彼氏に大事にされてない…同じ経験を持つ女性100人の対処法

彼氏 大事にされてない

彼氏の態度が冷たくなったり連絡が返ってこなくなったりすると、「大事にされてない気がする…」と感じることもありますよね。彼氏なりの理由があったり仕事やストレスが原因かもしれないけれど、どんどん不安が募ってしまう事も。

「もう好きじゃなくなった?」とは聞けないからこそ、たとえ今は彼氏から大事にされてないと感じたとしても上手に対処する方法を知りたい方も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏から大事にされてないと感じた時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\アドバイザーがお相手探しから紹介まで婚活サポート!/

まじめな婚活を始めるならスマリッジ

彼氏に大事にされてない時の対処法ランキング

彼氏に大事にされてない時の対処法ランキング

まずは、彼氏に大事にされてない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏に大事にされてない時の対処法』によると、1位は『気持ちを伝える』、2位は『素っ気なくする』、3位は『恋人以外のことに時間を割く』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏に大事にされてない時の対処法

女性100人に聞いた彼氏に大事にされてない時の対処法

女性100人に聞いた彼氏に大事にされてない時の対処法では、1位の『気持ちを伝える』が約38.8%、2位の『素っ気なくする』が約13.2%、3位の『恋人以外のことに時間を割く』が約11.1%となっており、1~3位で約63.1%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼氏に大事にされてない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】気持ちを伝える

気持ちを伝える

「大事にされていないことがとても悲しい」と伝えた

遠距離恋愛をしていた時に、月に1度のデートをおざなりにされることが何度かありました。

私は彼に会えるのをとても楽しみにして、おしゃれをしたりメイクも気合を入れていたのですが、大事にされていないと感じるようになり、彼の態度にイライラしたり悲しくなったりすることも増えました。

そこで、私は徹底的に「悲しい」ということのみを彼に伝えました。イライラしても決して怒らずに「私はすごく楽しみにしていたのに、悲しいよ」と話しました。

彼はその後「そんなに悲しませているとは思わなかった」と改心したようで、待ち合わせに遅刻することも、泥酔して現れることもなくなりました。

イライラして怒ってしまいそうになることもありますが、あえて「悲しい」ことのみを伝えることで、彼にも気持ちが伝わり、行動を改めてくれるかもしれません。

30代前半/IT・通信系/女性

素直に気持ちを伝えてみる

付き合いが長いからなのか、彼が私の事を大切にしてくれていないように感じる事が昔よりも増えて悩んでいました。もともとマメな方では無い彼なのですが、私のために何かを準備したり時間を割く事が減っていたからです。

そこで私は正直にその思いを彼に伝えることにしました。感情的にではなく淡々と、少し寂しそうに彼に全てを打ち明けました。

すると彼はとても反省した様子で、付き合いが長く楽な存在になっていた事を認めてくれ、それでも私を思う気持ちに変わりはないこともしっかりと話してくれました。

それから彼の様子も少し変わり、以前よりも私の為に努力してくれるようになりました。やっぱり素直に伝えるのが1番だなと感じています!

20代後半/自営業/女性

相手の話もきちんと聞きつつ自分の思いもぶつける

私は普段は気が強い方なんですが、やはり彼氏には優しくされたいし大事にされたいと無意識に思っています。彼からの連絡が減ったりなかったりすると、不安で何も手につかなくなったり上の空だったりします。

1人で色々考えれば考えるほど悪いことしか思い付かなくなり、結局は彼に不満をぶつけてしまいます。

この時、相手の話もきちんと聞いて、自分の思いもぶつけるようにしています。そうすることで少し楽になります。

さらに、相手を取り巻く全てのことにも目を向けるように注意しています。相手が嫌がることは言わない、しないのはもちろん、その家族へも思いを馳せることが、結果的にはパートナーを大事にすることに繋がるのだと思います。

50代前半/サービス系/女性

彼の立場に立って考え納得できない時は冷静に気持ちを伝える

彼に大事にされていないかもと感じると悲しくなってしまったり、感情的になってしまうかもしれません。

しかし一度冷静になり、彼の立場に立って考えてみます。仕事が忙しいのかな、元々そういう人なのかな、などこちらも彼を尊重して考えてみると、気持ちが落ち着く事があります。

