彼女とラブラブでいたい!彼氏100人が実践する秘訣とは?

彼女,ラブラブ

大好きな彼女とはいつまでたってもラブラブな関係でいたいですよね!時にはすれ違いや喧嘩があったとしても、基本的にはラブラブな状態をキープ出来る付き合い方をしていたいと考える方も多いのではないでしょうか?

彼女と長く付き合っていきたいからこそ、世の中のラブラブカップルが実践している秘訣があれば真似をしたいと考える方も多いはず!

この記事では、男性100人による彼女といつもラブラブでいる秘訣を体験談と共にご紹介しています。

本コンテンツはfamicoが独自に制作しています。コンテンツの内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。広告等が含まれるコンテンツの場合、広告主等はコンテンツの内容・ランキングの決定に一切関与していません。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/31時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼女とラブラブでいる秘訣ランキング

彼女とラブラブでいる秘訣ランキング

まずは、彼女とラブラブでいる秘訣ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女とラブラブでいる秘訣』によると、1位は『程よい距離感を保つこと』、2位は『感謝や愛情を伝えること』、3位は『相手を尊重すること』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女とラブラブでいる秘訣

男性100人に聞いた彼女とラブラブでいる秘訣

男性100人に聞いた彼女とラブラブでいる秘訣では、1位の『程よい距離感を保つこと』が約31.9%、2位の『感謝や愛情を伝えること』が約25.5%、3位の『相手を尊重すること』が約10.9%となっており、1~3位で約68.3%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼女とラブラブでいる秘訣を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】程よい距離感を保つこと

程よい距離感を保つこと

自分と彼女のシャンプーを別にしてドキドキ感を演出する

やはり同棲を長く続けると、どうしても生活がマンネリ化してきてしまう時があります。

そんな時に2人で考え話し合い試してみたのが、お互いの匂いについてでした。まずはシャンプーをそれぞれ違うものにして試してみたところ、お互いがドキドキするようになりました。

生活時間が違う2人だったので、帰宅した時の部屋の香りに最初は違和感を感じていましたが、段々と心地よくなりました。

また、洗濯洗剤や柔軟剤も互いに違うものにして試していましたが、手間や費用の面でももったいないと感じ、シャンプーに落ち着きました。

少しの変化ではありますが、毎日の中に一つでもドキドキを生むことが、ラブラブでいる秘訣だと感じています。

30代前半/流通・小売系/男性

1人の時間も持つこと

付き合い始めてから3年くらい経っても、出会った頃のようにラブラブでいられます。

秘訣は2人の時間も大切ですが、1人の時間も持つことです。

これにより自分の時間を有効活用することが出来、2人で会ってる時は、出会った頃のようにラブラブで新鮮な気持ちになれます。

40代前半/自営業/男性

束縛し過ぎず会った時に甘える

1番大事だと思うのは、相手の女性の事をとことん信じることです。

束縛で別れるというのがよくあるパターンだと思いますが、僕は相手を本当に信じているので、連絡の取りすぎはしないようにしています。

これは冷めている訳ではなく、ある程度の距離感を保って接してるということです。

ただその分、会った時は甘えています。笑

20代後半/メーカー系/男性

会う頻度は週一程度にして新鮮さを保つ

会う頻度は週一くらいだと丁度いいかなと思います。これくらいの頻度で会うと「やっと会えた感」も出てくるし、毎週会うのが新鮮ですし、結果的にラブラブ度を保てるのです。

逆に週3とか週4だと、すぐにラブラブ期間は終わってしまう場合が多いです。

やっぱり週一くらいで会って、趣味や友達との付き合いも同じくらい大事に生きていったほうが、何事も上手く回り出します。

40代後半/自営業/男性

コミュニケーションは欠かさず無理に相手に合せない

付き合い始めて2年程です。

一緒にご飯を食べる時にお互いの主張や、仕事などでの時間のずれなどについて話してます。

この先の将来を考え出すと、焦ったり人の考えなどに惑わされそうですが、彼女との「無理に相手に合せないゆったりな関係」がお互い、居心地がいいです(笑)

