妻(嫁)がムカつく…既婚男性100人が実践した解消法とは

「妻(嫁)がムカつく…」と悩むこともありますよね。些細なことでもムカつくことが増えてくると、無視をしたり仕返しを考えたり、最悪の場合は離婚を考えてしまう事も。

すぐに離婚という選択肢を選ぶことは避けたいからこそ、嫁がムカつく時でも上手に解消する方法があれば知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ既婚男性100人による妻(嫁)がムカつく時の解消法を体験談と共にご紹介しています。

妻(嫁)がムカつく時の対処法ランキング

嫁がムカつく時の対処法ランキング

まずは、嫁がムカつく時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた妻(嫁)がムカつく時の対処法』によると、1位は『ひとまず距離を置き、落ち着く』、2位は『一人で好きな事や物を楽しむ』、3位は『相手の立場に立つ・意向に沿う』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた妻(嫁)がムカつく時の対処法

男性100人に聞いた妻(嫁)がムカつく時の対処法

男性100人に聞いた妻(嫁)がムカつく時の対処法では、1位の『ひとまず距離を置き、落ち着く』が約34.6%、2位の『一人で好きな事や物を楽しむ』が約22.1%、3位の『相手の立場に立つ・意向に沿う』が約14.3%となっており、1~3位で約71%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら)

それでは、項目別で嫁がムカつく時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】ひとまず距離を置き、落ち着く

ひとまず距離を置き、落ち着く

しばらく時間をおいて、冷静になってから話し合う

最近、大喧嘩しました。元々は私が妻の態度にムカつき、少し怒ったところ、妻がそれを上回るテンションで怒りをぶつけてきました。

最初は「怒っているのはこっちなんだよ!」と私もヒートアップし、しばらく口を利きませんでしたが、数時間後にふと話をすると、私はちょっとした勘違いをしていたことが判明しました。そして妻のキツイ態度は、私のことを考えてくれていたが故ということがわかりました。

ストレス発散とは別の観点ですが、双方が何を考えているのか、思っているのかについては常に意識し、一方的に責めたり怒ったりすることは結果的に相手を傷つけてしまうだけだなということを学びました。

30代後半/IT・通信系/男性

妻のいない所で、ため息をつく!

いらいらの原因がどこにあるかに関わらず、妻がいらいらを一方的にぶつけてきた場合、その場ではしっかり話し合い解決しようとします。

が、妻のいないところでため息をついて、ストレスを発散します。

「ため息は幸せが逃げる」と言われますが、深い呼吸はリラックスを促す副交感神経を優位にするので、ストレスの発散にもなります。

ただ、その場合は、必ず妻のいない所で、妻に聞こえないようにするのが絶対条件です。

20代後半/自営業/男性

自分一人で落ち着いて、気持ちを落ち着ける

ムカついている原因が完全に相手にあると思っていても、それを相手に伝えたところで改善されることは難しいと思います。

ムカつきを解消するのであれば、自分一人で落ち着いて、気持ちを落ち着ける方が簡単にできると思います。

相手がいるとどう展開するかはわかりませんが、自分一人であれば、自分の思うように展開させやすいので。

40代前半/医療・福祉系/男性

時間と距離をとって自分の部屋に引きこもる

妻に「アンタの給料が低いせいで私が苦労している」と言われた時はムカつきます。

自分は働いておらず、なおかつ買い物などに良く行くのに、「買いたいものが全然買えない」とか言われた時は、ものすごく頭にきますね。こちらも好きで薄給なわけじゃないので・・・。