それでも納得がいかない時は、彼に素直に気持ちを伝えてみる事も大事だと思います。その際は感情的にではなく、お互いの価値観をすり合わせるように、向こうの意見や価値観も聞くと意外とすんなり解決できたりしますよ。

30代前半/サービス系/女性

どうしても我慢できなくなったら「悲しい」と素直に伝える

彼は私といるときでも、ずっと一人で趣味を満喫している人でした。

趣味があるのはいいことだし、気持ちもわかるので、なるべく干渉しないようにしていましたが、それでも「大事にされてないな」と寂しくなる時は素直に本人に「悲しい」と伝えました。

彼も、「自分のことばっかりでごめん」と謝ってくれたので、伝えてよかったなと思います。

30代後半/専業主婦/女性

言葉かLINEで気持ちを伝える

基本的にあまり束縛はしないタイプなので、旦那が女性と連絡を取っていても気にしないんですが、現在、妊娠中で自由に出来ないストレスから、少しイラッとする時があります。

私が会話を振っても、「今はタイミングが悪い」とか言われたり、聞いてなかったりすることが多々あるのですが、彼を慕っている後輩からの電話にはちゃんと応えているのを見たとき、「私って大切にされてないんじゃないか?」と感じました。

そこで、旦那が電話が終わった後に見れるよう、LINEで「連絡するなとは言わないが考えろ」と厳しい言葉を送りました。

普段そんな事言わないので、相当ビビってましたね(笑)。たまには、お灸を据えるのもありかもしれません!

20代後半/医療・福祉系/女性

今の自分の気持ちを正直に伝えた

付き合い始めた頃、彼は私と一緒にいるよりも友達と遊ぶ方が楽しかったようで、デートの時も友達を交えていたため、なかなか二人きりになれないのが寂しい時期がありました。

特別扱いされてないような感じだったので、私も彼ばかり見ないで自分の時間を持つようにしてみました。そして彼にも、「みんなと一緒にいるのは楽しいけど、二人になれないのは寂しい」と正直に伝えました。

すると彼も友達と飲みに行く回数を減らしてくれたり、私と一日一緒に過ごす日を増やしてくれるようになりました。

彼に大事にされてないかも、と思う時は、自分を見つめなおす時間とするのもよいのかと思います。

40代前半/専業主婦/女性

自分のことを好きかどうか聞いたり不安な気持ちをそのまま言う

今の旦那と付き合っていた頃の話です。

彼は恋愛に無頓着で、あまり感情的にもならないタイプ。穏やかで良い性格だと思ってはいましたが、「私のことや二人の今後のことをどう考えているのだろう」といつもヤキモキしていました。

なので、冗談ぽく(たまには切れ気味に)「私のこと、どー思ってんだよ!ちゃんと好きなのかよ!」と確認して、言質を取るようにしていました。

彼女をどういう風に大事にしたらいいか分からないという人には、ちゃんと自分の気持ちを表現して、相手の気持ちも聞き出して、ちょいちょいお互いの気持ちの確認をするとよいと思います。

40代前半/専業主婦/女性

冷静に「大事にされていないと感じている」と率直に伝える

付き合いが長くなっていくと、男性はだんだん仕事が忙しい時は恋愛モードではなくなることが多い気がします。

彼の仕事や上司との付き合い、また仕事とは直接関係はないかもしれませんが、彼の男友達と遊ぶ時間というのも必要であることを、まずは念頭においておくべきでしょう。

それでも我慢できない時は、素直に気持ちを伝えることが大切だと思います。彼にきちんと気持ちをわかってもらうためにも、ストレートな言葉で伝えた方が良いです。また、ヒステリックになったり、泣いたり、感情的になるのはもってのほかです。男性はそれだけで話が頭に入らないかもしれません。

今の状態より悪くならないよう、彼のことが好きだという気持ちから起こっている気持ちを冷静に伝えましょう。

40代前半/IT・通信系/女性

我慢せずに自分の気持ちをハッキリと伝える

当時の彼は付き合うまではとてもマメでしたが、付き合ってからは連絡をしてくれない人でした。

ギャップに戸惑いつつも、不満を言えずに1か月が過ぎた頃、「今後の長期休みはどうする?会える?」と尋ねると「毎年実家に帰るから無理」と言われました。

この端的な答えにショックを受けた私は、意を決して「あなたが私のことをどう思っているのか分からない。付き合ってから連絡や会う日が減ったこと、とても心配だった。この1か月、私の気持ちを言えなかったことは謝るから、あなたの今の気持ちを聞かせてほしい」と伝えました。

