高校生におすすめ面白い小説34選!読書家500人が選ぶ人気本

あまりの面白さについつい一気に読んでしまうような内容で、かつ高校生でも楽しめる小説を探すこともありますよね。

誰もが知る名作から隠れた名作など、読書家が実際に読んで高校生におすすめできる面白い小説と口コミを知りたい方も多いはず!

この記事では、読書500人が選ぶ高校生におすすめの面白い小説34選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

高校生におすすめの面白い小説人気ランキング

高校生におすすめの面白い小説ランキング

まずは、高校生におすすめの面白い小説人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『読書家500人が選ぶ高校生におすすめの面白い小説』によると、1位は『君の膵臓をたべたい(56票)』、2位は『かがみの孤城(38票)』、3位は『82年生まれ、キム・ジヨン(36票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、高校生におすすめの面白い小説を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/56人がおすすめ

【1位】君の膵臓をたべたい

690円 (2021/06/23 16:48:59時点 Amazon調べ)
  • 読みやすさ :
  • 内容の面白さ:
  • 内容の満足度:
著者 住野 よる
出版社 双葉社
発売日 2017年4月27日
価格 734円

主人公の名前が伏せられていた理由とタイトルの意味がわかると、感動で手が震える

高校生には「君の膵臓をたべたい 」がおすすめです!

この作品の大きな特徴として、最後に少年が自分の名前を言うまで、彼の名前はずっと伏せられたままになっています。それが「秘密を知っているクラスメイトくん」、「仲のいいクラスメイトくん」、「仲良しくん」といったような感じで、少女と時をともにするにつれて変わっていくことにわくわくしました。

最初はその意図に気づかず、「こういう書き方なんだな」としか思わなかったのですが、最後、名前が伏せられていた理由とタイトルの意味がわかると、感動で手が震えてしまいました。

私も高校でこんな恋がしたいと思う作品です!

doublem1さん/20代/男性

500人中/38人がおすすめ

【2位】かがみの孤城

772円 (2021/06/22 23:29:21時点 Amazon調べ)
  • 読みやすさ :
  • 内容の面白さ:
  • 内容の満足度:
著者 辻村 深月
出版社 ポプラ社
発売日 2017年5月11日
価格 1,980円

学校への行きづらさ、孤独感を覚える子にぜひ手に取ってみて欲しい一冊

主人公のこころが、ある日突然、鏡の中の世界に誘い込まれ、そこで自分と似た境遇の子ども達と出会い、精神的に成長していくという物語です。

内容は息苦しい話ばかりではなく、ちゃんと救いもあり、次々と伏線が明かされる展開が気になってどんどん読み進めてしまいます。

当初のタイトルは「かがみ城」だったけれど、編集さんが「敵に囲まれて身動きが取れなくなっている」意で「かがみの孤城」と名付けたと聞きました。

タイトルの通り、学校への行きづらさや居場所のなさ、孤独感を覚える子に手にとって欲しい一冊です。

Acca_cpさん/20代/女性

500人中/36人がおすすめ

【3位】82年生まれ、キム・ジヨン

1,430円 (2021/06/23 18:39:51時点 Amazon調べ)
  • 読みやすさ :
  • 内容の面白さ:
  • 内容の満足度:
著者 チョ・ナムジュ
出版社 筑摩書房
発売日 2018年12月7日
価格 1,650円

差別について考えるきっかけになる!

主人公であるキム・ジヨンは、女性というだけで、生まれてから幼少期・学生時代・受験・就職・結婚・育児に至るまで、さまざまな差別を受け続けてきました。

私は主人公のジヨンとは年齢や国籍が違うにもかかわらず、共感できるものが多くありました。

また、私はこれまで、差別をする人は皆、悪意を持ってしているのだと思っていましたが、この本を読んで、「本人に差別をしているという意識はないが、相手は差別と感じることがある」ということを知り、衝撃を受けました。これからは今まで以上に、自分の発言に責任を持たなければいけないなと思いました。

この本は差別について考えるきっかけになる本だと思うので、男性女性問わず、たくさんの人に読んでもらいたいです。

namakemono3さん/20代/女性

500人中/32人がおすすめ

【4位】羊と鋼の森

713円 (2021/06/23 18:39:51時点 Amazon調べ)
  • 読みやすさ :
  • 内容の面白さ:
  • 内容の満足度:
著者 宮下 奈都
出版社 文藝春秋
発売日 2018年2月9日
価格 715円

夢を追いかける青年に感化される

ピアノの調律師になろうと決めた青年の成長と、それに関わる人達の、とても繊細で美しい世界の物語です。

夢に向かって努力する青年の姿を、これから社会に出ていくことになる高校生に是非知って欲しいし、自分の進む道の選択肢に対する考え方の幅を広げる1冊に、きっとなると思います。

自分が知らない世界を知ろうとする青年の姿に胸を打たれます。

nsmh2371さん/40代/女性

500人中/29人がおすすめ

【5位】夜のピクニック

703円 (2021/06/23 04:14:26時点 Amazon調べ)
  • 読みやすさ :
  • 内容の面白さ:
  • 内容の満足度:
著者 恩田 陸
出版社 新潮社
発売日 2006年9月7日
価格 825円

