年上彼氏が結婚したがる…同じ経験を持つ女性100人の対処法

年上彼氏 結婚 したがる

年上彼氏と付き合っていると、「すごい結婚したがっている…」とプレッシャーを感じることもありますよね。彼氏が結婚適齢期を迎えている状態であればヒシヒシと圧力を感じてしまうものです。

焦って結婚するようなことは避けたいからこそ、年上彼氏が結婚したがる時でも上手に対処する方法を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による年上彼氏が結婚したがる時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

年上彼氏が結婚したがる時の対処法ランキング

年上彼氏が結婚したがる時の対処法ランキング

まずは、年上彼氏が結婚したがる時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた年上彼氏が結婚したがる時の対処法』によると、1位は『自分の考えをしっかり伝える』、2位は『ひとまず同棲から始める』、3位は『具体的な期限を伝える』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた年上彼氏が結婚したがる時の対処法

女性100人に聞いた年上彼氏が結婚したがる時の対処法

女性100人に聞いた年上彼氏が結婚したがる時の対処法では、1位の『自分の考えをしっかり伝える』が約40.9%、2位の『ひとまず同棲から始める』が約9%、3位の『具体的な期限を伝える』が約8.1%となっており、1~3位で約58%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で年上彼氏が結婚したがる時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】自分の考えをしっかり伝える

自分の考えをしっかり伝える

自分の気持ちと将来のことを正直に話した

年上の彼からの結婚の話には身につまされるものがありましたが、私はまだ結婚したいとまでは思っていなかったので、私の本当の今の気持ちと将来のことを正直に話して、もう少し待ってもらうようにお願いしました。

彼は焦っていましたが 最終的にはわかってくれて、今ではゆっくりと二人の愛を育んで 毎日を楽しく過ごしながら、将来に向けていろいろと話をしています。

50代後半/自営業/女性

急ぐ必要のないことを理解してもらう

彼は職場の同年代が既婚者ばかりであったので、かなり結婚を急ぎたいようでした。しかし、当時の私は20代前半であったため、そこまで結婚への意欲がなかったのです。

意見の違いで口論になりそうな時、結婚で変わることと変わらないことを具体的に書き出してみようと試みたのでした。

実際に書き出してみると、結婚によって変わるのは「苗字、住む場所、家計の管理や家事の分担」など、今すぐ変える必要のないものばかりであることが可視化されました。

それを理解した彼は、数年結婚を待ってくれましたよ。

30代前半/サービス系/女性

自分の将来の計画を詳しく話して納得してもらった

当時お付き合いをしていた彼から、プロポーズとともに、既に記入されている婚姻届けを渡されたことがあります。

しかし当時の私は21歳と若く、まだまだやりたいことがいっぱいあったので、結婚や子供とかのことを考えられませんでした。

なので、「自分は何歳で結婚をしたいと考えていて、それまでは今と同じような生活をしたいと考えている」と伝えて、納得してもらいました。

20代前半/専業主婦/女性

「家事ができるようになってから結婚したい」と伝えた

出会ったときから、相手が結婚を意識していると分かっていましたが、私はある程度の交際期間を経てから結婚したいと思っていました。

その後も彼からぐいぐいアプローチをされたので、「今まで全く家事をしたことがなかったので、ちゃんとできるようになってから結婚したいです」と伝えました。

その後、プロポーズをされて婚約してから、同棲スタートした流れで満足しました。

20代後半/専業主婦/女性

結婚する前にやっておきたいことがあるから待ってほしいと伝えた

主人と結婚する前、同じ職場で働いていたのですが、私は異動先で体調を崩してしまいました。

彼はそんな私を見て「もう仕事を辞めて、俺と結婚しないか」と言ってくれましたが、私はそのころ所謂ジャニヲタをしていて、結婚するようなお金を全くと言っていいほど貯金できていない状態でした。

