彼氏が褒めてくれない…同じ経験を持つ女性100人の対処法

彼氏 褒めてくれない

彼氏と付き合っているのに全く褒めてくれないと、「私に興味がないのかな…」と不安を感じることもありますよね。仕事や外見、服装など、何に対しても褒めてくれないと寂しさを感じて別れることを考えてしまう事も…

「もう好きじゃなくなった?」とは聞けないからこそ、彼氏が褒めてくれないとしても上手に対処する方法を知りたい方も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏が褒めてくれない時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

本コンテンツはfamicoが独自に制作しています。コンテンツの内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。広告等が含まれるコンテンツの場合、広告主等はコンテンツの内容・ランキングの決定に一切関与していません。
詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

彼氏が褒めてくれない時の対処法ランキング

彼氏が褒めてくれない時の対処法ランキング

まずは、彼氏が褒めてくれない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏が褒めてくれない時の対処法』によると、1位は『やんわりとアピールする』、2位は『ストレートに伝える』、3位は『変えられるところを変えてみる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏が褒めてくれない時の対処法

女性100人に聞いた彼氏が褒めてくれない時の対処法

女性100人に聞いた彼氏が褒めてくれない時の対処法では、1位の『やんわりとアピールする』が約29%、2位の『ストレートに伝える』が約19%、3位の『変えられるところを変えてみる』が約11.9%となっており、1~3位で約59.9%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼氏が褒めてくれない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】やんわりとアピールする

やんわりとアピールする

あなたの事を思って洋服を選んだという事を素直に伝えた

彼氏の好みに合わせて、それまでは着なかったような洋服も色んなお店を回って探して、デートの度に新鮮なイメージになるように色々揃えたりしました。

ですが、彼氏はなかなかその服を褒めてくれる事がなく、なんだか一生懸命選んだのに寂しい気持ちになり、「今日のお洋服はどうかな?いつも〇〇の事を思って選んでるんだけどな。」と素直に伝えると、そうだったんだ!という感じで、そこからは会う度に「今日のお洋服もいいよ!」と褒めてくれるようになりました。

やはり、相手に褒めてほしい時は素直に言ってみる事も、かわいく映って効果的なのではないかと思います。

30代後半/医療・福祉系/女性

自分からちょっとだけ頑張ったことをアピールした

付き合いが長くなるほど褒められることも少なくなって、時には拗ねてみたりもしましたが、相手の機嫌が良さそうな時を見計らって「私、ちょっと頑張ってみたんだけど気づいた?」とか「いつもと違うのどこだ?」とクイズみたいにして、こっちを見てもらうように仕向けます。

マンネリになってくると褒めることも少なくなるし、気付いていてもわざわざ言わない人もいると思いますが、気付いてくれた時や褒めてくれた時は素直に喜んで、嬉しい気持ちを表すことが大事なんだと思います。

30代前半/専門コンサル系/女性

普段よりも甘えてみる

普段よりもスキンシップを多く取るように、意識して甘えるようにしています。

甘える場面を増やすと、相手も「いつもと雰囲気や様子が違うぞ」と感じ取ってくれるようで、いつもなら気づいてくれないような部分まで褒めてくれたり、とても優しく接してくれます。

また、異性も含めて複数人で遊びに行く時に、うんとオシャレをして出かけると、家に帰ってきた後、褒めちぎってくれます。笑

30代前半/専業主婦/女性

「どこが変わったでしょうか?」と問題を出してゲームにした

鈍感な夫は、私が髪を切ってもメイクを変えても、私の普段使っている持ち物が変わっても気が付かないタイプです。

ですが私は、夫のそういう部分をゲーム感覚で楽しんでいます!「どこが変わったでしょうか?(どこがいつもと違うでしょうか?)」と笑顔で問題を出すと、夫は真剣に考えたり見てくれます。

ゲームにしているので、正解したときは「夕飯時のお酒のお代わり自由」、不正解の時は「今日のお代わりは1回まで」など、ちょっとだけオマケを用意します(笑)。

すると、次第に自分から「この〇〇、新しくした?」等と言うようになってきて、「気が付いてくれない・褒めてくれない」という不満は全くなくなりました!

