1歳児におすすめの仕掛け絵本27選&ママパパ500人ランキング

「こどもが1歳の時期におすすめのしかけ絵本はなんだろう?」と探すこともありますよね。なるべくしかけが充実していて1歳児でも楽しめる絵本、それでいて子供の成長につながるような刺激を与える絵本を読み聞かせたいと思うママやパパも多いのではないでしょうか?

一言にしかけ絵本と言っても1歳児にピッタリな絵本を探すことは中々難しいからこそ、先輩ママやパパが実際に読み聞かせをしてオススメできるしかけ絵本を知りたい方も多いはず!

この記事では、ママ・パパ500人が選ぶ1歳児におすすめのしかけ絵本27選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

1歳児におすすめの仕掛け絵本人気ランキング

1歳児におすすめの仕掛け絵本ランキング

まずは、1歳児におすすめの仕掛け絵本人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『ママパパ500人が選ぶ1歳児におすすめの仕掛け絵本』によると、1位は『はらぺこあおむし(180票)』、2位は『じゃあじゃあびりびり(75票)』、3位は『いないいないばああそび(55票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、1歳児におすすめの仕掛け絵本を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/180人がおすすめ

【1位】はらぺこあおむし

Kaiseisha/Tsai Fong Books
1,320円 (2021/06/23 09:20:23時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • しかけの満足度:
  • お話の満足度 :
著者 エリック=カール
出版社 偕成社; 菊倍横版
発売日 1976年5月1日
価格 1,320円

歌も一緒だとなお喜ぶ

定番中の定番ですが、やはりいいです。子どもも素直に喜びます。

最初は幼児教室ではらぺこあおむしの歌を聴いたところから、子どもが興味を持って購入しました。CD付きのものもありますが、歌はYouTubeにも動画があるので、無料で聴くこともできます。

普通に読む、親が歌いながら読む、YouTubeで歌をかけながら読むなどを繰り返していて、本人も喜んでいましたが、段々と自分で歌いながら絵本を指差していくようになりました。おぼつかない発音ですが可愛いです。

工夫次第で、いろいろ楽しく読めると思います。

yurinekさん/40代/女性


歌を歌いながら楽しめ、カラフルで子供の興味を引く

1歳児には「はらぺこあおむし」をおすすめします。大きい絵本でとても見やすく、色彩もあって目を引きます。とっても凝った絵本だと思います。

また、はらぺこあおむしの歌(動画サイトなどで無料で視聴可能です)に合わせて絵本を読むこともできるので、言葉学びや音楽、親子ともども楽しめる本かと思います。我が子も何度もリピートしていました。

なお、同じ話ですが、小さい絵本や中くらいの絵本など、サイズも豊富にあるので、大きくなってからも別のタイプを欲しがり楽しんでいます。

sp12ringさん/40代/男性

500人中/75人がおすすめ

【2位】じゃあじゃあびりびり

偕成社
660円 (2021/06/23 01:08:03時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • しかけの満足度:
  • お話の満足度 :
著者 まつい のりこ
出版社 偕成社; 改訂版
発売日 2001年8月27日
価格 660円

音の響きが面白いので、驚くほど集中して聞いてくれる

じゃあじゃあびりびりは、言葉がわからならい0歳から2歳まで、子供の読み聞かせ絵本として大活躍しました。

なんといっても、音の響きが面白いので、子どもは驚くほどに集中して聞いてくれました。

発語があってからは、間違えながらも口真似で音読して楽しめます。

価格もお手頃ですし、持ち運びやすいサイズも魅力です。

fukugyo0325さん/40代/女性

500人中/55人がおすすめ

【3位】いないいないばああそび

748円 (2021/06/23 03:54:12時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • しかけの満足度:
  • お話の満足度 :
著者 木村 裕一
出版社 偕成社; 改訂版
発売日 1989年2月1日
価格 748円

かわいらしい動物たちと一緒にいないいないばあを楽しめる

1歳児には「いないいないばああそび」をおすすめします。

ページをめくる度に、ヒヨコやかいじゅうなど、様々な動物たちがいないいないばぁと手で隠していた顔を見せてくれます。

親が「いないいない…」と言ってあげると、子どもが一緒になってページをめくりながら「ばぁ〜」と言ってくれます。

親子で楽しめる仕掛け絵本です。

arimio30さん/30代/女性


何度読んでも飽きる事なく、お出掛けにも良いサイズ感

沢山あるいないいないばぁの絵本のなかでも、「いないいないばああそび」かイチオシです!

