夫(旦那)に冷めた…既婚女性100人が実践した対処法とは

「夫(旦那)に冷めた…」と悩むこともありますよね。付き合った頃は仲睦まじい夫婦だったのに、冷めた気持ちのままでいると離婚を考えてしまう事も。

すぐに離婚という選択肢を選ぶことは避けたいからこそ、旦那に冷めたと感じる時でも上手に改善する方法があれば知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ既婚女性100人による夫(旦那)に冷めたと感じる時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

夫(旦那)に冷めた…と悩んだ時の対処法ランキング

旦那に冷めた…と悩んだ時の対処法ランキング

まずは、旦那に冷めた…と悩んだ時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた夫(旦那)に冷めた…と悩んだ時の対処法』によると、1位は『感謝できる点や良い点を考える』、2位は『距離を取る・自分時間の充実』、3位は『自分の思いや考え、愛情を伝える』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた夫(旦那)に冷めた…と悩んだ時の対処法

女性100人に聞いた夫(旦那)に冷めた…と悩んだ時の対処法

女性100人に聞いた夫(旦那)に冷めた…と悩んだ時の対処法では、1位の『感謝できる点や良い点を考える』が約22.5%、2位の『距離を取る・自分時間の充実』が約17.3%、3位の『自分の思いや考え、愛情を伝える』が約16.7%となっており、1~3位で約56.5%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら)

それでは、項目別で旦那に冷めた…と悩んだ時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】感謝できる点や良い点を考える

感謝できる点や良い点を考える

良い所を書き出して、感謝できるところを探す

結婚して3年、以前ほど会話もなく、お互いに空気のような存在に。私はもっと2人で会話したり、イチャイチャしたいと思うのですが、仕事で疲れている様子をみると、なかなか切り出せず、だんだん夫に対して冷めた気持ちが出ている自分に気づきました。

どうにかして昔のように楽しく生活したいと思い、夫の良い所を思いつく限り紙に書き出してみました。そうすると、何気ない夫の良いところがたくさんあることに気づきました。

そして、感謝の気持ちも出てきて、夫に対して優しくなれた自分がいました。

40代前半/専業主婦/女性

夫がしてくれた事を思い返す

子供ができてからは、前のように夫の身の回りのことまで手が回らなくなりました。

子供と同じように手のかかる夫をみて、「もっとしっかりした人がよかったな」と、冷めてしまった時がありました。

しかし私が風邪をひいて寝込んだ時は、できないなりに家事、子供の世話をしてくれる姿を見て「お互い様だな」と感じました。

それからは、夫の行動に呆れても、自分がダメな時は夫が1番近くで支えてくれる事を思い返します。必死に頑張ってくれている姿を思い返すと、冷めるどころかクスッと笑えてしまいます。

30代前半/専業主婦/女性

とにかくいいところを見つけて褒める

まだ新婚なのに結婚1年目で急に冷めてしまい、「なんでこんなのと結婚してしまったんだろう」と思うようになりました。

この気持ちをどう切り替えたらいいか悩み、夫の良いところを見つけるようにしながら少しでも褒めることにしました。

そうしているうちに色々頑張っている夫を応援してあげたい気持ちになり、だんだん付き合っていた頃より好きになっていました。

一時は本当に嫌で仕方なかったので、また好きという気持ちになれてよかったです。

40代前半/流通・小売系/女性

感謝できる部分を探す

専業主婦の私は、子供の保育園の送り迎えがない時は、朝から晩までパジャマ姿でした。そして会社から疲れて帰ってくる夫に、育児の大変さをわかってほしい被害者意識がうまれて、一方的に今日の大変さを夫に話していました。

夫も疲れていてあまり話を聞いてくれなくなり、だんだん冷めていきました。

そんなある日、ふと子供達の寝顔をみて幸せだと感じたとき、自分の心に少し余裕ができました。そして、「家族のために毎日働いて、子供たちとも遊んでくれ、お茶碗洗いや洗濯をしてくれる夫には感謝しかない」と気付かされました。

そこで女性らしさを忘れていたことを反省し、おしゃれして夫と外出してみると、いつもと雰囲気が違うからか、夫もハツラツとして関心のあることなどを話してくれました。久しぶりに夫と楽しい会話が出来て、私も嬉しくなりました。

40代前半/専業主婦/女性

体調が悪いとき、私のかわりにご飯を作ってくれる事を思い出した

旦那が毎日、仕事以外どこにも行かず、ずっと私の横に居て、少しでも私が動くと「どこ行くの?」といちいち聞いてくるので、嫌気がさしてました。

おまけに目立つ癖やおならがひどくて、冷めて来てました。

そこで、私の体調が悪いとき、仕事帰りに買い物に行ってくれたり、ご飯を作ってくれる姿を思い出すようにしてます。

最近では一緒にポケモンのゲームで夜、散歩するようになりました。旦那はそれがとても幸せだと言っています。私もいつも心の中では感謝してます(笑)。

40代後半/専業主婦/女性

感謝できることを全て、思い出せるだけ思い出してみる!