40代前半/専業主婦/女性

自分から感想を聞いてみる

髪型を変えても気づいてもらえなかったので、洋服を新調し、ネイルを変えたりして、気づいてもらえるようにイメージチェンジをしました。

ふとした瞬間に彼がそれらに目を留め、お金や手間暇がかかってる事に気づいてもらえたことで、ようやく褒めてもらえました。

その一件から、彼も私に対して気を配るようになったらしく、髪型を変えたりしたらすぐに気付いて褒めてくれるし、気づかれなかったら自分からどうか聞いてみるようにしています。

20代後半/専業主婦/女性

自分の心のこもったメッセージカードをプレゼントに添えてみる

デートの時に、自分の好みの服装ではなく、彼好みのコーディネートを考えて、その日に備えるようにしています。

いつも外食ならば、たまには自分のお手製のお弁当などを作り、公園などでランチしてみるのもいいと思います。それに、お品書きを簡単でもいいので添えて、「自分なりに一生懸命に作ってみたんだよ」と、自分の精一杯の気持ちを出来るだけ単刀直入に伝えます。

50代前半/流通・小売系/女性

自分からアピールしてみる

同棲して2年の彼氏は、私の見た目の変化に気がついていても、なかなか褒め言葉をくれません。

しかし美容院に行った時くらい褒めて欲しいので、そういう時は服装もいつもよりオシャレをして、ご飯を作りながら彼の帰りを待ちます。

ご飯を食べている時に「どう?」と味の感想を聞きながら、「今日、髪の毛染めたんだけど!」と自分からアピールしちゃいます。

すると、シャイな彼も小さい声で「かわいいよ、似合ってる」と褒めてくれます。ちょっと照れながら褒めてくれる彼を見ると、幸せな気持ちになれます。

褒めて欲しい時は、自分からアピールしちゃうのもひとつの手だと思います!

20代後半/医療・福祉系/女性

髪型を変えてみたりファッションを変えてみたりして今日の私どう?と聞いてみる

彼が普段褒めてくれないときは、とりあえず何かいつもと違うことをします。いつもと違う髪型、メイク、ファッションやカバンや香水に変えてみます。

すると彼もその変化に気づいて、「かわいい!」や「その服似合ってる!」などと褒めてくれやすくなります。

それでも気づかないときは、「今日の私どうかな?」など自分から聞いてみるのがおススメです!何かしら反応をしてもらえると思うので。

20代前半/IT・通信系/女性

自分から今日はこうなんだよ!とアピールする

以前、とある番組で「男性は女性がトイレから帰ってきたときに、変化があれば気がつくのか?」という実験を見たことがあります。7組くらいのカップルで行っていましたが、そのうち気づいたのは2組だけでした。

男性はごく僅かな変化を見つけるのが苦手だそうなので、私は何か変化があったときは、自分から発信するようにしています。新しい服やアクセサリーを身につけているなら、そのアイテムのどこが気に入ってるのかを彼に伝えてみたり、髪型を変えたならはっきりと伝えます。

そうすると、「この人はここが変わったんだ」と認識した上で見てくれるので、男性側もコメントしやすいのではないでしょうか。

20代後半/医療・福祉系/女性

「私、偉い?」や「私、可愛い?」と笑顔で聞く

寡黙な彼なので、自分から褒めてくれることなんてありません。

もう慣れましたが、今日の料理は頑張った!とか、5キロも痩せた!とか、努力を認めてほしい時は、素直に自分から「今日のご飯、美味しい?」とか「私、痩せたでしょ?エラい?」とか満面の笑みで聞くようにしてます(笑)。

