども彼女のほうから「またやり直さない?」と連絡がきて、私もまだ好きだったので復縁しました。

40代後半/自営業/男性

何もせず時間を置いた

彼女が約束を破ったことが許せなくて大喧嘩した挙げ句、別れました。

時間が経つにつれ「言い過ぎたな」と反省しましたが、謝る勇気がないまま時は流れていきました。

そして私の誕生日に、彼女から謝罪とお祝いのメールが来たのです。私は嬉しくてすぐ返信し、謝罪もしました。そして再び付き合うことにしたのです。

原因が彼女の浮気とか借金だったら、一生直りませんから、絶対に復縁はしないと思います。

30代前半/メーカー系/男性

時間を置いて久しぶりの再会を待った

当時はお互い若かったこともあり、時間が取れず喧嘩が増えたことによっての別れでした。

寂しくて不満も募り、お互い一緒にいるのは難しくなりましたが、すれ違いが原因だったため嫌いになったわけではなかったです。

その後2年後に再会し、近況を話したり遊びに行ったりするようになり、お互い付き合っている人もおらず、自然に復縁することになりました。

時間が解決してくれることもあるんだなと痛感しました。

20代後半/IT・通信系/男性

【2位】自分の気持ちをしっかり伝える

自分の気持ちをしっかり伝える

真摯に受け止めて反省して彼女に連絡する

別れの原因は、自分が彼女を束縛しすぎて、何処に行くのかいちいち聞いたりしていたことでした。

振られてから自分なりに何処がいけないかと冷静に考えて、それに思い至り反省しました。

三か月経った頃に彼女に連絡してその旨を話し、「反省してる。今後はそうならないように気を付ける」と話しました。

その際、彼女にも友達との付き合いもあるから、「今後は縛ったりしない」と説明したところ、納得してくれました。

50代前半/サービス系/男性

時間と距離をおいてから再度話し合いをした

私の嘘が原因で彼女との溝が深まりました。何度話し合いをしても解決せず、最終的に別れ話になって、一旦は別れることになりました。

諦められなかった私は、一旦距離と時間を置き冷静になりました。距離と時間を置くことにより、自分の悪い部分や過去の失敗を冷静に見つめ直すことができました。

考え抜いた末に、過去の失敗の反省や今後の接し方について誠心誠意伝えた結果、復縁することができました。

最初に話し合いをする場合は、冷静な判断ができないケースが多々あるので、まずは距離と時間を置いて自分を見つめ直すことが大切と実感しました。

30代前半/自営業/男性

我慢して言えていなかったことを思った時にきちんと伝える

言いたいことや思ってることを言わずに、不満を溜めてしまっていました。もともと自分から告白して付き合ったので、「嫌われたら嫌だ、振られたら・・・」とネガティブな思考になっていたからだと思います。

疲れてしまい、自分から別れたいと言って別れましたが、彼女から「復縁したい」と言ってくれてその時に言えないことがたくさんあったことを伝えました。

思ってることは直ぐに伝えることが大切だと思いました。

20代前半/大学生/男性

十分に時間を置いて連絡した

私の愛し方に問題がありました。私はたとえ恋人でもイチャイチャするのが苦手だったので、デートで手を繋ごうとするのを拒否したり、キスも避けていました。

その結果、彼女も私に愛されてるか疑問を感じたようで、ついに振られました。

その後1週間くらいして、彼女への想いを連絡して「少しずつ愛し方を変える努力をする。どうしたらいいか教えて欲しい」と相談したら復縁出来ました。

お互いの意見をちゃんと伝えて、苦手なことでも話し合う事の大切さを実感しました。

20代後半/流通・小売系/男性