すると彼は「甘えてごめん。君からも連絡がなかったので大丈夫だと思っていた。君と付き合う前に転職したばかりで、新しい上司とうまくいかずカッコ悪い姿は見せたくなかった。長期休みは早めに帰ってくることにする。」と、状況を説明してくれ、それからは平日の連絡も休日デートもしてくれるようになりました。

もし今パートナーに大事にされていないと感じるのならば、我慢をしていませんか?相手は気づいていないかもしれないし、見て見ぬフリをしているかもしれません。

ハッキリと自分の気持ち・要望を伝えること、恐れずにコミュニケーションを取ることをお勧めします。

30代前半/専業主婦/女性

正直に自分の思いを伝え彼の本音を聞いてみる

以前お付き合いしていた人は、付き合う前は優しく接してくれたにも関わらず、付き合ってからだんだんと冷めた態度になっていきました。慣れというか、安心感からかもしれませんが、言葉遣いが荒くなることもありました。

そこで、「大事にしてもらえている気がしない」と本心を伝え、どうしてそんな態度をとるのか聞いてみました。

結局その彼とは別れてしまいましたが、おそらく甘えることが苦手だったんだろうなと思います。

20代前半/大学生/女性

大事にされていないと感じるとちゃんと言葉にして伝えた

彼が仕事で忙しく、なかなか会う時間も取れず、連絡も少なくなってしまい、大事にされていないと感じました。

仕事が大切なのは理解できるので、怒ったりはせず、今自分がどう感じていて、どうしてほしいと思っているかを冷静に伝えました。

彼の方もあまり2人の時間を取れていないことを悪いと思っていたようで、今後どうやって時間を確保するか話し合うことができました。

不安や不満がある時は、無理に我慢したりせず、きちんと話し合うのが大事だと思いました。

40代前半/メーカー系/女性

彼の言動に対して自分がどう感じているかを素直に伝える

最近まで付き合っていた彼は、いつも自分の思う通りに物事が進んでいないと気が済まない人でした。

その日は以前から二人でデートの計画をしていて、私が行きたかった所へ一緒に出かけるはずでした。しかし、土壇場で彼の友人からかかってきた誘いの電話を受けて、彼は一人で遊びに行ってしまったんです。

数時間後、一応謝りながら戻ってきた彼に、「私がどんな思いであなたを待っていたか」を素直に伝えた所、彼も少し反省してくれたようでした。

しかし、数ヶ月後の私の誕生日に彼は手ぶらでやってきて、そしてなぜかご飯代は私が支払うことになりました。「誕生日だから会いにきてくれたのよね・・・これは何かサプライズが待っているのかな?」と淡い期待をしていたけれど、部屋に着くなり彼は「疲れた」と言ってごろ寝したまま寝落ちしました(笑)

もちろんなんのサプライズもプレゼントもなく、普段よりもさらに虚しさ倍増の週末を過ごすこととなりました。

この時ばかりは私ももう何も言えず、これが彼のデフォルトなんだと受け入れることにしました。

40代前半/メーカー系/女性

自分の気持ちをそのまま真顔で言う

私はヤキモチ焼きで、彼氏が他の女性と二人きりで会うのが嫌なのですが、それを伝えていたにも関わらず、彼から「後輩の女の子から、プライベートで仕事の相談を受けることになったので、会ってきてもいいか」と聞かれました。

私は「相手の方が、なぜわざわざ彼女がいる人にプライベートで相談するのか分からない。そもそも私は二人で会うのが嫌だとあなたに伝えてあるのに、そういう相談を受けようとすることが理解できない。」と言いました。

彼氏は「そうだよね。断る。」と言ってくれました。

30代前半/専業主婦/女性

自分の考えをわかりやすく伝えてみる

彼はとにかく自分本位で、たとえ私の希望を聞いたとしても、自分が気に入らなければ私に合わせることなどありませんでした。

いざ結婚してみると、いよいよ本質があらわになり、「なんて自己中で、私のことを考えない人なんだ」と呆れました。でも結婚したことだし、「彼は彼の好きなことを、私は私の好きなことを、それぞれしていればいいや」と、彼と自分を分離して考えました。

