2歳差の年上彼女との付き合い方!彼氏100人が教える秘訣とは

年上彼女 2歳差

付き合った彼女が初めての2歳差の年上彼女だと、どのように交際すればよいのか考えてしまうこともありますよね。お金などの経済的な部分だったり、趣味などの私生活の部分など、同学年とはまた違った気の使い方が必要な場合も多いものです。

2歳年上の彼女と上手に仲良く付き合っていきたいからこそ、2歳差ならではの交際の秘訣などを事前に知っておきたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人に聞いた2歳差の年上彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介しています。

2歳差の年上彼女と上手に付き合う方法ランキング

2歳差の年上彼女と上手に付き合う方法ランキング

まずは、2歳差の年上彼女と上手に付き合う方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた2歳差の年上彼女と上手に付き合う方法』によると、1位は『上手にフォローする』、2位は『ほどほどに甘える』、3位は『期待や意識をし過ぎない』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた2歳差の年上彼女と上手に付き合う方法

男性100人に聞いた2歳差の年上彼女と上手に付き合う方法

男性100人に聞いた2歳差の年上彼女と上手に付き合う方法では、1位の『上手にフォローする』が約29.1%、2位の『ほどほどに甘える』が約17.9%、3位の『期待や意識をし過ぎない』が約16.4%となっており、1~3位で約63.4%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で2歳差の年上彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】上手にフォローする

上手にフォローする

相手の気持ちを酌み余裕を持った対応を心掛けること

年上彼女の場合、「自分がリードしないと」という責任感と、「女性として甘えたい」という感情のバランスが難しいと思います。

そのため、たまには不条理な要求だったり無理難題を突き付けられたとしても、常に男性側は余裕を持った対応を心掛けることです。

女性は男性に比べ、心の状態が一定ではない場合が多々あるので、男性側はそれを汲み取ってあげることが大切かと。

特にマウントの取り合いはもってのほかです!

40代後半/メーカー系/男性

年上だからといって甘えすぎず時にはエスコートしてあげる事

年上の女性とお付き合いする上で大切なことは、甘えすぎないことだと思います。

彼女は「年上のお姉さん」なので、ついつい甘えたくなってしまうのですが、こちらもしっかりエスコートすることも必要ですし、時には甘えてもらう事も大切です。

女性がお姫様のように扱われるのが好きというのは、年上でも年下でも、どんな性格の女性でも変わらない事だと思います。

僕が年上の女性とお付き合いした際は甘えてばかりで、きちんとエスコートするべき時にエスコートしてあげる事ができず、上手くいきませんでした。

男性として、やるべき時はしっかりとやる事が必要なんだと思いました。

30代後半/医療・福祉系/男性

甘えさせてあげる

彼女自身、「自分が年上だからしっかりしなきゃ」と思う時もあるみたいですが、やはり女の子なので甘えさせてあげるのは大事ですね!

いざ付き合いが長くなれば、お互い歳のことなんて気にしなくなりますので、最初の数ヶ月だけでもうまく乗り越えられたら大丈夫だと思います。

やはり相手が年上なので、甘える時は甘えてもいいと思います。

20代前半/流通・小売系/男性

年上だけどリードして欲しいという気持ちもある事を忘れない

彼女が年上だからといって、デートの行き先やどこのお店に行くか等、いつもリードしてもらいっぱなしでは無く、年下ですが男性らしくリードしてあげる事も大事だと感じます!

私の場合、年齢の上下関係を気にしすぎてしまい、常に年上である彼女についていく形でした。

ですがある時、「男ならたまにはリードして欲しい」と言われてしまい、「年齢関係なく、彼女も女性として彼氏にリードしてほしいんだな」と気付きました。

年上に対しての尊敬も大事ですが、年齢に左右されずに男ならバシッと決める時は決める事も大事なんだと、いい経験になりました!