そうするとちゃんと笑顔で「うん、美味しい」とか「痩せたね。可愛い」とか嬉しい言葉を返してくれます。

そこから先は、相手が自分に思いやりがあるか、愛してくれているかの問題だと思います。

30代前半/専業主婦/女性

頑張ったところをアピールする

彼は日頃、なかなか褒めてくれないのですが、自分でも上手くいったこと(料理の味付けや彼氏好みの辛さにしたなど)は、「この料理の味のバランス、けっこう上手くいったと思うんだよね」等、どんどん話しています。

彼氏は料理に関しては比較的コメントを返してくれるので、それで良しとしています。

そうしてアピールしていると「美味しい」、「次も作って」と言ってくれるようになりました。

30代前半/医療・福祉系/女性

自分から「どうかな?」と訊いてみよう!

私が付き合った彼氏はみんな、髪型を変えてもお洒落をしても何も言わない人ばかりでした。

褒めてくれない彼氏は変化に気付いてないか、伝えるのが苦手か、別にわざわざ伝えなくていいやと思っているのかもしれませんね。

そんな彼氏にモヤモヤしてるよりも、自分の方から「髪型変えたのだけど似合うかな?」と言ってしまった方がいいです!待っても疲れるだけだし、彼氏は気付いてくれないと思います。自分から言えば大抵褒めてくれます!

そんなことを繰り返しているうちに、彼氏から褒めてくれるようになりました!

40代前半/専業主婦/女性

【2位】ストレートに伝える

ストレートに伝える

自分から「お互いに褒めあおう」と言った

彼の育った家庭には、「褒める」という習慣がなかったようです。

そこで「普段の会話でも、お互いに褒めあったほうが良い関係を築けると思うから、これからはいいこと探しをしてみようよ!」と提案してみました。

相手の素晴らしいところに気づいていても口に出せない人も多いみたいなので、そういった提案を相手にすることで仲ももっと深まると思います。

30代後半/専業主婦/女性

素直に褒めてほしいなと伝える

基本的に「言わなくても分かることはない」と思うので、なるべく言葉で伝えるようにします。

ただその際、相手の負担になるような伝え方はしないことです。男性も女性も、お互いのことは感覚的には分からないので、思いやりをもって接することが大切です。

自分が褒めてほしいならまず相手を褒めて、それから「私もここを頑張ったから、ここを褒めてほしいな」と具体的に伝えると良いかもしれません。

30代前半/専業主婦/女性

「こういうときは褒めてほしいなぁ」と素直に伝える

彼は疲れが態度に出やすい性格で、疲れていると褒めるどころか、イライラを私にぶつけてきます。

最初は「イラついてるから・・・」と我慢していましたが、明らかにお洒落をしたり、美味しい料理を作っても褒めてくれなかった時は、さすがになんで?!と思い、正直に「こういうときは褒めてほしいなぁ」と伝えました。

イライラを抑えて伝えたことで、うまく伝わった気がします!

20代後半/メーカー系/女性

ストレートに「〇〇して欲しい」と伝える

私の彼は話は聞いてくれても私の悩みにアドバイスをするだけで、「よしよし、頑張ったね」「つらかったね」と言ってはくれません。私はとにかく優しい言葉が聞きたいだけなので、これ以上「ああした方がいい、こうした方がいい」というアドバイスは聞きたくないのです。

そういう時はストレートに「何も心配しなくていいからね、とだけ言って欲しい」とお願いします。また、男性はアドバイスしがちなので、それもはっきり「アドバイスは言わなくてもいいから」と言います。

何度言ってもなかなか直りませんが、少しは普通に慰めてくれるようになったと思います。

40代前半/サービス系/女性

褒められると嬉しい!と直接伝える

私は褒められて伸びるタイプで、よく運動など些細なことをしてでも褒められると有頂天になります(笑)。

彼も仕事が忙しかったときには「よく頑張ったね」と言ってくれるのですが、私がどれだけ嬉しいのかあまり気づいていないようでした。

そこで、彼が褒めてくれるたびにオーバーリアクションをして「頑張ったねって言われるとすごく幸せ!」と言い続けました。

彼も私を喜ばせたいようで、よく褒めてくれるようになりましたよ!