このままでは彼に幻滅されると思い、少額ずつですが貯金を始め、彼には「異動先でやり残した仕事があるから、もう少し待ってほしい」と伝えると、納得してくれました。

一年ほど必死にお金を貯め、残っていたリボ払いもすべて完済しきった私は、仕事を辞め、彼と結婚することになりました。

お金の負債だけはクリーンにしてから結婚するべきです。後々ばれると揉めることになります。

30代前半/専業主婦/女性

白黒はっきりとした自分の気持ち、決断を伝える

29歳の時に5歳年下の男性と付き合っていたことがあります。その彼から「結婚して一緒に家庭を築きたい」と言われました。

プロポーズはとても嬉しく、素直に受け入れようかとも考えました。ただ私には海外留学という夢があったことと、こちらが返事もしていないのに彼のテンションがどんどん上がっていくのを見て、徐々に気持ちが冷めていきました。

彼と家庭を営む将来の自分の姿がどうしても思い浮かばず、最終的に彼には「海外留学を実現したい」と告白しました。

彼は待つと言ってくれたのですが、当時は今と違ってスカイプもLINEもない時代だったので、物理的距離は埋められないし、お互い変な期待をしたくなかったので、きっぱりとお断りしました。

50代後半/マスコミ系/女性

もう少し働きたい!と話した

遠距離恋愛で4年付き合っていました。隣の県でしたが、4年間どちらも両親に紹介したことがなかったです。

彼氏は「結婚、早くしたい」と言っていました。どうやら彼氏の両親が痺れを切らしたみたいで、「早く挨拶に行ってきなさい」とプレッシャーをかけてきていたみたいです。

しかし結婚と同時に仕事を辞めないといけなかったので、「もう少し働きたい」と言って辞めやすくなる時期まで伸ばしていました。

それをきっかけに話が進み、先日無事結婚できました!

20代後半/専業主婦/女性

2人の妥協点を探りながら、ごまかすことなく自分の意志を伝え続ける

元々若い頃から結婚願望の強い彼だったので、事あるごとに「結婚」の二文字は会話の中に上がっていました。

また彼は結婚後、私には仕事をセーブして家庭を第一にしてほしいと希望していたため、バリバリ働きたい私は2人の妥協点を探りながら、ごまかすことなく自分の意志を伝え続けました。

結果、気が済むまで仕事に打ち込んで、それでもまだ働きたければ、お互い無理のない範囲で正社員としての共働きを続けようということになり、数年後に結婚して子供が生まれた今もよいバランスで過ごしています。

30代後半/流通・小売系/女性

前もって自分の考えを話しておく

年上の彼氏は「〇歳までには結婚したい」というのを決めていました。ですが私はまだまだ仕事も頑張りたいし、友達とも遊びたい年齢でした。

そこで「あなたのことは大好きだからいつかは一緒になりたい。でも、あなたが希望する歳までには出来ないと思う。それでもう無理と思うなら言って欲しい。」と言いました。

さり気なく、「私との結婚がしたいのか、その年齢で結婚出来れば誰でも良いのか」確認したら、彼は「君とだから結婚を考えている」と言って私の意見を尊重してくれました。

もちろん私も彼が大好きなので、なるべく彼の考えに寄り添えるようにあと1年たっぷり遊んで気持ちを固めよう!と思えました。

結婚への価値観は人によって様々だと思うし、結婚生活へも影響すると思うので、最初にきちんと自分の意見を言うべきだと思いました。

20代後半/不動産・建設系/女性

まだ結婚する気はないことを伝える

まだ学生の頃にプロポーズされました。卒業後は地元での就職を考えていたので、そのことを伝え、お断りしました。

その後もお付き合いは続きましたが、卒業と就職を機に私は地元へ帰り、遠距離恋愛を続けました。

次第にお互いに連絡が少なくなり、自然消滅。きちんと別れなかったことは、今でも悔やんでいます。

30代後半/専業主婦/女性

結婚までの目標をいくつか作ってみた

結婚はしたいけど、仕事もまだまだ続けたいし、結婚して急に他人と一緒に暮らすのは正直不安で、気持ちの折り合いがつかない時がありました。

でも彼は早く結婚したそうだったので、正直に自分の気持ちを話して、結婚までの目標をいくつか設定してみました。同棲や仕事、子育てや住む場所といった自分の不安な点に、目標や折り合いをつけられる部分を探し、2人でそれをクリアしていくことを始めてみました。