現在の自由時間がある付き合いだからこそ、ラブラブで過ごせてるんだと実感してます。

40代前半/サービス系/男性

お互いに自分だけの時間を作る

同棲をしていても、仕事の時間帯がバラバラでなかなか一緒の時間を過ごすことが少ないです。

そこで顔を合わせたらハグをしたりキスをしたりして、一緒にいられない分を埋めあわせています。

しかし、一緒にいられる時間が少ないのもラブラブな秘訣だと思っています。

ずっと一緒にいたらしんどくなってしまうので、私たちにとってはちょうど良い距離感なんだと感じます。

20代後半/IT・通信系/男性

依存しすぎず友達と遊ぶ時間も作る

社会人カップルは特に、仕事でも疲れるので恋人と喧嘩した時などは最悪です。

イライラが募って別れるパターンが多いと思うので、相手に依存しすぎず、友達と遊ぶなど適度な距離を保つことが大切だと思います。

ずっと一緒にべったりいると、新鮮味がなくなりマンネリも訪れると思うので。

いつまでも新鮮な気持ちでいられる方が、お互いに対する興味も湧きますし、いつまでもラブラブでいられる気がします。

20代後半/公務員・教育系/男性

【2位】感謝や愛情を伝えること

感謝や愛情を伝えること

多少恥ずかしくても常に愛情表現をする

僕たちは付き合って10年目に結婚しました。付き合いが長い分、慣れてくると思われてきましたが、「好き」や「愛してる」などの恥ずかしいセリフを常に言ってきました(笑)。

やはり想っていても言葉にしなければ解からない事が多いですし、周りの人に聞かれるわけではないので、多少恥ずかしくても常に伝えています。

あと、他人に彼女の不平不満は決して言いません。よく「彼女の〇〇が嫌でさ〜」とか言っている人がいますが、不満を言うより良い部分を伝えるほうが良いと思うので、「彼女の〇〇なところが良くてさ」と良さを伝えています。

40代前半/流通・小売系/男性

毎日必ずキスをしてから出かける

妻とラブラブな秘訣は、毎朝の「行ってきます!の時のチュー」をずっと続けていることでしょうか(笑)

あと、どれだけケンカしても、寝る前に必ずチュッとしてから寝ます。おかげで、どんなことが起きても、いつもラブラブでいられます(笑)

スキンシップの大切さが身に染みて分かりますよ!

30代後半/サービス系/男性

毎日のハグを日課にすること

彼女と仲良くするためには、毎日のハグを日課にすることが大切だと思います。

ハグすることで、お互いの大切さを感じることができて、決して当たり前ではないという幸せを噛みしめることができます。

お互いの体温から気持ちが伝わり、いつまでも一緒にいたいとも思う事が出来ます。

毎日ハグをする事で気持ちが続き、いつまでも幸せになれます。

20代前半/マスコミ系/男性

感謝の気持ちを忘れないこと

交際して1年で結婚しました。今まで1度も大きな喧嘩をしたこともありません。

仲良くする秘訣は、とにかくひとつひとつのことに感謝の気持ちを込めることです。口に出して言うのではなく、さりげない仕草でしっかりと伝えることです。

またお互いの適度な距離感も重要だと思います。干渉しすぎないよう、お互い1人の時間もしっかり保つといいです。

30代後半/サービス系/男性

一日一回は必ず好きの気持ちを伝えハグをする

彼女と付き合って2年半、一度も喧嘩をしたことがありません。それはお互いに毎日気持ちを伝えるようにしているからだと思います。そして毎日スキンシップも欠かしません。

一日一回、必ず好きの気持ちを伝え、感謝の気持ちは小さなことでも忘れず言葉にして伝えます。また体調のこと、機嫌の良し悪しなども、出来る限り言葉にして伝えるように心がけています。

それから毎日ハグとキスをしています。ハグはストレス解消にもなりますし、すればするほど幸せな気持ちになります。冬は暖かいし一石三鳥くらいですね。笑

とにかく付き合っているとはいえ他人である以上、「わかってくれるだろう」とは思わず、はっきり気持ちを伝えることが大切だと思います。

20代前半/商社系/男性

1日1回以上はキスをする

長く付き合っていると、どうしてもお互いの欠点が見えてしまいます。

特に同棲していたり結婚している人は、同じ空間で長い時間一緒に過ごすので、喧嘩をしたりする時もあるでしょう。

私達は日ごろから1日に1回以上はキスをする習慣があり、これが心理的に相手の事を思いやる事につながると思います。

それにより、ラブラブでいられると思います。

30代後半/サービス系/男性