青春真っただ中の「今」を大切にしようと思える

「歩行祭」という、夜通し歩くイベントに参加する高校生たちのお話です。どうやら筆者・恩田陸の母校にもこの行事があるらしいです。

夜通し歩くという、本当に高校生の時にあったら面倒臭く感じてしまいそうなイベントですが、夜通し歩くからこそ生まれる、友達との親密な関係がまさに青春そのもの!という感じです。

会話の雰囲気や情景が巧みで、物語に引き込まれていく感じがあり、自分も一緒に歩いているような気分になります。

大人になってから読むと、あの頃にまた戻りたいなと思わされるので、高校生が読んだらきっと今を大切にしようと思えるんじゃないかと思います。

mayubooonさん/20代/女性

500人中/28人がおすすめ

【6位】夜は短し歩けよ乙女

411円 (2021/06/22 23:51:31時点 Amazon調べ)
  • 読みやすさ :
  • 内容の面白さ:
  • 内容の満足度:
著者 森見 登美彦
出版社 角川グループパブリッシング
発売日 2008年12月25日
価格

硬い文体だが、コミカルでクスッと笑える青春物語

読書が苦手だった私が、読書好きになったきっかけがこの作品です。

京都の大学生たちが登場し、主人公はクラブの後輩に恋をします。偏屈な主人公と天然な後輩の恋の行方はいかに。

硬い文体なのですが、コミカルでクスッと笑えるところがあります。

断片的な面白さももちろん、全体として物語にのめり込めました。

あのたこ焼き屋さん/30代/女性

500人中/26人がおすすめ

【7位】グラスホッパー

574円 (2021/06/23 18:39:52時点 Amazon調べ)
  • 読みやすさ :
  • 内容の面白さ:
  • 内容の満足度:
著者 伊坂 幸太郎
出版社 角川書店
発売日 2007年6月23日
価格 649円

厨二病心をくすぐる設定でわかりやすく、伏線の回収も綺麗で面白い

アサシンがメインになっているという、厨二病心をくすぐる設定がいいです(笑)。高校生なら、きっとワクワクするのではないでしょうか。

ミステリーな所もいいです。伏線の回収が綺麗で分かりやすく、面白かったです。

最初はバラバラのストーリーなのに、最後はひとつにまとまるところがスッキリします。

iduki0702さん/20代/女性

500人中/25人がおすすめ

【8位】ノルウェイの森

1,232円 (2021/06/23 06:49:58時点 Amazon調べ)
  • 読みやすさ :
  • 内容の面白さ:
  • 内容の満足度:
著者 村上 春樹
出版社 講談社
発売日 2004年9月15日
価格 682円

村上春樹の独特の感性に触れられる恋愛小説

小説をあまり読まない方にもおすすめしたいのが、村上春樹さんの代表作「ノルウェイの森」です。

私も高校生の頃に読みましたが、社会人になってもう一度読み返しても、当時と全然違う感じ方ができて面白いです。

恋愛小説ですが、恋愛だけに焦点があてられていないので、是非出てくる登場人物それぞれの話を味わってもらいたいです。

yomoginecoさん/30代/女性

500人中/22人がおすすめ

【9位】重力ピエロ

693円 (2021/06/23 19:54:31時点 Amazon調べ)
  • 読みやすさ :
  • 内容の面白さ:
  • 内容の満足度:
著者 伊坂 幸太郎
出版社 新潮社
発売日 2006年6月28日
価格 825円

家族とは何かを考えさせてくれる名作

「春が二階から落ちてきた」という印象的なフレーズで始まるこの作品。

主人公の兄弟2人の兄は両親の実の子ですが、弟は母親がレイプに遭い、その相手との間に生まれた子という設定です。

重いテーマも作者の軽妙な筆致で描かれており、タイトルの「重力ピエロ」とは、その重さを「まるで重力がないかのように振る舞うピエロのように」という意味で付けられています。

物語の終盤、病床の父が弟に対して「やっぱりお前は俺に似てる」と語りかけるシーンは、血の繋がりを超えた深い愛を感じて一番好きなシーンです。

bhindthemask0501さん/40代/男性

500人中/22人がおすすめ

【10位】沈黙

544円 (2021/06/23 18:39:53時点 Amazon調べ)
  • 読みやすさ :
  • 内容の面白さ:
  • 内容の満足度:
著者 遠藤 周作
出版社 新潮社; 改版
発売日 1981年10月19日
価格 649円

宗教と日本人の関係性の理解が深まる

江戸時代、キリスト教が弾圧される中、潜伏キリシタンのために司祭たちが奮闘する姿を描く作品となっています。

キリスト教と日本人の関係性がリアルに描かれており、宗教と日本人への理解が深まります。

フィクションですが、時代の状況については史実通りなので、リアリティのある作品になっており、著者の秀逸な描写からスリルを味わうこともできます。

miguelhrさん/20代/男性