いろんな動物達がいないいないばぁをするので、「これは誰かな?」という遊びもできますし、最後はママ?もいないいないばぁをするのですが、「ママだと思ったのに違う?!」というドッキリ仕掛けがあり、子どもウケ抜群です!

何度読んでも飽きる事なく、お出掛けにも良いサイズで、我が家では大活躍の絵本でした。

ayanoabz178さん/40代/女性

1歳が大好きないないいないばあで何度も楽しめる

1歳児には「いないいないばああそび」が断然おすすめです!友人からいただいたのですが、厚手でめくりやすく、角も丸いので安全です。

なんといっても「いないいないばあ」の大好きな1歳。「ばあー!」と言いながら、ほんわかとしたひよこやかいじゅう、女の子やママの絵を1枚ずつめくる姿はかわいくてたまりません。

大人にとっては単純と思える繰り返しですが、1歳にとってはそれが大好き。

最後のママのページにちょっとしたオチがあるのも楽しい点です。何度も何度も読んで、見て、楽しめる本です。

htjnoさん/30代/女性

500人中/49人がおすすめ

【4位】やさいさん

学習研究社
1,045円 (2021/06/23 13:46:33時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • しかけの満足度:
  • お話の満足度 :
著者 tupera tupera
出版社 学研プラス
発売日 2010年7月20日
価格 1,045円

音の響きが楽しい絵本

1歳児におすすめなのが「やさいさん」です。

野菜を収穫していく仕掛け絵本なのですが、毎ページ「すっぽーん」と野菜を引き抜いていく音の響きが楽しいみたいです。

一番最後のページには大きな大根が出てくるので、音の響きも重そうに変わって、そこだけ違う響きになるのがまた面白いようで、読んであげると笑います。

野菜の名前も覚えられて良いです。

arimio30さん/30代/女性


一緒に野菜を抜く真似をするのが楽しい

紙は薄めなので、破れてしまうことがありますが、野菜を抜くという繰り返しの絵本なので、子供がセリフをすぐに覚えてくれます。

子供が、親と一緒に「うーん」と言いながら野菜を抜く真似をしてくれるのがとっても可愛いですす(笑)

時々、抜くまでの時間をのばしてみたり、「あれ?抜けないな」とか、アレンジを加えると子供がとっても喜んでくれます。

野菜の種類も色々覚えてくれ、ご飯の時に野菜を嫌がる時に絵本で抜く真似をしたりすると食べてくれることがあったりするので、使うことがあります。

mikomikosatoさん/30代/女性

500人中/41人がおすすめ

【5位】だるまさんが

子どもの文化普及協会
935円 (2021/06/23 20:23:30時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • しかけの満足度:
  • お話の満足度 :
著者 かがくい ひろし
出版社 ブロンズ新社
発売日 2008年1月1日
価格 935円

持ち歩き可能で、少し抑揚をつけただけで笑ってくれる

私は仕事の都合で、一歳の子どもを連れて電車に30分くらい乗るということが少なくありません。

そんな時にいつも読みなれた絵本を持っていくと、子どもも落ち着いて便利でした。

「だるまさんが」は子どもが大好きで、少し抑揚をつけただけでケラケラ笑っていました。

大きさ的に持ち歩きができますし、シリーズ絵本なので2〜3冊常備することも出来て、とても助かりました!

yurinekさん/40代/女性

500人中/17人がおすすめ

【6位】モーリーのすてきなおいしゃさんバッグ

1,760円 (2021/06/23 17:14:37時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • しかけの満足度:
  • お話の満足度 :
著者 ミリアム・モス
出版社 ひさかたチャイルド
発売日 2014年12月1日
価格 1,760円

子供が大好きな動物や仕掛けが満載なので夢中で遊ぶ

ページをめくるとモーリーの魔法のバッグが表れます。そのバッグはしかけになっていて、めくると中にはお医者さんの道具が沢山入っているのです。

魔法のバッグはめくるたびに中身がかわるので、毎回ワクワクします。そのバッグの中には必ず取り出せるアイテムが入っているので、それを探すのも楽しみです。

絵本を使ってごっこ遊びができるとても斬新な一冊です。年齢が進んでも他の遊び方をしたりして長く楽しめると思います。

カラフルな色使いと子供が大好きな動物が出てくるので、我が子も夢中で遊びました。

meg_ttさん/40代/女性

500人中/11人がおすすめ

【7位】もぐもぐ

KADOKAWA
968円 (2021/06/23 13:46:33時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • しかけの満足度:
  • お話の満足度 :
著者 Sassy/DADWAY
出版社 KADOKAWA
発売日 2018年6月28日
価格 968円