彼は結婚してから、友達や趣味を優先することを申し訳なく思っているようで、「とにかく家族は一緒にいなければいけない」と思っているようでした。それがストレスになって、私への干渉や束縛が激しくなっているようにも感じられました。

そこで私は「全然かまわないから、休みの日は好きなように過ごせばいい。私には貴方の趣味の話も、経済ニュースの話もサッパリ分からないから、分かる人同士で話した方が楽しいに決まってるよ」と伝えました。そして「貴方が好きなことをしていれば、私の時間も増えるんだよ」と伝えると、何か思い直してくれたようです。

私の時間がだいぶ自由になりましたし、「好きなことをしていいよ」と言われるようになりました。

40代前半/専業主婦/女性

抱えている不安について話してみる

現在の彼氏とは遠距離恋愛で、お互い同棲する意思はありますが、中々実行には移せないでいます。そのような中、コロナウィルスの影響で私の勤務先2店舗のうち、1店舗が8月末に閉店することになりました。

収入が減ってしまうため転職を考えるか、減ったままで我慢するか悩んでいました。同棲の話もチラついていたため、彼に「8月末に店が閉店してしまう。勤務時間が大幅に減ってしまい、今後のことを悩んでいる。」と軽く相談しましたが、彼から帰ってきた言葉は「そう言われても、軽々しくアドバイスできないし…」の一言。私のワガママだと思いますが、今後の進展がないことに対して、大事に思ってくれているのか不安を感じてしまいました。

そこで、普段はあまり自分のことを相談しない私が、抱えている不安について更に話をしてみました。それからは彼も、落ち込んでいる私を彼なりに励ましてくれています。

「なぜ、私の気持ちを分かってくれないのか…大事に思ってくれてるの?」と感じたときは、素直にそして冷静な状態で相手に相談をすることが大切なんだなと感じました。

30代後半/サービス系/女性

その行動が嫌だと明確に伝えた

お互い大学生で付き合った当初、「大学は勉強するところだから」「からかわれるのが嫌だから」と、付き合っていることを公にしない暗黙の了解になりました。

ただ、2人で歩いているときに向かいから同級生が歩いてくると、他人のふりをされたり、私のことを隠したりする彼の態度に限界が来て、とても悲しい気持ちになりました。

そんな中、友達を大事にしていないんじゃないかと疑う彼の発言があったため、「友達のことを大事にできない人に、恋人を大事にするなんて無理だと思います。別れましょう。」と告げ、ブロックしました。

直後、家に彼が走ってきて、「自分は発達障害でクラスにも馴染めない。だから付き合ってることがバレたら、貴女までからかわれるんじゃないかと思って隠してたんだけど、つらい思いをさせてごめんね。貴女は一緒にいて居心地よくて、本当に大切なんだ。別れたくないんだ。」と言ってきました。

そこで私は「お互いの事が大好きなんだから、もし誰になんと言われようと、私は貴方のことを認めるしずっと味方だよ。2人で堂々としてよう。」と伝え、今は共通の友人に囲まれながら楽しく過ごしています。

大切にしてないように見えても、その奥には相手への心配やトラウマが隠れているかもしれません。どうしてそうなるのか冷静に聞いてみると良いかもしれません。

それから、相手に改善を押し付けるのではなく、「2人で一緒にこうしていこうね!」と2人の意識として目標を掲げられると前向きだと思います!

20代前半/サービス系/女性

【2位】素っ気なくする

素っ気なくする

返事を素っ気なくして愛情表現もやめる

彼氏と付き合い初めてしばらく経った時、最初の頃みたいな優しさがなくなってきました。

腹が立ったので、彼氏に素っ気ない態度を取りました。返事は「へぇー」か「ふーん」だけにし、もちろん愛情表現なんか一切無しです。

しばらくして、かまってほしくなった彼氏が徐々に前のような雰囲気に戻ってくれたので、なんとか関係を修復することに成功しました。

30代前半/専業主婦/女性

いつもと違うように接する

恋愛でよく言われている「押してダメなら引いてみる」が効果的だと思います。

長く付き合っていると、スキンシップや愛情表現が当たり前になって、次第にそれが普通になってしまいます。

そこで、いつもと違うように接することにより、相手に「あれ?」と思わせることが大事です。私は、普段は自分からしているハグをしなくなることにより、相手から来てくれるようになりました。