30代前半/不動産・建設系/男性

女性は基本甘えたいはずなので男らしく引っ張っていくこと

ラインなどのメッセージのやり取りも最初は敬語でしたが、だんだんとかわいいマークを付けたり、タメ口も使うようになっていきました。

デートのお金も半分ずつ出し合っています。相手も働いて自立してるので、自分の分はきちんと払いたいらしいです。

とてもしっかりしている印象の彼女ですが、私が他の女性と喋ってると焼きもちを焼いたり、くっついたりして甘えてくることもあるので、年下でも男らしく引っ張っていくことが大事だと思いました。

年上と意識していたのは最初だけで、今ではひとりの女性として年は意識していないです。

20代後半/医療・福祉系/男性

年齢関係なく対等に向き合う事

対等に向き合って接して、時には先輩である彼女に甘えたりする事も良いかなと思いますが、ある程度の男らしさも必要だと思います。何事にも相手を安心させる事が大切だと思います。

やはり彼女を引っ張って行く志が無くてはいけないかなと思いました。

相手は人生の先輩でもあるのでそこも重要だと思います。

20代前半/IT・通信系/男性

【2位】ほどほどに甘える

ほどほどに甘える

たまに頼れる弟ポジションを確立する

年上彼女は頼られたいタイプなことが多いですが、頼りすぎると愛想を尽かされてしまうので、時々はこちらも「頼りになる感じ」を演出することが大切です。

たまに手料理を振る舞うとか、害虫駆除とか、彼女が素直に喜ぶような行動をすると良い関係性が生まれます。

基本的には「甘えん坊の弟キャラ」でも良いのですが、やりすぎるとだんだんと恋愛感情とは別の感情になってくるので、マンネリ化して別れにつながってしまいます。たまに頼りになるというギャップがあると、年上彼女の心を惹きつけられるはずです。

新鮮な風を吹かせるよう、ちっちゃなサプライズも意識すると良いと思います。

30代前半/不動産・建設系/男性

素直に可愛がってもらう

彼女は年上なので、食事を奢ってくれたり、いろいろ教えてくれたりと、年下に対していいところを見せようとします。そんなときに相手の事を考えずに「自分は男だから」と見栄を張ってはいけません。甘えるところはきちんと甘えてもいいと思います。

年上彼女は年下の恋人を可愛がる事が多いと思うので、素直に可愛がってもらうのがいいと思います。

また年上だからと気を使うのもNGだと思います。あくまで対等な関係を維持しつつ、時には年下らしく甘えてみるのが長く続く秘訣ではないでしょうか。

30代前半/不動産・建設系/男性

甘えて母性本能をくすぐる

真面目に彼女に甘えることが、うまく付き合うポイントではないでしょうか!

彼女からみたら、誠実で少し甘える頼りない男性は、可愛くてしょうがないでしょう。

甘えるというのは、お金を出してもらうことだけではありません。楽しいことや悩みを打ち明けたりして、精神的に甘えるという意味です。

しかし、時々は男らしいリードもしてほしいでしょうね!

50代後半/サービス系/男性

年上だと思って甘えすぎない

「年上の女性と付き合えば、甘えることができる」と思い、付き合ったことがあります。

最初は彼女のほうも嬉しそうにしていましたが、徐々に甘えていても距離が出てきはじめ、最終的に破局することになりました。

彼女に理由を聞くと、「私は年上だけど、あなたの母ではない。甘えてばかりで頼りにならないあなたを、一人の男性として見れなくなった」と言われました。甘えすぎは厳禁です。

30代前半/IT・通信系/男性

【3位】期待や意識をし過ぎない

期待や意識をし過ぎない

必要以上に気を遣わない

学生時代ならともかく、社会人になれば2歳の差はほとんど関係ないと思います。

だからと言って、あまりエラそうな態度をとるのはよくないと思いますが、それは年下の女性と接する時も変わらないと思うので、必要以上に気を使ったりするのは良くないと思います。