20代前半/大学生/女性

褒めて!と直接言う

専業主婦になり、毎日ご飯を作っていますが、最初は毎日「美味しい」とご飯を食べてくれていたのに、日が経つにつれて無言になっていった旦那さん。

ある日、「美味しい?美味しくない?美味しくなかったら言ってほしい。美味しいのならば、美味しいって褒めて」と言ったところ、旦那さんは「言わなかっただけで、〇〇のご飯はいつも美味しいよ」と褒めてくれました。

あとは毎日、「私のこと、可愛い?」と直接聞いて、可愛いと言ってもらっています(笑)!褒めて欲しい時は多少強引にでも、こちらから行動すべきだと思っています。

30代前半/専業主婦/女性

何か褒めて欲しいこと気づいて欲しいことがあれば自分から褒めて!と言う

なかなか彼女を直接褒めることのできない男性は多いと思います。

私の彼も例外ではなかったので、この手の男性には自分から「こうだったんだよ、頑張ったんだよ」などと伝えるのが一番だと思います。

彼のために頑張ったメイクや新しい洋服、雑誌を見ながら練習した髪型など、私は逐一褒めて欲しかったので、彼に報告して褒めてもらえたときはとてもうれしかったです!

20代前半/大学生/女性

〇〇したから褒めて!と具体的に伝え褒めてもらう

夫は褒めてくれるタイプではありませんでした。それだと将来悲しいし、家政婦みたいな奥さんは嫌だと思っていたので、褒められたら嬉しい事を盛大にアピールしました笑

初めて彼の前でネイルをした時、珍しく気付いてくれたので、その瞬間、「男の人でネイル気付いてくれるなんてあんまりいないんだよ、ありがとう!すごい嬉しい!」と何度もアピールしました。それに気をよくしたのか、ネイルに関しては気付いて褒めてくれるようになりました♪

この方法で料理・服装・髪型等も、彼が少しでも気付いてくれたら嬉しかったアピールを繰り返しました。

「今日、洗濯したよ、褒めて!」「今日、髪の毛少しいつもと違うよ、かわいい?」と無理やり褒めてもらう方向に持っていけば、相手もどんな事を言えば喜ぶか学習します。

何より彼女・奥さんが喜ぶ事は男として嬉しいと思うので、次回から褒めてもらいやすいかと思います。

30代前半/専業主婦/女性

直球で褒めて!と伝えた

普段からクールで無口な彼。ある日、些細なことでケンカに発展した時、彼から「何が不満なのか言ってくれないと、こっちだって対応しようがないよ!」と言われました。

一瞬、カチンと来ましたが、確かに私も彼が何を考えているのかわからない時もあるなぁ、と反省しました。

それからは「今日はメイクが上手くいったから可愛いって褒めて!」「今日のご飯は美味しくできたの!」と言うようにしたら、次第に彼の方からたくさん褒めてくれるようになりました♪

20代後半/自営業/女性

些細なことでも自分の気持ちを発信し続ける

とにかく自分の気持ちを伝えていきました。相手がどんな風に思っているのか、何が嬉しいのかわからなかったため、些細なことでも「嬉しいっ!」「これ好きっ!」と「自分はこんなことが喜びなんだよ」ということを伝えていきました。

すると徐々に相手も、少しずつ言葉にして自分の喜びを伝えてくれるようになりました。

そうすることで相手の希望が見えてきて、それに基づいてまた何か行動を起こすと褒めてくれたり、さらに愛情表現をしてくれるようになりました。

30代前半/サービス系/女性