もちろん、ずっとそれでは「冷めたのか」と思われるので、アメとムチの使い分けが大事です。

20代後半/医療・福祉系/女性

同じように大切にしないふりをしてみた

なんとなく私に対して雑に扱ってきたり「可愛いね。」「好きだよ。」のセリフがどんどん減ってきたので、「あれ?もしかしてあいつ、私のこと少し邪険に扱っていない?大事にされていないのでは?」と思いました。

今までなら「大好き。いつもありがとう」「今日もかっこいいね。」と伝えるようにしていましたが、私も同じように伝えないようにしていると、彼も違和感を感じたんだと思います。「最近、そっけなくしてごめん・・・」と謝ってくれたので、話し合って今まで以上に仲良くラブラブになりました。

20代後半/専業主婦/女性

自分から「好きアピール」や話しかけるのをやめる

当時付き合っていた彼氏は、ゲームが好きで私のことを忘れて熱中するような人でした。

好きとか会いたいとかそういう言葉も全然言わず、私の方から言うばかりでした。ゲーム中に話しかけてもずっと無視で、寂しかったのを覚えています。

私はふてくされて、自分から話しかけるのをやめました。連絡も減らして、好きと言うのをやめました。

すると寂しくなったのか、彼から連絡が来たり好きと言ってくれたり、立場が逆転し、ゲームもほどほどになりました。

押してだめなら引いてみるは、効く人には効くかもしれません。

20代後半/専業主婦/女性

自分からのスキンシップを減らした

付き合ったばかりの頃、彼はすごく愛情表現がたくさんだったのに、長くなるにつれて、だんだん冷たくなってきました。毎日とても悲しかったです。

そのため、私からのスキンシップを減らしてみました。

何ヶ月か経った頃、寂しさと違和感に耐えられなくなった彼から「どうしたの?」と聞かれました。内心、「先にドライになったくせに、自己中だなぁ」と思いましたが、彼氏も目が覚めたらしく、謝ってきたので許しました(笑)

その後は付き合い始めの頃のようになりました。スキンシップを減らしてみるのも、効果はあると思います。

30代前半/自営業/女性

こちらから連絡もデートのお誘いもゼロにした

元カレと付き合った当初は、相手から1日何回も積極的に連絡が来たり、デートのお誘いが来ていました。

しかし時が経つにつれて、相手からは一切提案がなくなってしまいました。連絡もデートのお誘いもお互いが適度にすればいいや、と思っていましたが、だんだん空しくなってきました。

さらに「仕事を理由に会えない」と言われていたのに、友人とは時間を作って遊んでいることを知り、怒りに発展です。そしてこちらから連絡もデートのお誘いもゼロにしました。

すると焦ったらしく、あちらから積極的に連絡が来るようになり、デートの時間も短くても作ってくれるようになりました。

相手からしたら甘えているのかもしれませんね。「こちらも興味がなくなる可能性があるんだよ!」ということを知らしめるといいかもしれません。

30代前半/サービス系/女性

【3位】恋人以外のことに時間を割く

恋人以外のことに時間を割く

彼にべったりとせず他のことに忙しくなってみる

私の彼は一人の時間を大切にする人なので、私が彼にべったりとなっていると疲れてしまうようでした。

なので私自身も彼以外のことに時間を割いていると、自然と彼から寄って来てくれるようになりました。

お互いの時間を尊重し、べったりとしすぎないのは、一緒に暮らすパートナーとしても大切なことなのだと思いました。

20代後半/サービス系/女性

自分の時間を持つ

彼氏が連絡をしてくれなかったり、愛情表現をしてくれなかったときは、頭の中が彼のことでいっぱいで考えれば考えるほど不安になっていました。それが余計に関係を不安定にさせたのだと思います。

そういうときは、新しい趣味を見つけたりして自分一人の時間や、友達との時間を楽しむようにしていました。そうすることで、彼のことで不安になる時間は減りました。

20代前半/大学生/女性

自分の生活を充実させる

当時お付き合いをしていた彼とは、滋賀と東京での遠距離恋愛でした。

月に一度会えるか会えないかといった頻度で、ほぼ毎晩電話していましたが、だんだん「忙しいから」と頻度が減っていってしまいました。

最初はとても寂しく、不安でたまりませんでしたが、「常に繋がっていることだけが良好な関係を築く手段というわけでもない」と自分に言い聞かせ、自分の生活を充実させるよう心掛けました。

