家系と直系の違いとは!

みなさんは家系と直系の違いについてご存知でしょうか?

知ってるよ!という方もいれば、なんとなくわかるけど上手く説明はできないなぁという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな「家系と直系の違い」について解説をしたいと思います。

 

家系とは

家系とは簡単に言うと「苗字のつながりを受け継いだ系統」のことを言います。

つまり基本的に自分から見て兄弟、両親、祖父母はすべて家系に当てはまります。

 

家系について詳しく知りたい方はこちら

家系って一体何のこと?

 

直系とは

それでは直系とはなんでしょうか。

直系とは「直接的な親子関係でつながる系統」のことを言います。

 

直系について詳しく知りたい方はこちら

「直系」とはどんな意味?家系図で解説!

 

家系と直系の違いとは

では、家系と直系の違いを家系図で確認してみましょう。

青色で示した部分がそれぞれの呼び方を指しています。

 

【家系】

 

 

 

【直系】

 

 

二つの画像を見てお分かりになるように、家系は苗字を受け継いだすべての家族のことを指しています。

しかし、直系はそうではなく父系を辿っていますね。

 

つまり、家系が苗字を受け継いだすべての家族を指すのに対し、直系は苗字を直接引き継いだ親子関係のことを指しています。(母方が苗字を引き継いだ場合は母方が直系となる場合もあります。)

この部分が家系と直系の違いとなっています。

まとめ

今回は家系と直系の違いについて解説をしてきました。

自分の家系や直系について興味がある方は、一度家系図を作ってみてはいかがでしょうか。