小学生におすすめの絵本32選ランキング【父母500人が選ぶ】

「こどもが小学生の時期に読めるような絵本はなんだろう?」と探すこともありますよね。

これから少しずつ大人になる多感な時期だからこそ、なるべく子供の成長につながるような刺激を与えたいと思うママやパパも多いのではないでしょうか?

一言に絵本と言っても小学生にピッタリな絵本を探すことは中々難しいからこそ、先輩ママやパパがオススメできる絵本を知りたい方も多いはず!

この記事では、ママ・パパ500人が選ぶ小学生におすすめの絵本32選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

小学生におすすめの絵本人気ランキング

小学生におすすめの絵本ランキング

まずは、小学生におすすめの絵本人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『パパママ500人が選ぶ小学生におすすめの絵本』によると、1位は『100万回生きたねこ(45票)』、2位は『かいけつゾロリシリーズ(26票)』、3位は『スイミー(21票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、小学生におすすめの絵本を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/45人がおすすめ

【1位】100万回生きたねこ

1,320円 (2021/06/21 12:12:21時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 佐野 洋子
出版社 ‎講談社
発売日 ‎1977/10/19
価格 1,540円

感想を言い合うことで、しっかり教育できる良い本

子供も大人も満足できる絵本だと思います。低学年より高学年の子供の方がいろいろな意見が出て、良いと思います。

子供は、何回も生まれ変わる猫の不思議さや、いろんな飼い主が出てくる新鮮さを楽しむことができます。大人は愛というものの大切さを再確認できると思います。

けれど、子供からしたら悲しい話、大人からしたら満足感や充足感のある話と意見が分かれると思いました。

本を読み終わった後の感想を言い合うことで、しっかり教育できる良い本だと思います。

shogo0514さん/20代/男性

500人中/26人がおすすめ

【2位】かいけつゾロリシリーズ

990円 (2021/06/21 12:12:22時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 原 ゆたか
出版社 ‎ポプラ社
発売日 ‎1987/11/1
価格 990円

楽しみながら友情の大切さや常識を身につけられる!

かいけつゾロリはおすすめです!何作もあるので飽きることはないし、コメディなので子供達は興味津々になり、読むことに夢中になるでしょう。

登場人物は困った人を助けたり、「まじめにふまじめ」の名の通り、不真面目なことと真面目なことを区別する力を養うことができます!

小学校にもありますが、毎回読みたいものが誰かに借りられていると言う状態が続くくらい人気でした!

ryusayさん/20代/男性


字が大きく読みやすいし、わくわくするようなストーリーで楽しい

小学4年になる子どもがいるのですが、小さい頃から絵本が大好きで、小学校になってからもよく一緒に図書館へ行きます。

そこで、必ず借りるのが、この「かいけつゾロリシリーズ」です。字が大きく読みやすいし、わくわくするようなストーリーで楽しいです。

かいけつゾロリはいたずらが大好きなので、何か問題が起きてそれを解決する方法が毎回とても面白いです。

arapaimagigas030さん/30代/女性

500人中/21人がおすすめ

【3位】スイミー

Kogakusha
1,602円 (2021/06/21 12:12:23時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 レオ・レオニ
出版社 ‎好学社
発売日 ‎1969/4/1
価格 1,602円

絵が鮮やかかつ斬新で、協調性を学べる

私が小学生の頃、何度も「スイミー」を読み返していたのを思い出して、この作品に決定しました。

最初はスイミーの絵が好きで興味を持ち、そこからレオ・レオニの作品をたくさん読みました。

絵が鮮やかかつ斬新で、小さなお子様にも大変人気の高い絵本だと思います。

内容も良く、特にスイミーの仲間たちが集まり、大きな魚影を作って敵に立ち向かうシーンからは仲間と協力する大切さを学べます。

Kuro1999.91sdさん/20代/男性

500人中/20人がおすすめ

【4位】しょうぼうじどうしゃ じぷた

株式会社 福音館書店
990円 (2021/06/21 12:12:24時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 渡辺 茂男
出版社 ‎福音館書店
発売日 ‎1966/6/10
価格 990円

人にはそれぞれ良さがあるということを伝えてくれる

「しょうぼうじどうしゃ じぷた」をおすすめします!現在、20代の私も、50代の母も、子供の頃に読みました。

消防自動車と聞くと男の子向け?と思われる方もいるかもしれませんが、男の子も女の子もきっとこの絵本が好きになります。

いろいろな形の消防自動車が登場し、主人公のじぷたは他の消防自動車と比べて劣等感を抱いていましたが、作中のとある事件で大活躍します。

人にはそれぞれ良さがあるんだよということを、子どもたちに伝えてくれる素晴らしい作品です。

小林小麦さん/20代/女性

500人中/20人がおすすめ

【5位】ちいさいおうち

1,870円 (2021/06/21 12:12:24時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 バージニア・リー・バートン
出版社 ‎岩波書店; 改版
発売日 ‎1954/4/15
価格

細かく描かれた可愛い絵に、想像力が膨らむ!