おいしそうな食べ物が描かれているので夢中になりやすい

最初は絵が可愛く、色合いもハッキリしていて子どもにも良い刺激になるかなと思い、購入しました。

元々食べることが好きな子ども達なので、食べ物が描かれた絵本に夢中になり、よく食べる真似をして遊びながら読んでいました。

また、ページごとに色がガラッと変わるので、そういう点も子どもの興味を惹くポイントだと思います。

Cat_hunterさん/20代/女性

500人中/9人がおすすめ

【8位】ふわふわだあれ?

学研プラス
968円 (2021/06/23 19:02:21時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • しかけの満足度:
  • お話の満足度 :
著者 いりやま さとし
出版社 学研プラス
発売日 2016年7月26日
価格 968円

一部がふわふわの素材になっていて、つい触りたくなる

ふわふわだあれ?をおすすめします。一歳児が手に取りやすい本のサイズで、ピヨちゃんの黄色い色が目を引きます。

分厚い厚紙で作られていて丈夫なので、何回読んでもよだれを垂らしても大丈夫だと思います。

ピヨちゃんと仲間の仲の良さや、つい触りたくなる体の一部の布の素材もソフトで心地よく、親子共に笑顔になると感じます。

いい時間を過ごしてほしいという思いで推薦します。

hopehopeyoshiさん/50代/女性


それぞれの動物の毛の質感の違いや触り心地がたのしい!

動物の毛を表現したふわふわがついている、いないいないばあ形式の絵本です。ひよこのぴよちゃんが散歩していると、色んなどうぶつに出会う楽しいお話です。

紙は厚手で丈夫。毛の触り心地は大人でも触っていたくなるぐらいふわふわで、羊はもこもこになっていたり、馬のしっぽはふさふさしていたりと、変化もあって楽しいです。

動物の鳴き声や名前を楽しく学ぶことができます。

なだちさん/30代/女性

500人中/9人がおすすめ

【9位】ころりん・ぱ!

Holp Shuppan, Publishers Co., Ltd.
935円 (2021/06/23 13:46:34時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • しかけの満足度:
  • お話の満足度 :
著者 ひらぎ みつえ
出版社 ほるぷ出版
発売日 2019年6月3日
価格 935円

子供が触りやすく、簡単に絵本の仕掛けに慣れ親しむことができる

一歳くらいから「動く」、「触る」に興味が出てくるので、絵本自体にわかりやすい仕掛けがあると子供の興味を引きやすいようです。

絵本の仕掛けも丸や三角、飛び出す仕掛けなど盛りだくさんで、子供が触りやすく、簡単に絵本の仕掛けに慣れ親しむことができると思います。

他にもいくつかシリーズがあるので、様々な仕掛けを楽しむことができ、3歳、4歳になった我が子も、今でも飽きずに楽しんで遊んでいます。

手軽に持ち運びできる点と、絵本自体のカラーが可愛い点もおすすめできます。

Ari.Kさん/30代/女性

500人中/8人がおすすめ

【10位】どうぶついろいろかくれんぼ

968円 (2021/06/23 18:13:27時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • しかけの満足度:
  • お話の満足度 :
著者 いしかわ こうじ
出版社 ポプラ社
発売日 2006年5月1日
価格 968円

シンプルだが、色や素材やサイズも丁度良い

1歳児には『どうぶついろいろかくれんぼ』をおすすめします。色がハッキリしており、本屋で選ぶ際に子供がとても興味を示したので購入しました。

内容は動物の名前と色が英語と日本語で書かれており、くり抜いてある形を指でなぞったり、何回も読み返す程ハマっていましたね。

何度も繰り返して読んでいますが、毎回ヘビのページを期待しながら怖がっていました。

シンプルで素材やサイズもとても丁度良いため、移動の際やお出かけの際は必ず持ち出していました。

inkmeeさん/30代/女性