恋人の時のように出かけたり、何かご馳走してくれたりということがなくなり、だんだん気持ちが冷めていきました。

でも夫に対して感謝できることはなんだろうと、頭をフル稼働させて考えます。

「家賃を出してくれてありがとう」、「電気ガス水道が使える、ありがとう」、「健康でいてくれてありがとう」、「お風呂掃除をしてくれてありがとう」、「お土産を買ってきてくれたことがあったな、ありがとう」など、色々なことを全て思い出すようにしています。

40代前半/自営業/女性

夫のいいところを考えてみた!

たまに「冷めたかな」と感じることがあります。特に喧嘩した時などですね。

そういう時は旦那のいいところを思い出して考えるようにしています。嫌なところもあるけど、いいところや好きなところもいっぱいあるので、「やっはり私はこの人だなぁ」と感じることができます。

ずっとラブラブなんて難しいけど、冷めてもまた好きな気持ちを思い出せれば、この先も長く続けられるんじゃないかなぁと思います。

20代後半/専業主婦/女性

好きな所を思い出す

結婚して8年経つと側にいる事が当たり前になってしまって、特にトキメキや恋心はなくなっているので、もしや自分は冷めてしまったのか?と悩んだ事がありました。

でも、その時に結婚式の写真や旅行の写真、貰った大切な言葉を思い出していると、「夫は今も、日々の生活の中でとても優しいなぁ」と感じ、この人と結婚して良かったと再確認する事ができました。

トキメキはなくなったかもしれないけど、それだけ自分を理解してくれる近い存在にレベルアップしたのかなと腑に落ちる事が出来ました。

今一度パートナーがしてくれる事、してきてくれた事に感謝してみるのが1番だと思います。

30代前半/医療・福祉系/女性

通帳を見て夫のありがたさを再確認!

夫に対して嫌気がさしたり冷めた時は、タンスの奥にしまってある過去の通帳を引っ張り出してきて、夫の給料が振り込まれた欄を遡って見ます。

「うちでは怠けてるけど、これだけのお給料分、会社では頑張ってくれてるんだなー」と、頑張りを数字で見ることができるので、ありがたさが実感できます。

毎月お給料をちゃんと入れてくれてるって、愛があるからこそですからね。

40代後半/金融・保険系/女性

胸キュンするドラマを観て旦那のありがたみを感じ、気分を高める

付き合っていた頃はただ一緒にいるだけで幸せだったのですが、結婚して一緒に生活するようになってから、金銭感覚の違いやちょっとした癖(食事中の作法とか洗濯物の干し方など)が気になりはじめ、子供が産まれてからは尚更生活習慣のズレを感じる様になりました。

共働きでしたし、子供が夜泣きしていても隣でイビキをかきながら気持ち良さそうに寝ている旦那の姿を見ると、「私も明日早いのに…眠たい…お弁当の下ごしらえしてないな…」と思いながら、辛くて子供と一緒に泣いていました。

そんな中、たまたま平日に旦那と休みが重なり、何となく一緒に見始めたのが韓流ドラマでした。登場人物が恥ずかしげもなく、自分の気持ちを言葉やしぐさで表現する韓流ドラマに最初は戸惑いましたが、回数を重ねる事にどっぷりハマってしまいました。ほとんどが「そんなすれ違いある!?」と思うような内容で、「大切な人はいつもそばにいるとは限らないよね〜」と号泣しながら観たりします(笑)

それからは旦那に腹が立ったりイライラした時は、韓流ドラマなど胸キュンするドラマを観て、ありがたみを感じ、気分を高めてます。

30代後半/流通・小売系/女性

家事にすごく協力的で優しい等、良い所を見る

旦那は最初から安定志向で刺激はありませんでした。当初はこういった穏やかなタイプは新鮮でしたが、やはり優しすぎるあまり決断力がなかったり、私がリードしなくちゃいけないのがストレスになることもありました。

でも、友人と話した時、「ウチの旦那は妊娠中の悪阻がひどい時も一切家事をしてくれないし、帰りが遅いんだよ」と聞きました。

その点、我が家の旦那は刺激はありませんが、家事にすごく協力的で優しいので、「やっぱりこんな良い旦那はいない」とわかり、大切さが再確認できました。

30代前半/専業主婦/女性

好きなところを思い出し、深掘りしてみる

もともと「好きだなあ」とか、「こんなところがすごい!」と思って結婚したのだから、改めてそこをもう一度深掘りしてみるといいと思います。

無口だけれど、お仕事をとてもまじめにするところが好きになったとか、困った時に派手な慰めはしてくれないけれど、解決につながる実際の行動をとってくれた、とか、何でもいいです。