すると、自分から連絡する頻度も減りましたが、電話で話したり、実際に会った時にこれまでより密度の濃い時間を過ごせたように感じます。

相手に依存しすぎず、自分自身の生活を楽しむことが、二人で過ごす時間をより楽しくする秘訣かもしれません。

20代後半/公務員・教育系/女性

自分の好きな時間を持つようにした

彼に大事にされていないと感じた時は、彼に依存して磨耗するよりも自分で自分を大切にする方がよっぽど楽だし良いと感じ、自分にご褒美をあげるようにしました。

例えば二人では行きづらいスーパー銭湯などでリラックスしたりすることで、「別に彼なしでも大丈夫じゃないか!」と割り切れるようになったのでよかったと思います。

30代前半/IT・通信系/女性

彼に費やしていた時間を減らし自分のために使うようにした

当時付き合っていた彼は、俗に言う「釣った魚にはエサをやらない」タイプの人でした。

付き合う前までは、これでもかというほど優しく紳士的なふるまいを見せていたんですが、付き合ってからは徐々に私に対して雑な態度を取り始めたんです。

それを友達に相談したら、「あんたは優しすぎるからナメられてるんだよ」と言われたので、彼に仕返しのつもりで連絡を最小限にし、彼よりも自分を優先したライフスタイルに変えてみたんです。

そうしたら彼はいつもと違う私の行動にビックリしたのか、「次の休みは(私)の好きなところに行こう!」と付き合う前のような恋愛に積極的な姿勢を見せるようになりました。

私の素っ気ない態度が彼には効いたようです。

30代前半/専業主婦/女性

仕事や趣味など他のことに意識を向ける

当時、私と彼氏は学生で、東京と大分での遠距離恋愛中でした。彼はパイロットになるため、向こうで暮らしながら訓練を受ける日々でした。

2ヶ月に1度くらいのタイミングで会いましたが、彼氏は疲れていたのかなんだかあまりうれしくなさそうな雰囲気でした。ラインの返信も少なく、内心「facebookやtwitterを更新している余裕があるなら、私に返信してよ!」と思いましたが、あまり責めても仕方がないので、彼氏のことはあまり意識をしないようにしていました。

その後は音信不通になり、自然と別れる方向に行きました。

今回の恋愛を通して、彼氏が忙しかったり疲れているときに、彼女側から執拗に連絡があるのはただウザいだけなので、連絡を控えすぎて向こうが心配になるくらいの勢いで調整をした方が良いなと学びました。

20代後半/サービス系/女性

【4位】理由を考え、言動を変えてみる

理由を考え、言動を変えてみる

自立した女性でいること

彼からなめられているような、バカにされているような気分になったことがあります。

男性の言いなりになる大人しい素直なよい子でいるより、時には喧嘩をしてでも言いたいことは言わせてもらい、後日謝るところは謝ることも大切かなあと思います。

相手にもよりますが、主人はいつも偉そうにしているので、彼を立てることはもちろん必要ですが、指示される前に行動するようにして、衝突を回避しています。

50代前半/IT・通信系/女性

甘えを減らし、ありがとうを伝えるようにした

主人との生活も長くなると、お互いに甘えが出てきます。大事にされてない!と思う時は、大体「やってくれて当然、という甘え」が原因になっています。

ですので、まずは自分が相手に頼りすぎていないかを見直します。例えば家事などの仕事だけでなく、気持ちの部分も見直します。

そして、家事なら任せず自分でやってみる、やってくれたらありがとうをきちんと伝える。大事にして欲しいなら、まず自分が自分を大事にして心地よい状態にすることを意識しました。

何もかもを相手に求めるのではなく、まず自分で自分をケアしていくと自ずと笑顔にもなりますし、笑顔になれば、また大事にしてくれる日が戻ってきます。

相手にも、気持ちの浮き沈みはあります。求めてばかりではなく、適切な距離感をもって関わることが大事な気がします。

40代前半/専業主婦/女性

彼から大事にされていないと感じるのはどんな時か考える

私は愛情表現はしっかりとしたいし、相手からもして欲しいタイプなのですが、私が「好き」と伝えても彼はそっけない態度を取ることが多くて悩んでいました。

もしかしたら私と彼の価値観が違うので、「私がやることに対して彼は本当にうんざりしていて、大事にできないのかもしれない」と思い、彼が冷たい時に私が何をしているのか考えてみました。