すると、結婚に対して焦りや不安が少しずつ減っていくと同時に、彼の方も「結婚」という言葉に縛られていた部分なども鮮明になり、前よりも前向きに話し合う機会が増えた気がします。

30代前半/自営業/女性

相手と話し合い、何を優先したいかを伝える

元彼は10個上でとても優しく、私を大切にしてくれる方でした。ちょくちょく結婚を仄めかされましたが、彼の実家は自営業をしており、スタッフはほとんど身内、結婚したら私もそこに入らないといけないというプレッシャーを感じていました。

留学するためにずっと貯金をしていたのと、不完全燃焼のまま嫁いだら今後何かうまくいかなかった時に彼のせいにしてしまいそうだったので、きちんと話し合うことにしました。

彼に正直に気持ちを伝え、「今すぐ結婚することもできないし、今のところそちらの会社に入る予定はない(私の専門と真逆だったため)」と正直に伝えると、彼も納得してくれたので、自分の仕事に集中するようになりました。

その後、いろいろあって結局お別れしましたが、彼も私の夢を応援してくれました。

まずは相手と話し合い、何を優先したいかを伝えるのも良いと思います。はぐらかさずにお互い納得するまで話し合いを持つことが良いと思います。

20代後半/サービス系/女性

「仕事が安定するまで頑張ろう」と冷静に伝える

「いつ結婚するの?」と時々彼が言ってくることがあります。そんなときは「仕事が安定してからでしょ。それまで頑張ろう。」と前に話し合って決めたことを伝えるようにしています。

彼のほうが3歳年上で、彼の周りや兄弟も結婚している人が多いので、早く結婚したくなるときがあるのかもしれません。

でも私たちはまだ学生なので、その旨を伝えて私たち自身のペースで進めるように説得しています。

20代前半/大学生/女性

まだ新人だし、今は仕事に打ち込みたいと伝える

親元を離れて上京し、自由を満喫していた頃に、同じ職場で出会った彼。優しくて頼もしくていい人だけど、とっても子ども好きな様子が引っかかりました。

というのも、私は仕事が楽しくて結婚すら考えられない生活だったので、遠回しに「早く結婚して子供が欲しい」とアピールされているように感じてしまったんです。

でも彼だって社会人3年目で、重要な仕事も任されるようになって、これからますますキャリアを積んでいく途中だったので、「今は焦らず、楽しむだけの期間でもいいんじゃないのかな?」という気持ちを正直に伝えました。

40代後半/自営業/女性

それとなく「焦らずにいこう」と伝える

彼と出会ってまだ数か月しか経っていない頃、突然同棲の話が出て驚きました。私も彼に惹かれていましたが、まだ同棲や結婚というほどお互いをよく知らなかったからです。

それとなく「焦らずにいこう」と伝えると、彼も「同棲していきなり結婚を申し込むほど急いではないよ!」とフォローしてくれました。

今はコロナで遠距離恋愛中ですが、いずれは同棲し、結婚することも考えています。

20代前半/大学生/女性

結婚に対してもマイナスな考えになってしまった事を正直に話す

年上の彼からは「1年お付き合いをしたら結婚しよう」と最初の頃から告げられていました。その時は素直に嬉しかったです。

しかし半年過ぎて、「新居や新しい家具を見に行こう」と言われたときに、私は気持ちが付いていけてないことに気付き、思っていることを伝えました。

彼は「時間にこだわらずゆっくり進んでいこう」と言ってくれましたが、私は彼に対して申し訳ない気持ちになってしまい、更に自信をなくしてお別れをしてしまいました。

今振り返ると、あの頃もっと彼に甘えて信じて、寄り添うことが出来たら良かったと後悔してます。

20代後半/サービス系/女性

結婚の意思があることや考えていることなどをその都度きちんと伝える

恋人とは結婚を前提に付き合っていますが、事あるごとに仄かしてくるので、タイミングによってはプレッシャーを感じることもあります。

自分が学生で少し歳も離れているので、不安にさせることもあると思い、結婚の意思があることやそのために考えていることなどを、その都度きちんと伝えるようにしています。

特にキャリアに関しては、何年後にこういうポジションにいたい!というのがハッキリあるので、結婚のタイミングや、子供はどうするかといった話の中で常に釘を刺しています。