成長によって様々な感じ方を楽しめる、小学生におすすめの絵本です。

まずは絵の世界観にハマること間違いなし!

低学年だと絵の面白さに夢中になり、高学年になると時代の変化やちょっとした切なさも感じられるようです。

この絵本は、アメリカを代表する絵本作家であるバージニア・リー・バートンの作品。70年以上も前から色褪せることなく出版し続けられている、ぜひ子供達に出会ってもらいたい名作です。

トリドリスタイルさん/50代/女性

500人中/19人がおすすめ

【6位】いやいやえん

株式会社 福音館書店
1,430円 (2021/06/21 12:12:25時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 中川 李枝子
出版社 ‎福音館書店
発売日 ‎1962/12/25
価格 1,430円

キャラクターがどれも味わい深く、一つ一つの話に引き込まれる

「ぐりとぐら」や「ばばばあちゃん」で有名な、中川李枝子さんと大村(山脇)百合子さんの作品です。

主人公のしげるは、チューリップ保育園のバラ組の男の子です。お世辞にも良い子とはいえないしげるが繰り広げる保育園での生活。

自分が保育園の頃に、こんな風に想像の世界を楽しんでいたなぁと、思い出すような感覚を与えてくれた本でした。

短編の物語がいくつかありますが、出てくるキャラクターがどれも面白い味があるものばかりで、一つ一つの話に引き込まれます。

nontanmamaさん/30代/女性

500人中/19人がおすすめ

【7位】くれよんのくろくん

1,320円 (2021/06/21 23:34:29時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 なかや みわ
出版社 ‎童心社
発売日 ‎2001/10/15
価格 1,320円

こどもに優しさや個性を尊重することを教えることができる本

くれよんのくろくんは小学生におすすめできる本だと思います!

くろくんは、その黒い色から、仲間のクレヨン達の楽しいお絵描きになかなか加わることができず悩みます。そこへやってきたシャープペンのお兄さんから素敵なアドバイスをもらうことで、個性を発揮し、仲間たちにも認められて、最後はハッピーエンドとなっていきます。

優しい気持ちになる絵本です。なかや みわさんの優しいタッチの絵が好きで、こどもが好んで読んでいます。

starry_skyさん/30代/女性

500人中/17人がおすすめ

【8位】じごくのそうべえ

1,540円 (2021/06/21 15:26:09時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 たじま ゆきひこ
出版社 ‎童心社
発売日 ‎1978/5/1
価格 1,540円

とにかく笑えて面白い、テンポの良いお話

もともと落語からきている「じごくのそうべえ」。テンポの良い語り口調で、関西弁なので、面白いです。

地獄に落とされたそうべえが、一緒に死んだ4人の仲間と、閻魔大王が出す難問をお互いの得意技を駆使して上手くかわしていく、愉快な話です。

子どもに読んだ時も喜んで、特にジンドンキを退治するところは笑いながら聞いてました。

nontanmamaさん/30代/女性

500人中/17人がおすすめ

【9位】ねずみくんのチョッキ

子どもの文化普及協会
1,100円 (2021/06/21 12:12:26時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 なかえ よしを
出版社 ‎ポプラ社
発売日 ‎1974/8/1
価格 1,100円

小さなチョッキがあれよあれよという間に大きく伸びていく様がとても面白い

お母さんが編んでくれたネズミくんのチョッキが、色々な動物たちに又貸しされていってしまいます。

動物たちはねずみくんのチョッキだと知らずに「まー!素敵!」と着ていきます。小さいねずみくんのチョッキが、あれよあれよという間に大きく伸びていく様がとても面白く、小学生の子供たちも大笑いです。

最後にゾウさんが着てしまい、伸び伸びでもはやチョッキと呼べるものではなくなっていました。

その悲しそうなねずみくんの表情にホロリとしてしまいますが、ちゃんと救いもあってラストの楽しそうなねずみくんの姿にホッとします。

これはシリーズ化していて、どの本もとても楽しいのでオススメです。

tomomidori29さん/50代/女性

500人中/16人がおすすめ

【10位】さっちゃんのまほうのて

1,320円 (2021/06/21 12:12:26時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 たばた せいいち
出版社 ‎偕成社; 第2版
発売日 ‎1985/10/1
価格 1,320円

障害をもつ子に寄り添える感覚を養える!

小学生におすすめの絵本は「さっちゃんのまほうのて」です!

先天性四肢欠損という障害を持ったさっちゃんが、辛いことがありながらも力強く生きていく物語です。

障害がある子の悲しい部分が見えるとともに、そこからポジティブに生きていく様子が良く描かれているので、障害者に偏見を持たずに寄り添える心が育つと思います。

初めて読んだのは小学校低学年のときでしたが、今でも1番印象に残っている絵本です。

osemonagiさん/30代/女性