「そんなに悪い人ではないなあ」と思えたなら、あともう一歩です!自分から「ありがとう」とか、「助かる〜」とか言ってみましょう。

円滑な人間関係には、自分から優しく(演技でも)してみるのが最善の方法だと思います。

50代前半/自営業/女性

【2位】距離を取る・自分時間の充実

距離を取る・自分時間の充実

当分の間は顔を見ないようにする

出会った頃から、匂いの趣味が合うなと思っており、彼自身の匂いも好きでした。しかし結婚して5年経つと、好きだったはずの匂いがおかしいことに気づきました。加齢臭は仕方ないと思っていましたが、年々どんどんきつくなっているではありませんか。

おまけに家事も育児も手伝ってくれず、ゲームして話を聞いてくれなかったりすることが続くと、たちまち大嫌いになります。

笑顔で躱し続けるのも限界があるので、オブラートにつつみながら、時にバシっと指摘するようにしています。

また、とことん嫌いになってしまいそうなので、当分の間は顔を見ないようにし、改善されたような時や楽しい場面があれば、強調して喜ぶようにしています。

30代後半/専業主婦/女性

一旦距離を置く

夫とは学生のころからずっと一緒にいて仲が良く、結婚してからもくだらないことで笑いあう関係でした。

しかし日常の一部になってしまうと、自然にいてもいなくても変わらないなと感じるようになりました。

そこで敢えて休みの日はそれぞれ出かけたり、帰宅時間をずらしたりして一人の時間を作るようにしましたが、やはりどこかさみしい。

やっぱりお互いが一緒に居る空間が、当たり前だけど大切だと気付きました。

30代前半/医療・福祉系/女性

軽く別居し、1人の時間を作ること

付き合って5年で結婚したのですが、夫はあまり家事に協力的ではなく、「一体この人となんで一緒になったんだろう」と感じた時がありました。

ある時大喧嘩をして、少しお互い距離をとって過ごすようになりました。ちょっとした別居状態です。

それでも、お互いが大事に思っていると感じられたため、もとの家に戻って楽しい日々を過ごせてます。

20代後半/商社系/女性

一緒にいられない時間は、自分磨きや自分のやりたいことをやる

家を買い、これから2人で過ごす時間が増えると思った途端に、夫は友達と遊び始めました。急な態度の変わりように対応しきれず、何故一緒にいてくれないのか、何故家に帰ってこず、夜遊びをするのかと喧嘩する日々でした。

次第に、私は必要な存在なのか、一緒にいてくれない人を好きでいる必要はあるのか、と考えるようになり、夫に対する感情が冷めてしまいました。

しかし、そんな夫でもたまには2人の時間を作ってくれるので、「夫が私に対して愛を持っていてくれるならそれでいいや」と開き直り、一緒に居てくれる時間は大切にし、それ以外の時間は自分磨きや自分のやりたいことをやってやろうと思いました!すると、そんなに悩むこともなくなり、毎日が楽しくなりました。

今でも夫は遊んでばかりですが、私は毎日が楽しいです!夫婦のかたちって色々あると思うので、理想のかたちになれるようにたくさん話し合って納得して生活できるようにすると良いと思います。

20代後半/メーカー系/女性

自由に過ごせる自分の時間を持つ

結婚して3年経った頃から、夫に話しかけてもスマホばかり見て、返ってくるのは空返事。子供も小さく、大人と話せる時間が少ない中で、夫だけが話し相手だったのに、あからさまに話を聞きたくないという態度でした。

そのうち私も話しかけることをやめてしまったのですが、こんな空気の悪い家庭で子供を育てるのは嫌だと思い、いろいろ試してみました。

1番良かったのは、自分の時間を持つということでした。夫が休みの日に娘を3時間預けて、その間は一人でコンビニに行ったり、別室で自分の好きな事をするという時間です。

そうする事で夫に対して、「居てくれて有り難いな」という気持ちが湧いてくるようになり、少しずつ昔のような夫婦の雰囲気に戻っていきました。

30代前半/専業主婦/女性

悲しかった気持ちを伝えた上で、少し距離を置く

夫とは基本的に仲良しなのですが、どんどんなあなあな関係になってきて、スキンシップ等がみるみる減っていくのがわかりました。

それと共に求められない空しさや悲しさが押し寄せてきて、このままじゃダメだと思いました。

とりあえず、悲しかった気持ちを伝えた上で、少し距離を置くことにしました。

するとやはり、ずっと横に居たものだから寂しくなったのか、以前と態度が変わりました。仲良しといえど、ある程度の距離は必要ですね。

20代後半/医療・福祉系/女性

一旦気持ちを落ち着かせるために少し距離を置く

一緒にいればいるほど、相手の嫌な部分も見えてきて、気持ちが冷め気味になったことが何度かあります。

そういう時は決まって、少し距離を置きます。と言っても、自分の好きな時間を過ごすと言った感じです。

好きになった相手なので、なんだかんだしばらくすると自然と自分から話しかけたくなります。

携帯で見つけた面白い動画を共有したくなったり、こんな記事を見つけたなど、話題が生まれ、冷めてた気持ちを忘れてしまいます。

20代後半/IT・通信系/女性