そして、いつもしていたことを変えて、彼に対しても「好き」と言い過ぎないようにし、彼から大事にされているか不安だということを伝えないようにしました。また、一緒にいるときに構いすぎるのもやめました(笑)。

すると、彼が私に対してそっけない態度を取ることが減りました。私が誘っても断ることがなくなったので、私と一緒にいるときの居心地は良くなっているように見えました。

30代前半/サービス系/女性

怒らず悲しむ素振りを見せる

大切にされてないなぁと思ってしまうと、その不満を打ち明けてしまったり、怒ってしまったり、イライラしてしまったりするのが常でしょう。

しかし、クレームを入れられた方は、余計にあなたに冷たく接するようになってしまうかもしれません。なぜならめんどくさいからです。

そのため、彼の方から自然に改心させる必要があります。

そこで、こちらは笑顔で健気に彼に接します。しかしどことなく寂しい表情をちらつかせてください。

そのうち彼は、自分がひどいことをしているんだという認識になり、反省することでしょう。

30代前半/流通・小売系/女性

【5位】さっさとお別れする

さっさとお別れする

もっと大切にしてくれる人を探す

今まで付き合ってきた元彼の何人かは、私を大事にしてくれないと言う理由でお別れさせてもらっています。

付き合い始めはみんな優しくても、だんだん愛情が薄れてきたり、「大事にされていないな、適当に扱われているな」と私が感じた時点で、自分の貴重な時間を無駄にしたくないので私から別れを切り出すパターンが多いです。

もっと自分を大事にしてくれる可能性がある男性が、外の世界にはわんさかいると思うので、そちらを探しにいきます。

20代後半/サービス系/女性

様子を見て別れる

当時、付き合っていた6歳上の彼は、付き合いたてのうちは優しかったけれど、1ヶ月を過ぎてから私を見下すようなモラハラっぽい発言が増えました。

彼は人生の大半をアメリカで過ごした帰国子女で、私は1年のカナダ留学経験があるものの人生の大半を日本で過ごしました。

そんな彼と家ですごろくゲームをしていた際、現地人しか知らないようなアメリカの大手企業の話になり、私が「初めて聞いた」と言ったら、「え、こんなのも知らないの?高校生の妹だって知ってるのに。世間知らずだなあ」と言われました。

彼は自己中心的で思いやりがないことがわかり、別れました。

20代前半/サービス系/女性

思いきって別れてしまうのもアリ

学生時代に付き合っていた彼氏は、割と自分中心な人でした。付き合いたての頃は、それなりに大事にされていると感じていましたが、長くは続きませんでした。

そこであまり彼氏中心の生活にせず、自分からは人として最低限の優しさだけを表現するように対処していました。

でも、ある年の私の誕生日プレゼントが中古というか、投げ売りされているようなものだった時、自分からはそれなりの物を贈っていたので一気に冷めてしまいました。「もうこの人と一緒にいても、自分がみじめになるだけだ」と気づき、私から別れを告げました。

ダラダラ付き合っていましたが、別れるとスッキリし、その後ちゃんと自分を大事にしてくれる人と付き合うことができました。

あまりに自分がみじめというか、悲しい思いをすることがあるのであれば、思いきって別れてしまうのもいいと思います。

30代後半/専業主婦/女性

【6位】相手の魅力を再認識する

相手の魅力を再認識する

彼の良いところを書き出してみた

付き合いが長くなるにつれ、返信が次の日、3日後、1週間後とだんだん遅くなり、大切にされていないと感じていました。

しかし、彼にも仕事が忙しいなどの理由がある事はわかります。

なので催促する事はせず、今まで彼が私にしてくれた事や、彼の長所をスマートフォンのメモ機能に書き出してみました。

連絡がなくて少し悲しい気持ちになり、再度連絡してしまいそうな時は、メモを見て一旦気持ちを落ち着ける事ができ、感情的にならず気長に待つという気持ちに変える事が出来ました。

20代後半/サービス系/女性

まとめ

女性100人に聞いた彼氏に大事にされてない時の対処法では、1位は『気持ちを伝える』、2位は『素っ気なくする』、3位は『恋人以外のことに時間を割く』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏から大事にされてないと感じた時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女から大事にされてないと感じた時の対処法編』も気になる方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女に大事にされてない…同じ経験を持つ男性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年07月22日~08月06日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。