彼が突っ走らないように、そして情に流されてしまわないように、安心させながらも自分の気持ちを丁寧に話すのが肝心だと考えて行動しています。

20代前半/大学生/女性

【2位】ひとまず同棲から始める

ひとまず同棲から始める

お互いのことをよく理解するため同棲から始める

9か月というお付き合いの中で突然「結婚しよう」と言われ、とても困惑しました。「それはさすがに早すぎるんじゃないかな」と言ったものの、彼の意思は変わらないようでした。

しかし私は、スピード婚はすぐに離婚しやすいというイメージがあったので、「じゃあ、疑似結婚生活みたいな感じで、同棲から始めない?それでまだ知らないお互いのいいところ、悪いところをよく知って、そこから考えよう」と提案しました。

すると彼も納得してくれて、そこから同棲を開始し、大丈夫なことがわかった時点で結婚しました。

プロポーズは嬉しいですが、浮かれた気持ちで「はい」と答えるのではなく、本当にこの人とやっていけるか、私はこの人を本当にちゃんと知っているか?など、よく考えてから返事をした方がいいと思います。

20代後半/専業主婦/女性

まずは同棲する

年上の彼から、一緒に住むことについてどう思うか聞かれました。私は将来を見据えて結婚もありなら、まずは一緒に住んでみることは大切かもしれないと思い、まずは同棲することにしました。

一緒に住んでから2年経ち、プロポーズされました。

ネガティブなプレッシャーではなく、良いプレッシャーを感じることができて、まずは一緒に住んで本当に良かったと思っています。

40代前半/商社系/女性

まずは同棲から始めたいと話した

付き合って2年になりますが、まだ結婚という意識を持てていません。しかし彼は「子供が欲しい」と言い始めました。

「〇〇も30半ばだし、子供を産むには早い方が」と急かしてきていますが、彼と本当に一緒になる事は自分にとっていい方向なのかを感じられていない為、まずは同棲をして過ごす時間を増やしてみようと相談しました。

彼は今すぐにでもという感じですが、私の気持ちも考慮してまずは同棲を始める方向で動いています。

30代後半/IT・通信系/女性

【3位】具体的な期限を伝える

具体的な期限を伝える

「今は仕事が立て込んでいるから、いついつまで待って」と伝える

プロポーズしてもらった時、私は入社したてで仕事が凄く楽しかった時期だったので、あまり考えることができず一度お断りしました。

その時に「あなたを嫌いなわけじゃないけど、今は仕事が立て込んでいるから、来年まで待って」と伝えると了承してくれました。

そして、その次の年に結婚しました!

しっかり期限を決めて伝える事が大事だと思います。

20代後半/専業主婦/女性

「今は無理。あと1年くらいは待って欲しい」と伝えた

付き合って1年半たった頃、同じ会社で働く彼からある日、内線の電話がかかってきました。何事かと思いきや、彼が社長や役員が参加する会議に出席していた際に、「彼女との結婚はいつになるのか」と尋ねられたそうで、勢いで「そろそろ結婚します」と言ってしまったというのです。

しかし私はその時、入社2年目。仕事に夢中で結婚なんてさらさら考えていませんでした。彼から「どうする?」と聞かれたので、正直に「今は無理。まだお互いのこと深く知らないし、仕事を大切にしたい。あと1年くらいは待って欲しい」とはっきり伝えました。

彼も納得してくれたので、現在仕事も軌道に乗り、良いタイミングで結婚できました。

20代後半/メーカー系/女性

彼の思いも尊重しながら自分の気持ちと待って欲しい時間を伝える

元夫と付き合いだして1年程経った頃、「いつまで仕事続けるの?今の仕事してるまんまじゃ一緒になれないだろ。」と言われました。

私も結婚を考えていない訳ではなかったし、子供も欲しいと思っていたから彼の言葉は嬉しかったですが、その頃は仕事も楽しかったので、すぐに辞めるという選択肢は考えられませんでした。

