彼女が構ってくれない寂しい…経験がある男性100人の対処法


【3位】気持ちを伝える

気持ちを伝える

正直に寂しいと伝える

付き合いたてだったのですが、ドライな相手に対して自分は甘えたがりなタイプで、少しすれ違う時もありました。

ですが正直に「寂しいから構って」と言うと、ちゃんとかまってくれます笑。やはり何事も正直に伝えることが大事だと思います。

恋人に対してまだ素を見せられない距離感の人もいると思いますが、ゆくゆくは心を開いて正直に気持ちを伝えるべきだと思いました。

20代前半/大学生/男性

かまって欲しいと自分から言うこと

彼女が携帯やテレビなどに集中していて、構ってくれない時はよくあります。話しかけても「うん」など気の抜けた返事のみということも多々あります。

そんな時は恥ずかしがらずに、自分から「かまって欲しい」という事を伝えるようにしましょう。

もしかしたら彼女は、彼氏が寂しがってることを気づいていないかも知れません。

もしそうでなくても、好きな恋人からそんなことを言われたら、かまってあげたくなりますよね!笑

20代前半/大学生/男性

構って欲しいと素直に伝える

同棲していると、時には予定が合わない時があります。

彼女が明日仕事で自分は休みの時、彼女は当然早く寝たいですが、その時に私は嫌なことがあって「少し甘えたい、構って欲しい」という気持ちがありました。

でも、彼女は明日の準備で忙しそうで「寝る」とのことだったので、悪いとは思いましたが、ハグをしてくれるよう頼みました。「ハグならすぐ終わるし」と思ったからです。

彼女は「それくらいなら」と了承してくれて、ハグをして寝ました。

相手の予定も考慮しなくてはいけない時もありますが、自分の気持ちと相談して我慢できなそうだったら、素直に伝えることが大切だと思います。パートナーですから。

20代前半/サービス系/男性

【4位】相手が喜ぶことをする

相手が喜ぶことをする

とにかく彼女が喜びそうなことをしてあげる

ドライブに誘うのがおすすめです。景色を堪能してからグルメ(昼食)を満喫し、もう一度景色を眺めるプランが喜ばれました。

綺麗な景色を見れば気も紛れますし、美味しい食事ができればきっと相手も喜んでくれて、普段よりは一緒の時間を楽しむことができるでしょう。

とにかく彼女が喜びそうなことをしてあげるのが得策です。そのためには普段から、相手の様子をよく観察しておく必要があります。

相手を理解する気持ちと努力を忘れず、いろいろアプローチしてみてください!

50代前半/サービス系/男性

家事を積極的に手伝う

彼女がかまってくれない時は、大体不機嫌な時が多いので、思いやりのある行動を試みます。

具体的には主に家事を手伝うなど、彼女の負担を減らすように心がけています。

それがきっかけでお互い素直になれたり、スキンシップのきっかけになっています。そこからは多くコミュニケーションをとるようにしています。

30代前半/自営業/男性

【5位】明るく気を引く

明るく気を引く

「構ってくれるととても嬉しいです!と素直に伝える

恋人と話しているときに上の空であったり、スマホばかり見て顔を合わせてくれないときがあり、一方的に話をしているようで寂しく感じるときがありました。

その時は、顔を上げてくれるまで名前を呼び、目が合ったら、「構ってくれると嬉しいな、構ってくれると小躍りするぐらい喜びます!」などの伝え方をするようにしています。笑

実際構ってもらえた時は、小躍りしたり、声色を変えたりと、喜びを前面に出して相手に伝えると、彼女にも笑ってもらえます。

この時、非難するような口調で「構ってよ!」と言ってしまうと、彼女も面倒くさくなってしまう可能性があるので、「構うこと=相手が喜ぶ行為、相手を喜ばせる」という認識をしてもらいたいという考えのもとで行なっています。

もちろん相手が急ぎで連絡しているときもあるので、その時はちゃんと待つことも大事です。

今後の2人の関係を良好なものにしていくためにも、寂しい気持ちは素直に伝えることが大事だと思います!もし伝わらなかった場合、伝え方や言葉選びを変えてみたりすると、相手の反応も変わってより良くなると思います!

20代前半/大学生/男性

少しだけちょっかいを出してみる

私が、週末に仕事をしている彼女の家に行き、夕食を食べてゆっくりしていました。面白いテレビもなくまだ寝るような時間でもなかったために、彼女と話をしようとしていたら、彼女が疲れていたこともあったせいか、全然会話が発生しない時がありました。

話しかけても返事は「うん」「わかった」というだけで、会話が発展することもなく、こちらも少しイライラし始めました。

そういう時には彼女の足をくすぐったりして、少しちょっかいを出して、彼女が本当に疲れて構いたくない状況なのか確認することにしていました。

本当に疲れているときには喧嘩寸前まで行き、危ない思いもしましたが(笑)、そうでないときには彼女もこちらの気持ちを察して話に乗ってきてくれることもあります。

相手の今の状況・状態を確認するためにやっていますが、可能であれば言葉でストレートに聞くことがいいのかもしれませんね。

30代前半/IT・通信系/男性

【参考記事】彼女が構ってくれない時は別れるべき?

すぐには決断を下すことは難しいからこそ、彼女が構ってくれないことが理由で別れた方の本音や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

以下の記事では、同じ経験を持つ男性100人による構ってくれない彼女と別れた感想や本音を体験談と共にご紹介しています。

彼女が構ってくれない時は別れるべき?経験者100人の体験談

まとめ

男性100人に聞いた彼女が構ってくれなくて寂しい時の対処法では、1位は『他のことで気分転換を図る』、2位は『相手が構ってくれるまで待機する』、3位は『気持ちを伝える』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人による彼女が構ってくれなくて寂しい時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏が構ってくれなくて寂しい時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏が構ってくれない寂しい…経験がある女性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年04月04日~04月19日
回答者数:100人