年上でも逆に可愛いがる感じで接する方が、女性も喜ぶのではないかなともちょっと思います。

40代前半/メーカー系/男性

年齢の事はあまり考えずに日々、相手の事を思い大切にする事

僕の数少ない経験でお話しさせてもらうと、2歳の差はあってないように思います。

大切な事は相手を思いやる気持ちだと思います。あまり年齢のことを考え過ぎると、ちょっとした事で年齢の事が頭に浮かぶと思います。

だから年齢の事はあまり考えずに日々、相手の事を思い大切にする事が、恋愛がうまくいくコツなのかなと思います。

20代後半/自営業/男性

あまり歳の差があるということを気にしない

今の年齢にもよるとは思いますが、2歳差ならもはや年齢差はないと思うべきです。

私の彼女も2歳上ですが、彼女を年上とは思わず接していますし、彼女もそうしてほしいと思っています。

年齢に関係なく、相手を敬うことも必要だし、言うべきことは言わなければならないと思うので、歳の差はあまり関係ないのではと思います。

20代後半/メーカー系/男性

少しの配慮をし、あとは無理せず普通でいる事

特に相手の友達の前では、一歩引く事も大事かなと思います。何もかも平等と思わない事も重要だと思いますよ。

そして相手を思いやり、尊敬出来る所があれば、年はあまり関係なくあまり意識しなくてもいいのではと思います。

お互い無理せず、自然体が一番ですよ。少しの思いやりと、一歩引く勇気ですね。臨機応変に使い分けましょう。

20代後半/医療・福祉系/男性

【4位】相手を頼る・立てる

相手を頼る・立てる

尊敬の気持ちを持つ

相手を尊敬することが大切です。喧嘩をしてもしっかり話を聞き、謝る時はしっかり謝るなど、謝罪や感謝の気持ちをしっかり示すようにします。

また、甘えすぎないようにすることも大事です。

プレゼントを買う時にはあまり無理せず、サプライズ等で喜ばすようにして金銭面もしっかりとすると安心してもらえます。

20代前半/大学生/男性

相手を思いやり尊敬し合い、なるべくは彼女に合わせて行動する

相手を思いやり、尊敬し合い、なるべくは彼女に合わせて行動することが大事だと思います。特に食べる物には細心の注意を払った方がいいのと、タメ口もほどほどにしないと機嫌を悪くすることが多いです。

私の彼女も2つ年上ですが、時々、話についていけないことがありました。しかし直接「それ何?」と聞くと、ジェネレーションギャップを感じさせてしまう恐れがあったため、その時はトイレに行って携帯で調べて戻っていました(笑)。

30代前半/サービス系/男性

【5位】プライドを傷つけないこと

プライドを傷つけないこと

年上ということを意識するのを忘れない

「親しき仲にも礼儀あり」という意識を持って接していくことがとても大事だと思います。

きっと相手は年齢を気にしていて、基本的には「年上ってことを感じさせないで」と思っているでしょう。しかし、喧嘩した時などには「年下のくせして」と思われてしまうこともあるかと思います。

原則は年上ですので、そのことをいつも忘れないようにして接していくことが大切ですよ。

30代前半/公務員・教育系/男性

予め年の差について話し合い彼女が気にするようならうまく合わせる

彼女が年上を意識するなら、それに対応する必要がありますが、それほど意識しないのなら、同等で良いと思います。

年上のプライドが出る場面はあるかもしれませんね。それを男性が読み取る余裕があるかどうかが重要ですね。

彼女が年上のプライドを出すタイプであると踏んだなら、そのように付き合わないとまずくなります。

なので、お互い年の差について話し合い、わだかまりがないようにしておくことが大事になると思います。

50代後半/サービス系/男性

【6位】将来のことをきちんと考える

将来のことをきちんと考える

将来を考えた上で真剣に向き合う

年上の彼女は結婚を意識してお付き合いすることが多いので、ちゃんと将来を考えた上で真剣に向き合うように意識していました。

妻も私より年上ですが、結婚を意識して付き合っていました。しかし、付き合って2年の記念日のときに、「いつになったら結婚してくれるの?」と泣かれたことがあったので、「ちゃんとその時は伝えるから待っていて。」と伝えました。

周りが結婚したり子供が出来たりすると、やっぱり女性のほうが焦りやすいと思うので、ちゃんと意思表示はするべきだと思います。

30代前半/公務員・教育系/男性

【年齢別】年上彼女との付き合い方で参考にしたい記事9選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【年齢別】年上彼女との付き合い方で参考にしたい記事9選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

男性100人に聞いた2歳差の年上彼女と上手に付き合う方法では、1位は『上手にフォローする』、2位は『ほどほどに甘える』、3位は『期待や意識をし過ぎない』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人に聞いた2歳差の年上彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『2歳差の年上彼氏と上手に付き合う方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

2歳差の年上彼氏との付き合い方!彼女100人が教える秘訣とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年09月18日~10月03日
回答者数:100人