それをそのまま伝えると彼はムッとしてしまい、しばらくは険悪なムードが続きましたが、彼の気持ちが落ち着いた頃に「今すぐは無理だけど1年後を目処に仕事を辞める意志がある。それまでは精一杯頑張って気持ち良く辞めたい」ということを伝えました。

彼が親を早く安心させてあげたい、子供も早く欲しいと思っていたのを知っていたので、曖昧な時間ではなく「1年」と区切りをつけたことで安心してくれたようです。

40代前半/自営業/女性

【4位】今は無理だと悟ってもらう

今は無理だと悟ってもらう

仕事を頑張りたい、まだ趣味や経験を増やしたい等、遠回りに回避した

19歳の頃、29歳の男性とお付き合いしていたのですが、「誕生日に指輪を買ってあげる」と言われ、私は喜んでいました。

しかし詳しく聞いていくうちに、彼はどうやら婚約指輪を想定しているようだと判明しました。直接プロポーズがあったわけでもないので急に怖くなりました。

それまで3年ほど付き合っていたのですが、まだ結婚する気はなかったので、「仕事が楽しい、趣味を増やしたい、人脈を増やしたい」と遠回しに伝えるようにしました。

30代前半/サービス系/女性

やんわり断る

15歳年上の彼は経済的にも余裕があるようで、すぐにでも結婚したい様子。そのため何かと実家に連れていこうとします。

私も彼と結婚はしたいですが、ぐいぐい来られると、何となく気持ちが乗らず後ろ向きになってしまいます。

「お母さんたちも忙しいだろうし、ゆっくり時間が取れる日にお邪魔させてもらうよ」とやんわり断っています(笑)

20代前半/不動産・建設系/女性

今すぐ結婚することはできないことを説明する

お付き合いをしていた年上の人からプロポーズされましたが、当時私は仕事がとても忙しく、家族の介護もあって心身共にボロボロでした。家族をほったらかしにする訳にはいかないし、介護に協力してもらうのも彼の重荷になるんだろうなと思うと、私は身を引いた方が良いようにも思えて彼とは距離を置くようにしていました。

しばらくして私は鬱病になってしまい、どうしたらよいかも全くわからなくなっていました。

そんな時に彼が「きちんと治療を受けて治らないと、家族も共倒れになってしまうよ」と言って、私の背中を押してくれたので、家族の介護はヘルパーさんや弟にも協力してもらって、私は仕事を休職して入院しました。

結果、どうにか職場復帰でき、家族の介護も再びできるようになりました。

その後、私の方からプロポーズして彼と結婚しました。一番困っていた時に私を見捨てず、見守ってくれて待ってくれていた彼には今でも感謝しています。

50代前半/専業主婦/女性

【5位】相手の意向を丁寧に聞いてみる

相手の意向を丁寧に聞いてみる

結婚について相手がどう考えているのか具体的に話し合う

15歳年上の彼氏と付き合い始めた直後から、度々結婚を仄めかされました。

でも私はちょうど仕事で重要なポジションを任せてもらえる時期だったので、将来の結婚像などやりとりしつつもはぐらかすような感じになってしまいました。

遠距離ということもあり連絡が途切れ、数年後に風の便りで彼が結婚して子供ができたという話を聞きました。もう少し会う時間があって話し合えたら少しは変わったのではないかと思います。

40代前半/サービス系/女性

ただ単に結婚がしたいのか私と結婚したいのかじっくり聞く

年上の彼から結婚後の話が頻繁に出るようになり、「結婚、焦ってるな」と思っていました。しかし交際期間が長くなかったので、「彼はただ結婚がしたいだけなのでは?」と正直モヤモヤしていましたし、私自身、本当に彼と結婚がしたいのか、真剣に考えていました。

自分なりに答えが用意出来てから、彼と一度話し合いをしました。彼に「あなたはただ年齢的に結婚がしたいだけなのではないか。違うと言うなら、なぜ私と結婚したいのかを教えて欲しい」と聞きました。