ムカついた時は部屋に引きこもり、副業の勉強などして見返してやると思って乗り越えてます。

30代前半/サービス系/男性

なるべく接触しない

結婚するまでは気づかなかったのですが、妻はすごく怒りっぽく、うまく行かないことがあると毎日のように怒ってきます。

最初は話し合いなどしていたのですが、逆にヒートアップしてしまいます。

なので、相手は変えられないと思い、妻が怒り出したときはなるべく近寄らないようにして、台風が過ぎ去るのを待つように耐えるのみです。

40代前半/流通・小売系/男性

とにかくその場から離れ、顔を合わせないようにする

何かにつけて妻が「いつも大変なのは私だけ」「私だけが辛い思いをする」など、とかく悲劇のヒロインになりたがるところが腹立たしいです。

人に意見を求める時があるのですが、大体は自分の意見に同意して欲しいだけで、こちらが彼女の意図していたことと違うことを言うと拗ねるんですよね・・・。

話し合いという概念が存在しない相手に対してストレスが溜まった時は、とにかくその場から離れるのが最善策です。トイレに行ったり、別の部屋に行ったりして、顔を合わせないようにして凌ぎ切るしかありません(笑)

40代後半/専門コンサル系/男性

楽しかった思い出を回想し、落ち着くまで待つ

嫁は仕事などでストレスが溜まると、こちらの話に怒涛の勢いで言い返してきます。それも説教臭い内容なので、男としては結構プライドが傷つきます。

言い返しても倍になって返ってくるので、内心怒っていても「つらくなっちゃった」とか被害者ヅラしながら退避して部屋に籠り、優しかった時の嫁や、楽しかった思い出を回想して落ち着くまで待ちます。

嫁は猫っぽい気質の持ち主なので、気分が変わればすぐにでも態度を翻してきますが、気分が変わっていないときもあるので、自分が落ち着いても迂闊に近寄らず、外堀から固めて仲直りをしています。

30代前半/流通・小売系/男性

【2位】一人で好きな事や物を楽しむ

一人で好きな事や物を楽しむ

休日に妻に内緒で趣味を満喫してしてストレス発散!

妻はイライラしている時、よく私に八つ当たりしてきます。この流れは熟知してはいるのですが、やはりムカつきます。

こういう時は、ひとまず妻の好物であるスイーツを餌付け・・・もといご馳走してあげると、妻の機嫌は直ります(笑)これで今以上に状況が悪化するのを防げます。

しかし溜まったストレスは残っているので、休日に丸一日使って自分の趣味を満喫する事によって発散します。

40代前半/流通・小売系/男性

高い食事や良いお酒を楽しむ

付き合ってる時はそうでもなかったですが、結婚してからは妻の尻に敷かれた生活が続いていました。特に上から目線で話される時などはムカつきが増します。

そういう時は、美味しいものを食べたい気持ちが強くなるので、仕事帰りなどに「今日は夕食いらない」と言い、1人で高めの夕食を食べたりしてストレスを発散していました。

やっぱり美味しいものを食べると幸せになり、気分転換になります。

30代後半/医療・福祉系/男性

好きな小説を読んで気分転換する

妻のお皿の洗い方が汚いため、私が洗い直すことも多く、腹が立ちます。また、子育てについても意見が合わないことが多く、イライラさせられます。

そんな時は、「相手は変えられない」とあきらめて、自分のできる範囲で妻をフォローするようにします。

そして、好きな小説を読むと良い気分転換になり、次第にイライラが収まります。

50代前半/自営業/男性

温泉に入りに行ったり、寝たり、ちょっと自分の時間を作る

妻が冗談でからかってくることが良くあります。普通は流せるのですが、仕事が忙しかったり余裕がなかったりすると、徐々にイライラが増してしまいます。

そのため、心を落ち着かせるために温泉に入りに行ったり、寝たり、ちょっと自分の時間を作るようにしています。

気持ちの余裕に繋がりますし、彼女も自分の時間になるので、ゆっくりとお互いを傷つけることなく、程よい距離に戻っていきます。

30代後半/医療・福祉系/男性

焼酎と旨いつまみで気分転換する

夫婦とは言え、違ったDNAを持った男女が一緒に生活するわけですから、衝突することやムカつくことがあるのは当然のことだと思います。

私たち夫婦も約40年間連れ添っていますが、未だに理解し得ない事が沢山あります。

それを無くすのは不可能だと思いますが、時間が解決してくれるので、焼酎と旨いつまみで気分転換するのが最善の方法です。

場合によっては妻を誘うのも良いものです。

50代後半/流通・小売系/男性