それから自分の考えや思いを素直に話し、彼に了承してもらってから結婚することになりました。

思っていることをきちんと言葉にして伝え合うことは、今後も大事だと再認識しました。

20代後半/医療・福祉系/女性

お互いの結婚願望について、とことん話し合いをした

年上の彼氏と出かけたとき、街を歩いている家族や子供連れを見て「いいなあ、幸せそうだよね。」とほぼ毎回言われるのがちょっとずつプレッシャーになり、ストレスになっていました。

そこで、お互いの結婚願望や将来について話す機会を設けました。

私はそれまで結婚に関して身近に考えていなかったけど、腹を割って話し合うことで彼がいかに私との将来を夢見ていてくれていたのかが分かってきて、彼に対する気持ちも変わっていきました。

20代後半/自営業/女性

【6位】家族の意見を聞いてみる

家族の意見を聞いてみる

自分の家族に相談して父親からアドバイスを貰った

7つ年上の彼から、付き合って2カ月程で結婚を考えている旨を伝えられました。私も30歳手前だったので早めに結婚はしたかったのですが、まだ付き合ったばかりでしたので「もう少し経ってから考えよう」と話し、お互い納得しました。

半年ほど経った頃、やはり彼は早く結婚したい様子で交際も順調だったので、家族に相談してみました。すると父親から「まずは一緒に暮らしてみなさい。それから結婚を考えても遅くない。」と意外な答えが返ってきました。彼もその意見を受け入れ、まずは同棲をすることになりました。

幸い暮らしてみて大きな価値観の違いやトラブルもなく、この人とならやっていけそうだと安心でき、結婚に踏み切ることができました。

結婚を決める前に家族に相談したことで、結婚に向けての準備などもスムーズにいきました。あのとき父の意見を聞いてよかったと思っています。

30代前半/専業主婦/女性

年上の恋人と結婚した身内に相談してみた

年上の彼とは11歳の年齢差があります。彼の母親が病気をしたこともあり、「早めに結婚」という話になったのですが、私は正直まだ結婚する気にはなれませんでした。

その旨を正直に話すと喧嘩になってしまい、私は姉に相談しました。姉も年上の彼と結婚していたので、「まず同棲してみないとお互いのこと分からないんじゃない?」と言われ、同棲を始めてみることにしました。

同棲し始めてみると、彼の優しさに触れ、もうこのまま結婚してもいいんじゃないかなと思えました!

自分で考えるだけでなく、他の人に相談してみることも大切だと思いました。

20代前半/サービス系/女性

【7位】結婚願望がないとはっきり伝える

結婚願望がないとはっきり伝える

相手の甘さを指摘し結婚願望がないと伝えた

年上の彼氏と付き合ったとき、付き合い始めからすぐに何かと「結婚」「結婚」とアピールしていて、ちょっと嫌気がさしました。

しかもその理由が、私が好きだからと言うわけではなく、「結婚して楽をしたい」と思っているからのようでした。「結婚したら、嫁に家事を全部任せ、家賃を半分払ってもらい、家を居酒屋代わりにして好き放題、酒が飲める。最悪、嫁が働いていれば自分は働かなくても生きていける」という下心が見え見えでした。

なので、「私には一切、結婚願望がない。仮に結婚したら家事は半分やってもらう。家に人を呼ぶのは嫌いだから、居酒屋の代わりにされるのはお断りだ」と、何度も言って拒否しました。

さらに彼は、「彼女」にわがままを言うとフラれる可能性があるけれど、「嫁」なら簡単に自分から離れることができないから、どんなに自分の好き勝手にしても大丈夫だと思い込んでいるようだったので、「そういう考えのままでは、誰もあなたと結婚したいと思わないと思う」と伝えました。

40代前半/流通・小売系/女性

まとめ

女性100人に聞いた年上彼氏が結婚したがる時の対処法では、1位は『自分の考えをしっかり伝える』、2位は『ひとまず同棲から始める』、3位は『具体的な期限を伝える』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による年上彼氏が結婚したがる時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『年上彼女が結婚したがる時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

年上彼女の結婚プレッシャーを感じる…経験者100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年09月24日~10月09日
回答者数:100人